単語記事: 伝統ゲイ能

編集

伝統ゲイ能とは、新日暮里に住まう森の妖精達によって伝わる、古くからあったゲイ術と技の汎称である。

概要

森の妖精または陸のクリオネ達の哲学や娯楽、儀式や試合などを催す際に付随して行動化されたもの、
または行事化したものを特定の形式に系統化して伝承または絶された、有形形のものを言う。
義務教育ケツドラムカズヤダンスサムネ一本釣り男幕世界遺産などがある。

元々は森の妖精達による新日暮里固有の文化という意味だが、
ハッテン途上国であった亜米利加から流入したものを新日暮里独自のものに作り変えたものが多い。
したがって成立の仕方は現代ゲイ術とさほど変わりはない。

しかし、新日暮里への倭人介入以降も伝統ゲイ能が既存の形式を歪みなく存続し、
現代ゲイ術と相互に関連性が少ない形で併存しているのは事実である。
また、新日暮里では別々の時代に成立した多くの伝統ゲイ能が並列的に存在しているが、
すべての伝統ゲイ能が現存しているものではない。

伝統ゲイ能の種類は以下の通り。

新日暮里堀海道に伝わる伝統ゲイ能で、もともとこの地で行為に及んだゲイたちが寒さや眠気、肛門裂傷による痛みを吹き飛ばすため『チャーハンチャーハン』と互いにをかけつつ励ましあったことが由来である。ファ太鼓と呼ばれるファーカッションによる強い音が印的。ファ太鼓の成立はおやそ700年前、アイヌ人たちがカムイアイヌ語で""の意)にげるために打ち鳴らした太鼓がその始めとされる。それが江戸時代末期に入植してきた本土人たちが、新たに五穀豊と大漁を祈願するためのものとして大成させた。その美しい音色は十里先からでも聞こえ、荒れ狂うもたちどころに静めてしまうと言う。

千葉県木更津を代表する伝統ゲイ能で、映画木更津キャッツゲイ』によって有名になった。「やっさいもっさい」とは一種の囃子言葉であり、鬼軍曹に「隣のイケメン見ながらマスかいてただろ」と疑われたときに発する言葉である。その独特のリズムと振り付けから「暴走阿波踊り」とも呼ばれる。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BC%9D%E7%B5%B1%E3%82%B2%E3%82%A4%E8%83%BD
ページ番号: 586914 リビジョン番号: 275092
読み:デントウゲイノウ
初版作成日: 08/09/23 14:34 ◆ 最終更新日: 09/05/06 08:18
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伝統ゲイ能について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2008/09/23(火) 14:36:12 ID: KZ0/T7mPzt
某所の要望に応えてコピペで作成。
2 : ななしのよっしん :2008/09/23(火) 20:41:29 ID: uQbDFrtmGB
チャーハン節で作られるなんてどういうことなの…
3 : 削除しました :削除しました ID: Do9UWuApIY
削除しました
4 : ななしのよっしん :2014/04/26(土) 21:53:13 ID: OtyxIpb+n/
冗談で伝統ゲイググったらこの記事出てワロタww
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015