単語記事: 伝説の勇者ダ・ガーン

編集  

伝説の勇者ダ・ガーンでんせつのゆうしゃダ・ガーン)とは、1992年平成4年2月8日から1993年平成5年1月23日まで名古屋テレビテレビ朝日系で放送された勇者シリーズの第3作。
環境保護をメインテーマに据え、それまでの1話完結エピソードから連続性を持たせた最初の勇者シリーズである。

概要

エネルギー「プラネットエナジー」を狙うオーボス一味と、それに立ち向かう少年高杉史を隊長とする、伝説勇者達の戦いの物語
勇者達は世界各地に散らばる「勇者の石」に封印されており、地球危機した時、史の持つ石「オーリンダイクター)」をかざすことで復活する。オーボスは多くの手下を操り地球上へ武侵攻、惑星に眠るエネルギー「プラネットエナジー」を狙う。オーボスが「プラネットエナジー」を狙う意とは?そして強敵「セブンチェンジャー」とは何者なのか?史たち勇者はこの地球を、の命を守ることが出来るのか…

第1作『勇者エクスカイザー』第2作『太陽の勇者ファイバード』より続く、谷田部勝義監督3作の作品である。
本作は『エクスカイザー』の"ロボット少年の関係性"、そして『ファイバード』の"等身大ヒーロー"という、前2作品のロボットアクションものの長所をそれぞれ継承している。
また前2作とは異なる点も多く盛り込まれている。1話完結ではなく各話に連続性を持たせたドラマを展開し、敵組織のトップも次々と交代するなど1年間の視聴を視野に入れていたり、敵組織を取り巻く環境も、前2作では(ファイバードの終盤を除き)"敵と味方のみの戦い"だったのに対して、本作は一般の軍事組織が登場しそれらと勇者たちのジレンマクローズアップしたり、地球環境保護テーマにしたエピソードが散見されるなど、随所で対年齢層の拡を図る演出を盛り込んでいる。シリーズで初めて敵から味方となった勇者が登場したり、物語中盤で殉職した勇者も登場した。

登場人物

高杉CV松本梨香
本作の主人公である、小学校の5年生。
地球意思であるとされる勇者の石「オーリン」に選ばれ、以後勇者達の隊長となる。
ダ・ガーンと行動し、ペガサスセイバーランドバイソン、ガ・オーン世界各地で復活させた。
戦闘中勇者達と共に行動し支持を下すが、その際は近親者を巻き込まないように
専用のウルトラマンっぽいスーツを着込み、素性を隠している。明るくケンカっサバサバしているが、
危険を顧みず自ら戦いに身を投じる勇気も持ち合わせている。
ニコニコ動画では、担当声優の某作品のイメージからポ〇モンネタでイジるコメントが散見される。
ダ・ガーンCV速水奨
高杉の近所の出所にある、根元巡査パトカー勇者の意思が憑依して復活した伝説勇者
他の勇者を束ねるリーダーシップを持つが、戦闘行為や変形・合体による"命令"が必要である。
堅物すぎる冷静沈着な性格で、序盤はぶっきらぼうなに冷静なアドバイスを送る事も多かった。
ちなみに勇者の石の頃は、なぜかお寺のの顙に封印されていた。シュール
香坂ひかるCV紗ゆり
幼馴染で、ヒロインその1。お節介で女の子らしい感性を持ち、に惚れているツンデレさん。
素性を隠した状態の勇者たちに堂々と協するなどかなりの行動を持ち、
日常生活から戦闘中までサポートしているが、本人は気付いていない。
そしてそのせいで、オーボス一味にをつけられて怖いに遭ってしまうことになる。
両親の経営する自然レストランつくし」に周囲の人々をよく招待している。
小路CV白鳥由里
クラスメイトで、ヒロインその2。自然する無口な清純ヒロインである。
地球の意思を感じることのできる結構ヤバイを持ち、それ故に環境保護がテーマの本作では
その担い手のごとく、よく気絶したり、をしたり、勇者達と行動したりしている。
地球について悩むは必然的にウマが合い、また気になる存在である。肌がすごくい。
中盤より、実はかなりの邸に住んでおりおつきの妖怪ばあやがいることが判明する。
根元正(CV島田敏
高杉や香坂の近所にある出所の巡査子供の面倒見がいい兄貴分であるが、
どこか頼りなくドジで、コメディリリーフ的な役回りであることが多い。
しかし実家の村が危機された時には勇敢な行動を見せることもある。
ヤンチャー王子CV高乃麗
物語中盤で登場する、強敵・セブンチェンジャーを従える少年
と同じようにオーリンを持っている。
オーボスCV千葉
地球の「プラネットエナジー」を狙う、オーボス軍の首領。
様々な上級幹部を次々に地球に送り込み、終盤は自らもの前に姿を現す。
しかしどのようなを持っているのか、そしてその姿が本物なのかすら、よくわからない存在である。
詳しくは当該項を参照。※ネタバレを含みます

余談

関連動画


関連コミュニティ

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%AE%E5%8B%87%E8%80%85%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%B3
ページ番号: 1346843 リビジョン番号: 2381744
読み:デンセツノユウシャダガーン
初版作成日: 09/02/09 21:48 ◆ 最終更新日: 16/07/10 00:38
編集内容についての説明/コメント: 加筆した文章の誤字修正。失礼しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伝説の勇者ダ・ガーンについて語るスレ

37 : ななしのよっしん :2014/05/24(土) 17:44:20 ID: qgwdYQ+Lsa
胸のコアタイガー顔がガキイイイインと合体するところで盛り上がったわ!
38 : ななしのよっしん :2014/05/28(水) 00:08:52 ID: blJnW6uQOK
遅れてくるけど確実にいい仕事するランダーズの安心感
39 : ななしのよっしん :2014/09/20(土) 15:17:32 ID: 0i7UJne7ua
グレートダ・ガーンMPは出たら50000でも買うんだが作ってくれんかな(´・ω・`)
あと、ペガサスセイバースカイセイバーのままにして欲しかった
40 : ななしのよっしん :2015/06/17(水) 20:14:45 ID: Mq8Zkj7aHP
この作品は悪役にも救いがけっこうある作品
ピンキーとビオレッッエはどこかに立っていったし
団長は1人だけ生き残った
オーボスレッドロン満足して退場した
ってこうして考えるとシアンだけ何の救いもいな
41 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 01:16:13 ID: wAvmSRDxiC
>>40
亀レスだが

はビオレッツェだけはイマイチ納得いかないわ
ピンキーと一時人間を装っていた時期関わりがあって
それを裏切った後、逆恨みし、許すという感じで救われたのに対し
ビオレッツェは散々悪い事だけしただけで、オーボスの正体と復讐に失敗したピンキーへの憐み?というだけで心するっていう。
レッドロンコメディ色は低くて、終盤再登場してからは更にそれに磨きがかかってシリアスなだけのキャラになっちゃったから満足というよりは救いがなくて可そうなキャラに見えたわ。
42 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 22:28:58 ID: HucXOUzCXn
か本文の主人公名を「史」に直してくれないかなぁ
いくらなんでも盛大に間違え過ぎでしょ

>>41
ビオレッツェはその後、サイドから見たら敵である以上に裏切り者であるレディピンキー
献身的に介抱する地球人の行動と、の「同じ宇宙に生きる」という言葉に感銘を受け、
一連のオーボス潜入ミッションの中でずっとそれらについて考え続けていたフシがあるから
セーフってのがの解釈。ダメかしら
43 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 22:52:57 ID: wAvmSRDxiC
>>42
まぁそうなんだろうけどねぇ…

オーボスに対しては段々と不信になっていく過程は描かれていたけど、ピンキーを介抱⇒心⇒「同じ宇宙に生きる」って流れを44話だけで全部済ませちゃってるのが何かしっくりこないんだよなぁ。特にビオレッツェは、逆に敵側から味方に付く過程を丁寧に描いていたブッチョというキャラを見限ったであり、を滅ぼすことを肯定するようなでもあったし。
まぁそのせいか最後はペナルティを受けているけどね。決してイイとは思わないが憎めないキャラだとも思う
44 : 削除しました :削除しました ID: UhcT+eK+6M
削除しました
45 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 21:15:17 ID: C/cLuQoHpH
ビオレッツェってから戻れなくなったんだっけ?それは罰を受けた、って感じで禊は済んだと感じてたなー幼少期
46 : ななしのよっしん :2017/10/12(木) 18:50:33 ID: s8vVehYe29
の罰としては
ブッチョ:7/8死亡
ピンキー:ビオレッツェの尽で若い姿になれたけど、もうオーボスからエネルギー供給を受けられない以上はいずれは元の老婆に戻る
ビオレッツェ:から二度と元に戻れなくなった(最後は言葉を発する事も出来なくなった)

こんな感じか
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829