単語記事: 作者の死

編集

作者の死とは、フランス哲学者、文学評論家ロランバルトが提唱した文学読解法である。

概要

例えばこういう笑い話がある。

「現代文の小説の問題を、その小説作者が解いたら、酷い点数をとった」

国語の授業で、この時の作者の気持ちを答えなさいという問題で、作者本人が『そんなこと考えてないぞ』と言った」

他にも、こんなをみたことはないだろうか。難解な作品のファンが、多くの根拠を集め作品を深く考察して発表した。しかし制作者はまるでそんなことを考えておらず、考察した人が笑われる。

こういう話の裏側には「作品において、作者であり絶対である」という一つの思想(イデオロギー)がある。この考えを絶対と考える人は多いが、これはけっして普遍の真理ではない。

これに対してロランバルトはあらゆる作品も言という制約がある以上、以前読んだものの影から逃れられない。よって「作者は作品を支配できず読者に解釈を任せなければならない」とした。

作者によって支配されているものを「作品」というのに対して、作者の支配から解放された文学を「テクスト」と呼ぶ。作者の支配から逃れたテクストには既に作者の居場所はない。つまりこれ作者の死なのである。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BD%9C%E8%80%85%E3%81%AE%E6%AD%BB
ページ番号: 5234776 リビジョン番号: 2084757
読み:サクシャノシ
初版作成日: 14/05/25 18:07 ◆ 最終更新日: 14/09/12 08:32
編集内容についての説明/コメント: 概要に加筆、一部表現を強調
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

作者の死について語るスレ

23 : ななしのよっしん :2015/07/30(木) 17:54:03 ID: hSCOxQplVK
著作物である以上、公式内容という点では作者による発信内容は絶対です
この点では作者などと言われるのも当然ですね

しかし作者が作品を作る上で全な整合性をとれているわけでも
全てに意味をもたせているわけでもなく間違いも犯してしまう
この点では単なる人間にすぎないわけですね
24 : ななしのよっしん :2015/09/11(金) 21:28:29 ID: lqaA5OUicm
法律にもこれは当てはまるものかな?
法律って確かすべての解釈を内包するものって聞いたことがあるんだけど、教えて詳しい人
25 : ななしのよっしん :2015/11/16(月) 16:23:31 ID: SGVacVjkHC
言葉に限らず、ほとんどのものって解釈上のものなんだろうなぁ
言葉をどう解釈しようとそれとは別にあるものがあるって感じ、色即是空と同じような考えだけど
全ての認知や知覚、「自分」でさえもあてはまることだと思う(個人的に)
26 : ななしのよっしん :2015/11/16(月) 17:18:50 ID: dejsxIdxBr
>>16
なんかカトリックから生したプロスタントみたいだな。

>>24
立法者(法律を考えた人)の意図は、結構尊重される気がするね。
「立法者の意図なんか知らん、こういう文言(もんごん)だからこうとしか読めないんじゃー!」
っていう解釈が通説である事例は、あんまり多くない気もするね。
27 : オーベル ◆apWPMgiCeg :2016/02/19(金) 19:18:26 ID: VRsYwi8+9c
男はつらいよテレビ版に関する話しがまさにこんな感じですね。
テレビ版ではさんがハブに噛まれて死んで終わるけど、
放送から間もなくこの最終回に対して視聴者抗議が殺到した。
それこそ電話が鳴り止まないほどの勢いで、これを機に映画化が決定。
このとき作者は、さんは自分が作ったキャラクターだけれど、
決してさんは自分だけのものじゃないんだなと悟ったのだそうだ。
28 : ななしのよっしん :2016/02/21(日) 10:27:54 ID: XtH19I8Lh1
そういうことではなく、言(記号)という制約に縛られる以上
作者の伝えたいことがそのまま伝わることはありえず、
解釈に正解はないという話だと思う
29 : ななしのよっしん :2016/02/27(土) 08:28:49 ID: dsS2Zu+8CE
作品の内容はそうだとしても、作者の気持ちは正解一つだよね
30 : ななしのよっしん :2016/02/27(土) 11:48:23 ID: XtH19I8Lh1
の理解ですが、作者の気持ちや生い立ち、イデオロギーが
テクストを解釈する上での絶対的な正解ということはない。
なぜなら、それらはテクストを構成するほんの一部に過ぎず、
また言という記号を通してめられて伝わるものだから。

テクストが収斂するのは作者ではなく読者の側であるとバルトは言ってます。

ある読者が「この作品は○○といった作者の気持ちを表現している」と思えば
それが"その読者にとっての"正解になり得るけれど、別の読者には別の正解がある
ということだと思います。
31 : ななしのよっしん :2016/02/27(土) 11:53:02 ID: 53LPRALJG1
子(=作品)に対して親離れ子離れ出来るか出来ないかという単純な問題でしょ
32 : ななしのよっしん :2016/02/27(土) 13:55:57 ID: XtH19I8Lh1
シュール記号学に関連する話で、意思ではなく構造の事を言ってるから
親の意思が介在する余地のあるその例えはちょっと違和感がありますね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015