単語記事: 作者の死

編集  

作者の死とは、フランス哲学者、文学評論家ロラン・バルト1967年に著した小論のタイトル、ひいてはその中で提唱した文学読解法である。

概要

例えばこういう笑い話がある。

「現代文の小説の問題を、その小説作者が解いたら、酷い点数をとった」

国語の授業で、この時の作者の気持ちを答えなさいという問題で、作者本人が『そんなこと考えてないぞ』と言った」

他にも、こんなをみたことはないだろうか。難解な作品のファンが、多くの根拠を集め作品を深く考察して発表した。しかし制作者はまるでそんなことを考えておらず、考察した人が笑われる。

こういう話の裏側には「作品において、作者であり絶対である」という一つの思想(イデオロギー)がある。この考えを絶対と考える人は多いが、これはけっして普遍の真理ではない。

これに対してロラン・バルトはあらゆる作品も言という制約がある以上、以前読んだものの影から逃れられない。よって「作者は作品を支配できず、読者に解釈を任せなければならない」とした。

作者によって支配されているものを「作品」というのに対して、作者の支配から解放された文学を「テクスト」と呼ぶ。作者の支配から逃れたテクストには既に作者の居場所はない。つまりこれ作者の死なのである。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BD%9C%E8%80%85%E3%81%AE%E6%AD%BB
ページ番号: 5234776 リビジョン番号: 2492766
読み:サクシャノシ
初版作成日: 14/05/25 18:07 ◆ 最終更新日: 17/05/24 02:21
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「ロラン・バルト」を追加し順序調整。記事導入部で一部太字化、少しだけ追記。「概要」でhtmlタグを微調整。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

作者の死について語るスレ

63 : ななしのよっしん :2017/04/08(土) 13:21:01 ID: Wx3HQ9LJts
作者が親で作品が子と考えると、産みの親であって子の理解者ではあるけれども子と親は一心同体ではなくそれぞれ個々の存在であると言えるのかも知れない
64 : ななしのよっしん :2017/04/08(土) 17:07:44 ID: HFAdoji+6s
いい言葉だが二次創作者にいいように使われてるのがイラつく
65 : ななしのよっしん :2017/04/18(火) 21:40:25 ID: ZCOJdm2gpM
そういうときは作者殺しと言い返してやれ
66 : ななしのよっしん :2017/07/03(月) 17:13:45 ID: Hdf1Q59C+p
そりゃ殺される作者が悪い
67 : ななしのよっしん :2017/07/03(月) 17:15:41 ID: z546ngJMYs
脚本の人そこまで考えてないと思うよ。に近いものがある
68 : ななしのよっしん :2017/07/03(月) 21:51:59 ID: c94vni9pvf
>>66
「殺される作者が悪い」はさすがに作者に酷だろう。
「創作とは常在戦場である」くらいで。
69 : ななしのよっしん :2017/08/26(土) 16:59:30 ID: 0axpCdYn3v
アンテ公式日本語翻訳で荒れてるの見て
やっぱ人は都合よく作品を解釈したいだけなんだなって思う
70 : ななしのよっしん :2017/08/26(土) 17:14:44 ID: RletA+rDZQ
>>67
それ「実は脚本の人はそれ以上に考えてた」ってネタなんだよなあ
71 : ななしのよっしん :2017/10/28(土) 07:00:31 ID: pEdxopitMh
作者は死ぬべきだが
読者も死ぬべき
一個人の解釈を他人に押し付けてはいけない
ってのが本質だろ
72 : ななしのよっしん :2017/10/28(土) 07:26:59 ID: c94vni9pvf
本質かどうかはロラン・バルトを殺さないとわからないんじゃないかなぁ……
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829