単語記事: 保守

編集

保守(ほしゅ)とは、状態を保ち守ること。悪化しないように維持する事などをす。

また、以下の意味などでも使われる。

概要

保守とは、既存の価値・制度・信条などを「革」する、すなわち、根本的に覆そうとする思想が現れた時に、これに反対して、既存の価値・制度・信条などを守る動きから形成される思想である。

したがって保守は、反対の対となる「革者」=「敵」の存在を必要とする傾向がある。

たとえば日本保守は、後述するように、戦後、共産・社会主義に反対する立場から生まれたものである。そのため、冷戦構造の終焉とともに、「敵」を見失って衰退することになった。

一方、最近の日本では、インターネットや一部の雑誌メディアを中心に、保守を再評価する動きがみられる。戦後保守を経験していない40代以下の世代が「保守覚める」といった様態をとることも多い。

保守の思想

保守思想は、歴史の中で個人が果たすべき責任を最も重視する。

先人から伝えられたものは、数多くの人々によって培われ、長い歴史検証に耐えて生き残ってきたものである。現代に生きる々個人の知恵などは、それに及ぶべくもない。伝えられて今あるものは極めて「よい」ものであるはずだと考える。したがって、

  1. まず、先人から伝えられたものを後人に伝えることこそが個々人の果たすべき最も基本的な責任であると考える。
  2. 一方で、伝えられたものを後人に伝えるにあたり、自らが善を施すことを否定するものではない。
    伝えられたものが「よい」ものであるのは、多くの先人が善を積み重ねてきたからである。善の全否定は、伝えられるもの自体の価値の否定につながる。
    伝えられたものは極めて「よい」ものなので、善はそれを根本的に変えるようなものであるはずはない。したがって、個々人が施す善はごく小さい。しかしそれでも価値があると考える。

すなわち、保守思想を信奉する者は、後人から見て、営々と築き上げ受け継いできた数多くの先人の一人として叙されることを最上の栄誉、喜びとするのである。

次のような言い方もできる。

例えば地震が起きたとき、それに対処する持ち札(具)は過去からやって来る。その具の使い方も過去を知ったほうが成功率は高い。だからこそ先人から伝えられたもの(伝統)を尊重する。

保守と宗教

ここまでの展開は論理的であるが、一方で保守は(定義にもよるが)宗教との相性が良い。

歴史・伝統・文化に対する敬意、先祖への尊敬などは、歴史ある宗教と容易に結び付く。実際に、欧ではキリスト教との、日本では神道、そして、天皇陛下との結びつきが見られる。

特に日本では、天皇陛下への尊崇保守に不可欠のものと考える、あるいは、陛下への尊崇から保守思想が始まると考える思想も多い。そのような思想の中には、陛下に対する異なる考え方に対して不寛容である者も多く、実際、そのような考え方の違いから分裂することも多い。

日本の保守の歴史

ここでは日本の「保守」について時代を追って説明する。

自民党のいう保守自由経済を守るという保守である。当時日本ソ連中国という代表的な共産・社会主義圏のには地理的には近いが、資本主義の立場を取るアメリカなど西側諸に属しているというカオスな状態にいた。

そして戦後共産党社会党の活動が合法とされ、また保守政党も乱立する事態となっていた。しかし1955年社会党の右・左が合併し与党第一党となり、それに危機感を覚えた財界の要望もあり日本民主党自由党が合併し自由民主党となり、与党第一党となり、社会党に政権交代するまでいわゆる55年体制が続くこととなった。自民党は決してはっきりした右政党ではなく、自民党に左ハトの議員がいるのは、まったく不思議なことではないのである。

論壇界の保守1960年学生運動が活発であり、岩波の「世界」などが導する左翼思想、いわゆる全共闘運動革マル派中核派連合赤軍などの過な思想が全盛期だったころ、それに対抗する、戦前の肯定や戦後民主主義平和憲法に対する批判スタンスの、「諸君!」が1969年5月に創刊された。この手の保守(右)雑誌の誕生は左に対して一定の効果があり、朝日新聞左翼臭が薄まり、岩波も学生運動が静まると共に没落していった。

しかし平成に入り冷戦も終わり、日本でも社会党が消滅すると、保守論壇の存在意義すら怪しくなっていった。保守論壇のパイオニア「諸君!」が休刊したのがその徴でもある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BF%9D%E5%AE%88
ページ番号: 4168261 リビジョン番号: 2533110
読み:ホシュ
初版作成日: 09/09/26 11:35 ◆ 最終更新日: 17/10/17 23:31
編集内容についての説明/コメント: 戦後レジーム追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


放物線

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

保守について語るスレ

372 : ななしのよっしん :2016/10/28(金) 20:18:26 ID: LXjv1hF+Ho
>>371
うん、レスして貰って悪いんだけど、>>369を言った時問題にしてたのは、ID: 5PEzmcGJSJ が何を言いたいかじゃなくて、ID: 5PEzmcGJSJ がどういう認識で言ってたか、なんだよね。
保守そのものへの認識、そして、過去保守思想に対する認識、自分の意見に対する認識、そういうのをひっくるめたさ。

過去の思想に対する過剰な賞賛と美化、その思想への解雇を訴えかける思想ってのは、たく言って反動義な訳でね。
戦争時のプロパガンダみたいな思想>>359保守の美学として掲げる事自体、筋が違ってるんだよ。
あれだって時流あってのものだし、言い方ちょっと変えれば革命の美学にだって通用してしまう。それこそ、自分の命を犠牲に政治的を達成しようとしてる「テロリスト」の美意識なんてまんまコレ。

そうした意識が根底にあって、それを保守に要してる限り、現状が生ぬるく感じられるのは当たり前って話。自分の中で美化されてる思想が前提だから。
373 : ななしのよっしん :2016/10/29(土) 20:07:03 ID: fmGXr6Wr5u
そうそう、インパール作戦牟田口やら国連脱退の松岡昭和天皇にも嫌われていた)を崇めるのを是としてるのは

どーも腑に落ちない
374 : ななしのよっしん :2017/01/30(月) 06:21:04 ID: PlSaKTpxtf
守旧憲法を不磨の大典のごとく視して一字たりとも変えることに抵抗するけど
保守は昔から守り続けてきた憲法理念を実現するために
必要があれば(運用も含めて)柔軟に正することをいとわない
375 : ななしのよっしん :2017/03/15(水) 17:13:26 ID: JeLhi/pOMA
口で保守とかとか言うのは簡単だろうけどもバランス感覚とかめられるし、少なくとも特定の考え方(思想?)饅頭パックみたいなの買ってる量産型では本物になれないんだろうなぁとは思う。
時には本来相容れない考え方も聞いて練って自分流の考え方を作ることも、今自分のついてる側と敵対する覚悟もめられる。
一番必要なのは孤独になる勇気なのだろうか。
376 : ななしのよっしん :2017/03/16(木) 22:10:56 ID: LXjv1hF+Ho
>>375
民主主義日本で「量産型にはなれない、孤独に自分を貫く保守」って一体……
その時点でバランス感覚欠如してない?現状や大多数の民意に対して自分の意思が孤立していくって事は、どこかに何かしらの「理」があるって事。変化が急だったり、やり方が過だったり、どこかずれていたり、ヴィジョンだけが先行していたり。
対立しても自己を貫くってなってる時点で、保守というものを履き違えてる。保守だから凄かったりだったりする訳じゃないんだから、「孤独に保守を貫く」なんて本末転倒保守は一部のカリスマが先導する義じゃないんだから。
377 : 何処某 :2017/04/07(金) 05:27:51 ID: DDxC/6krp7
>>376
付和雷同じゃなくて個々が意見・思想を持てと言う意味だろう。思想考え十人十色だから惹かれあうの。
何も考えず流されるなら単なる衆愚でしかない。

この「保守」という文字シンゾーマとかには使いたくないなぁ。そんなものは「火腫」に変換してくれればいいのに。
378 : ななしのよっしん :2017/04/07(金) 09:37:06 ID: LXjv1hF+Ho
>>377
十人十色を認めるのは良い、個人の考えを持つのも良い。ただ、>>375る「それを保守と考える」って考えが受け付けないだけだよ。

人と自分の考え方が違う、だから「(少なくとも民主主義においては)これまで続いてきたことが、それまでの人間の積み重ねで続いてきてる」事を認めるってのが保守の根幹な訳で、意見が敵対することがあっても、周囲を「特定の思想に染まった似非」扱いする事は、本来一人の思考から出来る事じゃない。
論中には一部、保守を復古義や反動義と履き違えてる連中も居るけど、大多数の保守志向の民は、「特定の思想に縛られた集団」じゃない。
その特定集団で保守ろうってのは、せせこましい考え方よな。

で、>>375のように、そもそもが、自分の考えが他社と合致してる状況を「今自分のついてる側」という捉え方をしてるから、周囲の人間までをも「画一的」に捉えてしまう、その結果自分の意見が対立したときに、それが何か特別なことのように感じられてしまう。

自分が対立したときにそう感じるってことは、「他の人の意見を個人として捕らえてない」か「自分が本当に特定の偏った思想の集団に漬かってたか」のどちらかしかないと思ってる。

時として自分の意見が対立したとしても、また別のある時は対立しないときもある。その「別のある時」に対立した人に、「流される衆愚」扱いされて、それを正当と思えるかい?自分の意見が対立したときに、周囲を「流される衆愚」扱いできる根拠ってなんだい?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
379 : ななしのよっしん :2017/07/29(土) 12:45:48 ID: Sv1dE3BhQN
革調べてみたけど
諸政策などを部分的に善することをいう
https://kotobank.jp/word/%E6%94%B9%E9%9D%A9-42157

保守とは、既存の価値・制度・信条などを「革」する、すなわち、根本的に覆そうとする思想が・・・
なんか使い方違くね?
380 : ななしのよっしん :2017/10/05(木) 17:25:29 ID: HIgdJVULeg
保守主義者の言う“リセット”って要は革命に対する復古義とか保守反動と形容すべきものだと思うんだが
革”という進歩義的な言葉を一緒に並べて有耶耶にされてる感
希望の党が掲げてる政策を見ると、実際保守主義とは程遠い内容が並んでるんで、じゃあお前らは何義なんだよと頭抱えたくなる
これほど保守馬鹿にしたものもないと思う
381 : ななしのよっしん :2017/10/05(木) 17:29:44 ID: HIgdJVULeg
>>380
すみません書き込むところ間違えました
この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829