単語記事: 俺がガンダムだ

編集

俺がガンダムだ」とは、「この世界はいない」の対義である。

概要

2007年放送のアニメ機動戦士ガンダム00』の主人公刹那・F・セイエイの発した、最も有名な台詞の一つである。

彼および本作を徴する名言であり、同時に彼と本作を代表する迷言でもある。

初出はファーストシーズン第2話「ガンダムマイスター」。

刹那は幼少時にガンダムによる武介入を間近で見、命を救われた経験がある。

幼い頃から中東テロ組織の少年ゲリラ兵として殺伐たる環境に育ち、という存在に絶望していた刹那にとって、その体験はまさに新たな福音だった。

以来、彼は自らをガンダム救世主そのものとして、戦争根絶の達成をすようになる。

俺がガンダムだ」は、その迸る想いの情熱的表現であり、魂の叫びと言えよう。

彼はこの言葉とともに武介入を行い、ガンダムたらんとする意思と現実の狭間で葛し続ける。

それは、この台詞余りにぶっ飛んだセンスと、直後の「何言ってんだ?」という、ロックオン・ストラトスから飛んできた余り常識的なツッコミによって、刹那キャラ付けは確立された。ちょっと痛い子路線である。

以降、彼は度々このセリフ及び生形を口にし、「それはひょっとしてギャグで言ってるのか?」と視聴者を幾度も戸惑わせることになる。

「俺ガンダムだ」

一見すると不可解な言葉だが、刹那・F・セイエイと言うキャラクター考察するキーワードとしてこのセリフを捉えるならば、非常に重要な意味を帯びてくる。

刹那は劇中、「ガンダムだ」ではなく、「ガンダムだ」と一貫して発言している。

助詞「」と「」の相違は、そのまま体的表現と客体的表現という対構造に置き換えることができる。

その構造にいては、「」という助詞は客体的表現に位置付けられよう。

を『重すぎる』って理解を拒み」や「純シンプルに変わるとき」など、「」によって繋がれた文脈は、絶対的な命題というニュアンスに薄く、どこか一歩身を引いた、「そう感じている自分」というものを浮き彫りにさせる。

俯瞰的かつ単点的な視点をもって対把握し、かつ強意の訴えかけをも行う助詞である。

この様に、「」の働きとは観測的な役割を持つ認識体を発生させることによる文中の本来の体の客体化であり、永続性に乏しい一時的な焦点化であると言える。

この観点に立って考えるならば、刹那は「ガンダムだ」という言葉によって、「ガンダム」という認識を暫定的に獲得していることになる。つまり、刹那ガンダムという存在を体的存在として自意識に取り込めていないのである。

逆のパターンとしては、世界限界に触れた際の嘆き「・・・ガンダムにはなれない・・・」を挙げることができる。
この場合の刹那にとっては、「ガンダム」であることは規定の了解事項であり、継続的な事実である。

(これは敵となったチームトリニティに放った「お前たちガンダムであるものか!」という懐疑的・願望的セリフを経て「貴様ガンダムではない!」と断ずる流れにいてはっきりと対が可になる)

しかし、ここで疑問がひとつ生じる。

刹那自身がガンダムと同一化することに対し確信を得ていないのならば、彼の苦悩や葛に意味はあるのだろうか?
常に「ガンダムだ」と自分に言い聞かせ続けなければ自我を保てない、自己欺瞞に満ちた人間なのだろうか?

決してそうではないことを理解するためには、ある事を思い出す必要がある。

それは、「」という助詞のもうひとつの側面であるところの、「変化を許容する」という性質である。
そして、「動的に選択する」という姿勢である。

」という助詞は体的であり、固定的であり、自己認識の外界への放射である。
周知の事実、あるいは自己がそうたらしめるべき言葉を紡ぐ際に用いられる。

その最たる例を挙げるとすれば、やはり刹那とって理想のガンダム像であったマイスターリボンズ・アルマークの発言であろう。
「言ったはずだよ。イノベイターをもえた存在だと」「救世主なんだよ、」「そのものだよ」というように、彼の言葉にはことごとく「」が用いられており、その言葉はすでに完結されている。

それに対し、「」は客体的であり、流動的であり、認識の収束である。
そうなろうとする意思の向、数多の可性の内から選ばれたひとつの事柄に繋がれるである。

ガンダム救世主)」という概念を、リボンズのように「」を用いて表現するのは容易い。だが、それだけに安易なでもある。
そこには己を客観視する視座や、自分を再評価する問題意識を介入させる余地は非常に少ない。

ガンダムだ」という命題はそれ単体で帰結してる故に、根拠のい言葉となりかねない。

刹那はそうした裏打ちのい「ガンダム」に甘んじることを、んだメサイアコンプレックスや仮初のの全感に浸ることを否定しているのである。
あくまで己の意思で自らを処し、戦争根絶の針として「ガンダム」という存在に接近しようと試みているのだ。

要するに、「ガンダムだ」というセリフは、悩み苦しみながらも理想に邁進する高潔な意志と未来を掴むための変革意識を正しく表現した、まさしく刹那・F・セイエイキャラクターを体現したものである。

鑑みるに、刹那の行動理念の原体験であったの、刹那を救ったガンダムマイスターリボンズ・アルマークを断固として拒絶するに至ったのは必然であったのかも知れない。

言葉の進化について

この言葉は

俺がガンダムだ

は・・・ガンダムにはなれない・・・」

「もう一度、ガンダムになるチャンスを・・・」

が、たちが、ガンダムだ!!」

刹那の心、考え方によってこの言葉も進化している。

セリフ内容のインパクトも強いが、最初にこのセリフを口にして以降は様々な生系のセリフを様々なシーン(に印に残るようなシーンの決めゼリフとして)で、度々口にしている。

そのためか、ゲームをはじめとした他メディアでも彼が登場する際は彼の決め台詞として口にすることが多い。

俺達ガンダムだ!」や「これがガンダムだ!」等といった生系のセリフも存在するが、
基本的には「俺がガンダムだ!」が使われることが多い。Gジェネレーションシリーズでは機体の組み合わせにもよるが、ガンダム系の機体でこのセリフを言ってくれる。

○○だ!」と変しやすい迷言ではあるものの、元のインパクトが強すぎるせいなのか、だいたいファンの間でガンダムネタでそのまま使われることが多い。

ニコニコ動画における武力介入

動画内のコメント煽りあいや、過度の宣言の応酬において、しばしばこセリフが投下される。
特にshitaコメントが応酬される箇所へ強引に文脈視にbig shitaで介入してくることが多い。
コメントの色は刹那シンボルカラーに近いcyanblueが使われる。
正確な発祥時期や場所は不明だが、一説には2008年11月の「ニコニコ動画流星群」中にコメントされたのが初出だとされる。(引き続き、情報ム)

このコメントは「ひぐちカッター」のように、これまでの悪い流れを断つ的で書き込まれることが多い。
セリフの持つ馬鹿っぽいきや、脈絡のい唐突さに、視聴者は論争の愚かしさを悟りニコニコする。
場合によっては、このコメントに乗っかって様々なガンダム関係のネタコメントが積まれる。
戦争根絶を刹那は、このような細な争いも看過できないのだ。

殺伐とした動画上人が!

 ':,     ',   _____,,.. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' ーヽ丿::ノ
  ':,    ',   >':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   `ヽ.
   ':,     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
    ':,   ,:'::/::::::: /:::::::::,'´::::::::::::::::::::::::::.ヽ.::::::::::::: ':,
. \    ,' /:::::::::::/:::: ,':::::::!::::::::::::::::::::;:::::::::',  ヽ::::::::: ヽ
   \ 丿::,'::::::::::,'!:::::/!:::::::!::::::::::;:::::::/!:::::::::::i:::::::::::::'´::::::::ヽ_,
  ー=ニ__,!::::::::/ !メ、」_,,./|:::::::/!::::/ !::::::::::ハ!::::::|::::::::::::::::::::ノ
`"''  、..,,_  !:::::/ ,ァ7´, `iヽ|:::/ |ヽ、」ニイ、 |:::::::!:::::::::::::::≦
      ノi,/レイ i┘ i. レ'   'ア´!_」 ハヽ|:::::::|:::::::::::::/
─--   ´ |:::::!   ゝ- '       !    !!ノ::::::::|:::::::::/
,. -──-'、 |:::il/l/l     、     `'ー‐ '_ノ:/:::::N
     ヽ. ::人    `i`ァー-- 、  /l/l/l ノ::::::∨
   が   i   `: 、.   レ'    ',   u ,/::::::::::ノ
   ガ    |     ヽ 、 '、    ノ  ,.イ::::::::/
   ン   .!       `>-r  =ニ゙´、.,_:::::/∨
   ダ   |     _,.イ´ヾ───< ヽ
   ム   |   /7  ヽ:::: '´     //ヽ.
   だ   |  /  /   \__ /  |   ヽ.
   !   .! / . ,'         |   .|    ',

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BF%BA%E3%81%8C%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%81%A0
ページ番号: 702554 リビジョン番号: 2372258
読み:オレガガンダムダ
初版作成日: 08/11/09 22:07 ◆ 最終更新日: 16/06/13 09:04
編集内容についての説明/コメント: 決め台詞としてのこのセリフについて追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

俺がガンダムだについて語るスレ

393 : ななしのよっしん :2017/01/17(火) 00:10:49 ID: j2drOMYypW
お前のようなガンダムがいるか
394 : ななしのよっしん :2017/01/25(水) 00:29:22 ID: OsFUrotFFb
ガンダム俺らガンダムわたくしが…
395 : ななしのよっしん :2017/02/09(木) 17:33:04 ID: LrjDC351Sb
は法だとが法じゃ全然意味合いが違うようなものか?
396 : ななしのよっしん :2017/04/05(水) 17:47:35 ID: M1I6gF1PHs
確定的にそうであるとるだけの言葉と
そうありたいと願いすための言葉の対って深いな
そんなに考えたことなかった
397 : ななしのよっしん :2017/04/12(水) 08:45:49 ID: YwosT+q7a8
ガンダムだ…がなんと言おうとガンダムなんだ
398 : ななしのよっしん :2017/04/14(金) 18:07:04 ID: 2MqLWC+qPH
こう思うと、ガンダム自体を、
登場人物として入れても面いとおもう。  
399 : ななしのよっしん :2017/04/29(土) 15:57:38 ID: GpXSKlyZuC
アンパンマンは君さ
と全然違うようで実はよく似ている
400 : ななしのよっしん :2017/08/17(木) 21:08:57 ID: hg3ctXZOtq
初めて観たよ。
ガンダムってセリフは知ってて(笑)と思ってたけど
始まってすぐのガンダム降臨でもう意味は分かった

(笑)の認識しかくてごめんなさい土下座した
401 : ななしのよっしん :2017/09/03(日) 04:25:33 ID: USilVvP8Nl
俺がガンダムだホワイトベース
402 : ななしのよっしん :2017/09/07(木) 08:08:54 ID: U3XtikAUC6
機械兵器機としての「ガンダム」と「ガンダム」はきっちり区別できた上でなおこ台詞が出てくるのが刹那の性格の面い所と言うか恐ろしい所と言うか…

00初起動時の台詞いいよね
Oガンダムと!エクシアと! が居るッ!!」
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829