単語記事: 俺は悪くねぇっ!

編集  
「お、俺が悪いってのか…?は…は悪くねえぞ。だって師匠が言ったんだ…そうだ、師匠がやれって!」
「こんなことになるなんて知らなかった!教えてくんなかっただろっ!」
俺は悪くねぇっ!俺は悪くねぇっ!

俺は悪くねぇっ!」とは、ゲームテイルズ オブ ジ アビス』の主人公ルーク・フォン・ファブレ台詞である。

ブリッジに戻ります。ここにいると、馬鹿な概要に苛々させられる。

物語の中盤、親善大使となったルーク師匠であるヴァンに「鉱山都市アグゼリュスの障気を振動で打ち消せば英雄になれる」と吹き込まれる。
それを信じたルークはアクゼリュスで振動を発動。

かしこれはヴァンの策略であり、振動の影で支えを失ったアクゼリュスは崩壊してしまう。
結果として数千人が崩落に巻き込まれ犠牲となり、さらに信じていたヴァンに裏切られたという現実ルークは受け入れることができず、責任から逃れようとする。

この際放った台詞俺は悪くねぇっ!である。

この言葉を繰り返したことで他のパーティメンバーは幻滅し、ルークは一時的に孤立することになる。

テイルズ オブ ジ アビス』で最も有名な台詞であり、『テイルズ オブシリーズ全体を通してもアニメ化されたこともあってか知名度の高い台詞である。

で、実際のところ本当に悪かったの?

責任があるのは確かだが、情状酌量の余地はあり、一概に悪いとは言い切れない」
という意見が多め。

  • ルーク記憶喪失から数えて7年間を軟禁生活で過ごしていた。
    浅慮な言動もあるが、実質7歳相当の判断で崩落を阻止できたかは疑問が残る。
  • そんな軟禁生活の中で幼い頃から信頼していたのが師匠ヴァンである。
    となればルークが盲信するのも当然と言える。
  • 行動中のパーティメンバーもそれぞれが問題ある発言や行動をしている。
    特にルークに対する態度は(事情もあるが)辛辣なものが多い。
  • さらに本来いくらか対処できたはずの人物がって何もしていない。
    「お、おまえらだって何もできなかったじゃないか!ばっか責めるな!」
    と言われても仕方ない状態だったのは間違いない。
  • 一忠告してきた相手もルークにとって信用に足る人物とは言えず、さらにその態度も逆効果としか言えない状態だった。
  • 最終的にヴァンルークに暗示をかけて振動の発動を強要させている。
    さらにその計画はルーク記憶喪失になる以前から、人間関係も含めて計画されていたものだった。

要するに「7歳児を幼少期から騙し続けて暗示をかけ、"英雄になれる"と吹き込んで崩落のスイッチを押させた」のがこの事件の全容である。

これで何が悪いかって言ったら仕組んだヴァンが全部悪い

補足:パーティメンバーの態度について

俺は悪くねぇっ!」に幻滅し、一度はルークを見放したパーティメンバーだが、あくまで幻滅した理由は「親善大使になってからの横柄な態度」や「責任から逃れようとしていた発言」からであり、アグゼリュス崩壊が直接の原因ではないことが後のイベントで判明する。
(あの状況で当事者にさらに辛辣な態度を取るのも大人げないとは言えるが)

例外としてガイだけは見放した訳ではなく、考える時間が必要だろうとその場を離れていたので、その後すぐに合流して変わらない態度で接している。

またそれぞれが「崩落は自分にも責任があった」と認めていたため、ルークの状態が善された後は態度も軟化するようになる。
その後はルークが過度に卑屈・自罰的になってしまったため、逆にそのことを心配するようになってしまった。

関連動画を失ってからのあなたはまるで別人ですわ……

貼れないけど俺は悪くねぇ!大人の事情が悪いんだ!

イオン様!こんなサイテーな関連商品ほっといた方がいいです!

少しはいい関連項目もあるって思ってたのに……


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BF%BA%E3%81%AF%E6%82%AA%E3%81%8F%E3%81%AD%E3%81%87%E3%81%A3%21
ページ番号: 4358115 リビジョン番号: 2490751
読み:オレハワルクネェッ
初版作成日: 10/05/11 14:23 ◆ 最終更新日: 17/05/17 20:26
編集内容についての説明/コメント: 概要に小項目を2つ追加。説明に偏りがあったら修正をお願いします。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

俺は悪くねぇっ!について語るスレ

1594 : ななしのよっしん :2018/06/21(木) 22:11:38 ID: ZVgCGD1I0g
>>1585
>>ルークの精に多大な負荷をかけ、進行を阻しかねない事情をルークが七歳のレプリカと推測している人間が本人に言うはずがない

方の理屈はジェイドルークに対して七歳相当の人間として配慮ある言動を行っていた場合においてのみ通用するものですが、実際の作中描写にはそんなシーンはありません
普段は十七歳相当として扱っておきながら、都合の悪いときだけは七歳相当だから配慮したというのはジェイドの行動理念としても論理性がありませんし、作中描写にもそういったシーンはない以上ただの方のそうだったらいいのにという妄想でしかありません

>>ヴァンオラクルの長であり、(中略)ヴァンに伝わってティア側が軟禁されるなり拘束されるなりするのは明

この理屈はティア教団上層部の人間が告発者と被告の社会的地位に忖度してっ当な判断をしないという考えを持っていなければ成り立ちません
しかし作中においてティアはモースやイオンについて人柄や思想信条を擁護・称賛していることからこういった考えは持っていないことは明らかです
またティア自身の思惑が明らかになることによってヴァンからの拘束・軟禁を恐れていたというのならばファブレ邸での襲撃に失敗した時点でそういった対応を取られる恐れを自覚して早急に告発を行い、ヴァンの陰謀を隠蔽されないよう勤める必要があったのにそういう行動も取っていません
これらのことから方の言い分は作中描写と矛盾するものであり、ティアを擁護する理屈としては合理性が全くありません
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1595 : ななしのよっしん :2018/06/21(木) 23:04:01 ID: avkEmi2sTn
>>1526 >特に崩落前の言動は救えないレベルで悪い

ここはしもルークの性格が”急変”したって思うところだよね。
このイベントって吉積的には「ムカつくいじめて気持ちよくなろうぜ」がコンセプトだから
(※吉積にとって感情移入・イコール自分としているのはジェイド言)
まず事前プレイヤーにムカつかせる段階を踏んだんだよね。
急に言動が悪くなり「いじめ」の準備が整うのもそのせい。
そして、ほとんど非がいのに理にでもいじめにしたいために言わせたのが「俺は悪くねぇっ!」。

インタビューで吉積はこれを「教育」と言しているし、そこから
 いじめっ子吉積「可哀想と思われるのは予想外
に繋がるという・・・
1596 : ななしのよっしん :2018/06/21(木) 23:20:05 ID: ZVgCGD1I0g
>>1586
>>また、アクゼリュスで惨劇が起こるという時限はプレイヤー側しか知らない事であり劇中の人物にとっては予期せぬ惨劇

これは酷い誤りであり、本当にアビスプレイしたのか疑いたくなるレベル
ジェイドティアヴァンが悪事を企んでいることと六将の黒幕であること、六将がキムラスカマルクトの和条約を締結させたくないことを把握している
この時点でアクゼリュスやその中で襲撃やその他の妨工作を行ってくることは十分予期できる案件である

>>中の工程を阻し、ルークを追い詰めかねない情報をあの段階で言う緊急性がそもそも存在しない(中略)もったいぶるのではなく配慮の上黙秘していたが正しい認識ではないか

↑で書いた通り、緊急性がないどころか早急ルークに対して警告を行い、ヴァンとの距離を取らせなければ現場の最高責任者が敵に取り込まれることになるので方のは作中での状況とは矛盾しており、正当性も合理性もない

>>非常に限られた情報と時間と人員で惨劇阻止できる推理と行動をして阻止しなさい 失敗したなら、不快に感じる発言でも全てこらえ、自分の非は全て認め謝罪と説明をしなさい
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1597 : ななしのよっしん :2018/06/21(木) 23:59:50 ID: ZVgCGD1I0g
>>1587
>>イオン・周りの人間がルークの言動を受けた際の心理状態、状況を加味せずルークの責を否定している(中略)これは矛盾としか言えない

別に矛盾してません
クゼリュス崩落の方がパワハラと言われるのは非難する資格のない人間がルークに対して自身の責任を隠した上でマウントを取って責めたてたこととルークに反論の余地を認めなかったからです
イオンの件についてはルークイオンのせいで明確に負担を負わされている立場なのでルークイオンに対して不満や非難を言うのは特に問題ありませんし、ルークイオンに対して反論の機会も与えています
その上で反論が論理的だった場合は心中はともかくとしてその訴えを認めていますし、以降もこの件を引き続いて口に出すなどして相手の精に過度の負担を与えるような行動もしていません

>>「は親善大使なんだぞ」と露に権を振りかざしている

ルークが親善大使であり、その任務中における行動の決定権を持っているのはただの事実ですし、責任者が「自分は責任者なんだ」とすること自体は何も問題がありません
これが自分の言うことを聞かなかった場合は処罰するとまで言及したならば脅迫にあたるのでパワハラになりますが、作中ではルークはそんなことはしていません
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1598 : ななしのよっしん :2018/06/22(金) 01:36:18 ID: ZVgCGD1I0g
>>1588
>>断髪後のルークに対して態度が軟化し協的なる事は加味されていない(中略)それまでに事態の切迫で自する様な機会がどない

情報を隠し続けたことへの反論にまったくもってなっていません
四六時中戦闘を行っていたわけでもないので、からへの移動中の時間などに自する機会は十分にありました、ただ単に自する場を自ら設けなかっただけです
追い詰められてから喋った時点で情状酌量は認められませんし、むしろ隠せるうちは隠し続ける気があったと見なされて悪質性を認められるケースです
ルークへ協をしたからと言って自分たちの不適切な言動に対する謝罪をしなくて良い理由にはなりません
そもそも作中でPTメンバーが見せている謝罪・反描写はルーク責任逃れの発言をしたからキツクなじったけどあれは言いすぎだったという程度です。
実はルークにアクゼリュス崩落の責任はないこと、自分たちが責務を果たさなかった結果ルークに不利益を被らせたこと、あの時自分たちにルークを非難・失望する資格はなかったことなどの本当の意味で不適切及び礼・不躾だったことについての言及は一切ありません
なので>>1583に対する反論になってませんし、その場合のPTメンバーへの擁護にしても不適当です


(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1599 : ななしのよっしん :2018/06/22(金) 12:10:13 ID: Pf2NAXJtXc
ジェイドヴァンを疑えたかについて

前提
ジェイドは、天才であり皇帝の懐であり本来なら対なるほどの優秀な軍人である
ジェイドは、生体フォミクリーの発案者であり研究者である

1.ヴァンは、タルタロスを襲撃したりルークを殺そうとしたりカイツール軍港を襲撃したりイオンを誘拐したりした六将の上である
2.アッシュルークが同じ顔で、ルークの記憶がい事から、ルークレプリカだと疑っていた
3.ヴァンは、ルークオリジナルと思われるアッシュの上である
4.ヴァンは、ルーク剣術師匠である
5.ジェイドの共同研究者であったサフィールが六将のディストである
6.六将がイオンを誘拐してセフィロトの封咒を解かせている
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1600 : ななしのよっしん :2018/06/22(金) 12:11:48 ID: Pf2NAXJtXc
×対
大将
1601 : ななしのよっしん :2018/06/22(金) 12:50:29 ID: mQffpGOCwh
申し訳ないがもう一度だけ投稿させてくれ

事前にこれをしなかったので、事後にこうしなかったので
登場人物の批判理由や批判背景が劇中で行われなかった仮定に起因している

劇中描写に不自然な点や不可解な点が合った場合に
描写が足りていない事自体を批判し、より解りやすくなる描写として劇中に追加すべき仮定を述べるのみに留まる→まだ理解できる
描写が足りない事によって不自然さ・不可解な点が生じている登場人物を、仮定や描写不足な不自然さや不可解な点を根拠に批判する→???
この1件がパワハラのように見える事自体を批判摘するのはまだ理解できる
しかし、それによってその発言をした登場人物が前後の描写がない・足りないからと批判されるのは何かがおかしい
1602 : ななしのよっしん :2018/06/22(金) 13:09:05 ID: tDmwiFFxpt
>>1601
描写が足りないのじゃなくて、「可であったのにやってない」の。

自称優秀な軍人であるサイコパス野郎の、後出し「やはりそうでしたか」だとかが代表的な例。
自分で言ってんだぞ?「その気になりゃどうにかできました、事前情報共有できました」と。

自称親友の常識人だって、記憶喪失だったのがある日突然復讐者としての記憶が復活しましただとかじゃなく、ずーっと報復する気満々だったんだぞ?
何回も、何回も何回も何回も。直近ですら言われてることにもう一回摘するのも陶しいんだけどね。
「いずれ詐欺で騙すつもりだったけど、共犯の人間が事故起こすように仕向けて復讐相手が賠償払うハメになったのでとりあえず今は黙っておきます。あと事故起こしたことについて批判してマウンティングします」とか外道の極みでしょ。
1603 : ななしのよっしん :2018/06/23(土) 21:32:11 ID: Pf2NAXJtXc
描写が足りないとは
ヴァンを疑ったが、何らかの理由により信じた」描写の事?
何をどうすれば、ジェイドヴァンを信じられるのか?
ジェイド批判する事が理解出来ないと言うならば
ジェイドヴァンを信じてもやむを得なかった理由を教えて欲しい
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829