単語記事: 僕

編集

とは、以下の意味・読み方を持つ言葉である。

  • (しもべ) - 男性の召使いのこと。「下」などののこと。
  • (ぼく) - 男性の身分の低い者。
  • (ぼく) - 日本一人称の一つ。男性が用いる。この記事で解説する。
  • (やつがれ) - 「手前共」「身分の低い自分」という意味合いのへりくだった古い表現。上記の一人称の一つ。これをぼくと読んで使ったのは明治時代になってから。

概要

もともとという漢字現在でも「下」「」などの言葉があるように、身分の下の者に当てられる言葉であり、自分で自分の事をと呼ぶ場合はに謙遜の為に使われていた。(読み方はそれぞれの時代で異なる)

現在では幼少期の男児や、優男男性がよく使う一人称として使われる。「」よりも緩やかなニュアンスで親しい間柄などで用いられるが、社会に出た場合、上の人に対するときなどはよりあらたまった「わたくし」、いは「自分」を用いる。また小さい男児に対しての呼びかけ(二人称)にも使われる。

】と【ボク】【ぼく】では同じ一人称を表す言葉ではあるがそのニュアンスが異なる。一般的な例に漏れず漢字表記の方は硬い印を持ち、本来の意味である男子一人称であることが多い。一方【ボク】【ぼく】と書いた場合は、いわゆるボクっ娘の表現、もしくは漢字をあまり用いない幼児の一人称を表していることが多いようである。

漢字として

Unicode
U+50D5
JIS X 0213
1-43-45
部首
亻部
画数
12画
Unicode
U+3492
JIS X 0213
2-1-94
部首
臣部
画数
15画
Unicode
U+4451
部首
亻部
画数
18画
𢖃
Unicode
U+22583
部首
画数
16画
意味
、男の奴隷、男の召使、の御者、辱める、隠す、という意味がある。また自己の謙称として使われる。日本語では男性の(謙遜の意のない)自称として用いられる。
説文解字・巻三〕に「給事する者なり」とある。
字形
の会意説、の形説がある。文には職業の名として使われ、その後下の意味ができ、謙称として用いられるようになった。
音訓
読みはホク(音)、ボク音)、訓読みは、しもべ、やつがれ。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。当用漢字にはなく1981年常用漢字に採用された。
役・御・使・従・賃・婢・夫・射・纍・虜・

異体字

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%83%95
ページ番号: 4650583 リビジョン番号: 1479193
読み:ボク
初版作成日: 11/06/09 13:29 ◆ 最終更新日: 12/03/24 10:55
編集内容についての説明/コメント: 漢音・呉音追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ぼれ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

僕について語るスレ

25 : ななしのよっしん :2014/07/26(土) 21:54:53 ID: Q17do3fq0Z
>>24
大人らしきレスがそれをしてたら気持ち悪いというか、読めない感じがする
邪気さを装って言質とか上げ足を取ったりとかしそうだし
26 : ななしのよっしん :2014/09/21(日) 17:33:15 ID: aN/wMVUlLv
>>22
ブルーノお前こんな所で何をしてるんだ!
27 : ななしのよっしん :2015/03/05(木) 13:03:15 ID: ZDhlxDSufe
そう、僕だ

はここにいていいんだ!
28 : nata :2015/10/01(木) 23:43:00 ID: Hfzfb+i9EN
メルシーボク
29 : 削除しました :削除しました ID: 0mqzX5lGFm
削除しました
30 : 削除しました :削除しました ID: MAHJgONcHB
削除しました
31 : :2017/02/24(金) 23:25:43 ID: u1n09wQKlT
野原
32 : ななしのよっしん :2017/02/27(月) 21:44:29 ID: llIxFkFzj+
股間に寝る野原ひろし
33 : ななしのよっしん :2017/04/05(水) 13:43:04 ID: yAtYojSBYG
関西人に多いイメージ
34 : 名無し :2017/04/17(月) 11:38:41 ID: 9En06iLw59
>>33
わかる
他地域でいうところの「私」が「」に換わってる印

テレビ見る限りだと、さんまさんがよく用いてるよね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015