単語記事: 優駿牝馬

編集  

優駿牝馬(ゆうしゅんひんば)とは、日本中央競馬会(JRA)が催するGI競走で3歳限定のクラシック競走である。通称は「オークス」でこちらで呼ばれることが多い。またJRACMでもオークスの名称が使われている。

概要

1938年イギリスオークスステークスと手本とした3歳限定重賞「阪神優駿牝馬」(鳴尾競馬場2400m)として創設。1946年からの競馬再開に伴い、東京競馬場に移設されると同時に名称を「優駿牝馬」に変更。1953年から東京優駿(日本ダービー)の前週に行なわれるのが恒例となり現在に至っている。

3歳クラシック第一戦の桜花賞が「女王決定戦」と呼ばれるのに対し、オークスが"樫"と訳せることから「樫の女王決定戦」と呼ばれる(但し元ネタであるオークスステークスの「オークス」は開催地の地名である)。

エリザベス女王杯が短縮されてからは、限定競争で最も距離が長い競争となっている。この競争より前に施行される2~3歳限定重賞のどが1600m以下であり(2000m重賞もフローラステークスのみ)、前走から800mもの距離延長となるも多い。そのため他の限定重賞と傾向が異なり、ここでの勝利が最後となったり、何かの波乱が起きたりすることが多い。

例えば、

95年優勝ダンスパートナーは翌週のダービータヤスツヨシの走破時計よりもいことで話題になったり、
96年にはエアグルーヴ子2代制覇の偉業を達成するが、影でノーサンデーの大斜行も問題視されたり、
97年には手ごたえ良く上がってきたヤマニンザナドゥが落したり、
98年にはノーザンテースト最後の大物といわれた名脇役エアデジャヴーがしっかりと2着に食い込んだり、
99年には距離不安といわれたウメファイバーが大外一気でハナ差しきったり、
00年には山内厩舎がワンツーフィニッシュだったり。
01年にはケント・デザーモが外国人騎手初のクラシック競走を制したり、
02年にはスマイルトゥモローが15番手からの追い込みを決めたり、
03年には子3代制覇をかけて出走したアドマイヤグルーヴ走したり、
04年には府中の怪物がダンスインザムードを沈めたり、
05年にはシーザリオエアメサイアディアデラノビアの三つ決戦になったり。
06年にはキングヘイロー産駒が敗で優勝したり、
07年にはウオッカダイワスカーレット不在になり、初のの優勝が誕生したり、
08年には池添の進路の取り方でなが~い長い審議になったりしてネットでも色々と議論したり揉めたりしたり、
09年には放したワイサファイア競馬場を約2周して4000メートルくらい走して除外になり、そしてじゃない生き物が勝ったり、
10年にはGI史上初の同着1位が起こったり、
11年にはエリンコートの2着に柴田善臣騎乗のピュアリーゼり込み、同騎手は牝馬三冠全二着制覇”という偉業を成し遂げたり、
12年には騎乗停止による上交代や距離不安説などから3番人気となっていたジェンティルドンナが、それらを嘲笑うかのような5身差のレースレコード勝したり、
13年には上がかつて日本ダービーで騎乗したで騎手は7年ぶり、も6年ぶり、生産者は33年ぶり、厩舎に至っては開業25にして初めてのGI(級)勝ちを収めたり(なお、調教師本人は入院中により表式に出席できなかった…)、
14年にはぶっちぎり1番人気ハープスターヌーヴォレコルトが破り、に続き強者殺しの血を見せつけたり。

やはり何かが起こる。このレース

主な前走・前哨戦

競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔 優先出走権
忘れな OP 阪神競馬場 2000m 6週
桜花賞 GI 阪神競馬場 1600m 6週 5着内
フローラステークス GII 東京競馬場 2000m 4週 2着内
スイートピーステークス OP 東京競馬場 1800m 3週 1着内

優駿牝馬と写真判定

1983年 優勝馬/ダイナカール

1着から5着までが横並びになり入線。1着から5着まで写真判定という大混戦になった。着差はハナ、アタマハナ、アタマのスリット写真から、カラーのスリット写真に変わるキッカケになったという噂もある。

2010年 優勝馬/アパパネ・サンテミリオン

アパパネとサンテミリオンが同時入線。12分の写真判定の結果、同着により2頭の優勝が誕生した。しかし、インターネット上ではサンテミリオンが何センチか勝っていた!という疑惑の判定説も囁かれている。
なお、GIでは同着は初めてのことである。

歴代優勝馬

回数 開催日 優勝 性齢 勝利騎手 勝ち時計 動画
79 2018年5月20日 アーモンドアイ 3 C.ルメール 2.23.8 sm33237786
第78回 2017年5月21日 ソウルスターリング 3 C.ルメール 2.24.1
77 2016年5月22日 シンライト 3 池添謙一 2.25.0 sm28897361
第76回 2015年5月24日 ミッキークイーン 3 浜中俊 2.25.0 sm26329847
75 2014年5月25日 ヌーヴォレコルト 3 岩田康誠 2.25.8 sm23633650
第74回 2013年5月19日 メイショウマンボ 3 武幸四郎 2.25.2 sm20904574
73 2012年5月20日 ジェンティルドンナ 3 川田将雅 R2.23.6 sm17874785
72 2011年5月22日 エリンコート 3 後藤浩輝 2.25.7 sm14530014
71 2010年5月23日 アパパネ
サンテミリオン
3
3
蛯名正義
横山典弘
2.29.3
(同着)
sm10818708
70 2009年5月24日 ブエナビスタ 3 安藤勝己 2:26.1 sm7142785
第69回 2008年5月25日 トールポピー 3 池添謙一 2:28.8 sm3435820
68 2007年5月20日 ローブデコルテ 3 福永祐一 2:25.3 sm325510
67 2006年5月21日 カワカミプリンセス 3 本田 2:26.2 sm3476836
第66回 2005年5月22日 シーザリオ 3 福永祐一 2:28.8 sm1159921
65 2004年5月23日 ダイエルシエーロ 3 福永祐一 2:27.2 sm3926168
64 2003年5月25日 スティルインラブ 3 幸英明 2:27.5 sm3926143
63 2002年5月19日 スマイルトゥモロー 3 吉田 2:27.7 sm5143613
62 2001年5月20日 レディパステル 3 K.デザーモ 2:26.3 sm3662049
61 2000年5月21日 シルクプリマドンナ 3 藤田伸二 2:30.2 sm3926103
60 1999年5月30日 ウメファイバー 3 蛯名正義 2:26.9 sm3826578
59 1998年5月31日 エリモエクセル 3 的場 2:28.1 sm3826471
58 1997年5月25日 メジロドーベル 3 吉田 2:27.7 sm3547127
57 1996年5月26日 エアグルーヴ 3 武豊 2:29.1 sm3578833
第56回 1995年5月21日 ダンスパートナー 3 武豊 2:26.7 sm3602048
55 1994年5月22日 チョウカイキャロル 3 小島貞博 2:27.5 sm3603395
54 1993年5月23日 ベガ 3 武豊 2:27.3 sm3547166
53 1992年5月24日 アドラーブル 3 村本善之 2:28.9 sm3826533
52 1991年5月19日 イソノルーブル 3 松永幹夫 2:27.8 sm3812274
51 1990年5月20日 エイシンサニー 3 2:26.1
50 1989年5月21日 ライトカラー 3 田島良保 2:29.0 sm6803439
49 1988年5月22日 サンキョウセッツ
コスモドリーム
3 熊沢重文 2:28.3 sm3812210
48 1987年5月24日 マックスビューティ 3 田原 2:30.9 sm28874656
第47回 1986年5月18日 メジロラモーヌ 3 河内 2:29.6 sm28874673
第46回 1985年5月19日 ノアノハコブネ 3 音無秀孝 2:30.7 sm3908343
45 1984年5月20日 トウカイローマ 3 俊一 2:31.9
44 1983年5月22日 ダイナカール 3 岡部幸雄 2:30.9 sm2586080
第43回 1982年5月23日 シャダイアイバー 3 加藤 2:28.6
第42回 1981年5月24日 テンモン 3 嶋田 2:29.5
41 1980年5月18日 ケイキロク 3 岡部幸雄 2:32.3
40 1979年5月20日 アグネスレディー 3 河内 2:29.6
39 1978年5月21日 ファイホープ 3 横山富雄 2:30.2
第38回 1977年5月22日 リニアイン 3 松田 2:28.1
37 1976年5月23日 テイタニヤ 3 嶋田 2:34.4
第36回 1975年5月18日 テスコガビー 3 菅原泰夫 2:30.6 sm3244009
35 1974年5月19日 トウコウエル 3 嶋田 2:29.1
34 1973年5月20日 ナスノチグサ 3 嶋田 2:28.9
第33回 1972年7月2日 タケフブキ 3 嶋田 2:28.8
32 1971年6月6日 カネヒムロ 3 岡部幸雄 2:36.0
31 1970年5月17日 ジュピック 3 安重勝 2:40.6
30 1969年5月18日 シャダイターキン 3 安重勝 2:32.4
第29回 1968年6月30日 ルピナス 3 中野渡清一 2:31.6
28 1967年5月13日 ヤマピツト 3 保田 2:29.6
第27回 1966年5月22日 ヒロヨシ 3 古山 2:36.2
第26回 1965年5月23日 ロナ 3 加賀武見 2:31.3
25 1964年5月24日 カネケヤキ 3 2:31.1
第24回 1963年5月19日 アイイオ 3 伊藤竹男 2:32.4
23 1962年5月20日 オーハヤブサ 3 藤本 2:31.9
22 1961年5月21日 チトホープ 3 伊藤 2:32.5
21 1960年5月22日 スターロツチ 3 高松三太 2:33.4
20 1959年5月17日 オーカン 3 清田十一 2:33 4/5
第19回 1958年5月18日 ミスルサ 3 八木沢勝美 2:33 0/5
第18回 1957年5月19日 ミスオンワード 3 栗田 2:32 0/5
17 1956年5月27日 エアマンナ 3 佐藤 2:33 4/5
第16回 1955年5月28日 ヒロイチ 3 岩下密政 2:32 4/5
第15回 1954年5月22日 ヤマイ 3 八木沢勝美 2:39 0/5
第14回 1953年5月17日 ジツホマレ 3 杉村 2:36 3/5
第13回 1952年10月5日 スウイス 3 八木沢勝美 2:31 2/5
第12回 1951年11月18日 キヨフジ 3 阿部太郎 2:33 4/5
第11回 1950年11月19日 コマミノル 3 渡辺正人 2:38 0/5
第10回 1949年11月13日 キングナイト 3 高橋英夫 2:38 0/5
第9回 1948年11月14日 ヤシマヒメ 3 佐藤 2:32 0/5
第8回 1947年10月19日 トキツカゼ 3 佐藤 2:40 2/5
第7回 1946年11月24日 ミツマサ 3 新屋幸吉 2:46 2/5

大東亜戦争

第6回 194310月3日 クリフジ 3 前田長吉 2:34 0/5
第5回 1942年10月11日 ロツクステーツ 3 敬治 2:39 0/5
第4回 1941年10月5日 テツバンザイ 3 稲葉幸夫 2:43 1/5
第3回 1940年10月6日 ルーネラ 3 近藤貞男 2:38 0/5
第2回 1939年10月1日 ホシホマレ 3 佐々木 2:55 3/5
+ 大差
第1回 1938年11月23日 アステリモア 3 保田 2:57 2/5

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%84%AA%E9%A7%BF%E7%89%9D%E9%A6%AC
ページ番号: 3181873 リビジョン番号: 2597181
読み:ユウシュンヒンバ
初版作成日: 09/05/17 11:22 ◆ 最終更新日: 18/06/11 00:30
編集内容についての説明/コメント: 第70回の勝利騎手名、安藤勝巳→安藤勝己に修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

優駿牝馬について語るスレ

2 : ななしのよっしん :2009/06/06(土) 23:01:30 ID: Q5vJRqTLIX
実は新潟でも、フレアキャスケード(哲三J)が放していましたw
3 : ななしのよっしん :2010/05/23(日) 20:38:13 ID: te7for/npR
ちょwおまw同着ってテラみどりのマキバオー
4 : ななしのよっしん :2010/05/23(日) 21:12:26 ID: ZlJR2VkSf7
概要ワロスww
5 : ななしのよっしん :2010/05/24(月) 01:12:50 ID: UtZ8Yt4c56
今年のオークスは驚いたな。
史上初のGⅠ1位同着なんてw
6 : ななしのよっしん :2010/05/26(水) 04:44:01 ID: xtEJCrC5xO
まじ驚いた、ウォッカ引退したと思ったらこれかよ
にはロマン神様が付いてる
7 : ななしのよっしん :2010/09/11(土) 14:12:43 ID: +DqMWtPI1Q
88年の勝ちワロタ
8 : ななしのよっしん :2011/12/28(水) 16:48:04 ID: 9LCESP7AmM
ラキ量産レースになりつつあるけど、強いはきっちり勝つもんだな
9 : ななしのよっしん :2012/05/21(月) 01:12:10 ID: bzLdByYK5R
ジェンティルドンナ、強い勝ち方でしたね。
二冠達成おめでとうございます
一昨年は牝馬三冠、去年は三冠・・・
今年は牝馬三冠の年・・・かも?
まだまだ上積みが見込めそうなおさんなので、期待してます。
10 : ななしのよっしん :2012/12/20(木) 01:33:11 ID: URLu2yV9Ev
最弱のダービーはよくられるが最弱のオークスはほとんど話題に上がらない。なぜだ。

ジュピックが一番弱い。
11 : ななしのよっしん :2014/01/13(月) 11:39:10 ID: URLu2yV9Ev
意外かもしれないが、戦後競馬が再開されて初めて行われた大レースオークスである。1946年の競馬が再開され、東京オークス、翌週京都で農賞典4歳菊花賞)が行われたが、それ以外の大レースは行われていない。ダービー天皇賞も行われていない。
当時の日本で、戦争に行って死んだり行方知れずになったりして圧倒的に不足していた。そのため、農耕レースを走っていたという。じっさい、上記の2レースの出走はともに5頭である。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829