単語記事: 入れ墨

編集

入れ墨とは、皮膚に色素を刺し、定着させる身体の装飾方法である。

概要

刺青」ともいう。アーティスティックな面を強調する場合「彫り物」と言われることもある。
日本国では基本的に18歳未満は、各都道府県・自治体の少年保護育成条例等により入れることができない。

ごく簡単なやり方を述べれば、針などの細くてとがった物にインクをつけ、それを皮膚に刺し、色素を皮膚に埋め込んでいく…ということを繰り返すだけである。
このようなやり方で体に文様を描く文化は古代から存在しており、現代では儀礼用のみならずファッションとして彫る場合がある。特にヒッピー文化が大きく根付いたアメリカでその傾向は大きい[1]

しかし、中国では古代より犯罪者に対し「消えない印」として使用され、日本でも江戸時代に罪人に入れ墨を彫るという罰が行われた例があるように、刺青を1つの犯罪のシンボルとして使われることもあった。また、暴力団関係者は刺青という烙印を通じて帰属意識を高めるために、入団条件などで刺青を科すことが多い。
このため、刺青を入れたままでいると「前科者」あるいは「反社会的集団の一員の可性あり」という印を持たれ、面接や結婚の際にをつけられたり、衆浴場、プールジム等の共施設への入場を断られる場合が多い。
また、親から授かった体を傷つけ穢すということで、文化的[2]にも刺青を嫌う人間は多い。
一方で昔から漁師など船乗りが刺青を彫る地域が内でもあり、この場合は不幸にして水死体になってしまった時でも容易に身元確認できるという実用的側面がある。

日本ではあまり盛んではないががんの手術刺青で覆うことも行われている。

消すにあたっても、保険がきかないというリスク、長期にわたる皮膚への施術による苦痛、どうしても刺青の跡が残る、といった不可逆的な問題点が多いため、入れるにあたっては十分考えてするべきである[3]

なお

近年では、様々な方法により「溶性ほどインクが流失しにくく」「かつ剥がした跡が残らない」というような塗料を使ったボディペイントも存在しており、それらは(特に烙印を重視する社会で)強く区別されている。

こういった「ボディペイント」は(肌が荒れるものの)可逆性があるため、入れ墨下書きとする用途のほかにもファッション感覚でこれを行うこともある。

余談だが

割礼同様、入れ墨宗教儀礼や成人儀礼としての側面を持たせるも多く、未開の部族でのシャーマンなどが入れ墨を全身に施して何かを模倣する例は少なくない。古くは日本でも師が希望者の体に経文を彫っていたりする上、夷・アイヌ沖縄などでは近年まで儀礼的な意味で入れ墨を施すことが隠然と行われていたという。
また上座部仏教タイラオス等の東南アジア)では、現代でも魔除けなどのために体に経文を彫る例が多く、中には軍人や警官が弾よけとして呪文や経文を彫っている例もある。

「巨根」

驚かれるであろうか。アメリカでも日本でも、えてして彫り師(入れ墨を施す技師)は入れ墨で入れる文字の意味をあまりよくわかっていない場合が多い。特にアメリカではその潮が強く、ヒッピーが適当に持ち込んできたやよく分からないままに入れた入れ墨が(日本人の)笑い物の種になる場合がある。
(このような例は日本でもあり、特に字はラテン語以上に読める人間が少なく、このような事が起こりやすい。)

一般に、入れ墨は「絵」を描くのが普通であり、文字を彫るというのはなかなか難しいものなのである。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ある調ではアメリカ人の14%最低1個は入れ墨をいれているという結果が出ている。
  2. *儒教には「身体膚これをに受く、あえて毀傷せざるは孝の始めなり(親から貰った身体に傷を付けない事が孝行の第一歩だ)」という考え方がある。
  3. *先に挙げたアメリカの調では、入れ墨を入れた人の17%入れ墨を入れたことを後悔し、11%入れ墨を除去中か除去したことがあるとされている。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%85%A5%E3%82%8C%E5%A2%A8
ページ番号: 4238212 リビジョン番号: 2239850
読み:イレズミ
初版作成日: 09/12/21 21:44 ◆ 最終更新日: 15/07/31 18:09
編集内容についての説明/コメント: 乳がんについて追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

入れ墨について語るスレ

199 : ななしのよっしん :2016/01/26(火) 06:46:37 ID: rZM7bJcNI+
何言ってるんだ?本気か
200 : ななしのよっしん :2016/01/29(金) 20:23:39 ID: 6XyO0AQosv
入れ墨を入れている人は悪い人が多いという認識が強いからな
ファッション感覚で彫る人もいるみたいだけど、ちゃんとした医療機関で彫ってもらって、その後の事は全部自己責任なら入れ墨をしててもいいんじゃない?

201 : ななしのよっしん :2016/01/30(土) 21:20:26 ID: v1Y0OPPuIs
刺青ってなんか「非文明」「未開」「野蛮」って感じがする。
202 : ななしのよっしん :2016/02/16(火) 18:20:03 ID: SGyalCU3hC
>>201
それは現代日本的な感覚で、別の時代や場所ではそうでもない

由来辞典によると、江戸時代では「ファッションとしての入れ墨」を「彫り物」と呼んでいた
http://gogen-allguide.com/i/irezumi.html
日本語辞書によると、江戸の「彫り物」は「芸術的な意味合いや痛みに耐えたといった肯定的ニュアンスで用いられることが多い」とある
ただし現代では「彫り物」は「暴力団員(ヤクザ)が社会との離脱や組織・ヤクザ社会への忠を表して入れた刺青」の意味
http://zokugo-dict.com/30ho/horimono.htm

Online Etymology Dictionaryによると、英語タトゥー」(tattoo)の1769年のポリネシアで、「肌のデザイン」(pigment design in skin)を意味する
http://www.etymonline.com/index.php?term=tattoo&am
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
203 : ななしのよっしん :2016/02/16(火) 23:15:44 ID: RhiUczwHer
MRIを受けられなくなる危険と、生命保険に入れなくなる危険(絶対理というわけではないが選択肢は減る)はどちらも大きいだろう
204 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 05:22:21 ID: 7c7wwwtoO0
旧約聖書じゃ、明確に刺青を禁止している
新約聖書でも、『慎ましやかな身なりをするように』とある通り、否定していないが肯定もしていない
慎ましやかの定義を拡大解釈すると、肌に手な模様を入れる刺青は慎ましやかでないと言える
っ当なキリスト教徒ならタトゥーを入れる事を嫌うし、タトゥーを入れるのがアウトローに多いのも事実
子供がタトゥー入れて怒ったり悲しんだりしてる親も多いからな、英語とかタトゥー先進国にも
気になるなら動画もあるから見てみるといい
205 : ななしのよっしん :2016/02/24(水) 00:53:35 ID: 9KZvKIktEB
地域柄、今でも刺青といえば暴力団関係者・それに類する人間だからどうしてもそういうに見てしまうね
色々もあるんだろうけど、それらと関わってしまうリスクを考えると避けるしかないっていう
206 : sage :2016/04/12(火) 22:22:33 ID: 637k1+7lzp
美人スタイル良いけど、左肩にタトゥーのある子がいる。
ツンとしてそうに見えるイメージと彫り物のせいで怖がられてるけどすごく優しいの日に捨てられた子猫を見つけると上着を脱いで包んで持ち帰り寝ずに看病するくらい。

でも一般的には、刺青してる≒野蛮・粗暴・怖い人て思われるもんなのかな。
207 : ななしのよっしん :2016/05/24(火) 21:55:06 ID: KUGTgELPK/
やっぱ好きはだめだな
208 : ななしのよっしん :2016/07/21(木) 22:55:44 ID: Mr8kjYCrDm
>>202
江戸時代ってまさに刺青が刑罰とかヤクザの契りに使われてた時代どん中だったんじゃないの?
そんな社会がって刺青入れてたがいたんだ。

>>207
なんでや!関係ないやろ!
>>206の場合、行動だけ聞いてると自傷行為の一環でやってるメンヘラタイプかな?って印のが先に来る。
ピアスといい、実はその手の人も結構混ざってると聞く。美的感覚も独特な人が多いし。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015