編集  

八八艦隊単語

ハチハチカンタイ
曖昧さ回避

八八艦隊とは

  1. 第一次世界大戦後の日本海軍が実現をしていた大艦隊計画。
  2. 冷戦末期海上自衛隊にて計画された艦隊構成の通称。一個護衛艦隊群を護衛艦8隻と対潜ヘリ8機で構成するというもの。8艦8機体制という呼び方と1.をかけている。「新八八艦隊」とも呼ぶ。

ここでは(1)の艦隊計画について述べる。

「八八」は、と防御に優れる戦艦8隻と、機動に優れる巡洋戦艦高速戦艦)8隻を中心とするものであったことに由来する。この他に補助艦として古鷹重巡洋艦球磨軽巡洋艦長良軽巡洋艦川内軽巡洋艦など、合計で100余りの艦艇を建造することが計画された。

この項では併せて、八八艦隊計画を葬ることになった「ワシントン軍縮条約」についても解説する。

 背景

 日露戦争ロシア軍を打ち破った日本海軍は、軍大イギリスが今のところ同盟日英同盟:1902年/明治35年)であり、その後イギリスロシアフランスが三協商となったところへ、日本日英同盟の関係からこれに加わるような格好となったことから、西太平洋域における上脅威はドイツアメリカが想定され、特にアメリカが最大の仮想敵国として意識されるようになってきた。

 戦艦を8+8=16隻とするのは、日本海戦で有名な参謀・秋山少将が考えだしたと言われているが、実際のところは、明治40年(1905年)当時艦が25隻あったアメリカ海軍を迎え撃つために、少なくとも七割の艦(25隻の七割は17.5隻)が必要であるという考えと、秋山が戦術と艦隊揮の適切性の観点から艦8隻の艦隊を2つ整備するべきとしていた考えが、丁度合わさる形で生まれたとも言われる。

 明治末年から大正前期にかけての軍備計画は、

 のしい対立の場となっていた。

 この最中に発生した第一次世界大戦(1914~1918年/大正3~7年)の結果、際情勢は変。ドイツ東アジア・西太平洋から駆逐され、北方には共産ロシアソ連)が登場。大戦で疲弊した英国フランスの勢は後退し、アメリカ太平洋中国大陸利権しての進出を本格化させつつあった。

 大正7年(1918年)の防方針では、陸軍が大戦の戦訓を踏まえて「量より質」の観点へ移行し、戦時40個師団(21個師団)の整備を計画。一方軍は、八八艦隊へ更に8隻の艦を上乗せした「八八八艦隊」の建造を計画するようになる。

 大正8年(1919年)、原敬内閣高橋是清(大蔵大臣)・田中義一(陸軍大臣)・加藤三郎軍大臣)の三者協議によって決まった大正9年度の軍備予算方針では、陸軍が軍に譲歩して軍の整備を優先し、軍は大正16年度までに八八艦隊を成立。その後陸軍の拡充を図ることとなった。
 既に大正5年度予算で戦艦長門」、6年度予算で戦艦陸奥」「加賀」「土佐」と巡洋戦艦天城」「赤城」、7年度予算で巡洋戦艦愛宕」「高雄」の経費は帝国議会を通過していた。

 大正9年(1920年)7月、当時の国家予算のおよそ30にあたる、総額6億円にも及ぶ八八艦隊の本予算は成立。同年11月八八艦隊一号艦・戦艦長門」は工を果たした。

 八八艦隊の戦艦

排水量 予定艦名
長門 (戦艦 34,000トン 16インチ 8門 26.5ノット 長門 陸奥
加賀 (戦艦 40,000トン 16インチ 10門 26.5ノット 加賀 土佐
天城 (巡洋戦艦 41,000トン 16インチ 10門 30ノット 天城 赤城 愛宕 高雄
紀伊 (戦艦 43,000トン 16インチ 10門 29ノット 紀伊  (駿) (近江
「第十三号艦」 (巡洋戦艦 48,000トン 18インチ 8門 30ノット  (第十三号)他3隻
  1. 十三号艦は資料の棄・抹消により、不明な点が多い。18インチ搭載は平賀譲(造船大佐)の意見書が根拠とされるが、決定されたものではなかったとする説もある。
  2. 巡洋戦艦天城戦艦紀伊に性差がさほどいのは、紀伊を、先行各艦の建造状況に応じて良させる意図があったと言われる。

(備考) 明治末~第一次世界大戦期に建造された戦艦

戦艦ドレッドノート」は1906年工 スペックは新造時による

排水量 艦名(工年) 備考
薩摩 20,000トン 12インチ 4門 20ノット 薩摩(1910) 安芸(1911 戦艦 
河内 20,000トン 12インチ 10門 21ノット 河内(1912) 摂津(1912) 戦艦 
50口径4門と45口径6門
金剛 26,000トン 14インチ 8門 27.5ノット 金剛(1913) 比叡(1914)
榛名(1915) 霧島(1915)
巡洋戦艦(初め装甲巡洋艦
金剛のみ英国
扶桑 30,000トン 14インチ 12門 23ノット 扶桑(1915) 山城(1917) 戦艦 
伊勢 30,000トン 14インチ 12門 23ノット 伊勢(1917) 日向(1918) 戦艦 
扶桑の計画変更・

 「河内」は大正7年(1918年)、火庫の爆発事故で沈没。
 「薩摩」「安芸」「摂津」はワシントン軍縮条約によって棄対となり、「薩摩」と「安芸」は大正13年(1924年)に標的艦として実験に使われ沈没。
 「摂津」は線操縦の標的艦として、徹甲弾酸素魚雷など各種の実験に長く使われ、昭和20年1945年7月軍港襲で大破着底となる。

 「金剛」以降の8戦艦近代修を繰り返された後、太平洋戦争で活躍することになるのは周知の通り。

 ワシントン軍縮会議

 こうしてようやく走りだした壮大なる八八艦隊計画だったが、上記のように艦隊の整備予算は国家予算の3割から4割を占める膨大なものであり、第一次世界大戦戦争気が急速に陰ってゆく中で、未だに乏しい日本がこれだけの大艦隊を保有していけるのかという危惧は、当初から少なからずあった。大蔵事務次官は、予算が成立したその大正9年ごろ、軍首に対し「このままではがやっていけない」と訴えている。
 そして、八八艦隊予算を成立させた当人である軍大臣・加藤三郎大将もまた、八八艦隊の先行きに疑問を持つひとりだった。幹部との会合で加藤は、「少し前まで軍艦進水式というと、みな諸手を挙げて喜んでくれたものが、このところ経費の心配をする話ばかりで、自分もよく悩んでいる」という話をしている。

 そのころ、第一次世界大戦の戦火の余韻冷めやらぬヨーロッパでは、戦勝イギリスが積み重なった戦費負債と、膨れ上がった軍備の後始末にあえいでいた。ドイツ軍を封じ込めるために建造を続けた大艦隊など、戦争が終わってしまってからも維持できるものではなく、また予算の欠乏は、世界中に散らばる大英帝国植民地の統治に支障をきたすものであった。

 他方、戦勝であり、また戦勝・敗戦国双方に対して最大の債権者となったアメリカは、前世紀の王者・イギリスに代わって繁栄を謳歌する「狂乱の1920年代」のを開けようとしていた。大戦中の1916年(大正5年)、ウィルソン政権(民主党)のダニエル軍長官は、3年で戦艦10隻・巡洋戦艦6隻など155隻の大艦隊を整備する「ダニエルズ・プラン」を計画して軍法が成立。大戦終了後も計画は破棄されなかった。

 とはいえアメリカも、何のもなく戦後軍拡に邁進しているのではなかった。太平洋大西洋にまたがる土を持つアメリカは、それゆえに太平洋の大となった日本大西洋の王者イギリスが手を組んで、両側から戦争を仕掛けてくることへの恐れを抱いていた。具体的には「日英同盟」に対する恐れである。

 日英同盟に関しては、イギリス側はこれが日本火事場泥棒的な第一次世界大戦参戦の口実に使われたことから、日本側はイギリスが同盟の適用対からアメリカを外そうとしている(←日戦争となったらイギリスは助けない)ことについて、それぞれ不満を抱き、ある意味既に有名実化していたのだが、それでも現に存在する同盟はアメリカにとって不安の種であり、かつ日本が「八八艦隊」を推進し、イギリス巡洋戦艦フッド」の4隻建造を発表したことで、アメリカイギリス日本で建艦競争が繰り広げられることになるのを嫌がっていた。

 1921年(大正10年)11月。こうして、できれば軍拡を避けたい英の思惑が一致し、アメリカ大統領ハーディング(共和党)の提唱としてアメリカイギリス日本フランスイタリア中華民国オランダベルギーポルトガルの9ヶによる会議ワシントンD.Cで開催。このうち英日の五大間で軍縮会議が開かれることとなる。

 対米七割と戦艦「陸奥」の復活問題

 原敬首相は、「八八艦隊の推進者を全権大使にすれば、まとまるモノもまとまらなくなる」という周囲の反対をはねのけ、軍大臣・加藤三郎を首席代表に選んだ。

原 「内は自分がまとめるから、あなたはワシントンで思う存分やって下さい」

加藤 「八八艦隊の原則は破りたくないが、英との釣り合い上、いざという場合の対策は練っている。の防備もアメリカグアムの防備を撤去するならば、が方は小笠原、その他の防備を撤去してもよい。またアメリカがマニラの防備を撤去するならば、澎ほか一ヶ所の防備を撤去してもよいと考えている」

 ワシントンに到着した加藤は、外務省から代表を務める駐大使の幣原喜重郎に対してもこうる。

八八艦隊なんぞ、出来るものではない。何かチャンスがあったら止めたいと思っていた」

 加藤ワシントンに到着した2日後、東京駅で原敬首相テロリストに襲われて殺(原敬暗殺事件。大正10年11月4日)。大蔵大臣・高橋是清が閣僚全員を留任させて、慌ただしく内閣を引き継いだ。

 11月12日コンチネンタルメモリアルホールで始まった軍縮会議は、アメリカ全権代表・ヒューズ務長官の爆弾発言から始まった。ヒューズの提案は、

  1. アメリカイギリス日本は建造中または計画中の全戦艦の建造を放棄
  2. 一部の老朽戦艦
  3. 関係各の現有戦を考慮
  4. 軍戦の測定は戦艦トン数を基準とし、補助艦艇もこれに例して割り当てる

 とするもので、これによる日・・英それぞれの戦艦棄・中止の内容は、

日本 日本

  1. 計画中・未起工の戦艦である「紀伊」と「第十三号艦」、計8隻を中止
  2. 建造中の戦艦である「陸奥」「加賀」「土佐」「天城」「赤城」「愛宕」「高雄」を
  3. 摂津」を除く旧式戦艦(「薩摩」「安芸」、戦艦と看做された一等巡洋艦鞍馬」など)を

アメリカ アメリカ

  1. ダニエルズ・プラン戦艦のうち、完成した「メリーランド」を除く、建造中の15隻を
  2. デラエア」「ノースダコタ」以外の老朽艦を

イギリス 大英帝国

  1. 計画中の「フッド戦艦4隻の中止
  2. キングジョージ5世」級(3隻)以外の老朽艦を

 であり、このまま実行された場合の保有戦艦数は日本10隻・アメリカ18隻・イギリス22隻となる。最も得をするのはイギリスで、中止させられる「フッドはまだ予算が通っただけであり、実質棄になるのは老朽艦のみだからだ。
 また、10年間の戦艦建造中止期間(ネイバルホリデー)ののち、老朽化した艦を棄して新艦を造れるが、その総トン数割合は英が各50トン日本30トンで、一艦あたりのトン数は35,000トンえてはならないとされた。これは、アメリカ海軍の大動脈であるパナマ運河を通過可な船体の大きさによっているのが明で、日本巨大戦艦を建造して優位に立とうとするのを防ぐ狙いがあった。

 八八艦隊の推進と「対七割」を死守せんとする軍令部から会議に参加している加藤寛治中将・末次信正大佐らは、このヒューズ案は英の陰謀であると怒り、未起工はともかく建造中の戦艦の復活をし、それが容れられないなら席を蹴って帰すべきと、加藤(友)全権へ強硬に申し入れた。

 しかし、軍縮条約を取りまとめる決心の加藤三郎は、ヒューズ案を「趣旨において賛同する」とり、加藤(寛)に委員会で「七割」を言い立てさせて英の譲歩を引き出す可性を探りつつ、全権ヒューズ・英全権バルフォアとの協議を重ねた(余談ながら、このとき加藤寛治とやりあったアメリカの担当者は、この当時軍次官をしていた後の合衆大統領フランクリン・ルーズベルトである)。

 焦点戦艦陸奥」の復活問題だった。

 「陸奥」は会議開幕直前の10月24日付で“完成”として軍に引き渡されていたが、それは会議に間に合わせるための突貫工事によるものであり、実のところ依然として建造作業が続けられていた。しかし“完成”に限りなく近い状態であると言えるものではあった。
 「長門」に続く16インチ搭載戦艦日本が保有するのを避けたいアメリカは、「陸奥」を棄対未完成艦だとし、日本側は完成艦だとしてしい応酬が続いた。英国は静観しつつも、態度は明らかアメリカ寄りだった。

 軍縮条約の成立

 11月23日、全権団は日本政府に対し、どの方針を取るべきかの請訓を行った。

  1. 「対七割」を断固する。
  2. 「対六・五割」をし、「陸奥」を復活させる。
  3. 「対六割」を受け入れ、「陸奥」を復活させる。
  4. アメリカ案をそのまま受け入れる。

 11月28日日本政府(高橋是清内閣)の回訓は、[1]は諦め、[2]で締結できるよう努し、やむを得ず[3]となる場合は太平洋地域の軍事拠点の縮減を条件とし、[4]は避けるべし、というものだった。
 12月1日加藤三郎は英全権バルフォアと会談し、アメリカグアムフィリピン増強への懸念を伝える。
 12月2日加藤バルフォア・ヒューズの三者会談。「七割」と「陸奥」について論争となり、バルフォア(英)はこの場で初めて明確に【 10:10:6 】の率を支持する意向を打ち出した。

 イギリスアメリカの共同歩調が明確になったことで、加藤全権は「六割」受け入れの意思を固める。加藤(寛)や末次はなおも抵抗したが、全権団は再び日本政府に請訓を送った。
 その一方で加藤三郎は、艦隊拡の意見であると思われていた“軍東郷平八郎元帥に宛てても報告を送り、随員の山梨勝之進大佐を一足先に帰させて直接説明も行った。かつて日本海戦で、連合艦隊参謀長として東郷に仕えた加藤(友)は、東郷を押さえることで加藤(寛)たちの動きに釘を差すことができるというのを熟知していた。

 12月11日日本政府は「六割」受け入れを回訓。12日、全権三者会談で加藤全権は「六割」受け入れ・「陸奥」復活・太平洋地域の各基地の現状維持を提案する。そして15日、日英は合意に達した。

  1. 戦艦の保有トン数は、アメリカ 525000、大英帝国 525000、日本 315000、フランス 175000、イタリア王国 175000
  2. 戦艦一艦あたりの排水量35,000トン以下、は16インチ以下
  3. 条約締結後、10年間は戦艦の新造は行なわない
  4. 日本は「陸奥」を復活し、代わりに「摂津」を棄する
  5. アメリカは「メリーランド」級(16インチ戦艦)の「コロラド」と「ワシントン」を復活(のち、「ワシントン」をやめ「ウェストバージニア」に変更)し、「デラエア」と「ノースダコタ」を棄する
  6. 大英帝国は「キングジョージ5世」級戦艦棄し、代わりに16インチ戦艦2隻を建造できる
  7. 日本アメリカイギリスの三ヶは、日本日本本土(本州北海道九州四国)、アメリカアメリカ本土、アメリカハワイアメリカアラスカアメリカパナマ大英帝国カナダ大英帝国オーストラリア大英帝国ニュージーランド大英帝国シンガポール大英帝国香港 これら以外の諸・諸地域における基地の現状維持と、今以上の要塞化禁止を約する
  8. 空母の保有トン数は、アメリカ 13万5000、大英帝国 13万5000、日本 8万1000フランス 6万、イタリア王国 6万
  9. 空母一艦あたりの排水量は27,000トン以下 ただし10,000トン以下の空母保有量は条約の制限外
  10. 巡洋艦は保有トン数取り決めなし、一艦あたりの排水量は10,000トン以下、は5~8インチ以内
  11. 駆逐艦は保有トン数取り決めなし、は5インチ以下

 最大の争点となった戦艦陸奥」は、英も16インチ搭載戦艦を増やしてバランスを取ることで決着をみた。そして完成した日本 長門 日本 陸奥 アメリカ メリーランド アメリカ コロラド アメリカ ウェストバージニア 大英帝国 ネルソン 大英帝国 ロドネー の7戦艦して「ビッグ7」と並び称されることになる。

 こうして紆余曲折の末、『1922年ワシントン軍縮条約』は締結された。また、同時に行なわれていた外交面の会議により、日・・英・の四大列強の太平洋地域における権益の相互尊重を約した『四カ条約』会議参加全ての々が中国における機会均等と門戸開放・中国権尊重を約した『九カ条約』も締結された。
 これにより、中国太平洋における際関係は2間ではなく多間の包括的組みに拠るものとされ、日本が英と独自に締結していた「日英同盟」と「石井・ランシング協定」は失効となった。

 第一次世界大戦後のヨーロッパにおける組みとなったヴェルサイユ体制』と並び、この会議で成立した太平洋地域における組みはワシントン体制』となり、1937年(昭和12年)の支那事変勃発と1939年昭和14年)の第二次世界大戦勃発で最終的に崩壊するまで、列強間の関係を形成していくことになる。

 国防は軍人の専有物に非ず

 加藤三郎の考えは、軍縮が合意に達した後の12月27日ワシントンホテルった(記録:悌吉中佐)次の言葉に現れている。この場には加藤寛治も同席していたという。

(※原文はカタカナ 句読点し は意訳)

 大体の肚として会議に際し、自分を先的に支配せしものは、是までの日間の関係の善に在りき。換言すれば、米国に排日の意見を成るべく緩和したいとの希望、之なり。如何なる問題に対しても、の見地より割り出して、「最後の決心」をなせり。
 かくて十一月十二日となり、第一回総会の席上にて、余の予想せざりし彼の提案を見るに至れり。当時議場にいて、実は驚けり。
 然れどもヒューズの演説中、周囲の空気は之を極めて歓迎せしことは争われず。会議は終了してオフィスに帰るまで、自動車中にて頭中は種々の感想起こりて、決心つかざりき。帰ると直ちに便所に行き、沈思した。どうしても義として案に反対することはわずと決心するに至れり。


 軍縮会議にあたって大体、自分の頭の中を占めていたのは、これまでの日関係の善である。具体的に言うならば、アメリカにおける排日の意見をなるべく緩和したいという希望、これである。いかなる問題についてもこの観点から、「最後の決心」をした。
 11月12日、第一回の総会の席上で、予想外の彼(ヒューズ務長官)の提案が出てきた。当時議場において、実は大変驚いた。
 しかしヒューズの演説中、周囲の空気が彼の提案を大歓迎していることは疑いかった。会議が終わってオフィスに帰るまで、中において様々な考えが起こって決心がつかなかった。帰るとただちに便所にこもって深く考えた。どうしても「日関係を善する」という自分の義において、アメリカの提案に反対することはできないと、決心するに至った。


 先範の欧州戦後として政治方面の防論は、世界を通じて同様なるが如し。
 即ち防は、軍人の専有物に非ず。戦争、軍人のみにて為し得べきものに在らず。国家総動員して之に当たらるに非ざれば的を達し難し。

 たく言えば、がなければ戦争ができぬと言うことなり。戦後露西亜独逸が斯様に成りし結果、日本戦争の起こるプロバビリティのあるは米国のみなり。
 仮に軍備は米国に拮抗するありと仮定するも、日露戦争後の時の如き小額のでは戦争は出来ず。然らば其のは何処より之を得べしやといふに米国以外に日本の外債に応じ得るは見当たらず。して其の米国が敵であるとすれば、の途は塞がるるが故に日本は自にて軍備を造り出さざるべからず。の覚悟のなき限り、戦争は出来ず。
 英は在りと雖も当てには成らず。斯く論ずれば結論として、戦争不可能といふことになる。


 先年の欧州大戦(※第一次世界大戦)後、政治としての防論は、世界共通このようになった。
 すなわち防は、軍人だけのものではい。戦争それ自体もまた、軍人のみにて出来るものではい。国家軍事政治民間・・・全てを動員して行わなければ、戦争的は達成しがたい。

 要するに、カネがなければ戦争は出来ないということだ。第一次世界大戦後、ロシアドイツがこのようなありさま(※政が倒れ、領土を大きく失い、戦争の負債に疲弊する姿)となった結果、日本戦争が起きる可性のあるアメリカだけとなった。
 仮に、日本の軍備自体はアメリカに匹敵できるとしても、日露戦争の時のような少額のカネでは(現代国家総動員)戦争はできず、その戦費はどこから得るのかというと、アメリカ以外に借に応じてくれるは見当たらない。しかしそのアメリカが敵となるなら、アメリカから戦費調達は出来ないのだから、日本は自で軍備を作り出さなければならない。この覚悟がなければ戦争は出来ない。
 イギリスフランスはあてにならない。そうなると結論として、戦争不可能ということになる。


 余は米国の提案に対して、義として賛成せざるべからずと考えたり。仮に軍備制限問題く、是まで通りの建艦競争を継続するとき如何。
 英国は到底大軍を拡するのなかるべきも相当のことは必ずなすべし。
 米国の世論は軍備拡に反対なるも、一度其の必要を感ずる場合には、何ほどでも遂行するの実あり。
 翻って日本を考ふるに、八八艦隊は、大正十六年に完成す。して米国の三年計画は、大正十三年に完成す。英国は別問題とすべし。
 其の大正十三年より十六年に至る三年間に、日本は新艦建造を継続するにも拘らず、米国が何等新計画を為さずして、日本の新艦建造を傍観するものに非ざるべく、必ず更に新計画を立つることになるべし。日本として米国が之を為すものと覚悟せざるべからず。


 自分はアメリカの提案に対して、賛成しないわけにはいかないと考えた。仮に軍縮問題がく、これまでどおりの建艦競争を継続したらどうなる?
 (第一次世界大戦で疲弊した)イギリスは、とうていこれまでのような大軍を拡するいだろうが、それでも軍大として相当のことは必ずやるだろう。
 アメリカの世論は基本的に軍拡に反対だが、ひとたびそれが必要だと感じたならば、何があっても遂行する実がある。
 いっぽう日本について考えると、八八艦隊大正16年(1927年。史実では昭和2年)に完成することになっている。しかしアメリカの三年計画(ダニエルズ・プラン)は大正13年(1924年)に完成する。このさいイギリスは別問題である。
 その大正13年から16年までの3年間、日本八八艦隊計画に基づく新戦艦建造を継続するにもかかわらず、アメリカが何も計画なしに日本の軍拡を黙ってみているはずがなく、必ず更なる軍拡計画を立てる。また日本として、アメリカはそれをやると覚悟しなければならない。


 若し然りとせば、日本には八八艦隊計画すら之が遂行に財政上の大困難を感ずる際に当り、米国がいかに拡するも、之を如何とすることもわず。大正十六年以降において、八八艦隊の補充計画を実行することすらも困難なるべしと思考す。斯くなりては、間のの差は、益々増加するも接近することはし。
 米国提案の一〇・一〇・六は不満足なるも But if の軍備制限案成立せざる場合を想像すれば、寧ろ一〇・一〇・六で慢するを結果にいて得策とすべからずや。


 もしそうであるならば、日本八八艦隊ですら財政上のこの上ない大きな負担となっているのに、アメリカがさらに軍拡を行っても、これをどうすることも出来ない。大正16年以降、八八艦隊の補充・更新を実行することは困難だと思う。こうなってしまっては、日の差が広がりはしても縮まることはい。
 アメリカ提案の10対10対6の率は不満ではあるが、しかし、もしこの軍縮が成立しなかった場合を想定すれば、むしろこの率で慢する(日格差は縮まりはしないが、広がりもしない)ほうが、結果として得策とするべきではないか。


(中略)

 軍令部の処分案は是非共考すべし。本件は強く言い置く。文官大臣は晩出現すべし。之に応ずる準備を為し置くべし。英国流に近きものにすべし。之を要するに思ひ切りて諸官衙を縮小すべし。


 軍令部の処分(=権限抑制)案は、是非とも考えろ。この件は強く言っておく。軍部大臣(陸軍大臣・軍大臣)の文官登用(=軍部大臣現役武官制の止)は、く行われるべきだ。これに対応する準備をしておけ。イギリス方式に近いものにするべきなのだ。このために思い切って、役所など縮小すべきだ。


 この口述筆記の文書は、太平洋戦争敗北まで、の次官室の庫に放り込まれたままだったという。

 条約派と艦隊派 八八艦隊計画がもたらしたもの

 軍縮条約成立により、軍が威信を賭けて編成をした「八八艦隊」は葬り去られた。

 戦艦はもちろんのこと、空母巡洋艦駆逐艦潜水艦その他も、建造規模の縮小・中止を余儀なくされた。しかし結果的にワシントン条約は、として戦艦の制限に留まったことから、列強各巡洋艦以下の艦艇を増強することでの軍拡を模索していく。
 このため更なる軍縮して1930年(昭和5年)、巡洋艦以下艦艇の保有率を協議するロンドン軍縮会議が開催されることになるが、ここにおいても再び「対七割」をめぐって日本英、そして日本海軍部内でしい闘争が巻き起こる。

 この時既に加藤三郎は亡く(大正12年、内閣総理大臣在職中に病死)、ワシントンで苦杯をめた加藤寛治は軍軍令部長・末次信正は軍令部次長として強硬(艦隊)をリード。“軍”東郷元帥は艦隊の御輿に担ぎ出されて、軍縮の妥結をす勢(条約)を威圧する。
 不運にも、加藤三郎島村速雄(日露戦争前半期の東郷の参謀長)、山本兵衛日露戦争軍大臣。のち総理大臣2回)など、東郷に意見できるのあった提督たちは大正年間に死没あるいは引退し、東郷を崇め奉るばかりの世代が軍の首となっていた。

 最終的にロンドン条約は締結されたが、日本国内では浜口雄幸内閣立憲民政党)の打倒を立憲政友会鳩山一郎犬養毅・恪)が「統帥権干犯問題」を引き起こし、これに軍の条約・艦隊の対立も絡んで政治闘争となる。その結果、軍では艦隊・軍令部の勢が伸昭和8年(1933年)、斉藤内閣の大岑生軍大臣は艦隊の圧を受けて、山梨勝之進大将悌吉中将ら条約提督を追放(予備役編入)。さらに「事務互渉規定」を定し、が持っていたいくつかの重要な権限を軍令部に引き渡してしまう。

 1934年(昭和9年)、日本ワシントン軍縮条約の破棄を通告(36年、失効)。1936年(昭和11年)、第二次ロンドン軍縮会議からも脱退し、条約の足枷を取り払った日本海軍は念願の新戦艦建造に乗り出すことになる。
 昭和12年(1937年)11月4日、第三次軍軍備補充計画(マル三計画)第一号艦が軍工の建造ドックに乗った。のちの世界最大の戦艦、「大和」である。

 八八艦隊の戦艦その後

 復活折衝の末、戦艦陸奥」は建造され、一番艦「長門」とともに長く軍のシンボルとして親しまれる存在になった。一方、建造途中だった戦艦加賀」「土佐」・巡洋戦艦天城」「赤城」「愛宕」「高雄」、そして紀伊の4隻と「第十三」の4隻は、それぞれに数奇な運命をたどっていった。

長門 【就役】 大正9年11月25日
【建造】 軍工
 「大和」登場まで連合艦隊シンボルであり、姉妹艦「陸奥」とともに、連合艦隊旗艦を長く務める。
 太平洋戦争開戦時の旗艦であり、ミッドウェー海戦マリア戦・レイテ沖海戦へ出撃。終戦後の昭和21年、ビキニ環礁における原爆実験クロスロード作戦)の標的艦となる。
 沈没状態だが、現在一船体が残る「ビッグ7」の戦艦
陸奥 【就役】 大正10年10月24日公式記録)
【建造】 横須賀軍工
 結局、本当の完成軍縮会議の後となった。太平洋戦争ではミッドウェー海戦と第二次ソロモン戦に出撃。ただし敵と戦うことはなかった。
 昭和18年6月8日広島湾内・柱島泊地で停泊中に突然第三爆発沈してしまう。戦後昭和45年より本格的なサルベージ作業が行われ、約70を回収。艦部などが今なお海底に残っている。

 東日本大震災による福島第一原発事故をきっかけとして放射能汚染に対する関心が高まる中、昭和20年代から30年代ソなどで行われた核実験の間、中にあった「陸奥」の鋼核実験で飛散した放射性物質の影が少なく、また不具合検出のための放射性物質を含有させない戦前の製法によるでもあったことから「綺麗な」として、放射線測定を行なう研究機関などにおいて使われていることが知られるようになった(陸奥鉄)。
加賀 【進 大正10年11月17日
【建造】 川崎造船所(神戸
空母) 【就役】 昭和3年3月31日
空母) 【建造】 横須賀軍工
 条約の結果棄対となり、船体は酸素魚雷実験に供用されて処分する予定だった。しかし大正12年の関東大震災において、空母装作業中だった巡洋戦艦天城」が大破・修理の損となったことを受け、代わりに本艦を空母へ転用することが認められた。
 昭和3年3月、三段飛行甲空母として完成昭和7年の第一次上海事変へ「鳳翔」とともに出動し、日本空母として初めての作戦行動に従事。昭和8年~10年に飛行甲を三段から一段へ大装。昭和12年の第二次上海事変(支那事変初期の戦闘)でも「龍驤」「鳳翔」とともに出動する。
 昭和16年、南雲機動部隊(第一航空艦隊)の一艦として、太平洋戦争劈頭の真珠湾攻撃に参加。翌昭和176月ミッドウェー海戦において戦没。
土佐 【進 大正10年12月18日
【建造】 三菱船長崎造船所
 大正9年の起工式には、摂政皇太子(後の昭和天皇)や東郷元帥が臨席するほどのの入れようだったが、10年の進水式では艦首のくす玉が割れないという事があり、縁起の悪さを囁かれたという。
 条約の結果、大正11年2月に建造中止を発令。標的艦として供用の後、処分されることになり、軍港へ航。酸素魚雷や九一式徹甲弾の射撃実験が行なわれ、太平洋戦争で使われることになる兵器重なデータを収集することができた。
 大正14年2月9日、艦名の由来となった高知県(土佐)の宿毛湾において自沈処分。
天城 【起工】 大正9年12月16日
【建造】 横須賀軍工
 条約の結果、巡洋戦艦としては中止されたが空母へ転用されることとなり、建造が続けられる。
 しかし大正12年9月1日関東大震災に遭遇。艦体が台座から転落し、船の背にあたる「」を大きく損傷。修理の判定を受けて棄解体されることになり、代わりに「加賀」が空母として再生する。
 太平洋戦争末期に「天城」の名を持つ空母が建造されたが、本艦とは全くの別物(雲龍)。

 解体された船体材料は「加賀」の工事へ転用された他、一部は横須賀軍港内の浮き桟に使用。戦後においても米軍基地で使用され、同基地の修で撤去(平成19年)以後は造船会社JMUの横浜工場へ。
赤城 【起工】 大正9年12月6日
【建造】 軍工
空母) 【就役】 昭和2年3月25日
 条約の結果、巡洋戦艦としては中止され空母に転用となる。
 昭和2年3月、三段飛行甲空母として完成。翌昭和3年、「鳳翔」と初めて第一航空戦隊一航戦)を編成する。昭和7年の第一次上海事変時は予備艦のため不参加。昭和10年から13年にかけても一段飛行甲への大装を行っていたため、支那事変初期の第二次上海事変へは出動していない。
 実は船体は「長門」より大きく、当時の軍最大の軍艦だった。
 昭和16年は「加賀」と第一航空戦隊を編成し、南雲機動部隊(第一航空艦隊)の旗艦として真珠湾攻撃やセイロン戦を戦い、“無敵艦隊”と称された。しかし昭和176月ミッドウェー海戦において「加賀」ともども戦没する。
愛宕 【起工】 大正10年11月22日
【建造】 川崎造船所(神戸
 建造にあたっては「加賀」と同じ船台が使われたという。条約により建造中止。いくらか造られていた船体は解体処分となった。のち、艦名は高雄重巡洋艦の2番艦に用いられた。
高雄 【起工】 大正10年12月29日
【建造】 三菱船長崎造船所
 建造にあたっては「土佐」と同じ船台が使われたという。条約により建造中止。「愛宕」同様、船体は解体処分となった。のち、艦名は高雄重巡洋艦ネームシップに用いられた。
紀伊戦艦 紀伊」 : 軍工
「尾」 : 横須賀軍工
駿河(予定)」 : 川崎造船所(神戸
近江(予定)」 : 三菱船長崎造船所
 それぞれ建造予定だったが全て中止された。予算が通過していたため、「紀伊」と「尾」に関しては資材調達が始まっていたが、これは「天城」「赤城」「加賀」の空母素材に転用された。
十三戦艦
 ついに書面上から表に出ることはなかった。完成していれば、「大和」に先んじて18インチ搭載の戦艦となっていたのではないかと言われる。
 艦名はいずれも未定だったが、八八艦隊予算審議上の書類では「巡洋戦艦」となっていたので、金剛天城と同様に山の名前から取られていたのではないかと思われる。

 その他

 関連商品

 関連動画

 関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%85%AB%E5%85%AB%E8%89%A6%E9%9A%8A
ページ番号: 5136208 リビジョン番号: 2371396
読み:ハチハチカンタイ
初版作成日: 13/08/29 15:23 ◆ 最終更新日: 16/06/11 09:00
編集内容についての説明/コメント: 関連商品追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

八八艦隊について語るスレ

50 : ななしのよっしん :2016/12/26(月) 16:22:23 ID: nHaHUXU6NC
>>49
>1ヶ翔鶴以上の空母量産できるあの
あの基準でモノ言ったら、>>47
世界経済の半分強を占めないと帝国義時代を乗り切ることなんて土台理な話」
って話になりますやん?暴論にも程があるし、
時代や戦備(空母体、世界経済推移)が違うんで較も困難
そもそもあのだって八八艦隊計画と同時期の三年計画は八八艦隊と大して規模変わらんし。

>末期帝政ロシアですら
実現不可能な例を出してもね。戦艦の数書くだけだったら自分でもできる
の面にを瞑っても、当時のロシアの造船から考えて
一体戦艦36隻って何十年計画よ?と問いたいんですが。
51 : ななしのよっしん :2016/12/26(月) 16:53:50 ID: nHaHUXU6NC
続き
>イギリスなんか1年で8隻も戦艦建造したこともあったし
これについては較対になるのだが、上でも触れられてるが
八八艦隊計画が危うい計画になった理由の一つに「戦艦建造費が高騰したから」というのがある
1年で8隻も、と言った所であの時の戦艦コロッサス級辺り)の規模と言ったら
満載でも2.2万t程度と八八艦隊最小の長門べても半分ちょい程度の規模しかない。
しかも価格自体の高騰はより急で、コロッサス級150ポンドに対して
八八艦隊計画艦と同時期同規模の戦艦フッド600万ポンドにまで高騰している。
これを元に言えば、当時の1年8隻なんて毎年やってようやく八八艦隊ペース

貨幣価値の変動もあるが、高価な大機関や厚い焼き入れ装甲
大口と高度な射撃装置を有する高速戦艦はそれだけ高いんだよ。
52 : ななしのよっしん :2016/12/27(火) 12:27:21 ID: cn+3fPCNo4
そうでしたか、色々と勉強不足でした。すみません
一応ロシアの計画は
1908年からの10カ年で太平洋バルチックの3方面にそれぞれ戦艦8隻・巡洋戦艦4隻を基幹とする艦隊を整備。
合計戦艦24隻、巡洋戦艦12隻。らしいんですが、多分ガンクート級戦艦ボロジノ級巡洋戦艦レベルの艦が中心でしょうから八八艦隊とは一概に較できませんね。
他にも
ドイツ
既存艦を含めて戦艦41隻、巡洋戦艦20隻、巡洋艦40隻他からなる艦隊を構築。戦艦巡洋戦艦の運用年数は20年。
イギリス
具体的な数字はないが、「ドイツの2倍」という基本方針。戦艦巡洋戦艦120隻?
の建艦競争を行ってたらしいので数字だけ見て誤解していました。失礼しました。しかし、ホントひどい時代だったんですね…
53 : ななしのよっしん :2016/12/28(水) 13:08:35 ID: nHaHUXU6NC
ロシアは1908年計画で言うと、
工までは大戦の影で厳しいと言っても1915年までで起工まで行ったのすら12隻止まり、
1909年ガングート起工から数えても既に7年経過だからなぁ
このペース戦艦24隻、巡洋戦艦12隻作ろうと思ったら大戦がくてもくても20年計画になる
しかも分かってる限りで最後発のボロジノ級に至っては開発に失敗したとあり
間違いなくロシア帝国えた計画だった、としか

>ドイツ60隻、イギリス120
あそこらの半ばノリで言ってるような話まで入れて良いとしたら、
八八艦隊計画じたい、16隻と言うのは"艦齢8年以内"であって、運用年数自体は24年と想定していたそうな。
つまり、16隻以降もずーっと毎年2隻起工し、長門引退に差し掛かる頃には
三次八八艦隊完成長門を最小として48隻の巨大戦艦を有している事になる、というのが全容なんで
話の勢いでは良い勝負だと思うよ?
54 : ななしのよっしん :2017/10/09(月) 12:43:54 ID: VOj0FMgXKh
やめて良かった国家事業の代表
55 : ななしのよっしん :2018/01/02(火) 21:20:39 ID: 0fWVGqnByX
最近の海自空自の当備品調達予算膨、下手をすると八八艦隊の轍を踏みそうで冷や冷やしている
当時と違うのは、膨しているのが米国の有償軍事援助(FMS)なのと、事と空自の予算膨のかなりの部分が陸自予算の縮小で賄われていることだが

陸自の縮小とか、兵器輸入のしわ寄せで生じている内からの装備品調達予算の圧縮もそれはそれで憂慮される事態だし、制服組からは不満が出そうだな
56 : ななしのよっしん :2018/01/02(火) 21:26:59 ID: 0fWVGqnByX
軍拡競争が続くと日本の一人負けは避けられない以上、今の東アジアに必要なのはワシントン軍縮条約的な軍縮条約の締結だが、

アメリカトランプだし、安倍ちゃんはイケイケだし、ロシア中国には軍縮の意図はもとよりないし絶望的。
57 : ななしのよっしん :2018/01/02(火) 21:41:54 ID: XqonOqT6hA
>>56
>今の東アジアに必要なのはワシントン軍縮条約的な軍縮条約の締結

あるとしたら中国で史上類を見ない規模の大恐慌が発生するとかかな。
中国民ですら「軍拡よりも生活の安定を」ってデモ・暴動を起こすくらいの。
いの一番第三・第七艦隊の削減、ミサイル防衛凍結を条件にめてくるだろうけど。
58 : ななしのよっしん :2018/01/17(水) 12:14:56 ID: nHaHUXU6NC
>今の東アジアに必要なのはワシントン軍縮条約的な軍縮条約の締結
難しいわな、そんな物をやろうとするともっとも攻撃的な軍艦艇、つまり空母軍縮の中核になる
かつて同会議では艦制限をする際、もっとも持てる側のイギリスが二位(アメリカ)の分まで
削減を許容する事で、軍拡基調の強めだったアメリカ大人しく従った
日本は口じゃ色々言ってたが、英が妥協して50万tまで降りて来たから従ったし、そもかった
今これをやろうとすると、間違いなくアメリカ中国の建造中数の最低でも倍程度にまで空母を減らすのか?
って話にならざるを得ない。さもきゃ中国の現行計画までを許容するか。
今更空母を半減させる事などできないし、逆に中国の計画を認めたらお付きを献上するだけに終わる

現在中国が保有、計画中の空母は5隻だが、全部完成しても40万tに遠く及ばない
アメリカは今運用中の11隻だけで90万tにもなるが、
このままの状態で「中国空母作るな!」と言った所で中国ボロクソに非難
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
59 : ななしのよっしん :2018/01/22(月) 00:36:51 ID: 8SNzyf5rAd
記事作成者への応援として、八八艦隊の補助艦について捕捉

空母
鳳翔の他、鳳翔の拡大12500t級空母として翔鶴2隻(二番艦名は「飛翔」説有り)を計画
八八艦隊計画としては4隻の空母を整備する計画だったとあるが、翔鶴以降は予定が
水上機母艦若宮(当時の艦種は"航空母艦"だった)を含んでいたと思われる

巡洋艦
当初は天龍7700t級軽巡の二本立てが整備される予定だったが、天龍では不足と判断され
5500t18隻の大量整備が組み込まれた。(後に4隻がキャンセル、1隻が夕張に変更)
また、オマハ軽巡への対抗として8,000t級大巡洋艦4隻(後の古鷹青葉)が計画された

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829