単語記事: 刀使ノ巫女

編集  

る!今ここにある想いを信じて

刀使ノ巫女』(とじノみこ)は、Studio五組制作オリジナルテレビアニメである。2018年1月より放送中。

2018年3月19日スマートフォンゲームスクウェア・エニックスより配信。

概要

古来、人の世を脅かしてきた異形の存在・荒魂を御によって祓う薙ぎの巫女
制服に帯な出で立ちの彼女たちは、使(とじ)と呼ばれる。
正式には警察組織に属する特別祭機動隊
の所持を認された法規的な国家公務員でありながら、
そのほとんどは全に五ヶ所存在する中高一貫の訓練学校に通う女子生徒たちである。
ごく普通の学園生活をおくる彼女たちだが、ひとたび職務となれば、
を手にし、様々な常のを発揮して人々を守って戦う。

この
五校から選りすぐりの使たちが集い、各々の技を競う恒例の大会が催されようとしていた。
大会に向け、多くの使たちが修練に励む中、ひときわ強い思いを秘め、ひとり技を磨く少女がいた。
彼女が構えた御の切っ先が向くその先は―。

登場人物

用語

  • 使(とじ)
    概要の通り、古くには、御によって荒魂を祓う薙ぎの巫女
    現代においては、御――つまりの携行を特別に認された警察機動隊員の通称。
    使は御をもって荒魂を討伐することを任務とする傍ら、専門の学校に通い使としての技術を学ぶ。い話、化け物退治がお仕事かついだJCJK
    どうでもいいが、「使の巫女」は二重表現ではなかろうか。
  • (おかたな)
    使だけが扱える、性を帯びた武器。特殊な鉱物で出来ている。荒魂への一の対抗手段。
    使の大部分は未成年女性とされているが、性の相性により御から選ばれるらしく、
    若年の使ほど御との親和性が高いとのこと。つまりロリコンか。
    写シ等の戦術()は御を媒介としている。逆に言えば、これがければ使もただのJCJKということらしい。
  • 荒魂(あらだま)
    の生成時に副産物として出現する「ノロ」は、互いに引き合い結合する性質を持つ。
    多量のノロが結合し生物のような形をなしたのが「荒魂」。こうなると元気に人を襲いだす為、使が必要となる。 荒魂討伐後にノロの回収が行われることから、御はノロを消滅させる訳ではなく、結合を断ち切る性質のものと推察される。
    ちなみに作中でられる「20年前の大災厄」とは、これのヤバいのが出てきて、すごい使達が討伐したお話。
  • 写シ(ウツシ)
    使の基本戦術()であり、最大の防御術。体がったり真剣られても気なのがこれのお陰。
    体を一時的にエネルギー体に変質させることで、 僅かな痛みや精負荷と引き換えに実体へのダメージを肩代わりさせる。ようは残機。
    という訳ではなく、ダメージを受けた部位は機を失う上、身体に刺さった矢等は写シを解除する前に対処しなければならない。
    使のとしてはこの他、移や金剛身等がある。
  • (じんい)
    を媒介として、通常の時間から逸して加速する。超スピードで切り結んでるのがこれのお陰。
    本来シフト的に加速するものであるが、熟達者は段階をすっ飛ばしていきなりトップスピードを得られるらしい。
  • S装備エスそうび、ストームアーマー)
    荒魂殲滅用のクソダサスーツ強襲装備。
    デザインはともかく、DARPAの技術協を得て開発された立な代物。
    装備者の身体・防御が飛躍的に向上するが、10分程度と稼働時間が短いのが欠点。

スタッフ

主題歌

前期「胎動編」

オープニングテーマSave you Save me」
作詞作曲大畑拓也 / 編曲eba / 歌:衛藤可奈美(本渡楓)、十条和(大西沙織)、柳瀬舞衣(和氣あず未)、糸見沙耶香(木野日菜)、益子松田利冴)、古波蔵エレン鈴木絵理
エンディングテーマ「心のメモリア」
作詞作曲編曲Motokiyo / 歌:衛藤可奈美(本渡楓)、十条和(大西沙織)、柳瀬舞衣(和氣あず未)、糸見沙耶香(木野日菜)、益子松田利冴)、古波蔵エレン鈴木絵理

後期「波瀾編」

オープニングテーマ進化Colors
作詞作曲編曲やしきん / 歌:衛藤可奈美(本渡楓)、十条和(大西沙織)、柳瀬舞衣(和氣あず未)、糸見沙耶香(木野日菜)、益子松田利冴)、古波蔵エレン鈴木絵理
エンディングテーマ未来エピローグ
作詞作曲編曲Motokiyo / 歌:衛藤可奈美(本渡楓)、十条和(大西沙織)、柳瀬舞衣(和氣あず未)、糸見沙耶香(木野日菜)、益子松田利冴)、古波蔵エレン鈴木絵理

放送情報

放送局 放送開始日 曜日 時間 備考
AT-X 2018年1月5日 金曜 21:30 ピート放送あり
TOKYO MX 25:05
MBS 26:55
BS11 2018年1月7日 日曜 25:00
dアニメストア 2018年1月8日 月曜 12:00 特別配信サイト
ニコニコ生放送 22:30 特別配信サイト
ニコニコチャンネル 2018年1月10日 水曜 24:00 最新話1週間無料

その他配信サイト多数。

各話リスト

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 動画
胎動編
第1話 切っ先の向く先 髙橋龍也 広大 大田謙治
動画
第2話 二人の距離 名村英敏 牧野友映 水野
動画
第3話 想の 信田ユウ
動画
第4話 覚悟の重さ 島津裕行 浅見 孝相/橋本純一/山口保則
ハンミンギ/出剛
動画
第5話 狩り あおしまたかし 筆坂明規 金時直子/三股浩史
小菅
動画
第6話 人と穢れの隙間 砂山蔵澄 福田 山内東生雄 島崎望/柳瀬譲二/小川一郎
田聡志/櫻井拓郎/沼田
動画
第7話 心の疼き あおしまたかし 山川吉樹 工藤寛顕 小島えり
動画
第8話 災厄の日 髙橋龍也 広大
信田ユウ
筆坂明規
濱崎 水野/日高由美
黒田和也
動画
第9話 祭りのあと 砂山蔵澄 牧野友映 /寿夢
清水博之
動画
第10話 明日への決意 大久保 島津裕行 星野美鈴 青木真理
悦史
動画
第11話 下の閃き あおしまたかし 筆坂明規 寺直子/三股浩史
是本晶
動画
第12話 ひとつの太刀 髙橋龍也 大平直樹 八尋裕子/小菅洋/正木優太
緒方浩美/細田沙織/横
動画
第13話 次代の英雄 髙橋龍也 信田ユウ 水野/永山恵/黒田和也
酒井孝裕/小菅洋/レベルゼロ
動画
第14話 家族の場 砂山蔵澄 福井 飯飼一幸/岡崎伸浩/服部益実
橋本純一/孝相
ハンミンギ/山口保則
動画
第15話 怠け者の一分 あおしまたかし 牧野友映 高橋こう/日高由美
動画
第16話 監の拝謁 大久保 滝川和夫 寿夢/細田沙織
松村康功/和田賢人
アニタス神戸/太田慎之介
動画
17 女神たちの狂騒 髙橋龍也 筆坂明規 小菅洋/小島
ソンミンジュ
動画
第18話 荒魂の跳梁 あおしまたかし 島津裕行 白石 大野勉/沼田広/櫻井拓郎
小菅洋/細田沙織/正木優太
動画
第19話 の呼び 砂山蔵澄 信田ユウ 小林孝志 高橋こう/正寺直子
黒田和也/松村康功
動画
20 最後の女神 あおしまたかし 飯田 牧野友映 八尋裕子/寿夢
水野/横
アニタス神戸/太田慎之介
動画
21 雷神 髙橋龍也 剛一 大田謙治/小菅
細田沙織
動画
22 隠世の門 あおしまたかし 林直孝 濱崎 大田謙治/小菅洋/細田沙織
LIM SUN HEE/LIM JI HYUM
正木優太/松村康功
日高由美/横
動画

関連動画・関連チャンネル

関連生放送

キャスト出演

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%88%80%E4%BD%BF%E3%83%8E%E5%B7%AB%E5%A5%B3
ページ番号: 5501728 リビジョン番号: 2598633
読み:トジノミコ
初版作成日: 17/09/19 01:05 ◆ 最終更新日: 18/06/15 21:19
編集内容についての説明/コメント: 各話リスト更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

刀使ノ巫女について語るスレ

998 : ななしのよっしん :2018/06/20(水) 04:31:33 ID: W1i+FcwbXl
成長要素という表現、どのアニメでも便利に使われているように思うが不明瞭だ
ひどく曖昧でぼやけた表現だが、ネタにされるとかいじられるとか言ってるあたりを見ると可奈美にはその隙がないという意味か?
それならその認識は誤っていると言わざるを得ない
まず、脱いだものをそのままにしているズボラな面や剣術のことになるとの色を変えるところをネタにされており、ゲーム基準で言うならそれが祟って火事を起こしそうになったこともある
またクソアニメを好む人とのセンスのずれで周りを呆れさせたりと隙も多い
(とじよんではさらにドジな面やボケてる面が多数描かれている)

「もう皆あいつ一人でいいんじゃないかな」というのも、可奈美の強かった部分しか見えていない言葉だ
例えば可奈美が精をすり減らしていたのを見抜いて支えたのは舞衣を始めとした仲間達であり、もしあれがなければ可奈美は周りに頼らず一人でをしてタギツヒメのところへ行き、返り討ちに遭う可性だってあった
による会話術も、可奈美が相手のことを理解できる一方で可奈美のことは一握りの強者にしか理解されず、ほとんどの場合相互理解につながらない
(外法強化のせいもあってか)却ってコンプレックスを肥大化させた歩がそれを理解できたのも、沙耶香による翻訳あってこそだった
その沙耶香にも最初は理解されず、逆にずっと気にしていた弱点を突かれて、かつて見せたことのない曇り顔を見せていた
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
999 : ななしのよっしん :2018/06/20(水) 05:14:54 ID: 6T8uEIJL2n
可奈美ちゃんは主人公というより暴走気味な主人公に何故か条件で尽くす強キーヒロインって感じだな
進撃の巨人駆逐主人公ポジ和で可奈美はに対しても優しいミカサってところか
結構いろんな人にフラグ立ててるけどほぼ成立せずハーレムに至らないのもアニメとしてはしい
大抵のアニメだと主人公の優しさは報われるものだけどこの作品はそうではない
フラグの上書き・強固な忠・死別・堕ちなどでどれも不成立だ

そういえば様とも美奈都さんとの関係があったり散々気を配ってフォローしてた割には心的交流が全くないな
今回のチョコミントの場面なんて三人の因縁からし普通なら可奈美も混ぜそうなところ全にハブられていて
まぁ折神家柊家の呪いや蟠りに変化をもたらす札的な立ち位置だからなのかもだが少しモヤモヤした
1000 : ななしのよっしん :2018/06/20(水) 05:19:44 ID: Un3XBfdBus
主人公ヒロインの関係でいえば、可奈美と和は、特別なや運命を持ったヒロインとそれを助けるヒーローって典的なもんだと思うよ
パズーとシータだったり、エウレカレントンだったり
1001 : ななしのよっしん :2018/06/20(水) 10:08:12 ID: PZn+3KNG7O
>>999
たしかに絵面的には可奈美との交流もあればよかったな
姉妹のうち聞き分けの悪い子が構われて可がられる一方で、聞き分けの良い子は安心して放置されてしまって寂しい思いをするあの感じ
も可奈美の場合は傷つくを見ていられなくて自分の悲しみより慰めの言葉をかけることを優先するぐらいの精年齢の高さだから
寂しさよりも和が歩み寄れてよかったとかが報われてよかったとかしか考えてないだろうが
1002 : ななしのよっしん :2018/06/20(水) 15:51:33 ID: 8EDvXVWvw0
二人とも和の暴走を止めたり助けたりすることで必死だったから、まともに会話する暇もなかったんだよな。
とはいえ21話と22話の合間や小烏丸奪還作戦の直前に何か一言二言あってもよかったのにとも思う。
なんか「衛藤さんの討伐成績は覚ましく…人一倍傷ついてるはずなのに」「あの子は強い子ですから」の辺りを見てると、剣術的にも精的にも「強いから」って理由で「脆さ」の部分が大人たちからは見逃されてきて、ろくなケアがなかったんだろうって気がする。たぶん美奈都さんという人の影を重ねて見てるからなんだろうけど。
でもだからこそ子供達があそこでしっかり可奈美ちゃんを支えたんだよなーとも思う。
1003 : ななしのよっしん :2018/06/20(水) 19:11:02 ID: /9XC4V6+Vk
強さを信頼しすぎて背負わせすぎたってのはあっただろうな
エレンがそういう感じのことを言ってたし
1004 : ななしのよっしん :2018/06/20(水) 19:22:26 ID: hUt72NkrBA
アニメの方は終わるけどゲームはどこまで続くのかな
1005 : ななしのよっしん :2018/06/20(水) 22:40:36 ID: 6UOvXsjuEz
>>997, >>998
12話の憑依との戦闘では、メイン全員の共闘というすごくおいしいシチュエーションで、
直前の戦いでみんな消耗しているとはいえ6人がかりで腕の一本も落とせず壊滅させられた直後に、覚醒した可奈美が弱点を一両断、って展開がどうにも雑に感じて、「可奈美ひとりでいいんじゃないかな」と思った
(可奈美の強さがおかしいという訳ではなく、描写・演出として好きになれなかった)

一方で、23話の戦闘は「仲間たちが脱落する中、可奈美と和がだけが最後まで食らいついている」という部分は同じなのに、こちらは素直に盛り上がることができた
戦闘が段階的にしくなって、ついていけなくなった仲間に想いを託される、って王道展開の良さもあると思うけど
それ以上に、可奈美の強さの根とか、それぞれのキャラクター達の変化や成長が2クールで特に時間をかけて描かれた、ってことが受け取り方を変えた最大のポイントなのかなと

何が言いたいかと言うと、2クールあってよかった
1006 : ななしのよっしん :2018/06/20(水) 22:49:02 ID: 6UOvXsjuEz
23話で一つ気になったのが、ヒスおばを救出する際に見の遺体をその場に置き去りにしたこと
一席、二席ほどの手練れなら片方がゆきなちゃん、もう片方が見を担いであの場を脱出することは造作もないと思ったんだけど…

寿々が結芽の遺体に施した「処置」と同じものをヒスおばもあの場で見にやっていただろうから、処置を施された遺体は移動させることができなくなる、とか?
1007 : ななしのよっしん :2018/06/20(水) 23:04:50 ID: whol0AEyIT
見の守りたかった人を守ることを優先したのかもしれない
敵が尽蔵にあふれ出る中、しかもいつ世界くなるかもわからないという状況
重要人物の確保を行っているとも言えるが前線からは離脱している
あれが限界だと思う
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829