単語記事: 切腹

編集  

 

おおおおおおおおーーーっ!!
いてえええええーーーっ!!

これが究極のスポーツ 
セップク』なのかーーーっ!!!


 

 

切腹とは、自殺方法の1種である。

概要

読んで字の如く物で自身のる、自殺方法の1つ。いは処刑方法としても用いられた。
武士が自分ないし部下や近親者達の責任を取るために、を切って死ぬ事で名誉を守る、日本独特の伝統。
切り(はらきり)」「割(かっぷく)」とも呼称するほか、海外では切腹HARAKIRI(ハラキリ)」という呼び方をされており、日本独自の文化として現代でも注されている。

古くから日本に定着している習俗だが、その始まりは安時代末期辺りに武士道確立されてからとされている。これについては戦国時代豊臣秀吉高松を攻めた折、である清水宗治が切腹を行い秀吉がこれに感したことから、「切腹=名誉ある死」という認識が広まり、武士身分の者を処刑する際に斬首(打ち首)などと同様で切腹の手法がとられるようになっていく。その後、江戸時代に入ると「切腹前に沐浴を行い、身を清める」「浅葱色の裃、ないしは装束(小袖)に身を包み、切腹の際に右側から肌脱ぎを行う」などの手順が作られ、戦国時代江戸時代を経て切腹という儀式が習俗として定着していく。

また、を切って死ぬという作法は「人間の霊魂は部に収められている」という昔の考えに由来するもので、それを切り裂く事で名誉ある自決方法とする思考が広まったとされる。そのため、当初は切腹直後に部の切り口から自身の内臓や腸を掴み引きずり出す、という過極まる方法も存在した。

で、本当に腹を切って死ねるの?あと介錯人って?

を切る、という行為自体はいたって単純なものであるが、物で切り裂くと内臓を覆う膜を損傷するため相当な痛となる。切腹が致命傷となった場合における際の死因としては失血死や膜炎などが多いと思われるが、いずれにしてもを切ってすぐに死ねるわけではないため(切腹直後に痛からのショックで失したり、体内から腸や内臓がはみ出しながらも生存していた事例もあった)、当初は上記の通り体内から内臓を引きずり出すかを切った直後に喉を短で貫き確実に絶命する、といった事も多数存在した。
を切っても数分~数時間以上苦痛を引きずりながらも生存している事もあり、近年の事例では、軍軍令部次長の大西治郎は終戦に伴い切腹を行った直後に胸と喉を突いているものの、それでもすぐに死ぬ事く翌日まで生存していた。)

江戸時代からは切腹に立ち会う介錯人(かいしゃくにん)を伴い、切腹を遂行した者が尋常ならざる痛で苦しみ続けることのないよう速やかに首をるなどして補助を行うようになり、これらの風景は現代でも時代劇などで度々見かける事と思われるが、これも「(切腹のみならず)自傷による自決がどれほど困難であるか」を裏付ける話と言えるだろう。しかし介錯を行う側も「首を一で正確に断つ」というの腕前と精・度胸の強さが要されるため、並大抵の者が担当できる役回りではない。特に武士君の介錯を行う場合はそれがより顕著で、心理状態の乱れから手元が狂い、首をるつもりが後頭部や肩をりつけて仕損じた事もあったという。結果、切腹を行う者を二度三度りつける事となり「武術不心得(=恥)」と認識された。
(そのため、中に腕の立つ者がいない場合は他へ介錯を依頼する事例も存在したらしい)

その他、切腹にまつわる話

関連動画

近年の対戦ゲームでは、攻撃にも「切腹」が用いられる。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%88%87%E8%85%B9
ページ番号: 4913000 リビジョン番号: 2455267
読み:セップク
初版作成日: 12/06/23 15:22 ◆ 最終更新日: 17/02/02 22:12
編集内容についての説明/コメント: 削除された動画を差し替え、及び追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

切腹について語るスレ

36 : ななしのよっしん :2016/10/27(木) 14:52:29 ID: aEtdlx2x9t
切腹での死因って小腸が傷ついてそこから大便が漏れたことによる膜炎で死ぬことになるんだと…
死ぬまで3日4日かかるらしい
切腹で死のうと思ったら背中まで突き通さないと理なんだけども物がに入るとショック起こすしそれ以上は痛くてとてもまで刺せないみたいだ
ここまで自殺マニュアル引用
37 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 06:42:50 ID: odmP32p7/u
時代が過ぎても切腹=誇り高いというイメージが強く残ってて実行する人までいる位だし、当時の人によっては武士の覚悟と誇りや怒り、男らしさを表す一世一代の晴れ舞台でもあったのかも(もっとも、不始末責任とって死ぬんだから、自尊心を満たしながら死ぬのをよしとせず、恥や後悔と念のまま死ぬ人もいるだろうが)。

セップクは究極のスポーツってのは言い得て妙かもしれない。
38 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 08:10:25 ID: gMSZTqx7RG
記事にある通り、清水宗治の切腹から「名誉ある死に方」として切腹が使われるようになった。罪を犯しての切腹は、「死刑だけど名誉は保する」ということ

なので、名誉もくそもない死刑である「斬首」や「はりつけ」とは区別されて執行されただけ
39 : ななしのよっしん :2017/05/22(月) 17:03:25 ID: odmP32p7/u
成り立ちの理由はそうで、おの名誉とか面子や周りへの影とかの理由もあるのも確かだが、切腹する本人にとっては実際のとこまた別の話だろう。

元々名誉に傾いた人間性を持ってて、自分を自ら刺す、死に際と言う事で奮してるだろうし、切腹がない時代やでも似たような名誉故の自決が多々あったり、恨み節や慢強さの誇示の為か妙なパフォーマンスに走ってる例もあるし。

特に切腹れた後世でそれをやった人には、切腹に対する妙な憧れみたいなものをちらほら感じる。
40 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 01:01:59 ID: A/HBukzP2G
日本伝統の処刑方法だし、死刑切腹でいいよな。
首吊りなんて日本だけじゃなく世界どこかでも使われてるだろうけど、切腹日本だけと言う個性が出るし。
犯罪者が往生際悪くガタガタ震えて全然切腹しなかったりでテンポ悪そうではあるが。
ボタン押して首吊りの下のを外す係の人が介錯役で。
現代にHARAKIRI外人の人も喜びそうなんだけどな。
「介錯いたす!」
一度でいいから言って見たいこの台詞
41 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 01:05:28 ID: tHPbwUKqA9
的とかそう言うのは全部置いとくとして、ボタン押すだけでもめちゃめちゃ嫌がられてんのに今更そんな血生臭い事出来るいないだろ
大体介錯にもそれなりの技術が必要だしよ。
42 : ななしのよっしん :2017/05/29(月) 00:37:06 ID: A/HBukzP2G
死刑になるような非人的な事をしたらに人的な事する必要は)ないです。
良くボタン押すの嫌がるとか聞くけどなんでだろうな?
何の罪もない人だったら分かるが、極悪非悪人を裁くとか気分よさそうなんだけどな。
それで2万だっけ?貰えるとかぶっちゃけうらやましい。
やりたくないならが代わりにやりたいです。
切腹は介錯は見るのがキツイてのはあると思うから、全自動切腹マシーンでも作って、後は罪人が勝手に自殺するまで待ってればいいてのはどう?
介錯と言っても罪人の首を一発はねる必要もいですけどね。
何度でもっていいし、なんならチェーンソーとかでやってもいい。
まあ、切腹死刑なんて一生実現しないだろうけど。
43 : ななしのよっしん :2017/06/06(火) 02:02:38 ID: odmP32p7/u
ただでさえ人・法倫理・政治と色んなものが関わるナイーブな刑罰の執行に、そんな俗な私情を持ち込むのも、周りを煽るような要素もいらんわ。淡々、粛々とやってればいい。罰に余計な感情が結びつくと碌なことがない。
44 : ななしのよっしん :2017/09/10(日) 02:59:12 ID: BD1OHT8l/E
淫夢厨の破壊すごいな
45 : ななしのよっしん :2017/10/15(日) 06:58:58 ID: 8eqWNrTd4P
相手にとってなんのメリットもなくね?
せめて臓器を売ったで償うとかにすりゃいいのに
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829