単語記事: 刑法175条

編集  

七十五条 わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は然と陳列した者は、二年以下の懲役若しくは二五十万円以下の罰若しくは科料に処し、又は懲役及び罰を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする。
2 有償で頒布する的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。

-刑法-

わいせつの基準としては、以下の条件が判例として示され、「わいせつ三要件」となった。

徒に性欲を奮又は刺せしめ且つ普通人の正常な性的羞恥心し善良な性的義観念に反する

-「サンデー娯楽事件」最高裁判決より-

三行で

「わいせつ」な文章、絵、写真映像やそれらのデータを配ったり人に着く場所に並べたりしたら犯罪とします。

ネットで配ってもアウトとします。売るつもりで文章とか絵とかデータを持っていてもアウトとします。

「わいせつ」とは、「駄にエロくて普通の人を恥ずかしがらせるような背徳的なこと」とします。

概要

この法律により、成年向けであっても絵や文章でも陰部が露出していなくても、裁判でわいせつであると認められたものは違法とされ、関与した者は有罪判決を下される可性がある。陰部が露出しているかなどは警察が立件・逮捕する時の判断を左右するものでしかなく、裁判においては特に重視されない。実際に、雑誌の文章、小説翻訳小説成年向け雑誌、成年向けマンガなどの作者に有罪判決が下された。

最高裁などによれば性秩序・性徳の維持が的であるとされるが、徳の維持を的とする法律というものに問題はないのかという点をおいておくとしても、実際に有罪とされたものには後述の松文館裁判のように「その判断は非常識ではないか?」という例もある。

性秩序・性徳の維持という面で見ても、性的な創作物の頒布をちゃんとゾーニングしていても基本的に罪だとすることは、犯罪性とエロスが一般のイメージの中で必要以上に結び付けられ、エロ=犯罪であり罪悪だから奮するといったそれこそ不健全な方向に向かわせる可性すらある。

これは、伝統的に性を健康でめでたいものとして(例えば、春画はお守りになるとされていた)おおらかに肯定的に捉えてきた日本人の感覚と正反対である。性を商品とすることが不徳という考えならまだ一理あるが、ここでいう「頒布」とは有償か償かを問わない

モザイクなどのよくわからない基準は、あまりに過剰な規制をかけるこの法律を抑制するための苦の策という見方もできる。ただし、後述のように結局は警察の意思次第でそんな慣習はあっさり視されてしまう現実もある。

なお、のコリーダ裁判(罪)のように、時代によって性表現への許容度が変わること、慣例として一定の制約が守られるようになっている状況などに配慮した判例もある。ただしこの件では、最初から警察の追及をくぐり抜けることを狙って周到に準備がされていたので、勝つべくして勝ったとも言える。

松文館裁判

非常によくまとまったサイトがあるので、関心があればそちらも参照→リンク

2002年発行の成年向けマンガ『蜜室』(ビューティ・ヘア、松文館)が、均的な準で陰部の修正もしていたのにわいせつ物と認定され、作者は有罪が確定。一審では懲役1年執行猶予3年、控訴審では150万円最高裁の上告不受理によって2007年6月14日に二審の判決が確定。裁判ではちばてつや氏も弁護側の人となった。

経緯

高校生息子を持つ親が自宅で「蜜室」を発見

→「少年ターゲットにしているのは明で悪質、性犯罪を誘発する」といった内容の投書が平沢勝栄議員に届く

警視庁OBの平沢議員は警視庁生活安全部へこれを転送平成14年8月12日

警視庁が捜を開始、逮捕(同年10月10日

この件から見えてくるもの

判決文では、性的刺が強い事自体がわいせつ、つまり罪であり、思想的・芸術的価値があればそれは緩和されるがそれもこの作品には存在しない…といったことが述べられている。

描写が美しいなどの芸術的価値があったらむしろ性的刺がより強くなることもあるはずだが、逆に言えば、性的感覚を刺するようなものには芸術性がない、という一つの芸術論がここに隠れている。そういう思想自体には何の問題もないが、特定の思想に基づいて創作物の表現を規制する刑事裁判が行われてしまうという状況は、いくらでも恣意的な判断が入り込む余地があるので不合理かつ危険である。

徳に厳しい人でも、こうしたもの一般を禁止する事の理と弊常識的感覚として理解するだろう。また、禁酒法がもたらした弊麻薬戦争の大失敗などを考えれば、があるから取り締まればよいというものでもない。ましてや成年向け漫画などは、理作用があるタバコ麻薬などのような客観は確認されていない。

文化的価値について言えば、絵や物語などで表現される創作物において、エロティシズムそのものがそのその時代の言葉や社会の姿を抜きには成り立たない。また、瞳の塗り方一つにも作り手の個性が表れ重要な魅となる。マンガならコマ割りや吹き出しの配置にも色々な方法があり、デッサンから雰囲気まで趣向が凝らされる。

芸術性や思想性で価値がい、あるいはそういう面を重視しない作りだとしても、性犯罪統計からもさして悪影が見られず、性犯罪の抑制に寄与している可性もある娯楽文化を、一般的に価値とするのは理があろう。

限度は必要という意見ももちろん尊重すべきだが、先述のわいせつの三要件だけではあまりにも抽的であり、結局は警察の判断・運用に頼らざるを得ず、作り手も判断しにくい。警察空気を読んで取り締まりをやってくれとすべて丸投げするのはいかにも乱暴で弊もあるが、それが現状なのである。

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%88%91%E6%B3%95175%E6%9D%A1
ページ番号: 4801508 リビジョン番号: 2510081
読み:ケイホウヒャクシチジュウゴジョウ
初版作成日: 12/01/12 23:53 ◆ 最終更新日: 17/07/24 23:27
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「刑法」「性犯罪」を追加しました。未使用節「関連コミュニティ」を除去しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

刑法175条について語るスレ

58 : ななしのよっしん :2017/06/16(金) 15:46:58 ID: 2mk9DVQBpy
この法律って現代に本当に必要か?
正直憲法々はともかく、この法律周りをもう一度見直すべきなんじゃないかね
まあ、国会がうまく機してないでそんなこと言っても駄なんだろうけど
59 : ななしのよっしん :2017/07/16(日) 02:44:57 ID: PiWeJ2NCH9
ぶっちゃけで何が悪のかっていうね…

表現されたものに刺されて犯罪犯すなんて物に限った話じゃないからこんな理由で規制していたら何も表現できなくなる

むしろ処女童貞が性交するとき相手の性器に異常があっても普通の性器をしらないから異常に気づかないなんて弊もあるくらいだ
60 : ななしのよっしん :2017/07/16(日) 13:40:30 ID: G3PcA0Q72I
「限った話ではない」としても影を受けてシャレにならない犯罪起こしたりするから隔離と忌避感は必須
漫画真似て人が殺されるのを「こんな理由」と言えるかという話
よく反論に出るドラえもんDBの工□は別にそれが題の漫画ではないしな

コミケで切断リョナサークルやってたやつがOLさらってバラバラ殺人起こした事件とかあったからな
あの時一番の問題はオタク報道被害者をいて犯人を擁護したこと
オタク全般が「工□のためなら殺人してもいいはず」と考えていると受け取られてもおかしくなかった
日本は工□と性犯罪に関しては相当緩いと思うよ
61 : ななしのよっしん :2017/07/20(木) 21:11:31 ID: sxh3h8OaPY
そもそもな話「創作物に影されて犯罪に走る」なんてのがナンセンス
自分達の手落ちや犯人の欠陥を受け入れずに他人に押し付けようとしてるだけのこと

表現に関して言えば、他者を不当に貶めたり公共の福祉さない限りは
「いかなる規制も受けずに表現できる権利」こそが絶対的な正義
その代わり見たくない物は見なくていい権利も同様に保されなくてはならない

だからこの法律は考えるまでもなく悪法だけど、社会もゾーニングにもう少し気を遣うべき
62 : ななしのよっしん :2017/08/05(土) 20:54:31 ID: gpBMN0l5qE
>>60
そのロジックだと性犯罪者の大半は男なんだから、男は事前に隔離・閉してもよろしいってなるんだけど
63 : ななしのよっしん :2017/09/21(木) 00:16:18 ID: PiWeJ2NCH9
表現の自由のために活動している人達にとってこの法律はまさにラスボス
64 : ななしのよっしん :2017/09/21(木) 00:20:25 ID: fYpGEGu5lh
人権規約が認める権利制限の範疇じゃないですかね。
65 : ななしのよっしん :2017/10/08(日) 20:54:44 ID: ADAEJgW6j/
ポルノ規制前とポルノ規制後の統計データや、
ポルノ規制中とポルノ解禁後の統計データを見れば分かるんだけど、
ポルノ規制すると犯罪率が上昇するんだよね。

特に性犯罪被害に遭い易い女性は本気で考えて欲しいと思う。

刑法175条の存在が性犯罪を助長してる事実を知れば、
女性はもっと本気で怒るだよ。

法律によって性犯罪増加の環境が整っているのだから。
66 : ななしのよっしん :2017/10/08(日) 20:59:13 ID: 5h7e1vOVZk
統計のことはともかく、規制をどんなに強くしようが、個人間のやり取りまで監視することは不可能だし、本気で手に入れようとするは手に入れるので、結局意味だってことは分かる。
67 : ななしのよっしん :2017/10/08(日) 23:37:58 ID: ADAEJgW6j/
※66
「本気で手に入れる」って多分無修正AVの事だろうけど、制作側の負担も少しは考えて欲しい。
動画モザイク修正するのって凄い大変なんだよ。
日本産AVにはモザイク修正が当たり前に付いてるけど、手作業で丁寧に作業してるんだよ。

特に個人でエロ漫画エロアニメ等を製作してる人は作品を作りつつ、丁寧にモザイク修正を加える。
すると画力向上の為の時間が割けないし、
丁寧に書き上げた性器に時間を掛けてモザイク修正する虚しさとも戦わなければいけない。

自分はそんな製作者の嘆きを知ってるから刑法175条止という形で報われて欲しいんだよね。

因みに刑法175条によってAV会社の摘発や二次製作者が逮捕されてる。
決して意味な法律じゃなくて悪だって現実を知って欲しい。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829