単語記事: 剣

編集  

とは、武器の一種である。

読み方は「つるぎ」でも「けん」でもどちらでもよいが、当記事では便宜上読み仮名は「けん」とする。

概要

様々な短剣古くから使われている手元用武器の1つ。日本の場合は日本刀す場合もある。
に対の部分で切断するための物である。狭義ではが左右両方にある両のものをし、この場合片のものはというが、これらをひっくるめてという場合も多い。

歴史については、新石器時代から使われていたとされ、木や石を削って作られたがあったという。その後金属を加工する技術が生まれ発展していくと、を使ったが製造されていき、やがて現在に至る。

戦争においては、が発達する以前までは矢と並んで兵士の標準的な装備品であった。のだがどちらかというと脇役というかなどが使えないときの予備の武器という感じだったようだ。戦争に用いられる際は、を相手にを振るう場合こぼれを起こしてしまい殺傷が落ちてしまうので、直接の打撃を与えた方が効果が高いという場合もあった。そのため、は切断のほかにも打撃を重視したものが使われるようになる他、とは別に短ナイフダガー)を携帯するケースも多かったという。

また、る他にもの切っ先で突く事でも攻撃が可なので刺突に特化したも生まれ、さらに同士の戦いでは相手の撃を防ぐための防具としても機する事になったので、手元を保護する構造になっているも数々存在する。

他にも戦争以外では護身用や決闘用、儀礼用など用途によって様々な種類のがある。

RPGファンタジーなどといった創作作品においては、流の武器としてさまざまな種類のが登場し活躍している。魔法で作られたの他にも、SF作品ではビームサーベルライトセイバーに代表されるような身がレーザーなどの高エネルギー体で構成された兵器としてのも登場し、巨大ロボットが登場する作品ではロボットサイズのそれが出てきたりもする。
他にも「ジョジョの奇妙な冒険」の『アヌビス神』や「銀魂」の『』、「カードキャプターさくら」の『(ソード)のカード』のように、を持つ者の身体・精を支配したのち凄腕の使いとして操るといった展開も見受けられる。こちらについては自身が意志を持っているケースもあれば、呪いや超能力などで操られるなどといった場合もある。

ニコニコ動画に記事がある、剣の一覧

実在する(した)剣、を問わず、随時お気軽に追加していって下さい)

実在日本刀の記事は数が多いため、「日本刀」の記事の「日本刀一覧」の節を参照。)

(架の個別記事も数が多いため、「架空の武器・防具の一覧」の記事の「武器の一覧」>「類」の節を参照。)

人名

は人名にも用いられる。芸名か架の名前に多いようだ。

架空のキャラクター

その他

漢字として

Unicode
U+5263
JIS X 0213
1-23-85
部首
刂部
画数
10画
Unicode
U+528D
JIS X 0213
1-49-88
部首
刂部
画数
15画
意味
旧字は
つるぎ剣術、という意味がある。〔説文解字〕の本字はで「人のぶる所の兵なり。ひ僉」とある。はその籀文として載っている。
字形
符は僉。
音訓
読みケン訓読みは、つるぎ
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。
は人名用漢字である。JIS X 0213第二準。2004年に参考字体から人名用漢字に昇格した。
符とする漢字には、𡃍、𤑯などがある。
技・客・鋏・剣戟剣豪山・士・剣術剣道闘士・把・舞・

異体字

Unicode
U+5292
JIS X 0213
1-49-90
部首
画数
16画
Unicode
U+5294
JIS X 0213
1-49-89
部首
画数
16画
Unicode
U+91FC
JIS X 0213
1-78-63
部首
画数
11画
Unicode
U+5271
JIS X 0213
1-49-91
部首
画数
11画
𠝏
Unicode
U+2074F
JIS X 0213
2-3-24
部首
画数
10画
Unicode
U+528E
部首
画数
15画
𠠆
Unicode
U+20806
部首
刂部
画数
16画
Unicode
U+91F0
JIS X 0212
67-18
部首
画数
10画
Unicode
U+9431
JIS X 0212
69-66
部首
画数
21

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%89%A3
ページ番号: 4385207 リビジョン番号: 2581019
読み:ケン
初版作成日: 10/06/13 10:54 ◆ 最終更新日: 18/04/20 02:38
編集内容についての説明/コメント: 「ニコニコ動画に記事がある、剣の一覧」の節で、「刀 / 日本刀 / 太刀」の行に「打刀」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

剣について語るスレ

51 : ななしのよっしん :2018/03/05(月) 23:57:08 ID: 6CTxDy5CSL
>>50 わかりやすくて助かる
つまり中東も紀元前はだったってことか
52 : ななしのよっしん :2018/03/08(木) 21:24:36 ID: Dumhj26B0/
>>48
が登場したのは概ね器時代に入ったからだ。
一応、石器文明であったメソアメリカ文明では「マカナ」という木の黒曜石を挟んだ武器があった、あれもと言える。
53 : ななしのよっしん :2018/03/16(金) 17:33:42 ID: TKpe6IOCsA
現代でいのは使えないからじゃなく隠れるの前提何だから立ってどうするって事だと思うんだけどな
とか必然でかくなるから、に差すなら丸見えだし、隠す為に動かさないとならない 背負うならしゃがむと地面に当たったりそもそも抜きにくいし
だからかマチェット知る限りくにゃくにゃ 他にもベルトソードもがあれだし
いで近くに来たなら で殴るか銃剣使うかナイフのが抜き易いし
他にも室内見たいな狭いの苦手だしさ
現代戦にゃ余り向いてないだけだと思うよ






54 : ななしのよっしん :2018/03/16(金) 18:38:09 ID: y96PyUTTyT
>>53
まあ現代だと、わざわざを使うよりシャベルとかで代用したほうがマシみたいですね。

>>sm4830421


こんな動画も有りますし。
55 : ななしのよっしん :2018/03/16(金) 18:44:38 ID: TKpe6IOCsA
歴史で考えると戦にはで儀的なのはなんかね
剣持ってる神様多いけど逆少ないもんね

だから使えいって事もいとは思うけど
現代じゃ切っ先 状のと状のミックスが最新の銃剣だし

切っ先包丁先で例えるとは片包丁の形 切れるけど脆いし利き手により変える必要がある
は両包丁 切れい代わりに広げるしどっちの手でも使えるし頑丈

現代の銃剣のは先で言うとでもあった気がするけど忘れたから
ナイフで言うとよく知らないけど北野エッジがそうだと思う
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
56 : ななしのよっしん :2018/03/16(金) 18:52:49 ID: TKpe6IOCsA
>>54
その場にあるもんや手にあるもんで殴り付けた方が速いすもんねww
スペツナズ何でも投げてますもんねw
浪漫いけど…

ただ個人ではジャックチャーチル見たいなのいますし!
現代でも余り出ないだけで持ってってる人いるかも知れません
ISISで何故か日本刀写ってますし
57 : ななしのよっしん :2018/03/17(土) 08:37:58 ID: 2j2XTsIKHH
>>55

両側に先が付いていても切断・擊を的とするが片方にしかなければ(狭義おける)では  ないです
そのような形式を疑似と訳される場合もある

形状の区分としての両は切れ味と耐久性、軽さを両立しにくいという欠点がある
58 : ななしのよっしん :2018/04/05(木) 16:20:03 ID: TKpe6IOCsA
>>57
疑似の場合 に該当しないんですね(´・ω・`)

鎬やの位置で区別してましたw

が切れ味耐久軽さ両立しにくいのは

同重量で考えるとでは鎬の位置から度取れないからですよね?
身幅広くするか鎬をずらせば度取れるけど
前者は重ね薄くしないと同重量にならない

後者は裏の切れ味が劣る というかになる
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
59 : ななしのよっしん :2018/05/31(木) 03:09:37 ID: bHSF5Uimnb
昔、というか古代?
弥生時代とかその辺りだと曲剣、を矛と呼んでたと聞いたけど
60 : ななしのよっしん :2018/06/04(月) 19:20:29 ID: rrrCi5/ww1
ゲームとかやってると疑問に感じるんだけど、そもそも「鋭さ」って具体的にどういうものなん?
これ、極めればに当たっただけで両断されるとか、そういうものじゃないと思うんだけど。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829