単語記事: 剣術

編集

剣術とは、を用いての戦闘技術である。

西洋剣術、中国剣術術)、日本剣術など、によっての形も違えば剣術バリエーションも多だが、本項では日本剣術について記述する。

概要

日本においては、日本刀を扱う技術である、と言い切って良いだろう。沖縄には中国式の剣術若干伝わっているようだが、ここでは除外する。本来は居合、抜術も含めた概念だが、現在では単に「剣術」と言った場合は居合を含まないことが多い。通常二、小太刀を用いる場合、一の技術とは区別されて伝承している。

歴史

「既に代にあり。之が利用のめんとするは人間の通性である」

日本剣道史」において、山田次郎吉はこう述べている。その通りが存在する以上剣術もまた存在したはずであり、剣術の始まりは大陸から器が伝わった時であろう。が、この時代の剣術については全く伝わっておらず詳細不明である。

剣術創成期の伝説

現存する剣術の起を遡っていくと、大体鹿島太刀八流に行き着く。鹿島太刀はもはや実態が分からず、八流に至っては実在すら怪しいとされているが、以下に概略を述べる。

なお、両者とも異説あり。

鹿島太刀
仁徳天皇の時代(四世紀頃)、人なる人物が鹿島宮に祭壇を設けて祈り、の術を授かった。これは後に「鹿島太刀」と呼称され、日本剣術流となった。
以上が鹿島太刀伝説である。七人の官によって伝承されたため、「関東七流(鹿島七流)」と呼ばれるようになったという話もある。古くは鹿島宮に代々伝承されていたとされ、九州に赴く防人達の為に伝授された、とも伝えられる。
八流
安時代末期一法眼(きいちほうげん)なる人物が鞍馬寺で八人の僧に剣術を伝えた。後に子である八人の僧が伝えた剣術八流と称するようになったという。
以上が八流の伝説である。中条流や鞍馬流はこの八流を流としている。なお、研究者によっては仏教剣術として、神道系の鹿島太刀と対させることがある。

兵法三大源流

剣術の流が成立し始めたのは、室町時代とされている。この時期にった中でも特に後世に多大な影を与えた三流を、兵法三大流と呼ぶ。

【 念流 】
弥慈恩(相馬四郎義元)を流祖とする。幼い頃を殺され門に入った念弥は、敵討ちをしての修行を積んだ。後に還俗しての敵を討ち、再び門に入り慈恩と名をめた。その後諸を回って広めたのが念流である。
念流の系譜で現在まで続いている流には庭念流がある。この流儀はその名の通り、上州庭の地に代々伝えられた(江戸時代に一度失伝したけど)剣術で、足幅を広く、後足に重心をかけ、守りを体とした技法を遣う。
また、現在鹿島流の技法は、庭念流の影を多分に受けているとも言われている。
神道流 】
兵法三大流における「神道流」は、単に鹿島香取の地に伝わっていた剣術の事をすらしい。恐らくは上で述べた鹿島太刀(もしくは関東七流)の統であろう。
とはいえ、飯篠長威斎が神道流系各流の開祖の師となっていることから、一般には香取神道流のことだと解釈されることが多い。この香取神道流現在香取の地に伝わっており、日本剣術としては異様に長い組太刀に特徴がある。詳しくは天真正伝香取神道流の項を参照。
この神道流からった流儀は、鹿島流、鹿島直心影流などがある。
【 陰流 】
言わずと知れた新陰流の流。流祖である移香斎は、宮に参篭し、蜘蛛霊夢によって剣術の極意を悟ったと伝えられる。
ここからった流儀は、何はくとも新陰流である。そもそも陰流は上泉信綱の新陰流で大成し、そこから多数の流が立ったというのが正確ではないだろうか。新陰流と別系統の陰流が残っているとは、寡聞にして聞かない。
な陰流の技法がどのような物だったかは現在に伝わっていないが、新陰流の「飛」の勢法は陰流の形が元になっていると言われている。
なお、上泉信綱は、
「余は諸流の義を究め、陰流において別に奇妙を抽出して、新陰流を号す」
と遺している。

剣術の流派の一覧

現在伝わる流としては、以下の流がある。

の中でも分しているものや、れてくなったもの、統合したものなど、それ以外にも多くの流が存在している。

三大源流

三大源流以外

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%89%A3%E8%A1%93
ページ番号: 3714592 リビジョン番号: 2228822
読み:ケンジュツ
初版作成日: 09/06/18 00:55 ◆ 最終更新日: 15/07/06 23:16
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「日本刀」「薬丸自顕流」「剣豪」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

剣術について語るスレ

62 : ななしのよっしん :2017/01/05(木) 21:06:52 ID: XL48uFGLgA
http://hakudoh.com/wp/study/page_0502/page_02
このサイト剣術形の解説を見るに
剣術形の中に技を教えるもののほかに理を教えてるものもあるらしい

ここでは剣術形と理形と言ってるけど、自分としては剣術形の中の技形と理形という分け方をしたい。
63 : ななしのよっしん :2017/01/06(金) 15:57:32 ID: XL48uFGLgA
https://youtu.be/_QSfNScyvkQ
これ見ると剣道形も立剣術なんだなとわかる。
64 : ななしのよっしん :2017/01/08(日) 16:31:56 ID: NNEIzlV9sE
時代が古くなればなるほど、術って付くものは(術を別とすれば)
一般的じゃなくなっていくんだからそりゃみんな自己流のガバガバなるでしょ
65 : ななしのよっしん :2017/01/13(金) 02:50:14 ID: NHZ/ipw5Xn
神道流は歴史を通じて良されてる部分あるだろうからなぁ
名門だから人の出入りしいんだよあの流
「最古の流」ってのは組織的導法が最初に確立したって意味だからな

>>64
この辺考察すると結構面くてなー
本当に最初期の武術は狩猟技術その物なので、親から子にそのまま継承される
日本大和王権が成立する頃には専門的な軍事氏族が生まれたんで、彼らの武術は一族内での徒制で継承されてるはず
663年の村江の戦いの後には唐式軍制導入してて、兵士の集団導法も導入されたと思われる
防人という一種の徴兵制はちょうどこの前後に成立してて、記事にある「鹿島太刀が防人に伝授された」ってのは、新兵訓練を集団導法でやってたと解釈できるんだよな
なのでこの時代の関東地方では、統一された剣術訓練やってた可性があるんだわ
まあ鎌倉時代には徒制に逆戻りするんだが
66 : ななしのよっしん :2017/02/21(火) 11:45:06 ID: XL48uFGLgA
歴史ガチ勢きたーw
なるほど・・・。
67 : ななしのよっしん :2017/02/21(火) 22:00:36 ID: lKsfa6VGTL
古代のほうが明治以降の軍隊と似ているという不思議
というか中央と地方間の政治機構も中世より近代以降のが近いっていう

>>65が言う徒制は開発領になった軍事貴族の子関東の狩猟なんかで培った武芸達者の繋がりとか武士りにも係ってくるね

野太刀自顕流軍事貴族の伴氏が伝えた技法っていう伝承があるし
68 : ななしのよっしん :2017/03/09(木) 04:27:46 ID: NHZ/ipw5Xn
古代の中央集権から中世の領乱立への流れは東西で起こってるんだよね
出来る限り大人数で団結したかった人たちから、自でやりたい人たちになっていく
古代人にとって世界はそれだけ厳しいものだったんだろう

技術の発達には統合による底上げと分裂による切磋磨が必要なんで、これは歴史の必然と言える
この「統合と分裂」は、格闘技歴史にも非常に重要なキーワードだったり…

>>67
技術伝達のトップダウンとボトムアップだね
奈良時代あたりには中央の軍事貴族の方が優れた技術、知識を持ってたはず
地方に赴任した時には剣術を教えることで統治をやりやすくしたりもしてたんじゃないかな
関東関東修羅の国だから、戦訓の蓄積が凄かったろう
69 : ななしのよっしん :2017/04/30(日) 18:52:41 ID: NNEIzlV9sE
>>65
令制時代の戦法が分からないが剣術の出る幕はあったのだろうか
ローマレギオン寄りの戦闘法ならともかく
古代ギリシャよりの戦闘法であるのなら剣術の出る幕はないし
時の術であればどちらかと言えばお偉方に授けた方が良いし
70 : ななしのよっしん :2017/05/04(木) 13:17:32 ID: NHZ/ipw5Xn
>>69
当時の日本の地形は山山山アンなのでメイン
の頃になっても碌に長物が使われてないあたり筋入り
いいぞー藪も払えるし船の上でも取り回しやすい
71 : ななしのよっしん :2017/05/04(木) 17:51:31 ID: hdNv6EYmfp
ファランクスを使用した古代ギリシャも山だらけなんですがそれは
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015