単語記事: 創世記

編集  

創世記とは、旧約聖書の中の一つの書である。

概要

旧約聖書で一番初めの記録であり、6日間のの創造から始まり、アダムイブ楽園追放ノアの方舟、バベルの塔、ヤコブの誕生など多くの著名な聖書エピソードが記述されている。

創世記の最後と次の出エジプト記の出だしはそのまま続きの話となっている。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%89%B5%E4%B8%96%E8%A8%98
ページ番号: 5332463 リビジョン番号: 2341162
読み:ソウセイキ
初版作成日: 15/05/03 12:28 ◆ 最終更新日: 16/03/24 18:56
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「エデンの園」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

創世記について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/10/29(日) 14:30:43 ID: ZZfJVZbTfw
統記』(ギリシア神話)「地の前には混沌のみが存在した」
日本書紀』「古に地未だ剖れず、陰陽分れざりしとき……」
『エヌマ・エリシュ』「上にあるは名づけられておらず、下にある地にもまた名がなかった時のこと。はじめにアプスーがあり、すべてが生まれ出た。混沌を表すティアマトもまた、すべてを生み出すであった」

これらに対して創世記は「はじめにと地とを創造した」と始まるが、と地を創造するというのは結局何なのかという話になる。日本神話では地開闢といっている、つまりオープニングであり、原初たる混沌をと地に選り分けたのが「創造=開闢」となる。
最大の疑問は「何故創世記は「原初が混沌であった」事を記していないのか。」という点で、虚無に対してと地を生み出したという事になるが、
そうなるとつまり世界本質的に虚無で、この虚無というのは原初の混沌からと地とに取り去った後に残った隙、これが虚無とすれば、物質は、そこに貼り付いた一枚の皮膜という事になる。
神話を総合的に解すると膜宇宙論のようなものに辿り着くので
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2 : ななしのよっしん :2017/10/29(日) 14:50:26 ID: ZZfJVZbTfw
開闢と創造を区別するならば開闢→創造の順になる。
開闢(オープニング、分離)
創造(アンパッケージング、迎入れ)
つまり創造というのは第二工程で、聖書は第二工程から描き始めていることになる。
中国神話もやはり地の前に混沌があったとしている。
この「地の前の混沌」はなぜ聖書られる事はいのか、何故何も無い所から地が作られたかのようにられているのか、「創造論」はここからズレているのでは
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829