(有)未来検索ブラジルが運営するあらゆる言葉についての記事を閲覧・編集したり、コメントをしたりするサイトです。

単語記事: 創価学会

編集

宗教法人創価学会しゅうきょうほうじんそうかがっかい)とは、仏教から生したセクト(カルト教団定も受けた経歴のある宗教団体である。現在の会長池田大作。信奉者は彼を人生師匠先輩と仰ぐ、広宣流布を推進する。通称創価学会

概要

創価学会創価学会は、1930年に牧口常三郎戸田が設立した。当初は「創価教育学会」という名称で、その名の通り教育体だった。牧口と戸田は熱心な日蓮正宗の門徒であったため、徐々に宗教色が強くなっていく。第二次世界大戦中に国家宗教統制に反対したため、治安維持法違反及び不敬罪の容疑で牧口・戸田逮捕され、牧口は死した。

当初は、日蓮正宗の内部団体として存在していたのだが、相次ぐ批判や非難を受け日蓮正宗の法講と全に分裂し(破門され)、現在に至る。元々は仏教の一門であったが、現在は本来の仏教とはかけ離れており苦情や問題も多いのが現状。

なお、牧口自身は戦時中に太平洋戦争を否定したことはなく「神道を仏教に置き換えれば戦争に勝てる」としたに過ぎない。よって、あたかも牧口が第二次世界大戦当時に反戦思想を持っていた平和活動家のようにとらえることは誤りである。

第二次世界大戦後、戸田によって創価学会は再建される。「日蓮法こそが荒した人々の生活に革命をもたらす」という考えから、1951年に入り「折伏大行進」を行い、信者の数を劇的に増やしていく。しかし、この行いが世間の創価学会に対するイメージを決定的に悪くしてしまう。なお「折伏」(しゃくぶく)とは、勧誘することを意味する宗教。この大規模な勧誘活動で、以下のようなことが起こったとされる。

  • 一人の人間を大勢の学会員が取り囲んで、入信を決めるまで自由にしない(事実上の「監禁行為」である)。
  • 入信した際に、その人間が持っていた他宗教・他宗に関するものを焼却処分される(これを「お焚き上げ」と呼ぶ)。

当時、創価学会会長だった池田大作は、1964年に「政治連盟」を組して「公明党」を設立。1967年の第31衆議院議員総選挙25議席を獲得し、衆議院に進出。また、勢いを増した創価学会は自分達を批判するメディアに対し圧をかけ始めた。その中で最も有名なのが、1960年代末から70年代にかけて起きた「言論出版妨害事件」である。これは、1969年昭和44年)に学者・藤原達が創価学会公明党批判した著書「創価学会」を出版することを計画し、出版予告を出したところ、藤原や出版元であった日新報道社に対して多数の電話手紙抗議がなされたことである。加えて、この本を取り扱った書店に対しても抗議や嫌がらせが相次いだ。この一連の事件の中で特に問題とされたのが「流通の段階で妨された」という点である(「出版後」ではない)。これは、日本の出版史上初の出来事である。また、圧を受けたのは藤原以外にも8人もいた。このことからも、創価学会の次のような姿勢が見て取れる。

  • 自分達に対する批判に対し徹底的に圧をかける。

なお、この事件がきっかけで、創価学会公明党は大幅な進路の転換を迫られることとなった。当時、創価学会会長だった池田の場で謝罪し、創価学会公明党を明確に分離させることを約束した。また「国立壇」を国会で議決することを標にしないことなどを約束し、党の綱領から「民主主義」などの宗教くし、宗教色を消していった。これにより、「政教分離」が一応果たされた。本来、こういった宗教的権政治に持ち込むことが「政教一致」とされるためである。

この記事にも掲載されている三色旗は、1988年池田名誉会長が唱えたとされる。しばしばこれと同じ色使いの看の店舗が学会関係者と「認定」されるが、色の三原色」と同じありふれた色の組み合わせだということに注意しなければならない。ルーマニア国旗とよく似ているのも偶然である。たぶん。

1991年に入り、聖教新聞上で自身の宗門である日蓮正宗に対する批判を開始した。そして同年11月日蓮正宗から解散勧告を受けるが、それに対し、創価学会側は当時の日蓮正宗トップ阿部日顕の退座要書を送りつけた。結果、同28日付けで創価学会は宗門から「破門」された。翌1992年8月11日には、 全創価学会員が日蓮正宗から信徒除名処分を受けた。上記の出来事から、創価学会ビデオ制作シナノ企画)では、日顕のことを非人的な人物であるかのように表現し、ときには「天魔日顕」と呼んで罵っているのはこのためである。

また、この頃活発に活動していたオウム真理教からは、一連のオウム疑惑を創価学会の陰謀として信者に喧伝するなど強く敵視されていた。この一因としては、創価学会が極端に大規模な信者数を誇っていたのに対し、オウム真理教1989年坂本弁護士一家事件疑惑や1990年真理党の惨敗など、当時世間からカルト団体という後ろをさされて世間から孤立しつつあったことも考えられる。1993年には池田大作に対しサリンを用い暗殺まで試みているが失敗している。

インターネットの普及とともに、それまで以上に学会への批判や被情報などが広まるようになった。また、ニコニコ動画Youtubeにおいて、それ以前ではFLASHを用いて、創価学会ネタにしたMADが作成されるようになった。アップロードしたところで学会に大した影があるわけではないが、これらが自由に作られている現状は、ウェブの普及した現在では上述のような言論妨がやりづらくなっていることの現れであるかもしれない(もっとも、新聞や出版にべて、動画配信サイトの影はたかが知れているが)。

ちなみに2000年代以降、総選挙などで公明党が獲得する例代表選挙での得票数は年々減少しており、信者全体の減少、もしくは投票するほどの熱心な信者の減少が起きていることが確認されている。現在、親の影でなく、親類の中で自分が初めて入信した世代である「1世信者」の割合はに見えて減っており、親の入信の関係によって入信せざるを得なかった「2世・3世信者」の割合が増えている。例代表における得票数の減少は、これらのいわゆる「あまり熱心でない信者の増加」も影しているといわれる。

また、事実上の最高権者である池田氏の動静も、近年あまり報じられておらず、創価明に批判的なメディアから彼の「死亡説」がたびたび流れることも致し方ないと思われる。 

もともと日蓮正宗より破門されて以来、破門によって新たに入信した信者はもちろん多かったが、その裏で、それまで信者だった人間の脱退が多かったのも事実である。

良くも悪くも各界への影が大きい団体であり、上述した内容もあくまで概要であるということを忘れないでいただきたい。

創価学会と公明党の関係

公明党の支持体となっている。

日本国政府の憲法解釈を内閣法制局は、一貫して創価学会公明党法律上別個の団体であるため、憲法20条1項に抵触しないと解している。(他に宗教が実質支持体な団体は自民党神道政治連盟)、民主党(立正佼成会(新日本宗教団体連合会)などがあげられる。)

創価学会日蓮正宗の在の信徒団体であったが、対立が高じ日蓮正宗からは破門されている。学会側では、日蓮正宗から破門された平成3年11月28日魂の独立記念日と称している。この関係から、日蓮正宗の代表を非難する記事を未だに創価系出版社発行の雑誌で然と掲載している。

海外における創価学会

創価学会日本だけでなくSGI創価学会インナショナル Soka Gakkai International)として海外でも手広く活動している。しかしフランスでは、1996年民議会(下院)が設置したセクト(カルトのこと)に関する政府機関である省庁間セクト逸脱行動監視対策代表団(ミヴィリュデス MIVILUDES, Mission interministérielle de vigilance et de lutte contre les dérives sectaire)が、創価学会をセクトであると定義した(「アラン・ジュスト報告書」)。

フランスでは、1995年12月22日の「議会報告書2468号」、いわゆる「ジャックギヤード報告書」において、173の諸団体をセクトとしてリストアップしていた。 このリストは、2005年5月25日の布告によって訂されることとなった。 すなわち、「95年の173リスト効化される、しかし、それに代わって、毎年のミヴィリュデスの報告で『セクト』と見なされる諸団体については、細大漏らさず、その過去も含めて追及を続ける」というものである。2005年のミヴィリュデスの報告書では、「SGIフランスフランス創価)は、かつて『セクトと』の報告書で論じられた」とか「SGIフランスには青年部があり、『広宣流布』という運動に挺身している」などと記載されている。

しかし、2005年末までの政府報告書でSGIフランスに出されていたセクト定は2006年度末には解除されており、このことは仏語版ウイキペディアなどのウェブ科辞典にも記されている。具体的には 「創価学会はミヴィリュデスによる2005年の報告書でセクトに定されていたものの、2006年のものでは削除された」(Soka Gakkai est de nouveau epinglée par la Miviludes en 2005 et disparait du rapport 2006.)とのことである。そして2006年以降は当該報告書に記載されていない。 なお、SGIフランスは、2007年1月20日フランス議会の認を経て「Association Cultuelle Soka du Bouddhisme de Nichiren創価日蓮宗文化協会、ACSBN)」など3団体に組・名称変更した。

なお、創価学会フランス以外にもオーストリアベルギーチリドイツ等でもセクト定され、イギリスアメリカ等でも問題視されている。

メディア・文化における創価学会

創価学会の新聞『聖教新聞』など、学会の機関・広報出版物にはよく「勝利」というキーワードが登場する。「何に対する」勝利かは判らないし、あんまり聞かないほうがいい気がする。

ラジオ局や地方テレビ局では、大口スポンサーとして視できない存在となっている。

ニコニコ動画において、学会といえば初代グルメレースMAD(通称:頭がパーン)が非常に有名である。もとは的であったであろうが、後のグルメレースMADでも「わずかな時間を見つけて」のフレーズが採用されたり、RED ZONEMADでは○○テクニックが踏襲されていたりと、学会・アンチ双方がそれぞれ意図した的とは違う影ニコニコ動画に植えつけることとなった。

ついでの知識

実は、創価学会から出版されているCDなど各種音JASRAC管理楽曲であるため、ニコニコ動画などで楽曲を自分で演奏してアップロードする場合は消されにくい。

よく使われる言葉

顕正会との比較および青年部の衰退

なお、ライバルカルト教団で「顕正会」という団体がある(当該記事で詳解)が、おそらく青年部(創価学会では40歳以下のことをしている)の実働信者数は、顕正会の後を拝していると推察される。

これに関する根拠としては、創価毎日のように聖教新聞で「青年青年」といい、若い信者減していることに危機感を抱いていると思われ、現に聖教新聞に掲載される座談会や会合の画像に若者が写り込んでいることがほとんど見られない。

著者の知り合いが創価学会二世なので会合に出てみたところ、数人ほど集まったにも関わらず青年部は全体の1割にも満たずに高齢者ばかりであった(なお、これは関西地方の某所であったが、若者が多い都市部でこの現状なので、地方ではもっと酷いと思われる)。

対照的に、顕正会横浜アリーナで「関東地方高校生のみの大会」を開いたり、顕正会が様々な所に送りつけている「日蓮大聖人に背く日本は必ず滅ぶ」という本の裏面をひと見れば分かる通り若い人が多い。

なお、その写真長野という地方都市での開催にも関わらず、5万人ほどを動員している。

対する創価学会は「東京ドーム貸切イベント」を、オウム真理教全盛時代に実施して以降一度も行われていない。

現に、顕正会折伏を受けたという人は著者が知っている限り沢山いるが、創価の勧誘を受けた人は一人もいない。また、ターミナル駅JR大宮駅など≒顕正会本部の至近)で「撮り」をしている鉄ヲタに、言葉巧みに接近する実例もあるとのこと。2013年現在、若者の間で顕正会が「広まっている」というのは事実であると思われる。

さらに、顕正会では若者が多いとの理由で壮年部を「止」し、青年部一本にするぐらいである。

創価学会では若者の信者の減少により「ヤング壮年部」などといい、定年退職した高齢者を会館などの運営・警備などに当たらせており、顕正会と対照的である。

信者数では顕正会150万人、創価学会800万人といわれるが、40歳以下の信者数で見てみた場合、顕正会のほうが上回っていると思われる。

なぜ若者が創価ではなく顕正会に入るのか、という考察を中立視点から見た場合

・お布施

創価学会は高額の仏壇の購入、および聖教新聞池田大作の著書、その他財務や香典の強制的な寄付などで、数ある宗教団体の中でも「霊感商法」で知られる「統一教会」に次ぐクラスのお布施められるものと思われる。

対して顕正会は、お布施に関してはほとんど取らず、自的な創価で言うところの「財務」があるが上限があり、年間8万円ほどで高校生にも払える額である。

朝鮮半島への嫌悪感、および若者の右傾化

創価学会は「池田大作在日朝鮮人在日*世)」という有名なデマが流れており、池田在日であるかの贋はともかく、聖教新聞では「日本」や「日友好」「朝鮮半島」などの表現が使われており、創価学会という教団自体は「韓国アダム国家日本をエバ国家として奉仕しなければならない」とも言している以上、統一教会と同じく朝鮮半島の影を受けた宗教団体である、ということまでは間違いないと思われる。

対して顕正会では「立正安論」といい、顕正会教にすることを標にしており、朝鮮半島への嫌悪感と若者の右傾化が合わさり、どちらかというと若者は顕正会に入りやすい状況になっていると考察される。

インターネット上において、創価学会そのものがカルト宗教扱いされることは少なくないが、この顕正会創価学会のことを「世間に迎合して教えを曲げた」と批判しており、この顕正会カルト団体であるということを示している。

四代目会長、五代目会長について

なお、四代目会長の北条浩氏は幸福の科学出版の「創価学会負け犬論」によると、名誉会長池田大作によって唐辛子まみれのうどんを食べさせられるなどのいじめを受けていたことが明らかになっている。

このような池田の陰湿ないじめもあってか、北条氏は58歳の年齢で逝している。

他にもネット情報だが、五代会長栄之助氏が脱会したという噂もある。

創価学会会長栄之助氏が脱会!?その2 http://anago.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1331555542/

これについて教団からの反論は一切く、事実である可性が高いと思われる。

削除状況

2012年12月末にエア本動画作者に対して差別に発信者情報開示を行った上に、翌年の4月中旬からは権利者削除を開始した。映像のみならず、静止画、音利用等も一で消される。シンエイ動画以上に危険な権利者として警しておいたほうがよい。

宗教法人創価学会の削除情報をGoogleで検索する
創価学会の削除情報をGoogleで検索する

動画 詳細
創価学会ビデオ「歓喜の歌声 師子の舞」
すばらしきわが人生シリーズ ≪全対本編MAD静止画・音
Futureシリーズ ≪全対本編MAD静止画・音
聖教新聞に掲載された写真 静止画

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A
ページ番号: 180135 リビジョン番号: 2175913
読み:ソウカガッカイ
初版作成日: 08/05/31 03:09 ◆ 最終更新日: 15/03/14 04:40
編集内容についての説明/コメント: 「信濃町」を「信濃町(東京都)」に変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧

創価学会について語るスレ

2241 : ななしのよっしん :2016/03/21(月) 19:26:37 ID: yWJbSU/7Ql
>>2234
KAZUYAハム明党とかS価学会とネタにしているから、違うと思うけど
2242 : ななしのよっしん :2016/03/27(日) 21:48:40 ID: 3SWWEDw6lk
http://www.nicovideo.jp/watch/1358790141
これ本当?
2243 : ななしのよっしん :2016/04/02(土) 08:39:33 ID: a5341iH7tQ
KAZUYA幸福の科学かんけどね
しかも創価統一教会と違ってネタにすらされてなからな
2244 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 23:58:38 ID: 8OmHPnBkEK
創価学会政党を立ち上げたためにマスコミ宗教批判は鈍り、それが地下鉄サリン事件を引き起こすまでオウムの危険性が社会に認知されない一因になった
2245 : ななしのよっしん :2016/04/21(木) 18:04:34 ID: bIJx6qq3dt
池田大作の本名は成太作公明党矢野也が脱会とか2006年から2012年までの間、週刊誌や創価批判凄かったけど、最近はかなり減ったな。

やっぱり、創価電通とかを通してマスコミに圧かけているからなの?
2246 : ななしのよっしん :2016/04/21(木) 18:05:54 ID: bIJx6qq3dt
×週刊誌や
○週刊誌やネット
2247 : ななしのよっしん :2016/04/22(金) 11:38:28 ID: ARZVl6Gukz
2006年から2012年までの間、週刊誌や創価批判凄かったけど、最近はかなり減ったな。

思えばエッチピンク女の子MADが一掃されたのも2013年だね
13年くらいから圧掛けるようになったのかな?あるいは圧掛けなくてはならない事情が発生したとか。

もしかして犬作先生の頭が・・・
2248 : ななしのよっしん :2016/04/24(日) 14:49:23 ID: f2xZ2vEL6x
こんばんはー!!>>2247くんいますかー?(カルトスマイル
>>2247くぅん?こんばんはー!!
2249 : ななしのよっしん :2016/05/10(火) 19:34:20 ID: yO54K5ABAT
パナマ文書にSOKA GAKKAI,INK.

ゴミカスめ地に堕ちろ
2250 : ななしのよっしん :2016/05/25(水) 15:55:00 ID: OzS/Yn6HdA
「地下のまる」に出て来る「○○○○」が創価学会のことじゃないかって話がネット上にあるんだけど創価の教義で般若面とか王冠とか聞いた事もいんだけど何かそれに近いもんあったりする?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015