単語記事: 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

編集

 

 

ここでは映画について記述しています。

劇場版 機動戦士ガンダム00 ‐A wakening of the Trailblazer‐』とは、サンライズ製作によるアニメーション映画作品である。

ガンダムシリーズとしてはF91以来19年ぶりとなる全新作ストーリーであり、初めて地球外生命体が登場することで各所で話題を呼んだ。

開は2010年9月18日(土)

ストーリー

ソレスタルビーイングアロウズの抗争を経て、地球連邦政府の導により人類は少しづつではあるが
平和へのを歩み始めていた。
その地球へ、一隻の有人探船が木星から漂流する。
それがもたらした『あるもの』によって、地球は未曾有の危機されることとなる。
それが引き起こす戦いへ、世界の表舞台から姿を消したはずのソレスタルビーイングが再び立ち上がる。

『来るべき対話』、イオリア計画のしたもの、そして、ソレスタルビーイングラストミッションが始まる。

概要

各種メディアにて展開された00シリーズ完結編となる作品。
TVシリーズ終了より2年後、西暦2314年の世界が舞台で、新政権が発足され世界平和へのを歩み始めたところから物語スタートする。

ガンダムシリーズは立場や出生は違えど基本的に人間との戦争物語の根幹にあった。そんな中で本作は初めて地球外生命体との戦いが描かれたことにより大きな話題を呼んだ。
地球外生命体は既にSDガンダムシリーズ漫画ジュピターミラージュ等に出ており、あくまで映像化されたリアル等身ガンダムという事である。)

このシナリオTVアニメ セカンドシーズンに用意されていたもののうちの一つであり、後に脚本の黒田洋介氏が水島監督に「セカンドシーズンで描くものの先に、あの異性体のシナリオを持ってこられますね」と話し、「TV版の放送に収まりそうにないために映画をやりたい」と言っていた矢先にサンライズから劇場版の話が舞い込んだということである。

発表当初から賛否両論はあるが、TVシリーズで積み重ねてきた”戦争根絶”や”平和”といったテーマ地球外にまで向けるという意味があり、00シリーズを通して見てきたファンからは評価も高い。

ガンダムA 2010年11月号」の水島精二監督へのインタビューでは
エピローグパートは、「00」の結末としてとても良いシーンが作れたと思っています』
っている。

登場人物

TVシリーズからの登場人物
劇場版の登場人物

主な楽曲

  歌:UVERworld / 作詞:TAKUYA /  作曲: TAKUYA / 編曲:UVERworld_出悟

  歌:THE_BACK_HORN / 作詞:管波栄純 / 作曲:THE_BACK_HORN / 編曲:THE_BACK_HORN

  歌:THE_BACK_HORN / 作詞:管波栄純 / 作曲:THE_BACK_HORN / 編曲:THE_BACK_HORN

  歌:UVERworld / 作詞:TAKUYA / 作曲:UVERworld / 編曲:UVERworld_出悟

  歌:石川智晶 / 作詞:石川智晶 / 作曲:石川智晶 / 編曲:西田マサ

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

公式外伝

 


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88%20%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A000%20-a%20wakening%20of%20the%20trailblazer-
ページ番号: 4464695 リビジョン番号: 2128924
読み:ゲキジョウバンキドウセンシガンダムダブルオーアウェイクニングオブザトレイルブレイザー
初版作成日: 10/09/17 17:41 ◆ 最終更新日: 14/12/13 23:46
編集内容についての説明/コメント: ジュピターミラージュとか記しておくのも良いかなぁと
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-について語るスレ

1121 : ななしのよっしん :2015/07/20(月) 02:13:04 ID: rlxdLKUXxG
まぁ実際、突っ込みどころの多さを画の迫と美しさで押し切るタイプの作品だから気にする人としない人で喧になるのはしょうがない
ただ、気にしないサイドの人はその寛容さをもうちょっと自分と意見の異なる人にも向けてやれよとは思うけどww
1122 : ななしのよっしん :2015/07/23(木) 11:01:36 ID: AG3IeEA6go
>>1121
好きな作品の中に矛盾点が見つかって、それを「面いから」「考察の余地があるから」等の理由で容認することと、
好きな作品を見知らぬかにけなされることを容認するのとでは方向性が違うからね

ましてこの記事で暴れたかさんの様に、描写を恣意的に曲解した上で訳のわからない理屈でキャラ制作サイドく様な輩は生理的に受け付けないよ
1123 : ななしのよっしん :2015/07/23(木) 15:26:07 ID: szTFSgfhsL
00ファン馬鹿
馬鹿お前

というやりとりを婉曲的にすると以上のようになる
1124 : ななしのよっしん :2015/07/29(水) 02:32:57 ID: Hnprl+hCjm
BX世界での刹那達は本編以上に切羽詰まってるんじゃなかろうか
トランザムバーストもアクシズも消化してゼントラーディプロデビルンとの和解も終わってるのに人間同士の戦いが最大手とか笑えんぞ
1125 : ななしのよっしん :2015/08/24(月) 22:48:10 ID: YEDnpuRoX2
>>1124
そのせいかは解らんが、刹那ガンダム脱却が原作ほど進んではいなかった。まあ、ここんとこはフリットアムロが形にしたガンダム伝説の影もあるかもだが。
あと、異種との対話も割ときつかったようだぞ、一年戦争ゼントラーディの一部がジオン側で参戦した上に、トランザムバーストでアクシズショックゼントラーディに届けた(逆に言えばそうする必要があった)くらいだから。
1126 : ななしのよっしん :2015/09/12(土) 13:21:05 ID: 38KebZRvbt
今日借りてきて見たけど不覚にも結構感動しちまった。今までの作品の欠点(荒削りで詰めが甘くて整ってないとでも言えばいいのか...)も残ってたけど3作品通してみると「ああ、こういう事を伝えたかったんだな」っていうのがわかった(気がする)。ガンダムシリーズの「不戦」っていうテーマを曲がりなりにも形にできてたと思う。
1127 : ななしのよっしん :2015/09/13(日) 20:38:47 ID: 3eyIEua0h0
>>1122>>1126
横から私見をスレの流れも読まずに書けば、
刹那という、戦う以外の自分が生き方も、自分が生きる価値も見出せなかった人間が
自分なりに「ただ懸命に生きようとしてすれ違うだけで、ただ生きることに価値がある。ただ一歩譲歩すればいい」と身をもって示せる人間になれた

という刹那の変化の物語という軸で見ると、1期から劇場版にかけて、最高の作品だったと思っている。
1128 : ななしのよっしん :2015/12/25(金) 01:37:23 ID: hWQce8xIik
群体elsにプレモダンな集団をかさねてみる
1129 : ななしのよっしん :2016/01/02(土) 01:13:22 ID: lV3e06rESF
映画は動きすごすぎて全員テレビよりだいぶ強く見えるな
汎用機のジンクススピードと連携が武器のブレイヴ連邦組は特に
他もみんな均等に見せ場与えられてるし
出番少ないって言われるラファエルも登場シーンはかっこいいし
アンタだって火力ワープトンデモ発揮してる
1130 : ななしのよっしん :2016/05/28(土) 02:14:17 ID: wbv8gNfO9l
6月1日までRGダブルオークアンタ発売キャンペーン映画の配信してるからみんな見て
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015