単語記事: 勇者フィフティーン

編集

勇者フィフティーンまたは荒ぶる男(15歳)とは、太鼓を15歳勇者である。

 
なぜ誰も立ち上がらない?
いつまでもココで怯えてたって何も変わらないだろ?

 

概要 勇者の系譜

 魔王侵略に人々は頭を抱えていた。人々は、ニコワーツ魔法魔術学校の理事に助けをめた。同校は当時、剣術や魔術のエリートを育成する為の最大の学閥だった。

 ニコワーツ魔法魔術学校の理事たちは、人々の頼みを引き受けはしたが、その人選に頭を抱えた。議論の末、魔王侵略から都市を防衛するという形をとり、その衛兵として生徒数名で班を組み、交代で見りを立てるという結論を出した。理事たちはその事を全生徒に伝え、生徒たちはそれを了承した。

 ある日、衛兵を任された班の高等部の生徒たちが、見りについていなかった。理事や教師たちが学内を探したが、見当たらない。その事を他の高等部の生徒たちに聞いたところ、彼らは「魔王を倒しに行く」といって見りに向かったと言う。その日の班長はフィフティーンという日頃から素行の悪い生徒で、魔術学校の学芸会では悪ふざけをして太鼓をく役すらまともにこなさず、同じ班員や教師たちを困らせていた。教師たちは溜息をつきつつ、その日の見り班を次の日の班に交代させた。

 次の日になっても、フィフティーンは登校して来なかった。あまりにもだらしのない彼を見かねて、教師たちは寮にある彼の部屋へ出向くことにした。彼の部屋は思いのほか整理されており、机の上に映像水晶がひとつ置かれているだけであった。教師たちは、その映像を再生し、驚愕した。その中には、立ちを意味する太鼓の音を鳴らさんとする、フィフティーンの姿があったのだ。

 フィフティーンを含め、数名の班員たちの部屋にも同じように映像水晶が残されていた。理事、教師、生徒総出でフィフティーンたちの後を追ったが、ついに見つかる事はなかった。

 

 44年後、魔王のいなくなった世界で人々は平和な生活を送っていた。魔王からの侵略が止んだ当初、人々にその自覚はなく、年が経つたび、魔王の存在は忘れられていった。ニコワーツ魔法魔術学校では、フィフティーンたちの当時の肖像が静かに飾られている。彼らを英雄と信じて止まない者は少なくない。しかし、真実を知る手かがリは何一つ残されていなかった。

 ある日、当時のフィフティーンクラスメイトが寮の彼の部屋を訪れた。そこには、映像水晶がまだ残されており、彼女はそれを再生した。そこにフィフティーンの残された姿が映し出されているものだと思った彼女は、驚愕した。

 映像水晶には、立白銀の長を蓄えた初老の男性が太鼓をく姿が映し出されたのだ。

 彼女はその事実、事の経緯を人々に伝えた。人々は真実を知る事となった。フィフティーン勇者として崇められ、その姿を一残した映像水晶は、観覧できるようにニコワーツ魔法魔術学校に厳重に保存されている。

 勇者フィフティーン、いや、神(59歳)の鳴らす凱旋の音は、いつまでも途絶える事がないだろう。

                   Forever Fifteen...

forever fifteen...

お絵カキコ

15歳の勇者、旅立ちの夜 フィフティーーーン!! 谷の竜と眠りの太鼓

関連動画

関連商品

 

関連コミュニティ

勇者フィフティーンを評価する組合
神(59歳)と呼ばれるようになった彼を崇める組合

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8B%87%E8%80%85%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%95%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3
ページ番号: 4159948 リビジョン番号: 571444
読み:ユウシャフィフティーン
初版作成日: 09/09/14 15:49 ◆ 最終更新日: 09/12/29 01:20
編集内容についての説明/コメント: コミュニティの欄を整形。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

勇者フィフティーンについて語るスレ

127 : ななしのよっしん :2011/06/18(土) 18:56:44 ID: gdhJtuJKA3
なんか、>>78の絵(つき)がアミバ様に見えるんだが、気のせいか?
128 : ななしのよっしん :2011/08/23(火) 20:35:38 ID: wZHyP2W0rY
駄にクオリティの高い絵が集まってるなw
この人太鼓き損ねてるよ
129 : ななしのよっしん :2012/01/15(日) 00:40:13 ID: 2jXfCCrY6/
記事主のおおばかたれwwwwwwww息できないほど笑ったよwwwwwwww
130 : ななしのよっしん :2012/01/15(日) 07:09:07 ID: Z6ohcxqypR
>>128
あれは、き損ねることで、たちの戦いがまだ始まってすらいないことを、伝えようとしているんだぜ!w
131 : ななしのよっしん :2012/07/20(金) 17:55:31 ID: MLS6PeI8EQ
概要wwなんつー壮大な物語だよちきしょうwww
132 : ななしのよっしん :2012/08/03(金) 22:31:53 ID: dbYUNLIMKd
不覚にもうるっときた
133 : ななしのよっしん :2012/09/25(火) 20:49:07 ID: 09PcYs/c9H
なんか記事名見て『VS騎士ラムネ&40炎』を思い出した。
134 : ななしのよっしん :2012/09/29(土) 11:12:30 ID: njgRKH0QLY
結局どこのなのかかなり気になるw
皆こういうなのかな・・・
135 : ななしのよっしん :2012/10/24(水) 11:23:33 ID: 4zqdut1zMa
ここ最近で一番壮大な話を読んだwwww
136 : ななしのよっしん :2013/08/06(火) 11:15:17 ID: epTkk430FX
いい話だ・・・
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015