単語記事: 動物虐待

編集

動物虐待とは、に人間が快楽を的として動物に危を加える行為のことである。
動物愛護法などといった法律でも禁止されている犯罪行為でもある。 

概要

や危険排除のための駆除など、正当な理由・大義なく、動物に対して暴力を振るったり危を加える行為のことである。虐待と言うのだから基本的には良いで見られる行為でないことは言うまでもない。

ただし、一部では動物を可がっているのにも関わらず、冗談で「虐待」としてペットと遊んだり、相手は嫌がってはいるものの生活上仕方なくやっている(ブラシングなど)動画なども存在する。

動物虐待の問題点

この手の話題が出て批判されると、必ずと言ってよいほど「お前らだって食ってんだろwww」「動物愛護www」などのコメントが飛び交うのが2ちゃんねる、及びニコニコ動画である。

しかし、少し考えればそんな単純な問題でないことは言うまでもない話である。

  1. 倫理的な問題
    あくまで一般論として、抵抗・動物昆虫を痛めつける、殺する行為は倫理的な観点から言って問題であるとされている。人間でも、例え人の命の奪い合いの戦争であっても、抵抗の捕虜を特に理由なく快楽で殺する行為は良しとされていない(条約で禁止されていることが)。動物法律上人間と同じような権利を与えられていないとはいえ、権利がなくてもやっていいことと悪いことはある。近所の野良ネコの胴体を切断して回っている人間が隣に住んでるなどと聞いて、良い気分になる人間はそれほど多くないはずである。
  2. 安全上の問題
    動物虐待をいつまでも繰り返す人間は、やがて行動がエスカレートして物言わぬ動物だけに飽きたらず、人に対して危を加える可性が高いと言われており、悪事件の犯人が以前から行っていた行為として、実例も多くあがっている。例えるなら「1回・2回でやめれば麻薬をやっても大丈夫」と言っている人間がドツボにハマっていくのと似ている。
  3. 法律的な問題
    冒頭でも記したように、動物虐待は犯罪である。例え個人的に「動物を守る法律など必要がない」、「動物法律で守るなんで馬鹿馬鹿しい・間違っている」という信念があったとて、法律上禁止されていることなのであるからして、動物虐待は触法行為であり、客観的に間違った行為とされているのである。それを変えたいのであれば政治家となって、法律を撤させるほかない。近しい家族を泣かせたくない、自分の将来の経歴に傷をつけたくないのであれば、動物虐待などという別に手を染める必要がない犯罪行為には、手を染めるべきではない。

動物の過剰愛護に対する問題点

一方で、そういった虐待論を炊きつけているのは過剰な動物愛護も相まってのことだということを忘れてはならない。

いわば、過剰な動物愛護に気分をした人が、虐待に走る可性もあるということである。2ちゃんねるにおける「生き物苦手板」に集まる人の中にも、動物愛護が嫌いという人は多い。

  1. 虐待との差別
    人間は雑食性である。健康に生きるためには動物から栄養を摂取しなくてはいけない。野生動物もまた例外を除けば、その環境で生きていくために必要だからこそ食を行っているのである。
    にも関わらず、動物の命を奪うということだけに着して、その行為そのものを批判するものがいる。それはつまり人に対して逆に「死んでしまえ」「苦しみ抜け」と言っていることと変わらない。また、そうする者に限って菜食でないことがあるため、批判の対となっている。
    もっとも「あとで食べるから」ということを理由に、動物に過剰な苦痛を与える行為、不必要に残虐な手段を用いることが一般論として肯定出来るかどうかはまた別の問題である。屠殺は基本的に「動物に対する苦しみを少なく済ませる」とされている方法がとられている(自己満足でしかないという意見もある)。
  2. 害獣駆除との差別
    自分に危を加える生き物を除外、または殺することもまた、生命が安全に生きていくためには必要な行為である。人に迫る危険の排除が必要なのにも関わらず、「可哀想」という理由だけで抗議をする者達がいる。
    例えば北海道で「ヒグマ民家に出て、危険なので民家に進出したクマを殺しました」として、それに抗議電話をかけてくるということがよくある。つまりそれは、北海道の人間に対して「お前達がヒグマに殺されれば済む話だ!」と言っているのと変わらない。
    もっとも、先と同じように害獣だからという理由で不必要な暴力や攻撃をすることは良い行為とはいえない。ヒグマの場合、民家に降りてこないように地元の人達がエアガンで脅かして威嚇をしているのに過ぎない。素人が趣味でやって良いことではない。 
  3. 感情論が強すぎる
    古今東西、行き過ぎた感情論議論において意味をなさないことが多い。感情論に左右される政治家はいても、個人が「動物可愛いからイジメちゃダメ」などと言っても、それは独りよがりであり、説得に欠ける。感情論全撤するのは、感情のある々にとって難しいことであるが、客観的な視点を頑って組み込むことは可なはずである。
  4. 動物にかまけて人を思いやることを忘れている
    動物嫌いの人間に動物を押し付ける行為、マナーの悪い飼い、これらが生き物嫌いをさらに助長する原因となっていることを忘れてはいけない。

つまるところ……

どちらのや行為も過剰であるため、お互いを刺しあってしまうのである。

生き物が嫌いな人もいれば、生き物が好きで仕方ない人もいる。お互いの思考を理解出来なくても慮ることで、用な争いや騒動は避けられるということを忘れてはならない。

主な動物虐待事件

犯人特定しづらく、未解決事件が多い。

関連動画

動画をあげなくても、ニコニコ動画の住民であれば、恐らくこれらの諸問題については、理解してくれるはずです。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8B%95%E7%89%A9%E8%99%90%E5%BE%85
ページ番号: 5225819 リビジョン番号: 2014853
読み:ドウブツギャクタイ
初版作成日: 14/05/01 09:41 ◆ 最終更新日: 14/05/01 09:46
編集内容についての説明/コメント: 誤解を招きそうなところを追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

動物虐待について語るスレ

190 : ななしのよっしん :2016/05/12(木) 23:59:37 ID: /Bb2dLQXG+
何か削除されてら。
巻き添え食らったか?
191 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 13:32:38 ID: 00BUIfkS9z
死骸をそこらへんにポイ捨てしてるを擁護してるらは
こういう人間が自分達の印を悪くしてるということに気付くべきだな
片づけなきゃいけないゴミ増やして何がボランティア(笑)だよ
192 : ななしのよっしん :2016/05/16(月) 06:51:33 ID: cFuwFWuTlD
その1
野良猫の寿命は2~3年でどの死ぬ
子猫(=将来のゴミ)を増やしてからゴミになるよりは
子猫を作らない段階でゴミにしたほうが合理的

その2
は体調が悪いと人につかない場所に隠れる性質がある
埠頭は遅効性なので、自ら隠れてになってくれる
193 : ななしのよっしん :2016/05/17(火) 00:16:27 ID: /Bb2dLQXG+
そんなにゴミが気になるならゴミ拾いでもしたら?
そっちの方がよっぽど有益だ
194 : ななしのよっしん :2016/05/17(火) 06:21:28 ID: cFuwFWuTlD
なんでそっちの方が有益なの?
普通ゴミ増殖もしないし騒音も出さないでしょ?
普通ゴミを始末するより増えるゴミを始末するほうがよっぽど有益でしょ
195 : ななしのよっしん :2016/05/17(火) 14:17:06 ID: QW7q/us8kL
そのかわり普通ごみほど悪臭を出さないし衛生環境も悪化させない。そして普通ごみに癒される人間はに癒される人間より圧倒的に少ない。
196 : ななしのよっしん :2016/05/17(火) 16:28:26 ID: cFuwFWuTlD
>>195
少しでいいから野良猫の問題について勉強してから書き込めよ

>普通ごみほど悪臭を出さないし
参考までに船橋市開しているデータによると
野良猫関連の苦情の中で悪臭はH26年度で約50%H27年度で約60%を占めている
野良猫の最大の問題は尿による「悪臭」
ついでに言えば、普通ゴミでも生ゴミ等ならともかく
ゴミ拾いで拾えるゴミはせいぜい空き缶程度のものだろう
拾えるゴミ野良猫とをべれば、野良猫のほうが悪臭を出すよね

>衛生環境も悪化させない
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
197 : 削除しました :削除しました ID: k9r5BW3tAI
削除しました
198 : ななしのよっしん :2016/05/21(土) 23:23:59 ID: /Bb2dLQXG+
>>194
ここで野良猫殺すことの正当性を訴えるよりはよっぽど有益だよ
>>196
野良猫の問題が全くいとは言わんが
この記事でそんな嫌いしてると
虐待してるんじゃないかと思われるぞ
199 : ななしのよっしん :2016/05/23(月) 23:05:31 ID: w0wb/KzCYs
>>196さんは「野良猫」問題について相当に深い造詣があるように見受けられますね

野良猫が原因で生じる種々の環境問題や住民間トラブルなどの厳しい現実から一切逃避せず、
これを直視し、その解決や問題提起を図ろうとする姿勢――私はこれこその「動物愛護」であると思います
嫌いどころかむしろ本当に心から愛しているのだあ…という印をすら受けました、感です

そして野良猫問題は「動物虐待」を議論する上では決して避けては通れない論点ですね
なぜなら本邦における動物虐待事件の多くは野良猫(または外飼いの)に関するものだからです

より具体的に申し上げますと、「動物の遺棄・虐待事例等調報告書」(環境省, 2009)によると、
報道された動物関連事件107件のうち77件(約70%)は(野良に関するもので、何らかの関係性が示唆されます
※出典: https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2203/
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015