単語記事: 動物虐待

編集

動物虐待とは、に人間が快楽を的として動物に危を加える行為のことである。
動物愛護法などといった法律でも禁止されている犯罪行為でもある。 

概要

や危険排除のための駆除など、正当な理由・大義なく、動物に対して暴力を振るったり危を加える行為のことである。虐待と言うのだから基本的には良いで見られる行為でないことは言うまでもない。

ただし、一部では動物を可がっているのにも関わらず、冗談で「虐待」としてペットと遊んだり、相手は嫌がってはいるものの生活上仕方なくやっている(ブラシングなど)動画なども存在する。

動物虐待の問題点

この手の話題が出て批判されると、必ずと言ってよいほど「お前らだって食ってんだろwww」「動物愛護www」などのコメントが飛び交うのが2ちゃんねる、及びニコニコ動画である。

しかし、少し考えればそんな単純な問題でないことは言うまでもない話である。

  1. 倫理的な問題
    あくまで一般論として、抵抗・動物昆虫を痛めつける、殺する行為は倫理的な観点から言って問題であるとされている。人間でも、例え人の命の奪い合いの戦争であっても、抵抗の捕虜を特に理由なく快楽で殺する行為は良しとされていない(条約で禁止されていることが)。動物法律上人間と同じような権利を与えられていないとはいえ、権利がなくてもやっていいことと悪いことはある。近所の野良ネコの胴体を切断して回っている人間が隣に住んでるなどと聞いて、良い気分になる人間はそれほど多くないはずである。
  2. 安全上の問題
    動物虐待をいつまでも繰り返す人間は、やがて行動がエスカレートして物言わぬ動物だけに飽きたらず、人に対して危を加える可性が高いと言われており、悪事件の犯人が以前から行っていた行為として、実例も多くあがっている。例えるなら「1回・2回でやめれば麻薬をやっても大丈夫」と言っている人間がドツボにハマっていくのと似ている。
  3. 法律的な問題
    冒頭でも記したように、動物虐待は犯罪である。例え個人的に「動物を守る法律など必要がない」、「動物法律で守るなんで馬鹿馬鹿しい・間違っている」という信念があったとて、法律上禁止されていることなのであるからして、動物虐待は触法行為であり、客観的に間違った行為とされているのである。それを変えたいのであれば政治家となって、法律を撤させるほかない。近しい家族を泣かせたくない、自分の将来の経歴に傷をつけたくないのであれば、動物虐待などという別に手を染める必要がない犯罪行為には、手を染めるべきではない。

動物の過剰愛護に対する問題点

一方で、そういった虐待論を炊きつけているのは過剰な動物愛護も相まってのことだということを忘れてはならない。

いわば、過剰な動物愛護に気分をした人が、虐待に走る可性もあるということである。2ちゃんねるにおける「生き物苦手板」に集まる人の中にも、動物愛護が嫌いという人は多い。

  1. 虐待との差別
    人間は雑食性である。健康に生きるためには動物から栄養を摂取しなくてはいけない。野生動物もまた例外を除けば、その環境で生きていくために必要だからこそ食を行っているのである。
    にも関わらず、動物の命を奪うということだけに着して、その行為そのものを批判するものがいる。それはつまり人に対して逆に「死んでしまえ」「苦しみ抜け」と言っていることと変わらない。また、そうする者に限って菜食でないことがあるため、批判の対となっている。
    もっとも「あとで食べるから」ということを理由に、動物に過剰な苦痛を与える行為、不必要に残虐な手段を用いることが一般論として肯定出来るかどうかはまた別の問題である。屠殺は基本的に「動物に対する苦しみを少なく済ませる」とされている方法がとられている(自己満足でしかないという意見もある)。
  2. 害獣駆除との差別
    自分に危を加える生き物を除外、または殺することもまた、生命が安全に生きていくためには必要な行為である。人に迫る危険の排除が必要なのにも関わらず、「可哀想」という理由だけで抗議をする者達がいる。
    例えば北海道で「ヒグマ民家に出て、危険なので民家に進出したクマを殺しました」として、それに抗議電話をかけてくるということがよくある。つまりそれは、北海道の人間に対して「お前達がヒグマに殺されれば済む話だ!」と言っているのと変わらない。
    もっとも、先と同じように害獣だからという理由で不必要な暴力や攻撃をすることは良い行為とはいえない。ヒグマの場合、民家に降りてこないように地元の人達がエアガンで脅かして威嚇をしているのに過ぎない。素人が趣味でやって良いことではない。 
  3. 感情論が強すぎる
    古今東西、行き過ぎた感情論議論において意味をなさないことが多い。感情論に左右される政治家はいても、個人が「動物可愛いからイジメちゃダメ」などと言っても、それは独りよがりであり、説得に欠ける。感情論全撤するのは、感情のある々にとって難しいことであるが、客観的な視点を頑って組み込むことは可なはずである。
  4. 動物にかまけて人を思いやることを忘れている
    動物嫌いの人間に動物を押し付ける行為、マナーの悪い飼い、これらが生き物嫌いをさらに助長する原因となっていることを忘れてはいけない。

つまるところ……

どちらのや行為も過剰であるため、お互いを刺しあってしまうのである。

生き物が嫌いな人もいれば、生き物が好きで仕方ない人もいる。お互いの思考を理解出来なくても慮ることで、用な争いや騒動は避けられるということを忘れてはならない。

主な動物虐待事件

犯人特定しづらく、未解決事件が多い。

関連動画

動画をあげなくても、ニコニコ動画の住民であれば、恐らくこれらの諸問題については、理解してくれるはずです。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8B%95%E7%89%A9%E8%99%90%E5%BE%85
ページ番号: 5225819 リビジョン番号: 2014853
読み:ドウブツギャクタイ
初版作成日: 14/05/01 09:41 ◆ 最終更新日: 14/05/01 09:46
編集内容についての説明/コメント: 誤解を招きそうなところを追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

動物虐待について語るスレ

285 : ななしのよっしん :2016/10/09(日) 20:39:49 ID: kDTwULyH4q
フォアグラを手放しで擁護できる人があんなに居たのには驚いたな。
食わなきゃ生きて行けないって話からは明らか逸脱してるだろうに。
「食文化だから良い」とか、動物という存在を全に物だと割り切ってるんだろうな…。
286 : ななしのよっしん :2016/10/09(日) 22:29:28 ID: nEGJz6e3wr
物でしょ。食べ物

食べ物粗末にしちゃいかんでしょ
287 : ななしのよっしん :2016/10/09(日) 22:47:18 ID: kDTwULyH4q
そりゃ人も人物とか大物とか言うが。
288 : ななしのよっしん :2016/10/10(月) 20:13:24 ID: uPJ9j+sthP
>>284
こういう言説を見てると何で生き物苦手板
だけやたら嫌われて殺されまくってるかよくわかるな。
生命維持に必要ないのにほかの小動物を弄んで殺す残虐行為……って
ネコの習性そのものだもん。
289 : ななしのよっしん :2016/10/10(月) 21:19:56 ID: Awim4S1XM3
>>285
農家園芸店もペットショップも、命を売り物にしてるからな
それを否定すると今の社会(特に食料生産)は成り立たない
「この畜は幸せでした」を価格や味よりも優先する消費者が多くなければ、農家畜の幸せを重視しにくいだろう
290 : ななしのよっしん :2016/10/10(月) 23:58:56 ID: kDTwULyH4q
>>289
そりゃ法律上物扱いなのは仕方ないと思うよ。
291 : ななしのよっしん :2016/10/18(火) 03:17:32 ID: 3LmT+J72AQ
>>288
おそらくに矛先が向くのは単に誤の対になりやすいからだと思う。そして動物虐待の人たちの中には嫌いだからではなく、苦しむ姿を見て快感を得る為に虐めるという層が一定数存在する。だから猟奇性を理由に虐待する人はあまり居ないと思う。

それに感情論ではあるが、理性の発達した人間にと同じ行動はあまりしてほしくないという願望もある
292 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 09:43:24 ID: x6l17X+kcs
生放送配信者うんこちゃんとかいう人が
動物虐待が好きとか言ってて引いた
293 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 04:03:27 ID: w5pRVH8psD
殺する方に同情します、毎日庭のウンコで気が狂いそう!」って渾身のFAXで訴えたがあっさり弁護士に否定されてて
ウンコで発狂しそうな人は育児なんてできるんですかね、あっ…(察し)
294 : ななしのよっしん :2016/12/07(水) 22:56:59 ID: Awim4S1XM3
尿で賠償沙汰や餌付け禁止に発展するがな
尿処理を他人に押し付けて可愛いところだけ楽しもうとする人のせいで、動物まで憎まれる

動物定が、野生化・害獣化したときの対処を困難にし、却って動物への恨みを増やすとは皮なことだ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015