単語記事: 勝てば官軍

編集

勝てば官軍とは、以下のことを表す。

  1. どちらにも理はあろうが、結局は勝ったほうが正義になり負けたほうが悪になってしまうという意味。
  2. 1から転じて、どんな卑怯な手を使おうが勝ってしまえば(≒成功してしまえば)あとはどうとでもなるという意味。

負ければ賊軍、とつづく。

概要

戦争を始めとしたあらゆる争いごとでは実際がどうであれ、結果的に勝ったほうが正義であり負けたほうが悪になってしまう。官軍とは人民を守る政府の軍隊で、賊軍とはそれに反乱する軍隊のこと。元々は幕末時に朝廷と幕府の戦いで、負けた幕府側が賊軍の名に泣いたことから来ている。

歴史学というのは基本的に当時の史料をもとにして研究が進められるのであるが、当時の勝利者が自らの統治を確固たるものにするべく歴史書を竄し真実歴史を隠してしまうことは洋の東西を問わず多いことである。例えば、倒した相手に暴虐非の王であったとか愚昧な統治者であったとかレッテルることがよく見られる。そんなことされると敗者にいかな正義があろうが、正史の上でも悪人にされてしまうのだ。「勝ったほうが正義」というのは歴史を学ぶ上では重要な前提である。

史料が竄されなくても大抵の場合、敗者に発言権はないのでどんな卑怯な手を使っても勝てば良いという見方もできる。戦争なら核ミサイルや捕虜虐殺スポーツならラフプレイやお行儀の悪い選手強奪など。負けた後に敗者がなにを言ってもやはり視されたり言い訳と取られてしまうことが多い。しかし最近はネットとかがあるから悪いことするとすぐ広まってしまうことも。

かしこれと同時に「判官びいき(アンダードッグ効果)」という言葉も存在する。敗者への同情によって評価を得られることもあるのだ。

余談

歴史において、勝とうが負けようが後世の創作物によって訳のわからない設定を付けられてしまうことが非常に多い。機動戦士ホンダムとか「はわわ、ご主人さま。敵が来ちゃいました」みたいな分かりやすいのだったらよいのだが、一般には史実と誤解されている人物や出来事もしばしばある。

例えば桶狭間の戦い織田信長に敗れた今川義元などは特に信長から歴史竄を受けた訳でもないのに、

マジでこんなんだと思われてるから困る。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8B%9D%E3%81%A6%E3%81%B0%E5%AE%98%E8%BB%8D
ページ番号: 5002255 リビジョン番号: 1981473
読み:カテバカングン
初版作成日: 12/11/25 04:13 ◆ 最終更新日: 14/02/26 20:54
編集内容についての説明/コメント: 冒頭を修正。関連項目に「勝てばよかろうなのだァァァァッ!!」などを追加。ほか
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

勝てば官軍について語るスレ

38 : ななしのよっしん :2016/05/01(日) 11:11:33 ID: FBD2HPdOZ3
>>29
それな
維新志士とかけっこうなヒャッハーエピソードあるのにバリバリ偉人扱いだし
列強各日本を相対化して後者のほうが罪が軽いのに・・・的な皮として言ってるにしても
別に帝国の統治が特別優しいわけでも蔑視がないわけでもなかったし
39 : ななしのよっしん :2016/05/05(木) 11:29:25 ID: 0/c2O+2xx7
日本統一に成功したのに偉人じゃなかったら
三河の君様は、ただの漏らしの残虐ヤクザになりますね・・・
40 : ななしのよっしん :2016/05/07(土) 19:59:03 ID: gWDUxKWgjc
>幕府側が賊軍の名に泣いた

そもそも幕府には泣く資格もないですけどね
いや、そりゃあ「選挙で選ばれた政権」が暴力で倒されて泣き寝入りするはめになったなら分かるよ?
そりゃあ泣きたくもなるし、あまりに可哀想だ
でも江戸幕府って武士政権でしょ?
武士政権の正当性って(内の諸勢の中で)最も強い存在であることでしょ?
他の大名から「たちのになってくれ」と頼まれてるわけじゃなく、強大な軍事背景に有を言わさず大名を従わせてただけでしょ
そういう政権である以上、戦に負けたら賊扱いになるのも覚悟しなければならないでしょ
武士もののふ)である以上は、何がなんでも敵に勝たなければいけないんだから
戦に負けるような武士には何の正当性もいし、負けるような戦をしたが悪いとしか言いようがない
文句があるなら伏見の初日の戦に勝てよって話、勝てば賊扱いにはならなかったんじゃ
負けが決まれば賊扱いになるのが日本の封建時代なんじゃ
41 : ななしのよっしん :2016/05/21(土) 12:55:21 ID: ueXfTVubpX
これがあるから日本/世界問わず歴史の授業に中々モチベーションが湧かなかった学生時代
42 : ななしのよっしん :2016/06/24(金) 06:45:39 ID: 6E5uA+frcs
>>40
武士政権だって、が一番つおい!なんて幼稚な理屈じゃくって、
朝廷秘的存在から正当政権である、と言うお付きが権の理論的根拠になってるんだけどな。
43 : ななしのよっしん :2016/07/01(金) 16:31:27 ID: 73Z+HtEyqz
その理論だと、江戸幕府が敵になったのは汚名ではなく正当なものになりますね
朝廷から正当政権ではないと見なされたんだから
44 : モンパレ民 :2016/07/29(金) 09:05:09 ID: App3j1ZQo4
まろすき
45 : ななしのよっしん :2016/07/29(金) 09:35:48 ID: TyIP1tkRXA
>>43氏が摘している論理に対しては、幕府よりもむしろ奥羽越列藩同盟の方が
理論武装的な意味でしっかりしてたように思えるんですよね

実際のところ幕府は朝廷から政権を委託されていると言う形式が存在している、
その事実を突き付けられるとほとんど何も言い返せませんでした
ですが列同盟は大雑把に言えば天皇の代理人である東武皇帝を立てることで
「決して朝廷そのものに向かう訳ではない」「君側の奸を除くため」
と実際に通用するかはともかく論理的には破たんしていない名分を確保した上で
錦旗をひるがえす軍と交戦していた訳ですから

でもそこまで大胆かつ緻密に論理を構築しても、結局は殴り合いに負けてしまえば
「賊軍のくせにwww」ですべてが終わる。>>41氏じゃないけど確かに歴史なんて
しょせんしくて仕方ないものに感じる時は私も有ります
46 : ななしのよっしん :2016/09/05(月) 17:51:03 ID: 73Z+HtEyqz
>>45
>列同盟は大雑把に言えば天皇の代理人である東武皇帝を立てることで

久親王が天皇の代理人というのは理があるね
あれは、あくまで親王個人の判断で奥羽越列藩同盟に肩入れしてるから
当前ながら朝廷許可を出してないし、むしろ「さっさと京都に帰ってこい」と言ってる
というか東武皇帝の話は、もし本当の話なら偽擁立と言ってもおかしくないほどの反逆行為になるんですが・・・
すでに明治天皇がいるのに別の皇族を即位させるのはまずいでしょ
47 : ななしのよっしん :2017/02/14(火) 15:05:42 ID: 06BURF8ynz
まぁ、死人に口なしに近いのかもな。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829