単語記事: 包丁人味平

編集
ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
編集者ブラックカレーを食べ過ぎました。頭がボーっとしています。

包丁人味平とは、作・次郎、画・ビッグ錠による漫画作品である。週刊少年ジャンプ1973年28号から1977年45号まで連載されていた。1986年にはフジテレビの「月曜ドラマランド」にてテレビドラマ化されており、木村一八横山やすしなどが演じている。

概要

主人公塩見料理修行を通して、包丁人として人間として成長していくさまを描いた料理漫画である。

ストーリー全体に料理対決が描かれており、次々と現れるライバル料理人、命がけの修行、奇想外な調理技法を編み出す主人公ライバルなど、料理漫画ではなくスポ根漫画(※1)であるというもある。ただし、相沢太郎氏が亡くなったことや、四条流・大流・進土流による闘上野不忍池の包丁塚、豚肉の部位や切り方なども描かれている。

※1 ビッグ錠は文庫版のあとがきにて「スポ根とは縁のかった料理人の世界を描いて少年誌で通用するのかな」といった類のことを書いているので、今作をスポ根漫画と捉えていたようだ。

ストーリー

ストーリーを大まかに分けると以下のようになるが、公式で定められたものではない。

キッチンブルドック編
塩見がコックになるためを飛び出し、東京新宿洋食屋「キッチンブルドック」で修行をする。
包丁試し編
塩見が仲代介の策略にはまり、上野不忍包丁塚前で包丁試しという料理勝負をする。
点心礼・闘六味編
塩見料理人としての料理観の違いから団英に勝負を挑む。愛知県名古屋市熱田神宮が舞台。
荒磯勝負編
塩見鹿沢練二の挑発にのり、静岡県焼津市の荒磯の場での荒磯勝負に挑む。
カレー戦争
塩見東京はひばりヶ丘での白銀屋と大徳というデパートの競争に、料理を通じて巻き込まれていく。
ラーメン祭り
ひょんなことから北海道札幌まで来てしまった塩見が、偶然にも開催されていた第1回全日ラーメン祭りに参加する。
エピローグ
札幌から東京へ戻った味が恩師である北村チームの誘いを受けて立つまで。

奇想天外な調理技法・料理

作中にはおもわずを疑ってしまうような調理技法・料理が多数登場する。

の生作り
生きたを殺さずに包丁をいれ、身を全て削ぎ取り刺身を作り、だけになった水槽に放し泳がせる。なお、から身を削ぎ取る際には、包丁の背で叩き眠らせる(起こすときも包丁の背でく)。日本でこの技術を習得しているのは、関東包丁会の大場三、関西調理師連合会の遠山政治、東日本包友会の湯原良一、塩見造の4人である。なお、この技術は実在しており、本当にを見せたまま生け簀を泳ぐを展示している料理店がテレビで紹介されていたりする。
ネギの皮むき
包丁で玉ネギの頭の部分を切り、お尻の部分をくりぬく。さらに玉ネギに対して縦に切れをいれ、皮を外側から一枚一枚横にはずすようにむく。玉ネギ1個をものの1、2秒でむくことができる。
アイスクリームのフライ
アイスクリーム小麦粉をまぶしをつけ、パン粉をつけて油で揚げる。これも『揚げアイス』として実在する調理法。意外と美味しい上簡単に試せるので高校文化祭にでも使ってどうぞ。
アイスクリームあげ
球状のアイスクリームをくりぬき状にして、その中にジュースを流し込む。そのあと、アイスクリームに蓋をしてフライに揚げる。技術が未熟でアイスクリームが溶け出す心配がある場合は、アイスクリームオブラートで包むこともできる。
五条浮島ぎり
ウルり一本のキュウリを浮かべる。包丁を振り下ろし、キュウリピクリとも動かさず面をまったく波立たせずに、キュウリを縦にまっぷたつに切る。場合によっては、キュウリを十文字に4等分したり縦に3等分したり、ボウルごとキュウリを切ることがある。
バラ
豚肉の塊に包丁で切れをいれ、その切れに沿うように糸で縛りつけ、から外し部位ごとに解体する。糸を2本使って行う二刀流も存在する。
糸つり鐘くず
ぶらさげられた豚肉の塊に包丁で切れをいれ、その切れに沿うように糸で縛りつけ、を揺らしながらから外し部位ごとに解体する。バラシが糸にを込めてを解体するのに対して、糸つり鐘くずしは自体の重み・反動を利用してを解体する。
地雷包丁
マグロを立たせ包丁を数本突き刺し、火爆発させる。爆発の威包丁が推進しマグロが部位ごとに解体される。
ガスバーナーを使った焼き魚
ガスコンロで焼いているを上からガスバーナーであぶり、両面を一気に焼き上げる。短時間で焼くことができるが、の表面だけが焼け、中は生である。
ブラックカレー
スパイスの中でも麻薬に近いものを使って作られたカレー。見たコールタールを流したかのようない色をしており、食べられるようには見えない。しかし、ひとたび食べ始めると食べ終わるまでやめられず、しばらくするとまた食べたくなる中毒性がある。カレーではないが、単純なリピーター当てで中国の料亭においてケシ科の粉を混ぜた料理を出すという店が続出しているという。ダメ、ゼッタイ!!

主な登場人物

塩見
日本料理界の重鎮、塩見造の息子父親に反発し、大衆料理を志す。性格は、基本のんびりしているが料理に対しては頑固な一面も見せ、挑発にはすぐにカッとなり相手の口に乗ってしまう。アレルギーを持ち、を食べると蕁麻が出る。
塩見
林道子の一人で築地の料亭「かつらぎ」の日本では4人しか作れないの生け作りの技術を習得している。
川原
大学卒業し「キッチンブルドック」で修行する見習い料理人。担当は野菜場。ブルドッグの2階の部屋に味と住み込みで働いている。
留さん
「キッチンブルドック」で働くベテラン料理人。その豊富な経験からか、料理対決では彼一人が先の展開に気づくことも多い。担当はストーブ前。
小田切
「キッチンブルドック」で働く中堅料理人。印が薄い。担当はセカンドコック。川原や味の直接の先輩
北村チーフ
「キッチンブルドック」のチーフコック。味料理技術の根幹は彼の教えによるもので、味師匠といっても過言ではない。かつて客船「クイーンメリー号」のチーフコックを務めており、その際に鹿沢練二に勝負を挑まれ敗北、町の洋食屋の雇われコックに落ちぶれる。
仲代
林道子の一人。渡りチーフとして丸ノ内調理師紹介所から「キッチンブルドック」にやって来た。味造の息子と知るや否や、味包丁試しを挑む。
一の瀬
銀座の高級レストランミンクス」から「キッチンブルドック」にやって来た料理人。仲代一の一人。仲代は彼のことをイビリだしの名人と称している。
マスター
「キッチンブルドック」の経営者。料理に疎く、「店がかればそれでいい」という考えを持っており、典的な素人経営者。
鹿沢練二
林道子の一人。人呼んで「の練二」。まじめに料理人として修行していたが、病気で胸をやられてしまい自暴自棄になり、いつしか賭け包丁に挑むになる。右につけている眼帯トレードマーク
林道
四条流」「四条園流」「進土流」などと並んで日本の五に入る料理の流五条流」の宗包丁界に伝説として伝わっている人物。滅多に人前に姿を見せない。
団英
サリーワイルの教え子のひとりで、東京都内の一流ホテル、東洋ホテルの調理部長。人呼んで「包丁貴族」。そのキザな立ち居振る舞いや異様に高いプライドは見るものをイラつかせるが、料理の腕は一級品。性格は非情に冷徹。サリーワイルいわく「その才 天才に似たり しかしその料理の心 いささか良ならぬ故 このまず」。は元東京荘調理部長の団三
新井
ロイヤルホテル。客前でマグロの解体をやっていたところの練ニに勝負を挑まれ、「このロイヤルホテル料理が売り物だ!!」と威勢良く勝負を受けたものの惨敗する。
小路侯爵
侯爵という身分にありながら、若いころから食い楽でこの世のあらゆる料理を口にしてきた男。自らの味覚に対する欲望のためにはどんな犠牲もいとわぬ姿勢を見せ、財産を使い果たし乞食に落ちぶれるほど。気に入った料理に出会うと、その料理人に自分の持ち物を与える癖がある。
福助
横浜の港湾労働者相手への貸しを生業としており、の労働者からは血も涙もい男として嫌われている。作中では思わせぶりな登場を何度かするが、何もないまま登場しなくなる。
マイク赤木
アメリカ帰りの青年実業。両親の顔も知らないまま孤児院で育ち、12歳から港で働き始める。そののち、密入アメリカに行きスキヤキレストランを開き成功を収める。カレーライス日本を征するために6年ぶりに日本に帰し、カレーハウスインド屋」を開く。
鼻田香作
カレー魔術師」と呼ばれるカレー天才料理人。10歳のときからカレー屋のキッチンで働き、カレー作りの魅にとりつかれ、カレーで有名な各料理店を転々としカレーの腕を磨いた。カレーに関してはヨーロッパの一流レストランのコックも彼に敵わない。嗅覚を敏感に保つため、常に鼻マスクをつけている。
神山佐吉
横浜で港湾荷役の労働者として働いていたところ味に出会い、カレー戦争に巻き込まれていく。好きな食べ物がカレーなだけあってカレーの味にはうるさく、味が一置くほど。
香川
横浜暴走族ブラックシャーク」の女団長。味カレー戦争のことを教えた本人で、自身もブラックシャークとともにカレー戦争に巻き込まれてゆく。デパート「大徳屋」のひばりヶ丘支店長包丁さばきはなかなかだが、味付けは苦手。
大吉
横浜でうまいと評判のラーメン屋台「大軒」の店。味スカウトされ、カレー戦争に参加する。客と少し話しただけで客の出身地が分かり、そこから好みを推定し料理に反映させる「味割り」の技術を習得している。のちにザルソバラーメンタレーメン」で第1回全日ラーメン祭りへ参加し、味と対決することに。
井上洋吉
ラーメンが好きな札幌在住の長距離トラック運転手東京ラーメン屋で味と出会い意気投合。そのまま味トラック札幌に連れて行き、ともに第1回全日ラーメン祭りに参加する。
石田鉄
札幌人気ラーメン店「」の料理人。石田兄弟で、体が大きいほう。「」のラーメンは彼が一人で作っており、非常に評判が高い。料理の腕前も確かで外見もベテランラーメンマンの雰囲気を漂わせているが、その経歴はに包まれている。
石田
石田兄弟で、体が小さいほう。札幌人気ラーメン店「」をとともに経営している。

名言

作中にはおもわず唸ってしまうような名言が多数登場する。

 肝にめいじておけっ コックのケンカは腕じゃねぇ!コックの勝負は味だっ!

体格のしっかりした客2人にカレーの味をけなされて怒る味に対して-北村チーフ

まるで・・・・・・ロータリーふぶきのようにかきちらしていくみてぇだあ!キャベツふぶきだあ!!

気迫る表情でキャベツの糸ぎりをする味を見て-小田切

この包丁試しには料理にとって一番たいせつなものがかけている それは・・・・味ですよ!味!!

曲芸じみた料理対決を繰り広げた味と仲代に対して-団英

包丁人の舌は料理を作る舌や!味わう舌じゃないっ!!

自分達に審員をやらせるよう申し出た高鳥居利明をはじめとした老職一同に対して-林道

ウワッハッハハハ あいつマグロ怪獣の置き物でもつくるつもりかよ

マグロを立てて包丁を次々に突き刺すの練二を見て-焼ロイヤルホテル料理

99%不可能でも残りの1%があればいいっ!!その1%にかけろ!それが男の生き方じゃ!

荒磯の場にて船もろとも砕け散った味に対して-塩見

ほんとうの料理ってのはね だれがたべてもうまいと感じるものでないといけないと思うがね

荷役労働者の好みに合わせた辛いカレーを売る味に対して-マイク赤木

おれはなにもで弁償してくれっていってんじゃねえんだよ あやまれってんだよ!!

暴走族ブラックシャークカレーの中にタバコを投げ入れて-塩見

屋台料理は一流の味じゃダメだぜ、三流の味じゃないと

カレーの味を評した一言-大吉

カレー辛いからこそおいしいんだよ

カレーの究極の結論-塩見

300円という値段だってたった300円でこれだけおいしいカレーが作れるんですよという明みたいなものなんだ

カレーの値段の美学-塩見

神様よ そうカレー神様さ クアーッカッカッカカ

カレー戦争の負けを認めた味に対して-鼻田香作

ところが残念なことに今やこの化学調味料プロの間でもつかわれるようになってしまうのです これでは今に日本どこの店でたべても同じ味になってしまいます

第1回全日ラーメン祭り化学調味料を使ったラーメン店3組を失格にして-西村審判

「相沢重太郎」とは何者か

包丁試しの途中、アイスクリームあげ勝負の結果発表の際、物語を中断して入る訃報のお知らせ。

なんでもビッグ錠の元に読者からハガキが届き、そこには相沢太郎氏が亡くなったことがしたためてあったらしい。相沢太郎氏というのは上豊調理師会の会長で、上野不忍池にある包丁塚の建立者といっても良い人物、その名は包丁界には広く知られているらしい。

しかし現在インターネット検索活用しても、そういった人物のことは出てこない。そんなすごい人なら出てきて当然のはずである。なぜ出てこないのか、あれは物語リアリティを持たせるために作られた話なのだろうか。である(ちなみに団英の師として登場したサリーワイルは実際に存在した人物であり、Wikipediaにも項が存在する)。

このことについて情報をお持ちの方はぜひ掲示板にご一報いただきたい。

関連動画

関連静画

関連商品

単行本は全23巻、文庫本は全12巻発売されている。単行本の巻末には高木ブーをはじめとした有名人の文章が収録されている。文庫本1巻の巻末には初代林家木久蔵(現木久扇)の文章が収録されているが、ネタバレがひどいので初見の際は注意。文庫本12巻の巻末にはビッグ錠のあとがきが収録されている。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8C%85%E4%B8%81%E4%BA%BA%E5%91%B3%E5%B9%B3
ページ番号: 4514409 リビジョン番号: 2407090
読み:ホウチョウニンアジヘイ
初版作成日: 10/11/29 04:48 ◆ 最終更新日: 16/09/18 08:56
編集内容についての説明/コメント: 関連動画用意
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

包丁人味平について語るスレ

14 : ななしのよっしん :2014/08/31(日) 00:05:21 ID: 3WA1/Y3dec
>>11
一本包丁太郎っていうのもあるよ。
15 : ひろポン :2014/10/31(金) 19:45:28 ID: D87Xs6lgju
>>14
掲載誌はたしかビジネスジャンプだったはず
16 : ななしのよっしん :2014/11/27(木) 11:55:00 ID: 4dsNtK+U3p


>>lv199066945
17 : ななしのよっしん :2015/04/17(金) 17:04:45 ID: 59kmnGHcyL
カレー戦争編は突飛な調理勝負しかしてなかった味が原点に立ち直る事から始まって
露店から出発しての店舗開店、不良の更生、デパート戦争男女のすれ違いといくつものドラマ行して進行する珠玉の出来
18 :   :2015/04/19(日) 23:37:55 ID: W+/bgCk3uq
洋吉さんの「縁があったらまた会おうぜ」がカッコいい
まさにあれは縁だったな
19 : ななしのよっしん :2015/10/31(土) 12:04:03 ID: JCULKtuA1H
カレー戦争編のダイジェスト読んだが面くて参ったわ
ぶっ飛び料理料理の鉄人デパート戦争
今日ある料理漫画ネタがほぼ出ってたんだな
20 : ななしのよっしん :2015/11/11(水) 13:16:32 ID: KXdOhwA6R1
五郎さん・・・
21 : ななしのよっしん :2016/11/27(日) 17:09:51 ID: xLtV3kkZke
ラーメン祭り運営ってgdgd過ぎだろ
22 : ななしのよっしん :2017/03/12(日) 23:45:32 ID: c0bp4kYFWp
>>sm30543145
23 : ななしのよっしん :2017/06/11(日) 14:50:39 ID: QS323sL7aM
死に物狂いに会得した技術は、結局のところその場その場の勝負を乗り切るためだけのもので
主人公自身の腕はさほど上がっておらず、最終的に一人の外国人客すら
(日本人との味覚の違いがあったとはいえ)満足させられないレベルで終わるとか衝撃的すぎる
タイトルが「料理人」じゃなく「包丁人」なのも悪い意味で理屈に合ってる
もやもやしたけど、面かったし読んでよかったとは思う
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829