単語記事: 北へ。

編集

絵:ヤギ

北へ。(きたへ)とは、北海道を舞台としたトラルコミュニケーションゲーム、及びその生作品の総称である。

開発:レッドエンタインメント
制作・販売:ハドソン
企画広井王子
キャラクター原案:大槍葦人NOCCHI名義)

北へ。White Illumination

絵:ヤギ

1999年3月18日ドリームキャストソフトとして発売。定価5,800円(税抜)。

北へ。シリーズ第1弾。
東京に住む高校2年生の主人公が、夏休みを利用して北海道旅行するため親戚のに宿泊し、先で8人の女性と出会う。

MOVE ON北海道=北からのかけ運動キャンペーン参加作品であり、背景画像に内各地の並みや観光名所・飲食店等が実名・実写で登場しているが、これはシリーズを通して引き継がれている。それ故の宣伝ゲームという様な印や、C.B.S.(Xボタンで自分から相手に話しかけるシステム)の扱い辛さ、そもそもドリームキャスト用で移植もされていなく敷居が高い等の難が有るが、それ以上に魅的なキャラクターファンを魅了し続け、2009年には10年ぶりとなる画集が発売された。

ただし、サブタイトルともなっている札幌大通公園ホワイトイルミネーションは、全有数の破局スポットとしてその名を知られており、発表当時地元では相当に物議を醸した。

ニコニコ動画内では、新人時代の人気声優大御所スタッフが多数参加している事と、榊原良子キャラデート出来る一のゲームとして支持されている他、背景実写・実名が多いため当時の雰囲気を懐かしむ北海道民等が、DC@氏のプレイ動画を中心として尚もファンが増加中である。はたまた、儀式の人北へ。の楽曲をメタルギアシリーズプレイ動画BGMとして使用している事から北へ。に出会うユーザーもいる様である。

主な登場人物(スタッフロールのクレジット順)

メイン・キャラクター

野琴cv.千葉紗子
川原cv.広佳以)
ターニャ・リピンスキーcv.坂本真綾
町由子(cv.南央美
椎名cv.榊原良子
葉野香(cv.川澄綾子
里中cv.豊口めぐみ
めぐみcv.大谷育江

千葉紗子,広佳以,豊口めぐみ,大谷育江の4人(公式では役名)による歌唱ユニット「Four Seasons」が結成され、テーマソング北へ。」等のヴォーカルを務めた。

サブ・キャラクター

北へ。Photo Memories

1999年8月5日ドリームキャストソフトとして発売。定価3,800円(税抜)。

前作「北へ。White Illumination」の後日談となるファンディスク

主人公が友人に借りたデジタルカメラによって、最大5枚までのヒロインのスナップ写真を撮り歩くミニアドベンチャー」の他、ヒロイン自己紹介キャラソン、設定資料、東京ゲームショウ1999ライヴ等を楽しめる。さらに、ドリームキャストインターネットにLAN接続し、おまけシナリオLove Love YOUKO-SAN」等をダウンロードする事が出来る。(既にサービスを停止中)

しかし、ヒロインの人格が前作とズレている、選択コマンドを一つ間違えただけで撮影出来ない、パチ・口パクがいなど突貫が立つ。

北へ。Diamond Dust

絵:ヤギ

2003年10月30日発売、ハードプレイステーション2へ移行。定価6,800円(税抜)。
2004年10月28日、廉価版の「北へ。Diamond Dust ハドソン・ザ・ベスト」を発売。定価3,800円(税抜)。

ドリームキャスト版と同じ時間軸の数年後という設定で、東京に住む大学生主人公が、北海道各地へ散った高校時代の友人宅に泊まり込んで観光旅行へ向かい、先で7人の女性と出会う。

ヒロイン主人公が新しくなり、対面こそ出来ないがかつてのヒロインサブキャラクターと思わしき人物にまつわる会話やFourSeasonsの新曲などが散りばめられている。
システム面では、本作からでの移動が可となった他、時刻やお金の概念が組み込まれ燃料代や観光施設の入館料等の諸経費として10万円が充てられる。又、ドリームキャスト時代に課題の有ったC.B.S.も、ボタンを押さなくとも自動的に選択コマンドが表示され会話の進行状況で選択肢が増えたりする様に善された。

しかし、プレイステーション2による大容量のグラフィック・収録観光地・シナリオが売りだが、宿泊先でヒロインが確定してしまう、「占い」を利用しないと攻略困難だが多用するとただ誘導されるだけ等、進行にゲーム性が欠けるという不評も有る。

発売年度が較的新しくプレイステーション2ソフトである事、北へ。以外の動画による音楽オープニング引用頻度等から推測して、ニコ動ユーザーの間ではドリームキャスト版よりも知名度のあるタイトルなのだろうか、同一のオープニングムービーが5本も乱立している。

主な登場人物(スタッフロールのクレジット順)

メイン・キャラクター

この5人によって、ドリームキャスト時代のFourSeasonsに相当する「Five Spirits」というユニットが組まれた。

隠しヒロイン

サブ・キャラクター

北へ。Diamond Dust Drops

2004年1月から3月まで放送されたTVアニメ

北へ。Diamond Dust」をTVアニメ化したもので、概ね1ヒロイン2話づつの放映12話と、DVD特典1話の全13話構成。(全7巻の単品は通常販売だが、第13話が収録されているDVD-BOX(上下2分割)は通信販売やイベント会場のみの取扱いであった)

アニメ化に伴い、主人公の代わりとして唐十太郎という人物が登場するが、作品の進行上ど登場しない。

アニメ放送当時、北海道地区で放送していたテレビ北海道帯広北見地区を含む道東地方での放送を行っていなかったため、帯広北見民は地元が登場しているのに、地上波でのテレビ放映がないという事態が起こっていた。
テレビ北海道道東地方へ進出したのはアニメ放送から7年後の2011年

TVアニメ版の主なオリジナル・キャラクター

※ 新規キャラクターの他、声優や役名のみ変更のキャラクターをも含む。

北へ。Diamond Dust + Kiss is Beginning

2004年10月28日プレイステーション2ソフトとして発売。定価6,800円(税抜)。

前作「北へ。Diamond Dust」のエンディングからエピローグの間を描いたファンディスクで、36枚まで自由写真撮影する「ミニシナリオ」の他、クリアした~Diamond DustシナリオCG東京ゲームショウ2003のライヴ映像等が収録されている。

しかし、オープニング風景写真のスライドのみで曲はアニメ版の流用、ミニシナリオではやたらとムービーが挿入される等、あくまでオマケに徹している点は~Photo Memoriesと同様である。

関連動画

北へ。White Illumination , 北へ。Photo Memories

北へ。Diamond Dust , 北へ。Diamona Dust + Kiss is Beginning

北へ。Diamond Dust Drops

関連商品

ゲームソフト

CD

小説 / 画集

関連項目

外部リンク

公式サイト , 関連企業

主要スタッフ

ファンサイト


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8C%97%E3%81%B8%E3%80%82
ページ番号: 451157 リビジョン番号: 2120436
読み:キタヘ
初版作成日: 08/08/11 01:54 ◆ 最終更新日: 14/11/25 02:15
編集内容についての説明/コメント: スマホ版向けにお絵カキコの縦伸びを修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


果鈴(完成)

果鈴

似合いますか?(カラー)

似合いますか

葉野香(完成)

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

北へ。について語るスレ

74 : ななしのよっしん :2013/01/20(日) 07:42:43 ID: Fk14+DG7U5
>>73
半年遅れだけど情報提供感謝
75 : ななしのよっしん :2013/03/25(月) 03:24:26 ID: g7tkw/CNa0
>>72だけどあの後、URLなんとか探しだして見つけたら削除されちゃってたわ。
管理者削除じゃなくてアップロード者が自分で削除したようだけど、昔見て数年後また見たいと思ってなくなってると悲しいなぁ。
アップ者の別の動画は残っててそこで実況者聞いたら懐かしくなったけど。

こういうゲームは全キャラクリアするために何度も同じルートプレイするのは苦痛だからプレイ動画とか実況動画にお世話になってたなぁ。
スキップ機もなくて面倒だし。
76 : ななしのよっしん :2013/06/21(金) 16:59:56 ID: vpPVxWAtVy
大百科あったんだ
学生時代に両方やって以来北海道が大好きになったなw
77 : ななしのよっしん :2014/01/17(金) 10:28:03 ID: hS2+rAkAKw
できれば札幌実家住まいだったころにこのゲームをやりたかったなあ。
今じゃ特別な用事でもない限り札幌には帰らないから悔しい限りだ。
78 : ななしのよっしん :2014/04/04(金) 01:34:51 ID: cOrKyTbmXM
アニメで知ったけど、そのアニメですら10年も前になるのか・・・
79 : ななしのよっしん :2014/07/17(木) 06:52:32 ID: jYhXxuV67/
下北へ。
80 : ななしのよっしん :2014/09/02(火) 01:50:27 ID: C37XXfBlnF
この作品は日本二次元コンテンツでモータリゼーション要素がある数少ない作品。
こんな時代にもなれば今度はオープンワールドでこういうのをやりたいなぁ・・・
HD画質広大色や美しいヒロインを眺めながらさ。色々な土地を駆け回りたい。
81 : ななしのよっしん :2015/02/07(土) 20:02:21 ID: n6Tx3H+g9K
最初タイトル見た時は極かと思った
(北へ(行かせる)=悪犯の入る網走刑務所に入るという隠語
82 : ななしのよっしん :2015/07/04(土) 20:07:23 ID: iBaMWJ85eu
ハドソンコンマイに買収されて潰された今となっては、続編は永遠に期待できないな。
83 : ななしのよっしん :2015/11/06(金) 09:17:39 ID: mAjg8oe5s6
wikiにすら載ってないけどその昔iモードでも展開してたのよ。
任意のキャラクターメールでやり取りできるってのがね。
ランダムな時間にメールが届く。それに返信用の選択肢がいくつかついてて、それにチェック入れて返信するってやつ。
稀に自由記載欄があって、そこに文言を入れることも出来た(ギターの名前とか)
覚えてる人はいないだろうが、は忘れない。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015