単語記事: 北九州弁

編集

北九州弁っちゆうのは、北九州 (八幡以西の北九州市西部地区除く) を中心に使われよる方言で、田川(筑豊東部)とか築地域でも使われよんよ。おおかた昔の「豊前」にあたる部分やね。

概要っちゃ!

日本語方言の中くらいのくくり (?) では「豊日方言」にくくられる。すなわち方言としては大分県宮崎県と同じ仲間となる。アクセントの仕組みは共通首都圏方言と同じ下降ピッチのみで弁別する東京式アクセントだが、「外輪式」という幾分共通とは違う落ち方をもったアクセント体系である (共通は「中輪式」)。

同じ県内の博多弁 (肥方言に分類される。八幡以西も基礎的にはコレ) は本来ならば隣り合った別方言だが、地理的に近いこともあって幾分混交している。「(「旨か」等の形容詞の) 〜か」「けん」「たい」「ばい」といった博多弁由来の詞を北九州弁だと思ってる人も少なくない。

また、北九州弁筑豊地方の田川地区の方言田川弁)もほぼ似通っている。

啓二の漫画波打際のむろみさん』に登場する小倉出身の架キャラクターリヴァイアさん北九州弁を話す。主人公の架人魚むろみさん博多弁使いである。

うる星やつら』のラムちゃんの使うラム尾、「〜だっちゃ」は北九州弁尾「〜っちゃ (〜だよ) 」と良く似ている。[1]

ラム公式作者からどこの方言ベースであるとはられぬ(作者も当時のラム創作に至る経緯の詳細は覚えてない)人工言語故、北九州弁尾と重ね合わせて親しみを持つ余地が残されている。

他にも「〜ちゃる (〜してあげる)」「〜っち (〜だって)」など舌面破擦音を含む助詞が多い。

使用例

北九州地域に限らず、に西日本各地(近畿中国四国など)で使われている方言もある。
地理的な関係か、中国地方方言と混ざりやすい気がする。

  • 「~だよ、~だって」 → 「~っち、~ちゃ」 - 強調、断定表現(「~ばい」や「~たい」と同じ意味で使われる)
  • うるさい、騒がしい」 → 「しゃーしい」
  • 「大だ」 → 「ぎょーらしい」
  • 「~だから」 → 「~やき、~やけん、~やけ」
  • 「~だろう」 → 「~やろ」
  • 「~てる」 → 「~よる、~よう、~ちょう」
  • 「~とか」 → 「~やら」
  • 「どうして(だ)、なんで(だ)」 → 「なし(かい)」
  • く、速く」 → 「はよう、はよ、さっさ」
  • 「~(だ)なあ」 → 「~(や)のお」
  • いちにーさんはい、いっせいのーせ」 → 「さんのーがーはい」 - なしこげなった・・・

動詞

  • 仲間に入れる(入る)」 → 「かてる(かたる)」
    例:「仲間に入れて」 → 「もかてて」
  • 「背負う」 → 「からう、かるう、かろう」
    例:「カバンを背負う」 → 「カバンをからう」
  • 「届く、到達する」 → 「たう、とう」
    例:「手が届かないから、取ってくれない?」 → 「手がとわんき、取ってくれん?
  • 「(お金を)崩す、小さく(細かく)する、両替する」 → 「こまめる」
    例:「千円札両替してきて」 → 「千円札こまめてきて」
  • 「(物を机などに)しまう、片付ける」 → 「なおす」
    例:「散らかしたら片付けなさいよ」 → 「散らかしたらなおしよ」
  • 「寄り掛かる、もたれる」 → 「なんかかる」
    例:「本棚にもたれる」 → 「本棚になんかかる」
  • 「壊れる、故障する」 → 「パケる」
    例:「プラモが壊れてる・・」 → 「プラモがパケちょう・・」
  • 「(ほうきで)掃く」 → 「はわく」
    例:「ここ掃いててね」 → 「ここはわいとってね」
  • 「(が)く」 → 「ほげる」

他にも「動詞のウ音便化」などがあるが、これは西日本の多くの地域で使われるようである。
【買ってくる→こうてくる(こうちくる)、間違えて→まちごうて、言う→ゆう、習って→なろうて】等々…

形容詞・形容動詞・副詞・連体詞

  • 「だめ」 → 「いけん、つまらん(つぁーらん)」
    例:「そっち行ったらダメよ」 → 「そっち行ったらいけんよ(つまらんよ)」
       「これはもう、だめだな」 → 「こらもう、つぁーらんね」
  • いちいち、わざわざ」 → 「さっちが」
    例:「わざわざそんなこと言わなくてもいい」 → 「さっちがそげなこと言わんでもいい」
  • 「全然、まったく」 → 「いっちょん」
    例:「全然分からない」 → 「いっちょん分からん」
  • 「最も、一番に」 → 「いっちゃん
    例:「が一番く着いた」 → 「いっちゃんはよ着いた」
  • 「とても、すごく、そうとう」 → 「ばり、ばりばり」
    例:「すごくかっこいい」 → 「ばりかっけえ」
  • 「縛る、結ぶ」 → 「きびる」
    例:「靴ひもをしめておく」 → 「靴ひもをきびっとく」

名詞

その他

  • 「~なの?」 → 「~なん?」のように、疑問文で撥音が多用される。(もしくは博多弁のように「と」が使われる)
    例:「なにしてるの?」 → 「なんしよん?」、「それってどうなの?」 → 「それっちどうなん?
  • 「~の方」など方向を表す場合、「~さい、~さえ」と言う
    例:「つきあたりを右に曲がって、っ直ぐ行けば小倉駅だよ」 → 「つきあたりを右さい(さえ)曲がって、っ直ぐ行きゃあ小倉駅よ」
  • 弱命令表現・強勧誘表現には、「~んね」「~り(→尾がイ段の形になる)」「~どき」を使う。
    例:「く食べなさい(飲みなさい)」 → 「はよ食べ(飲ま)んね!」「はよ食べり(飲み)!」
       「明日台風が来るから、にはいかない方がいいよ」 → 「明日台風が来るけん、にはいかんどき」

関連動画も見ちゃって~

関連商品も貼っとったきね


関連項目も見ちょきーよ♪

脚注

  1. *新潟県出身の作者高橋留美子が「~ちゃ」の尾を持つ方言を知ったのは井上ひさし小説に頻出する仙台弁であり、宇宙人であるラムには、自身の創作キャラクターだっぴゃ人の「だっぴゃ」様な尾を付けたかったが「だっぴゃ」では可くないので、新たに「だっちゃ」と言う尾を創作したものと漫画家山本嗣にっている。
    " さて、では○ムちゃんの「ちゃ」はどこから来たのか。もしかして先生の故郷、新潟でもそういう方言があるのか。
    むくむくと疑問がわいて、さっそく仕事中ではあったが本人に電話をかけた。
    「あー、あれは私の故郷の言葉じゃないですよ」
    先生く。
    要約すると、彼女が最初に「・・・ちゃ(あるいは「だっちゃ」?)」言葉をにしたのは井上ひさし小説だったとか。同じくT先生の作品に、ラ○ちゃん以前に「○っぴゃ半魚人」というキャラがあったが、ラ○ちゃんが「だっぴゃ」では可くないので「ぴゃ」ではなく「ちゃ」にしてみたとか。
    もはや二十年以上前のことで詳細は確かではないが、だいたいそういう経緯だったらしい。
    もしかすると佐渡の方では「ちゃ」と言うかもとのことであった。
    「うる○」連載中は、色々な地方のファンから「うちの田舎でも『ちゃ』と言います」というファンレターをもらったそうである。"
    方言あれこれ

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8C%97%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%BC%81
ページ番号: 4553475 リビジョン番号: 2382413
読み:キタキュウシュウベン
初版作成日: 11/01/27 19:38 ◆ 最終更新日: 16/07/11 22:44
編集内容についての説明/コメント: 少し加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

北九州弁について語るスレ

20 : ななしのよっしん :2015/09/15(火) 19:43:10 ID: R5CuQs69f8
>>13
北九州弁やったら「とっちょってちゆーちょったんに、とっちょってくれんかったん?」ちなるけ、あんま問題かったりする。

>>17
西日本方言の特徴が強く表れてるのは、北九州地域が本州四国と交流が盛んだったかららしい(大分弁も北九州弁と似通っている)。
一方で、可状態「〜(し)きる」とか、動詞の二段活用(「落つる」「負くる」など)の残存みたいに九州方言らしさもちゃんと有してるあたりが、北九州弁を含めた豊日方言の特徴といったところか。
21 : ななしのよっしん :2015/12/08(火) 14:40:35 ID: khjoZoHDaX
バリバリ小倉出身やけど正直聞いたことないの結構あるわ
さんのーがーはいとかどこで言いよったん
22 : ななしのよっしん :2015/12/22(火) 19:57:21 ID: XfgRQvLtXt
自分は築の出身で親から聞いた話なんやけど、
「~か?」→「~かん?」 例:「知っているか?」→「知っちょうかん?
「~じゃら」(尾) 例:「そうだよ。」→「そうじゃら。」
みたいな方言があるらしい…

たぶんもうかなり年配の人しか使ってないんだろうけどほとんど聞いたことないわ。
方言もだんだん減っていくんかね。
23 : ななしのよっしん :2015/12/24(木) 01:19:32 ID: f2bNXQzIHI
>>21
北九州は場所の関係上色んな所から色んな人達が来るから庭一つ一つレベル微妙に言が違う。言葉のイントネーション一つ取っても人によって極端に反応が違う
北九州弁という言は実質いものと思って良い
北九州の人間が暴力的と言われる理由も半分くらいはここにあって、言葉によるコミュニケーションが非常に取りづらい
24 : ななしのよっしん :2016/02/09(火) 12:06:13 ID: khjoZoHDaX
確かに八幡の方とかに見えて違うもんな
25 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 14:31:26 ID: 1wz/l6Smqz
22
じゃらはもろ中津弁、今も築地域では使うけど行から上だと通じない。
26 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 05:12:49 ID: Z4hZGmOQm+
北九に美人しかおらんのもあってか女の子の北九弁は可らしくていいわ
27 : ななしのよっしん :2016/07/11(月) 22:50:11 ID: R5CuQs69f8
>>23
筑豊なんかも筑前と豊前の他に若干日田方面の方言などが入り混じって、どの方言ともとれるような混在方言になってるしなあ
28 : ななしのよっしん :2016/07/11(月) 23:06:40 ID: R5CuQs69f8
>>24
筑豊弁でいう田川飯塚の違いみたいな感じか
同じ筑豊弁でめられたりするけどアクセントとか結構違いがあるからね
時代とともに近隣地域と言葉が親和してきたのが現在の形なんだろうけど、ではっきりと分けられてた時代はより明確な違いがあったんだろうかな
29 : ななしのよっしん :2016/08/04(木) 01:46:12 ID: khjoZoHDaX
やっぱどこもお隣さんと混ざり合ってるんやね方言
八幡は北九と筑豊の間の子みたいになってるな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015