単語記事: 千田翔太

編集

千田翔太(ちだ しょうた)とは、将棋棋士である。1994年4月10日生まれ。大阪府出身。信雄七段門下。棋士番号291

棋歴

2006年に奨励会に入会2013年18歳で四段昇段(プロデビュー)。

プロ1年2013年度、いきなり王位戦の予選を勝ち抜き挑戦者決定リーグ入りを果たす。リーグも勝ち抜いて挑戦者決定戦まで進むも、木村一基に敗れ、タイトル挑戦とはならなかった。同じくデビュー年の2013年には、加古流戦で決勝に進出するが、佐々木勇気との3番勝負に2勝1敗で敗れ準優勝。公式棋戦初優勝を逃す。

2014年度の順位戦C級2組では9勝1敗の好成績を収め、C級1組に昇級し五段に昇段する。

2015年度は、竜王戦6組で優勝し決勝トーナメントに進出。1回戦で5組優勝の斎藤慎太郎に敗れる。同年度のNHKテレビ将棋トーナメントでは、阿久津主税糸谷哲郎行方尚史久保利明というタイトル経験者、A級棋士を連破して決勝進出。決勝では村山慈明に敗れ準優勝に終わり、またしても公式棋戦初優勝を逃すが、後述のようにコンピュータ将棋そのものに近づこうとする棋テレビを通して多くの視聴者に新鮮な驚きを与えた。

2016年、この年から新設された上州YAMADAチャレンジ杯の決勝に進出するが、船江恒平に敗れて準優勝に終わり、三たび公式棋戦初優勝のチャンスを逃す(一方の船江は第1回の加古流戦優勝に続き、2度公式棋戦初回優勝者になった)。また、第2期電王戦の出場者を決定する第2期叡王戦では、「ponanzaを入手するために絶対優勝したい、一番勝ちたい棋戦です」という意気込みで臨み、五段予選決勝で未来、決勝トーナメントで広瀬章人佐々木勇気豊島将之20代の強な対局相手を連破して決勝に進出したが、やはり20代佐藤天彦名人に弾き返され、4度公式棋戦準優勝に終わった。しかし同時期に進行していた第42期棋王戦の挑戦者決定トーナメントでは決勝戦と挑戦者決定戦で佐々木勇気に連勝し、自身初のタイトル戦出場を決めて六段に昇段した。

棋風・人物

居飛車党。戦を得意としているという。

コンピュータ将棋に詳しい。コンピュータ将棋の対局場であるfloodgateの棋譜を収集しており、各ソフトの棋について詳しい。その熱心さは、「1日10時間以上floodgateを見ていることもある」と言うほど。自身のTwitterでもコンピュータ将棋の大会の解説を行なっている。お気に入りのソフトNineDayFever(NDF)。千田棋士デビューとほぼ同時期に誕生し発表直後から最強将棋ソフトの一を占めたNDFであるが、電王トーナメント電王戦に出場しないため、棋士将棋ファンの中でもその知名度は実に対して高くない。そのNDFの「人間らしいし手」「玉の安全度に関する感覚」を見ぬいて、その棋譜と各局面における評価値・読み筋を教師とするのが、他の棋士と異なる千田の方法。NDFはソフトウェアが一般に対して配布されていないため、floodgateされた棋譜から勉強している(floodgateでは、1手ごとの各将棋ソフト読み筋と評価値がすべて記録として残っており、棋譜をダウンロードすればローカルでそれらを参照することも可)。「他のソフトとは異なる」ことを見ぬいてNDFを教師を選んだことからも分かる通り、「将棋ソフトといえばこう」という、将棋ファンベテラン棋士のみならず若手強にさえ見られる偏見や先入観からは全に自由

単にコンピュータ将棋を参考にするだけでなく、コンピュータ将棋の研究をいかに自分の棋の向上に反映させるか、具体的には「コンピュータ将棋はすでに人間のか上の棋である」と位置づけた上でコンピュータ将棋の局面評価にいかに自分の局面評価を近づけるか」という、千田以外のどのプロ棋士も行わないであろう標を立てて、その方法を日々研究・実践している。これは三段リーグの頃、将棋倶楽部24で最高レートになったことがあったが、「その割には、対人戦の勝ちが増えない」と気づいて軌修正し、ひたすら歴代永世名人の棋譜を並べ続ける勉強に切り替えて四段昇段を決めたという経験に基づく。プロ入り後すぐに王位戦挑戦者決定戦まで進出し、プロ棋士内における自分のおおよその位置づけを掴んだため、三段リーグの時と同じく、ここからさらに這い上がるために何を変えるか、何に挑戦するかを模索し、その答えとしてコンピュータ将棋の研究を選んだとのこと。2016年には教師をNDFからponanzaに変えたことを表明している。第1期電王戦に出場した山崎隆之サポート棋士に選出されたことで貸与されたponanzaを自己対局させ、およびaperyなどの他ソフトと対局させることで得た大量の棋譜とその際の読み筋、評価値を教師としている(電王戦終了後にponanzaは返却の義務があるためソフトは手元に残せないが、研究成果の破棄は義務付けられていない)。

2015年第3回将棋電王トーナメントには解説として参加。解説担当なのは2日だけだったが、中村太地永瀬拓矢らとともに3日間フル参加した(く「解説の仕事がなくても来るつもりだったので(解説の仕事が入ったのは)ラッキー」)。最終日の途中からは急遽スタジオゲスト解説としてボランティア参加し、同じくコンピュータ将棋に詳しい西尾明とのダブル解説となり、両ソフトの評価値が食い違う非常に難解な熱戦となったponanzaとnozomiによる決勝戦などの解説を2人で見事にこなした。

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8D%83%E7%94%B0%E7%BF%94%E5%A4%AA
ページ番号: 5382546 リビジョン番号: 2438830
読み:チダショウタ
初版作成日: 15/11/22 11:49 ◆ 最終更新日: 16/12/17 10:31
編集内容についての説明/コメント: 棋王戦
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

千田翔太について語るスレ

13 : ななしのよっしん :2016/11/12(土) 22:23:49 ID: 9JZe4Gl3aT
王が見えてきた
若手として強さが圧倒的すぎてかっこいいけど
彼が王になるとコンセプト的にどうなんだ感はある

王になると研究用のponanzaもらえるし
本気で勝ちたいだろうな
14 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 07:36:41 ID: ouD0c75ybk
千田羽生の番勝負になりそうで凄いな。
優勝したら罰ゲームなんて言われてた叡王戦だが
この二人は本気で電王戦出るつもりでいる。
15 : ななしのよっしん :2016/11/18(金) 22:03:12 ID: uGZGw+ee4Z
名人vs人間の将棋に引導を渡す男
決勝カードとして出来過ぎで期待しかない
16 : ななしのよっしん :2016/11/27(日) 02:07:27 ID: p8AqZsm64p
棋王戦叡王戦マジってほしい。
あと佐々木勇気との対局がカードになるといいなぁと。
17 : ななしのよっしん :2016/11/30(水) 21:17:23 ID: 0TqCM2Tmjq
>>12
だからこそPCを人間のような個性として扱えたんじゃないかな
18 : ななしのよっしん :2016/12/13(火) 22:27:19 ID: 5P2fzqxQiO
まあこうなるよね。
流石に若い頃の羽生のようにはいかないか
19 : ななしのよっしん :2016/12/16(金) 22:50:15 ID: Sw9TL/CMqT
棋王挑戦おめ
20 : ななしのよっしん :2016/12/30(金) 20:41:13 ID: EIBXQ28DZH
棋王戦どうなるんだろうね
連盟がまともなら三浦と同じ期間の謹慎だろうけど
そもそも今回の件で連盟はまともじゃないと再確認されたしなあ
21 : ななしのよっしん :2016/12/31(土) 16:04:39 ID: QyJ1nvvXPk
自分に都合の良いデータ捏造して一人の棋士を葬り去ろうとしたクズ
22 : ななしのよっしん :2017/01/17(火) 20:27:51 ID: heHrC5ck2H
中途半端な知識しかないのであればおかしなことに首を突っ込まなければいいのに。
のある若手棋士なのにこんなことで経歴に泥を塗るなんて、非常に残念である。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015