単語記事: 単位

編集

単位(たんい)とは物理量を記述する際に、その基準となる物理量、もしくはそれを表した記号のこと。

曖昧さ回避
  • 単位 - 大学などにおいて、履修した科を一定以上の成績で修めると得られるもの。履修計算の基準となるもの。

概要

連続的な物理量には、初めから決まった数値が与えられているわけではない。そのため、基準となる物理量を決め、その何倍かで物理量を記述する。同じ物理量でも、単位が違えば数値も違ってくる。実際に記述する際は、数値、単位の順に書く。

度量衡

複数ある単位のまとまり。々になじみの深いメートル法や、昔の日本でも用いられた尺貫法、現在でもアメリカで用いられているヤード・ポンド法等がある。現在世界的に用いられているのは、メートル法を元にしたSIと呼ばれる単位系である。

国際単位系

現在世界的に用いられている単位系。SIとも呼ばれる。メートル法を元にして、より厳密に定められたもの。次の7つの基本単位を基に他の単位を定義している。

s
時間の単位ストップウォッチで計るヤツ。
m
長さの単位。巻き尺で測るヤツ。
kg
質量の単位秤で量るヤツ。
A
電流の単位。回路に直列でつないではかるヤツ。
K
熱力学温度単位温度計の盛りを約273ずらしたヤツ。
mol
物質量単位高校生の悩みの種になりやすいヤツ。
cd
度の単位高校生にとっては悩みの種にならないどころか忘れられるほど影の薄いヤツ。

これ以外の単位は、基本単位を組み合わせて作られ、組立単位という。例えば速さ距離を時間で割ったものなのでm/s、面積距離距離を掛けたものなのでm2など。

また、大きな量や小さな量を表す際に、単位の前にk(キロ)やm(ミリ)などの接頭辞をつけることもある。詳しく知りたい人はWikipediaに大きいほうから順に並んでいるので、そちらを参照のこと。

メートル法

地球の周の長さや、の重さ等を基準にして定義されるもの。現在ではより厳密に定義し直したものが用いられている。メートル法で定義された単位を組み合わせて新たな単位を定義したものを広義メートル法といい、CGS単位系や重量単位系などがある。

尺貫法

昔、日本でも用いられた度量衡。面積単位の坪や体積の単位現在でも用いられる。現在、土地の面積でaやhaが用いられるのは、畝や町に近い値であるため。計量法により現在これらを計量の基準とすることは禁止されている。寸単位定規単位を「/33m」とすることで対応している。

ヤード・ポンド法

アメリカでは現在でも使われている度量衡。単位の統一をめる他のからは反対意見が多い。日本ではボウリングゴルフなどでにする単位である。

自然単位系

光速度やプランク定数など、不変な物理定数を基準にして考え出された単位系。単位そのものが々の感覚とかけ離れているため、ネタ単位系である。と言いたいところだが、定数の値を計算する手間が省けるため、量子力学などで使われる。 

代表的な単位

ここでは、固有の名前が与えられている単位(SIに関してはその限りではない)のうち、代表的なものを挙げる。非SI単位の中にはSI併用単位も存在するので注意されたし。

SI メートル法(非SI) ヤード・ポンド法 尺貫法  その他
長さ m Å in,ft,yd , , , , , 里,光年
面積 m2 a ro,ac 坪,畝, 東京ドーム○個分
体積 m3 gal,barrel , , , , 東京ドーム○杯分
質量 kg ct,t oz,lb , , , 貫 -
温度 K - - °F
N dyn,kgw pdl - -
Pa bar - - mmHg,atm
エネルギー J cal BTU - eV
仕事 W () () - -

独自の単位

一般的でない、独自の概念が生まれた際に、その概念を用いるコミュニティ内で利用されることがある(例: 1へぇ)。また、既存の分量に対して、より高い頻度で使われるまとまりを新たな単位として使う人たちもいる(例: 1DDR=200円)。

また、単純にネタとして定義されることもある。(1hyde=約1.5m[※正確な記述がWikipediaで見つからなかったため、おおよその値としました])

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8D%98%E4%BD%8D
ページ番号: 4508714 リビジョン番号: 1916570
読み:タンイ
初版作成日: 10/11/20 21:14 ◆ 最終更新日: 13/10/29 16:07
編集内容についての説明/コメント: 単位の一覧を追加。しかし不具合によりまだリンクができていません。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

単位について語るスレ

23 : ななしのよっしん :2012/09/03(月) 18:09:01 ID: gWfKXRbl7B
体重計で量るのって質量じゃなくてだよな
24 : ななしのよっしん :2012/09/22(土) 19:54:15 ID: bWzZ6H5H7t
>>23
電子びんで量ったっていいんだぜ
25 : ななしのよっしん :2013/05/10(金) 19:30:36 ID: iXvAU0xcTW
関連項フラクタルがあるけど一昔前はゼーガが単位だったな
26 : ななしのよっしん :2013/06/26(水) 13:51:51 ID: Tj+hXM7Lx7
大学に4年も在籍していまだ取得単位wwwwwww
除籍の危険がwwwwww
27 : ななしのよっしん :2013/07/12(金) 22:52:08 ID: dYEbYh/IrY
今の大学は年間取得単位に上限があって3年終了時に単位わないとこが多い
は4年で8単位専門科、しかも通年残してヒヤヒヤもんだったぜ
28 : ななしのよっしん :2014/04/29(火) 17:40:42 ID: zxmwqfiP5Z
メートル法とヤードポンド法にはそれぞれ狭義と広義があって
狭義は
メートル法 m(長さ)、kg(質量)、s(時間)、a(面積)、L(体積)
ヤードポンド法 ft(長さ)、lb(質量)、s(時間)、ac(面積)、gal(体積)
広義にはこれに加えて
メートル法 ℃(温度)、A(電流)
ヤードポンド法 °F(温度)、candle(度)
の2つが加わる。

尺貫法は日本式の場合は
尺(長さ)、貫(質量)、刻(時間)、坪(面積)、(体積)なんだが曲者が刻でこれは季節によって変わる(不定時法)。
尺貫法が物理学への適用がされていないのは物理学が西洋で発展したというのもあるが時間の単位不定時法だったのも大きい。
なお明治以降の尺貫法に関しては刻はガン視状態。かといって今更秒を借りてくるわけにもいかなかったせいか尺貫法には時間の単位事実上ない状態に。
29 : ななしのよっしん :2014/04/29(火) 17:54:47 ID: zxmwqfiP5Z
なおSIができる前はメートル法とヤードポンド法はそれぞれ単位またぎが限定的に許されていたらしい。
(具体的には電磁気学をヤードポンド法で取り扱う場合と学をメートル法で取り扱う場合の2つ。メートル法は度の概念がなくヤードポンド法は電流の概念がないため)

そのため昔は電流密度にA/in^2とか度にcandle/cm^2とかいったハイブリット単位もあったようだ。
30 : ななしのよっしん :2014/05/24(土) 23:17:30 ID: zxmwqfiP5Z
ちなみにメートル法とヤードポンド法で同じ単位もある。
周波数のHzで[Hz]=[1/s]だからこれはどちらの度量衡でも同じ。
cd(カンデラ)がメートルで一般的でないのは元々ヤードポンド法の単位であるcandleから生したのも大きいかもしれない。

結果として一般向けにはW(ワット)がcdの代わりに使われていることが多い。
cdやその組立単位の1つであるlx(ルクス)は皮にもヤードポンアメリカの方が常用しているという現状が…。
31 : ななしのよっしん :2014/11/11(火) 01:54:33 ID: l6xmjXwcRz
基本単位7つ全ての定義が物理定数を基準にしたものに変わるらしいね
32 : ななしのよっしん :2015/02/13(金) 10:00:29 ID: wqr+4JuICg
新しくアリーシャという単位ができた模様
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015