単語記事: 原村和

編集

title

原村和(はらむら のどかとは、漫画およびアニメ作品『咲-Saki-』に登場するキャラクターである。

本作品の主人公である宮永咲双璧を成すキャラクターで、実質もう一人の主人公と言ってもいいかもしれない。

担当声優小清水亜美

概要

清澄高校1年生。昨年度の全中学生麻雀大会(インターミドル)個人戦優勝者でもある。容姿端麗で成績優秀、弁護士は検事という恵まれた環境美少女キャラであり男子生徒に大モテ状態らしい。

キャラでも3本のに入る巨大なおっぱいの持ち。しかも阿知賀編においては小学6年生の頃から周囲で話題になる程のものをおもちであったことが判明した。それでランドセルを背負って通学する姿は正に犯罪クラスである。作品中でもおっぱいネタで弄られること多数、特に片岡優希からは親友でなければ通報されるレベルセクハラをしょっちゅう受けている。

イノリティ系と自称する少女趣味を持ち、プライベートでは作者は病気としか思えない独特のデザインをした私姿を見ることが出来る。なおメイド服を着ることにはまったく抵抗がい。
髪型小学生時代からツインテールだったが、インターハイ本戦から左のみサイドアップにした髪型となっている。
試合中に彼女の膝の上(胸の下とも言う)で抱えられているペンギンぬいぐるみエトペン」は彼女のトレードマークの一つであり、抱き枕も兼用していて宿泊先でもこれがないと眠れない、くしたりしたら泣いてしまうほど大切な友達でもある。ちなみにこのぬいぐるみ、作品中では盗まれたり引き裂かれたり、さらには高くまで蹴り飛ばされたりと一番バイオレンスな被にあっている。次はどんなに合わされてしまうのだろうか?

にして上品な性格。に対しても丁寧口調でとても礼儀正しく、停電ホラーっぽいものを極端に怖がるといった可らしい面もあるが、麻雀における勝負事には人一倍真剣であり、勝気で意地っりな一面も持つ。

実はネット麻雀における伝説級の強者「のどっち」の正体であり、そのことを知る者はごく僅かしか存在しない。

作品中の経過 

両親の仕事の都合により小6の時に東京都から奈良県小学校へ転校、一緒にバス通学している高鴨穏乃新子憧と友達になる。後に麻雀趣味であると知った二人に阿知賀女子学院へ連れて行かれた事で阿知賀こども麻雀クラブに入部する。この時に赤土晴絵松実玄に遭遇、二人からは々におもちネタで弄られていた。なお憧には当時「おっぱい転校生」と呼ばれていたことも発覚する。
中学校阿知賀女子学院の中等部へ進学することを決めるが、麻雀を続けるため太峯中学校を選んだ憧、熊倉トシスカウトされ福岡の実業団チーム入りを決めた絵と別れる事になり、阿知賀こども麻雀クラブは解散。穏とはクラスが分かれたことで疎遠になり、ついには自分も仕事の都合で中学2年の長野県へ転校することとなった。

長野では高遠原中学校に転入する。友達との長続きしない関係や別れに疲れ、もう友達は作らないと決めた矢先に通学途中で片岡優希と遭遇、他人の似とはいえ外見が穏と憧に似ていた事に驚き、「なら私とも友達になれるじぇ」と笑顔で返された事により友達となる。
転入して2ヵ後には優希と共に高遠原中学校麻雀部へ入部、室裕子に部長花田煌と遭遇する。既に当年度のインターミドル予選は終了しており、花田卒業したら福岡高校新道寺女子高校)へ入ることが決まっていたため、この年は公式の大会に出場することはかった。
3年になって新入生の夢乃マホを加え部員が5人となったことでインターミドルに出場する。団体戦は予選の1回戦で敗退したが個人戦では全優勝を決めて一躍有名人となった。

そしてこの時、優勝した間を高鴨穏乃新子憧が偶然テレビで見た事で後に阿知賀女子学院麻雀部が復活する動機となる。
ちなみに二条泉は個人戦で彼女と点差を競い合っていたらしい。
優勝者というステータスから高校進学では各校からスカウトされていたようだが、優希清澄高校を受けることにより、彼女との別れを惜しんで一緒に進学することを決めた。

清澄高校では入学した時点で優希と一緒に麻雀部へ入部。当時のメンバー部長竹井久に2年生の染谷まこ男子新入部員の須賀京太郎しかいなかったためインターハイは自分だけ個人戦出場するのではないかとマスコミに噂される。そしてこの後、太郎カモにするつもりで麻雀部へ連れてきた宮永咲と遭遇、3連続プラスマイナスゼロという人間離れした技量による勝負を放棄した麻雀をされたことに驚愕する
久の計らいで再度勝負を挑むがまたしてもプラスマイナスゼロを達成され、さらに次の勝負では咲だけが1000点、他が33000点の仮想スタートという条件で四暗刻ツモられ、今度は本当に得点差でトップに立たれて敗北する
(しかも仮想1000スタートではプラスマイナスゼロ達成)。
屈辱のあまり部室を飛び出し、後を追ってきた咲に「麻雀を好きでもない人に負けたのが悔しい」と打ち明けたことがきっかけで彼女が麻雀部へ入部する事となり、清澄高校インターハイ団体戦の出場資格を得ることとなる。
しかしインターハイ予選開催を前に彼女は東京の進学校へ転校するよう父親から言いつけられていた。優希に咲という友達の居る高校から離れることを頑なに拒んだ彼女はインターハイの全優勝を条件に清澄高校への残留を検討してもらうよう父親に提案した。

インターハイ予選では団体戦副将として出場、強化合宿の成果もあり解説役の藤田靖子プロから「以前とは次元が違う」と言わしめるほどの強さを発揮して1回戦を圧勝、決勝戦では彼女をライバル視する龍門渕透華を相手に前半戦では完全試合達成寸前まで圧倒した。
そして大将戦で咲が天江衣に勝利したことで団体戦優勝、個人戦では2位通過したことにより団体戦と個人戦両方での全出場を決めた。

インターハイ本戦では団体戦Bブロック2回戦で初お披露となり、副将戦では薄墨初美臼沢塞愛宕絹恵と対戦した。

後にAブロック準決勝戦をテレビ観戦中、阿知賀女子学院の名前とメンバー高鴨穏乃新子憧松実玄の名前があったことを知り、優希、咲と共に試合会場へ向かった。そして先鋒戦終了直後の入口ホールで3人と再会を果たし「そんな約束はできませんが」と言いつつ、決勝戦での対戦を誓い合った。

雀風

デジタルの打ち手で、運やオカルトの要素を一切排除した打ち筋。
麻雀漫画でのデジタル士はえてしてかませ役を担当させられることが多いのだが、彼女の場合は基礎が非常に高い事と後述の理由によりかませにはならず、むしろオカルトを撃退するほどの活躍を見せる。

彼女は長い間ネット麻雀を続けていた影なのか、ハンドルネームである「のどっち」が運営プログラムでないかと言われるほどの圧倒的な実を身につけている。しかしリアルでは場の空気に流されやすく、感情もブレやすいという弱点があった。
(それでも全中学生大会では優勝しているので総合的な実は十分に高いと思われる)
これをするため強化合宿で竹井久が提案した「ツモって切る動作の反復練習」と「エトペンを抱えたままで打つ」(これは半分ネタのつもりであった)を実践し弱点をリアルにおいても「のどっち」と同等の闘が出来るようになる。
この時の打ち方は第1打に5秒程度の思考をする以外すべての動作が即決即断で行われる。しかもすべての場面で点数期待値まで計算したあらゆる可性が考慮されているため、まれに裏を引くことはあるもののミス皆無となり、勢いが付けばにも止める事が出来なくなる。

さらにそこから気分が高揚し顔が潮すれば「のどっち」と全にシンクロした状態になる。
(この時、のどっちのアバターが召喚されるイメージが発生する)
この「のどっち状態」の彼女は視界がモニター越しの俯瞰画面のようになり、あらゆるオカルト的な影下でも全くブレる事く自分の打ち方を貫き通せるようになる。

前述の要素はあくまでデジタル打ちの本質を引き出す為の手段であり、彼女は宮永咲天江衣のような者ではない、しかし人間である以上なにかしらミスは起こりえると言うのにそれを皆無にできるという点から麻雀に限っては極めつけの異常者といえる。

そんなオカルトありえません(略称:SOA)

彼女を徴する要素として、麻雀におけるあらゆるオカルト全否定する点がある。
小学生時代に松実玄ドラ支配、高校では片岡優希の東場爆発宮永咲が見せるありえない数の嶺上開花の当たりにしても その全てを
そんなオカルトありえません
と一蹴し、それでも同じことが起こる場合は何かと理由をつけて絶対に認めようとしない。
他にも竹井久の悪待ちや染谷まこSOAと噛み付いており、夢乃マホに対しては彼女が泣き出す寸前まで糾弾した。
かしこの事が麻雀においてはプラスに作用することもあり、インターハイ予選決勝戦では東横桃子ステルス全になかったことにしたり、本戦の2回戦では薄墨初美を警して他が対策を施す中、然と危険して場を荒らし臼沢塞を多用させて大いに体を消耗させたりしている。 

関連動画


関連商品

関連静画

関連コミュニティ

関連チャンネル

お絵カキコ

原村和原村和原村和原村和

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8E%9F%E6%9D%91%E5%92%8C
ページ番号: 2864423 リビジョン番号: 2365780
読み:ハラムラノドカ
初版作成日: 09/04/20 21:11 ◆ 最終更新日: 16/05/25 14:12
編集内容についての説明/コメント: 誤字修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


おp・・もとい、opの模写

あのシーン

模写

模写+α

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

原村和について語るスレ

358 : ななしのよっしん :2015/08/10(月) 15:06:29 ID: S6ekdfKymO
やっぱりどう考えても、和には「自分に作用を及ぼす類の異を限定的に効化する」ぐらいのを持たせてあげないと、全勢のパワーインフレが著しくなって来ている現今、彼女が作中で活躍する際に違和感ご都合主義的な印とがまつわりついてしまう気がする。
べつに睨んだだけでを封じる必要はないけど、せめてデジタル的な正統な打ち回しが評価される土俵で戦えるよう、自分に作用するだけを打ち消せるぐらいのはあってしかるべきだと思うんだよな。
理不尽にをいじってくる連中に対する何らかの抗拒手段がないことには、今後のどかを活躍させることそのものが不可能だって感じてしまう。
359 : ななしのよっしん :2015/10/04(日) 23:54:53 ID: Ft65M33gnt
ステルス打ち破ったときみたいに、どんなでもSOA視できたらかっこいいよね。
360 : ななしのよっしん :2015/10/30(金) 00:44:50 ID: km9SLCZDxl
逆に「人の身に過ぎたる正確デジタルなんて、そんなオカルトありえません」とか看破されそう
361 : ななしのよっしん :2015/11/04(水) 01:14:10 ID: UuMVx464I/
結局信念のある打ち手は運がいいと明言されてしまったな。あるいみ自身がオカルトだった。
362 : ななしのよっしん :2015/12/16(水) 16:47:35 ID: 66WDdhfLkY
実はまだ親子対決が残ってたり。
決勝を勝ち上がれても、親を納得させなければならない
363 : ななしのよっしん :2015/12/16(水) 19:37:52 ID: cCktSnDmOZ
結局転校することになっちゃって、来年か再来年にライバルとしてまた全の舞台であいまみえるとか燃える。
364 : ななしのよっしん :2015/12/17(木) 13:58:37 ID: oLmUy9zhNa
実際、決勝では清澄は負けて、咲&和の高3時を舞台とした続編「和」が1年次の個人戦の決着後に開始するんじゃないかとか予想してるががが
咲も和も、どちらも大将向きのプレイヤーだし

転入する先が糸台で、先鋒あわあわ、大将和とかになったら熱い
365 : ななしのよっしん :2016/03/24(木) 00:50:28 ID: +h/k5Pw93z
アニメ1期の個人戦でアニメスタッフが予定してた咲vs和は
作者が「その対決はしないで下さい」つってたから

いつかは作者自身でやりたいんでしょうね
ていうかこの作品のラストバトルが咲vs和でしょうな
366 : ななしのよっしん :2016/05/31(火) 22:36:49 ID: S6ekdfKymO
>>359
個人的には、そのぐらいはしてほしいって思う
いちおう主人公の片割れなわけだし、オカルト勢から痛い子扱いされたり、オカルト勢と較されて弱い子扱いされたりするのは悲しいんだよ
367 : ななしのよっしん :2016/09/11(日) 14:48:00 ID: D9RKFTbQH8
嘘つき爆乳の始まり』の主人公似てない?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015