単語記事: 双亡亭壊すべし

編集

壊すべし

あの 壊すべし

<双亡亭>を 壊すべし

<双亡亭> 

 壊すべし

概要、読むべし

双亡亭壊すべしとは、週刊少年サンデーにて連載中の漫画作品である。
作者藤田和日郎月光条例からおよそ4年ぶりとなる週刊連載となった。

これは双亡亭という、どの町にも一つはあるであろう幽霊屋敷と、そこに挑む者たちの活躍を描く物語うしおととらを始めとし、恐ろしい描写とみんなのトラウマについては事欠かない作者が送る震撼のスペクタクル・モダンホラーである。
作者の作品に慣れ親しんだ読者にとっては言うまでもないことかもしれないが今回もトラウマ演出が目白押し。特に今作は舞台が舞台であるためか、ホラー描写についてはのっけから全投球されており、読む者全てに凄惨で残酷な展開が待ち受けている。
反して登場人物はどいつもこいつもクセが強く危うさを抱えているが、理不尽や極限状況に対し徹底的に反抗する熱い心を持つらで構成されており、ある種の安心感を与えてくれる。
未だ物語は始まったばかりであり先も読めないが、舞台となる魔窟に相応しい一生残る恐怖と衝撃と、それらを駕する一生残る勇気を期待したい。

粗筋、知るべし

ある日、日本の沼半井という町が航空隊によって突如として爆撃された。
一切合切が焼き払われ、辺り一帯は焦土と化した。事な建物などあるもなかった。
……にも関わらず、そこには瑕疵一つなく傲然と聳え立つ屋敷があった。

大正時代よりそこに在る屋敷の名は<双亡亭>

以降、政府は双亡亭を破壊せしめた者に予算248億円を支払うと宣言。広く、そして手段を選ばず人材を募り始めた。
除霊のエキスパートや巻き込まれただけの一般人、得体のしれない怪物に至るまで。
立場もも違う、様々な人間と思惑が入り乱れる中、口にする言葉だけは皆同じであった。
――双亡亭、壊すべし。

人物、識るべし

  • 凧葉 
    過去からやってきた少年。事故で行方不明となっていた旅客機と共に現れた。
    事故から45年というを経ているにも関わらず、その容姿や精子供のまま。更には手足をドリルへと変形させたり、霊霊を吸収したりといった、人の身にあらざるを有している。
    双亡亭を破壊する事に取り憑かれているかのような精状態にあり、邪魔立てする者には容赦しない。が、不思議なことに務の描いたネコを見ると気を落ち着かせるという特徴がある。
  • 凧葉 務
    絵本作家志望のビンボー絵描き。出版社に持ち込みを繰り返すも、子供向きとは言い難い暗い作のため鳴かず飛ばずに終わっている。
    一は務にとっての従伯父(祖息子)に当たり、身寄りのい彼の身元引受人として政府に呼び出されたが、コレが運の尽き。以降様々なゴタゴタに巻き込まれ、結果として双亡亭の調・破壊に身を投じる羽になった。
    うだつの上がらないダメ人間であるが、いじめ等の理不尽をにすると助けずにはいられないお節介焼きでもある。
  • 立木 
    復讐を誓った少年。元々は絵を描くのが好きなただの子供だったが、双亡亭に父親を「喰われ」てしまうという悲劇に見舞われる。ショックにより心神喪失状態に陥っていたが、務の言葉を切っ掛けに覚醒。復讐として、双亡亭を破壊をするという決意を固めた。
    現在のところ特にこれといった特殊いが、その遇と歳が近いせいか一とは仲がいい。
  • 柘植 
    九州から参上した<覡>の女学生。小を用いてお祓いを行う巫女であり、そのは名実ともに日本一
    両親が離婚しているため苗字が異なるが、朗とは姉弟である。覡の実朗の一件から政府直々の依頼を受け、双亡亭の破壊に向かう。
    やたらとスペックの高い女学生であるが、朗の事となると取り乱したり、都会でが分からず号泣したりするなど、感情の起伏がかなりしいという欠点を持つ。
    物語が進むにつれ、相手の悩みを摯に受け止め、心を開かせる務を慕うようになる。

動画、見るべし

商品、買うべし

項目、辿るべし


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8F%8C%E4%BA%A1%E4%BA%AD%E5%A3%8A%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%97
ページ番号: 5432882 リビジョン番号: 2481297
読み:ソウボウテイコワスベシ
初版作成日: 16/07/18 23:06 ◆ 最終更新日: 17/04/20 08:02
編集内容についての説明/コメント: 紅の文章追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

双亡亭壊すべしについて語るスレ

30 : ななしのよっしん :2017/09/07(木) 23:38:24 ID: 4O3nl39OeS
2巻の、曲者ども登場シーンがほんとワクワクしたなあ
つわもの達が双亡亭入ったとたんに半壊するのがまたなんとも
でもあの中でおっさん二人組がまだ登場してないよね?

巻末についてる作者からのメッセージが毎回怖すぎる
「ちょっとだけが解けて女の子が助かったから今ほっとしただろ?」って読者の気持ちを言い当てられてぞくっとした
31 : ななしのよっしん :2017/09/13(水) 11:36:39 ID: iDRxxQ8TeA
陰陽師おっさん二人どうしてるんだろうね
少尉殿が潮みたいなキラキラした瞳が塗りつぶされて血まみれの復讐者と化してるの凄絶すなぁ…
32 : ななしのよっしん :2017/09/18(月) 21:21:26 ID: /Il5GAkULP
 主人公少年と青年の2チーム制に分かれていたり、複雑怪奇な設定、先が闇のように見えない展開が、ちょっと「からくりサーカス」っぽいかなぁと思う。
 オレ、「からくりサーカス」すっげー好きだから、毎週ワクワクしながら読んでる(もちろん藤田作品は全部好きだが)。
33 : ななしのよっしん :2017/09/20(水) 22:27:13 ID: vq4XmJnWL5
こと泥努がマコト(一のキョウダイ)の可性は残回想よっちゃんが出たことでほぼ消えた
でもいろんな人の考察を見て帰マコトだと考えると褄が合うんだな
言われてみればとは出てない
一巻の一宅の回想の靴がリボン付きの女の子っぽい
一巻の女子高生の「・・・だったかな?」
そして、何故か残に付いて双亡亭に行くことを即決、霊髪の毛を自在に操れる
まったく気付かなかったけど伏線はちゃんとあったんだなぁ
しかし、ちっちゃかった美人女性になってたら一はどんな反応をすればいいんだ
34 : ななしのよっしん :2017/09/22(金) 21:50:34 ID: iDRxxQ8TeA
読み返すと絵の中での精神攻撃
ピシピシピシって隙間が出た後、その次の次のコマではパキョって告白してるタクハさんメンタルお化け過ぎる…
35 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 20:55:03 ID: nqXvsbbIBZ
流れ星の正体は宇宙人と清一のタイムスリップしたもの
坂巻や帰が清一のの子孫で
坂巻が狂ったのもらのせいだとすると、宇宙人のせいなんだけど
清一がそれ以外のナニカを恐れてるからもう一捻りあるのかな?
おかっぱ座敷童が来週出るからそこで何かわかるかな?
36 : ななしのよっしん :2017/09/30(土) 21:02:11 ID: yvVehNBBM/
ちゃん初登場時にマコトみたいに体育座りしてるのよな
37 : ななしのよっしん :2017/10/18(水) 18:15:34 ID: iDRxxQ8TeA
イイチ君たちにフルボッコにされて逃げようとしてた
隕石になって地球に落ち延びてきたは別固体なのかしら
単行本読まないとわからなくなってきたなー
38 : ななしのよっしん :2017/10/18(水) 19:41:16 ID: iTJPYnLzYN
>>37
は別個体だと解釈してる
39 : ななしのよっしん :2017/10/18(水) 23:15:03 ID: iDRxxQ8TeA
だよね、惑星から飛び出してあっちこっち彷徨った種子のひとつが地球突したって話だったし
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829