単語記事: 反物質

編集

反物質とは、ある物質とべて質量と運動量が同じで、電荷などの性質が全く逆である物質である。

陽子・電子・中性子などの粒子に限定して「反粒子」と呼ぶ事もある。

概要

原子は陽子・中性子・電子に分解する事が出来る。原子の種類の違いは含まれる陽子・中性子・電子の数が違うだけであり、「陽子と中性子と電子から出来ている」と言う点はどの原子でも一緒である。

陽子・中性子・電子の反粒子同士で構成された原子、すなわち「反原子」も存在する。

 

反物質の例としては、例えば電子は1個あたりで以下のような性質を持つ。

である。
電子の反物質、「陽電子」は電荷のプラスマイナスが逆なだけで他は電子と同じと言う粒子。

なお電荷的に中性である中性子などを含めた、あらゆる物質に対してそれぞれ反物質が存在し得る。

20世紀初頭ではあくまで仮説の上での存在であった。
最初に可性を提唱されたのは上記の陽電子であり、「電子と全く同じ質量・電荷を持ちながら、正の電荷である粒子」の存在が示唆された。と言っても当初はこれは陽子の事であると考えられており、反物質と言う概念が出来たのはもう少し後である。(陽子と電子では質量がおよそ1836倍も違うのだが、この質量の違いについては未解決問題として後に回してしまっていた。)

電子に対応する正の電荷を持つ粒子は質量も同じはずである、と言う摘は当時からあったが、上記の陽電子の存在を示唆する研究が発表された1930年の2年後、宇宙線の研究の中で陽電子が実際に発見され、「正の電荷を持った電子」として「陽電子」と命名される。

それからしばらくして1955年、粒子加速器の研究において反陽子と反中性子が発見される。
さらに1995年には反陽子1個と陽電子1個を組み合わせた物質、すなわち「反水素」を生成することに成功している。

対消滅

反物質は、対になる反物質と接触すると消滅する。これを対消滅と言う。

詳しくは対消滅の項を参照。

宇宙の始まり

ビッグバン直後の極めて高いエネルギー状態の宇宙では、おびただしい量の物質と反物質が生成と消滅を繰り返していた。エネルギーからは物質と反物質が必ず同数生まれる。なのでこのままでは全て対消滅して消えてしまうはずである。ところが物質と反物質には性質に極々僅かな違いがあり(CP対称性の破れと言う)、これにより極々僅かな物質だけが生き残った。今あるすべての物質はこれら生き残りの物質である。

反物質の作り方

反物質のうち、較的質量の小さい陽電子を得ることは実はあまり難しいことではない。放射性物質の中には陽電子を放出するものが多く(カリウム40が代表的)、実験で少量だけ必要な場合や、医療用の陽電子断層撮影診療にはこれらを用いる。加速器実験などで大量の陽電子が必要な場合は、強レーザー金属に照射することで得られる。

ところが、質量が陽電子とは較にならないくらい重い反陽子などの場合は、これらの手法は使えない。現在のところ加速器で加速させた陽子を金属にぶつけ、稀に発生する反陽子を少しづつ集めることしか方法がない。

遠い未来、遠方の惑星や他系などへ人類が進出するためには反物質を用いた推進機関が不可欠になってくる。これらの燃料となる大量の反物質を生産する方法として『の対生成』が考えられる。

”は全くの“”ではない。ミクロ世界では量子論的効果により“存在という概念”自体が揺らいでいるため、数の物質と反物質が生成と消滅を繰り返している。ただこれらのプロセスプランク時間(5.39106×1044 秒)、プランク長(1.616199×1035m)の範囲内で起きているためマクロ世界からは“観測されない”だけなのである。これらの粒子を“仮想粒子”と呼び、はこれら仮想粒子で満たされている。

ところが、な電界をかけると仮想粒子の中の物質と反物質を引き剥がし、マクロ世界に連れてくる事ができる。具体的にはレーザーを収束して、発生する電界を用いてから反物質を取り出し、磁場で選り分けるという手法が考えられている。この手法なら質量の大きい反陽子も量産可である。

ただし、現在存在するどんなに強レーザーでもこの手法に使うには出が小さすぎる。将来的には太陽エネルギーにとするレーザーを多数搭載した工場を可な限り太陽に近い軌にのせて反物質を生産させようというプランが存在する。

フィクションに登場する反物質

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8F%8D%E7%89%A9%E8%B3%AA
ページ番号: 4320171 リビジョン番号: 2025639
読み:ハンブッシツ
初版作成日: 10/03/28 01:28 ◆ 最終更新日: 14/05/20 02:01
編集内容についての説明/コメント: 極黒、暗殺追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

反物質について語るスレ

55 : ななしのよっしん :2013/11/14(木) 03:28:34 ID: dlNK+yHDNP
反物質は時間も逆行するとか聞いたけどマジ
56 : ちゃりんこ :2013/11/27(水) 15:31:35 ID: J8pO1gKNpG
>>55
相対性理論によると時の対性により時間を遡ることは禁止されていない、ということ。
ここで注意しなければならないのは、時間逆行は理論的に禁止されていないだけで可という意味ではない。

いずれにしても、反物質は関係ないけどね。:-p
57 : ななしのよっしん :2013/12/16(月) 18:30:59 ID: 8Cl9OVfsJ8
>>55
反物質は電荷が反対なだけで他の性質は全く同じだよ。
だから、理論上はすべての物質が反物質で構成された宇宙も存在できる。
(その場合は々の宇宙にあるものが反物質と呼ばれるだろう)

時間々はタキオンじゃないかな?(質量が負の粒子)
まあ、理論上は存在しうるけど、仮に存在しても検出が根本的に不可能じゃね?
とか言われてるが。
58 : ななしのよっしん :2013/12/24(火) 03:27:28 ID: T1rBiWYKDi
ポケモンでもギラティナという「反物質世界ポケモン」が出てくる。
反物質で構成された異次元世界「破れた世界」を支配する伝説のポケモン、とされている。
59 : ななしのよっしん :2013/12/24(火) 03:39:05 ID: hIZN9dTUUE
反物質というと某超兵器とか某SFを思い出すなあ
冷静に今考えてみると恐ろしい兵器だわ
60 : ななしのよっしん :2014/03/23(日) 02:08:01 ID: M/eafUKUU/
>>57
反物質は時間を逆行する正物質と見なすこともできる」
ってファインマン先生がご冗談を言った話だと思うよ

あとタキオンは質量が虚数の架粒子ね
もし質量が負の物質があればそれは負の重力を出すから観測できるはず
61 : ななしのよっしん :2014/05/27(火) 18:33:39 ID: WssyjUUI4T
「The Giant Claw」て反物質リアを操る宇宙怪獣映画があった
62 : ななしのよっしん :2014/05/28(水) 14:30:18 ID: /xgxBuNnJ1
http://www.gizmodo.jp/2014/05/post_14619.html

光子同士を衝突させて、から物質と反物質を作り出すことに成功した。
理論自体はずっと昔からあったし、加速器内ではしばしば起こっていることではあるが、これを人為的に高い確率で起こすことに成功したところが新しい。

・1 レーザーで電子を光速近くまで加速してターゲットにぶつけると高エネルギー光子が発生する(電子制動によるものなのでガンマ線に近いX線)
・2 で出来た小さな筒をレーザー高温に加熱。筒の中を熱放射による大量の光子で満たす。
・3 1で発生した光子を2の筒に通すと光子同士が衝突して電子と陽電子が発生する。

これで反物質量産の基礎が出来上がったというわけだ。今世紀中には技術が確立するだろう。
63 : ななしのよっしん :2014/09/24(水) 22:18:01 ID: LYj9nRythl
ウォーシップガンナー2で反物質を自艦に搭載できるのはPSP版だけだぞ

64 : ななしのよっしん :2014/11/30(日) 21:06:55 ID: SenJUy97LW
>>57
それってもしその宇宙々の宇宙が衝突したらどうなるの?
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015