単語記事: 古事記

編集

 古事記とは、

1.「乞食」の(インターネット上における)隠語

2.現存する日本最古の歴史

である。ここでは2について記述する。

概要

 内容は日本神話歴史などが書かれている。上巻・中巻・下巻より構成され、内容は全文が漢字で書かれている。上巻と中巻の途中までは神話伝説が中心となり(代の物語)、それ以後は歴史の記述(人代の物語)が増えていくが明確には区別されていない。また上巻には編纂の経緯などを述べた序文も含まれている。

 成立は奈良時代の和同5年(712年)。その50年程まえ申の乱で勝利した天皇は、紀(皇室系図)と本辞(古い物語)が色々な誤りが生じ、本来の形が失われていることを嘆き、稗田阿礼(ひえだのあれ)という28歳の舎人(とねり)に言葉を賜って、皇日継(すめらみことのひつぎ、紀)と先代旧辞(さきつよのふること)を暗記させた。

 その後、30年経って元明天皇はその知識が礼の死で失われてしまうことを惜しみ、太臣安麻侶(おおのあそんやすまろ)に詔して、礼の謡むところから古事記の三巻を書き上げさせた。

 普通は「こじき」と音読みするが本居宣長は「ふることぶみ」と訓読みする説を唱えた。

 有名な逸話

日本書紀との関連

  日本書紀と古事記は合わせて記紀神話とまとめられているが、正史とされているのは日本書紀のほうである。

 また、日本書紀と古事記ではいくつかの違いも見られる。例えば出てくる当て字が異なっている(例:倭建命古事記)と日本武尊日本書紀))。さらに同じ逸話でも若干の差があったりする。

サブカルチャーにおける古事記

 アニメ・ゲームなどにおいて神話の話がモチーフにされたり、神話に出てくる言葉が使われる事は多い。例えば、

日本神話も例に洩れずいくつかのエピソードや武器などがゲームアニメなどに登場している(ヤタガラスなど)が、古事記というより日本神話に関連しているといった方が正しいだろう。
記事「日本神話」の項サブカルチャーにおける日本神話」には一覧が載っているのでそれを参照しよう

関連動画

関連商品

     

関連項目

一般項目

古事記に出てくる用語

古事記に関連する神社・地名

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8F%A4%E4%BA%8B%E8%A8%98
ページ番号: 4290024 リビジョン番号: 2311690
読み:コジキ
初版作成日: 10/02/21 17:03 ◆ 最終更新日: 16/01/11 18:52
編集内容についての説明/コメント: 概要に加筆。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

古事記について語るスレ

52 : ななしのよっしん :2015/09/01(火) 01:46:03 ID: VZHq2FPsyv
古事記にもそう書かれている
の説得やめろ
53 : 碧海聖龜 :2015/11/10(火) 12:33:42 ID: dzEaRupwoR
>>50
じゃあ、天皇紀と記は
先代旧事本紀は
竹内文献とホツマツタヱは
オメガアルファ
東日流外三誌と上記は
アルタイルシリウスwww
54 : ななしのよっしん :2016/03/10(木) 07:40:45 ID: tBR1D784O3
???<おじぎをするのだ古事記にもそう書かれている!
55 : ななしのよっしん :2016/08/30(火) 23:22:08 ID: KniJ9JJ7Vr
古事記読んでるとわかるけど日本人全く進化してないわ
昔のままだわ
56 : ななしのよっしん :2016/08/30(火) 23:25:52 ID: 3Vkkx0VIi1
伝統大切にして作ってるもんな
57 : ななしのよっしん :2016/09/07(水) 11:03:59 ID: 6HYV7eIk8W
日本は伝統的にかったところに、ヒマラヤ山麓(東南アジアインド(アッサム)・中国(雲南))で誕生したサティバ種のが、朝鮮半島・揚子江・「上の」(沖縄奄美)等を経由し、九州に入って作が広まった
その意味では、日本人作をできる技術まで進化したと言える


日本への伝播
サティバ種Oryza sativa L.は、東南アジアアッサム雲南地方にわたるヒマラヤ山麓(さんろく)に紀元前7000~前6000年に起したといわれ、現在世界中の稲作地帯のほとんど全部で栽培されている。サティバ種は野生稲のペレニス種から栽培化されたことはほぼ確実で、この野生稲は日本に存在しないから、サティバ種は日本で栽培化されたとは考えられず、外から渡来したものである。
日本へのイネの渡来経路は少なくとも三つある。すなわち朝鮮半島経由、揚子江(ようすこう)南から、および「上の」(南方から)で、いずれも北、西あるいは南から九州に最初に上陸し、やがて東進した。渡来の時期は弥生(やよい)時代初期あるいは縄文時代晩期といわれ、それ以前にア
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
58 : ななしのよっしん :2017/03/09(木) 20:18:00 ID: f77K8mcsMa
古事記は読んで日本書紀は読んだことなかったので現代日本書紀読んだけど
後半は「◯日に外(大体半島)から使者が来た。×日に使者が帰った」ってのが多いな
本屋の記紀コーナーでの解説本で古事記が多い理由が分かった気がする
59 : ななしのよっしん :2017/07/23(日) 19:56:40 ID: N8hEhGyLB/
55
日本人進化してないんやない。
人間の本質が変わっていないだけや。
60 : ななしのよっしん :2017/08/09(水) 19:33:51 ID: ejdsqvjHZ9
>>51
あっ…(察し)
61 : ななしのよっしん :2017/08/20(日) 23:21:10 ID: r5miFaLqSl
作の起がヒマラヤ山麓なのはもう古い説で、長江中流域起説が流。
考古学が進んで、野生稲と栽培稲の分岐が分かってきたからね
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829