単語記事: 古文

編集

古文は、日本語の古なり。

概要

時代より古き文にて、書き言葉なり。戦前においてはなじみあり、新聞、小説につかはれること多々ありけり。されど現代人は受験のゆゑに学び、あまたの受験生、苦しめらる。入試に課さざる大学は稀なり。支那の古き文は漢文と呼ぶ。古の人、現代人を苦しめんと欲して古文漢文を残すにはあらざりけれど、あまたの学生古文漢文を嫌ひ、これを好む者を某は未だ聞かず。明治以降、古文真似て書かるる文は、擬古文なり。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8F%A4%E6%96%87
ページ番号: 5032232 リビジョン番号: 1730369
読み:コブン
初版作成日: 13/01/23 10:17 ◆ 最終更新日: 13/01/23 10:17
編集内容についての説明/コメント: 作成。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

古文について語るスレ

6 : ななしのよっしん :2015/07/29(水) 23:39:08 ID: CeBjmX5sEX
今は昔三浦といふ男、従者と蹴にて帰りたる折、裏通りに塗りのありて、なる荒武者乗りけるを三浦が後より当てにけり。塗りより出でたるいと怒りて「やうれ、降り参れ、より降り参れ、免状あらんや、免状見せよかし」と挙げる様かまびすし。
操りたる中田冠者は三浦の従者なり、取り出だしたる免状をささと奪いたる「うぬらに連れ参れ」とて、先に屋敷に戻りけり。屋敷に入りたる三浦と従者、 に「免状返し頂きたく」とて懇願せるを、「そが謝りたるや、とくとく土下座すべし」 とて怒り抑ふるを知らず。土下座したる三浦と従者、かうべ垂れ下げ「許したまへ」と管謝りにけり。
邪なる笑みにて「免状返してほしくば狗真似為せ四足にて」とて命じたり。「急ぎたれ」とて急かしたるをかし。  
三浦「為せば免状返したもうなりや」と尋ねたるを、「や、慮らんや」と。返すとなむ言わざりける。
7 : ななしのよっしん :2015/08/05(水) 07:22:39 ID: CVFenMxGlv
概要をもうちょっとやまと言葉にできないだろうか
8 : 削除しました :削除しました ID: CXkGsCac+i
削除しました
9 : 削除しました :削除しました ID: CXkGsCac+i
削除しました
10 : ななしのよっしん :2015/09/24(木) 00:31:28 ID: 1IsXFU8zIk
>>7一応漢文書き下し調も古文だけどね
11 : ななしのよっしん :2015/10/21(水) 00:02:53 ID: Bo3b9PM/JQ
苦しめん、って意志?文中にあったら婉曲庭じゃね?
12 : ななしのよっしん :2015/11/23(月) 14:22:41 ID: Gwq+mR+kie
然形とはなにかさっぱりわからん
すでに終わっているとはなんぞや?
未然は◯◯していないとか
命令なら◯◯しろって解るけど
連体なら名詞にくっつくって解るけど
訳しかたがさっぱりわからん
13 : 削除しました :削除しました ID: uTmk7eLq0z
削除しました
14 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 15:59:36 ID: z6YjoIVB+P
省略ほんとにうざい
15 : ななしのよっしん :2017/03/22(水) 00:56:49 ID: dgwg5moqOv
>>12
昔習ったけど忘れてしまった
あったなそんなの
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015