単語記事: 古明地こいし

編集

古明地こいしとは、ZUN上海アリス幻樂団制作弾幕STG東方Project」作品内に登場するキャラクター

東方Projectの登場キャラクター

概要

意識の奥に潜む怪テーマ曲:ハルトマンの妖怪少女

登場作品
東方地霊殿 ~ Subterranean Animism.EXステージボス
ダブルスポイラー ~東方文花帖
LEVEL9 被写体
東方心綺楼
プレイアブキャラ

種族:                  妖怪「覚(さとり)」
危険度,活動場所:  不明
人間友好度:         皆


地霊殿である古明地さとりと同様他人の心を読むことができるが、他者の心を読むことにより嫌われるのを恐れて第三の眼を閉じて意識に身を置く。

意識で行動する彼女は、誰一人と存在に気付かれない。心を閉ざしたため感情も薄れてしまっているが、霊夢たちと出会い少しずつ変わっていく。

EXステージではさとりペットである霊烏路空が山の上のを貰ったことを知り、自分のペットにもそのを与えてもらうために地霊殿から地上へ。自分の妖怪の山天狗たちに気付かれることなく守矢神社までやってきたところ、霊夢達に出会った。

その意識の振る舞いを、「心を閉ざしているのではなく、にすることで【】の地に近づいてるのではないか」と捉えた聖白蓮に勧誘され、命蓮寺の在信者となった。

そのによって、人間であろうと妖怪であろうと存在自体を認識することが難しい。しかし、他人との界を確立ていない子供はその例外であるようで、彼女を慕う者が多い。この様について、稗田阿求求聞口授においてイマジナリーコンパニオン(イマジリーフレンドとも。幼少期に、一定の割合の子供が経験する解離性障の一種)との共通性を摘している。心を閉ざしたサトリ妖怪である彼女は、暫しアイデンティティを失った存在とみなされるが、これこそが現在の彼女の妖怪としての姿と言えるのかもしれない。なお、イマジリーフレンドは、子供にしか見えないなど座敷童子の伝承と共通する部分が多い。

一部のキャラで挑むと、倒した後放置プレイを喰らう(´・ω・`)

 

名前の由来としては、様々な憶測が立てられている。下記は一例である。

  1. 「他者から感知されなくなる」から、ドラえもんのひみつ具「石ころ帽子
  2. 意識」=意思ある行動(故意)の死・閉じたの瞳=故意死・
  3. さとり)の敵=かつて妖怪「覚(さとり)」を怯ませたといわれる、人間が意識に蹴り上げた「小石」
  4. 苗字から「眼」を取った名前(「こめいじ」から「め」と見たが眼に見える濁点「゛」を取ると「こいし」になる)

同じくEXボス妹キャラフランとは違い自らの異常に自覚があるが行動が止まらないという、フランとは別のタイプキャラである。

外見・容姿

フリルをふんだんにあしらった装で可らしい容姿をしている。
ZUN帽備。奇抜な装の多い幻想郷の中でも、素直に少女らしいデザインである。

さとりと同様、胸の位置に第三の眼を持つが、後述の理由により眼は閉じている。

髪の色については地霊殿の立ち絵では確認しづらく、見た限り銀髪だと思われていたが、原作古明地姉妹の立ち絵に画像処理のネガポジ反転をかけると、装や帽子髪の色が、さとりこいしに、こいしさとりの配色に酷似するため緑色ではないかと言う説が混在しており、このどちらかまたは間を取ってがかった銀色で描かれることが多かった。
心綺楼参戦で開されたalphes絵では髪の色黄緑色で、大方の予想より遥かに黄色かったことが判明した。
また、白目が極端に少なく瞳孔のがっぽいという独特なをしており、「心綺楼こいし」と言うタグになっている。

また、弾幕展開時に、グリコ 荒ぶる鷹のポーズ 両手を上げたポーズをとる事も特徴的。
このポーズ心綺楼でも再現されており、その他にサードアイ触手を伸ばしての攻撃(それによる、サードアイ触手はある程度出し入れできるという衝撃の事実)や、強攻撃の所謂「ひらめいた!」の電球(物理)、手をぶんぶん振るかわいい勝利ポーズ等のネタが追加された。

能力

意識を操る程度の能力

他の者に存在を感知されなくなる他に、その行動を読まれにくくなる。
実際に彼女は天狗や他の妖怪に気付かれることなく妖怪の山を登りきった。
オプティカルカモフラージュも形しである。

彼女と彼女の元ネタである妖怪覚(さとりは、人間の意識の行動によって痛いを見た。
それを皮ったなのかも知れない。

しかし、彼女は心を読むことができる第三の眼を閉じてしまったため、他人の心を読むことが出来なくなってしまった。
彼女いわく、「人の心なんて見ても落ち込むだけで、良い事なんて何一ついもん」とのこと。

このは本人もイマイチコントロール出来ておらず、イマジリーフレンドである当人自身が「自分にすら自分の次の行動が読めず、自分の行動ログが度々すっぽ抜け、しまいには自分が何をやっているのかよく解らない時がある」というさながら解離性障のような状況を呈しており、本人も(なけなしの自覚で)困っている。

心を閉ざしたこいしに対して、であるさとりの「心を読む程度の能力」は効果がない。
そのため彼女は「は自分に勝つことは出来ない」とっている。

スペルカード

や本、抑制、深層など小難しい名前がつくスペルカード心理学哲学、そして彼女のテーマ曲の元ネタであるエドゥアルト・フォン・ハルトマン及びハインツ・ハルトマンを元にしたスペルを使用する。
詳しくは「ハルトマンの妖怪少女」を参照。

彼女のスペルカードの中でも「夢にご先祖総立ち」はあまりのネーミングセンスに数多のプレイヤー然とした。想像するとあまりにも恐ろしいだが、スペルカードにすると途端にお笑いになるというのはこれ如何に。

スペル一覧及び、二次創作的な解釈

東方地霊殿EX

「夢にご先祖総立ち」
ユングの「集合意識」を言い換えた表現であると推測される。地霊殿が販売したのはお盆であるため、墓参りもせずにゲームを買っているプレイヤーに対する皮ともとれる。
弾幕パラノイア
パラノイアとは偏執病(へんしゅうびょう)のこと。被妄想や誇大妄想を抱く精病。
『ちょん避けしていれば当たらないクナイ』の所為でただの自機狙いが大変に見える(誇大妄想)本当はちょん避けすればいいだけのところ、微調整してるうちに自機狙い弾がばらついて当たるスペル
「イドの解放」
イドとは精分析学の用
意識層の心の働きで、性的衝動を中心とする感情、欲、衝動を自に伝える。普通は「スーパーエゴ」()によって抑えられているが、解放されたことによってハート情)が放たれる。
抑制「スーパーエゴ」
意識と意識にまたがっており、自(意識)とイド(意識、本)を規範で押さえつけて、イドを抑制する機を持つ。
イドの解放によって放たれたハート弾が、感情を抑制するようにこいしに戻っていくスペル
反応「妖怪ポリグラフ」
ポリグラフ=発見器。をつくと(というより動揺すると)グラフが大きく変動するので、それでを付いているか分かる装置。画面下にEnemyマーカーが出ているが、実際は耐久スペル。つまり
過去に自を強要するために使われたり、考えていることも分かる装置であるとされていた。ばっかり。
意識「弾幕ロールシャッハ
性格検のひとつ、ロールシャッハテスト
左右対称インクのシミから、被験者が何に見えるか直感で答える。こいしが描くように放っている弾幕リサジュー図形。直交する二つの単振動を合成して得られる軌跡が描く面図形のこと。
なお、弾幕を見ていると立体的に見えるが、弾幕自体は面である。
復燃「の埋火」
埋火(いけび、うずみび)→の中にうずめた炭火の中なので燃焼せず、が断熱材として熱をかなり保つので、は長時間熱く、炭にも再び掘り起こしてを送るだけでくなる程度の熱が長時間保たれる。
復燃→霊夢達と出会い、相手の事をもっと知りたいと思い、閉じていた第三の眼が緩んだ(キャラ設定参照)。もしかしたら地雷(うずめび)のことをしているのかもしれない。
深層「意識の遺伝子」
ユングは、意識には祖先の経験したものが遺伝している部分があるとした→遺伝子
DNA二重らせんをイメージしたらしき交差弾幕を放つスペル
「嫌われ者のフィロソフィ
フィロソフィとは「知(sophia)をう(philo)」という意味。哲学を意味する。
哲学はその非生産的な性質などから多くの批判を受けている。しかし哲学が間違った学問というわけではなく、むしろ後の世に多大な貢献をした学問であるといえる。この「嫌われ者」については多数の解釈が出来るが、有なのは地底の嫌われ者である古明地姉妹のことをしているという説。
サブタレニアローズ
サブタレニアン(subterranean) とは「地下の」、「隠された」などを意味する。
地霊殿副題は「Subterranean Animism」(サブタレニアンアニミズム)であり、ラスボスである霊烏路空が放つ最後のスペルにも「サブタレニアンサン」(hard以上)という名前がついている。ローズ薔薇のことで、言葉は種類によって様々だが、一括りにするとなどを意味する。つまりサブタレニアローズとは「地下の薔薇」というより「隠された心」などを表しているという説もある。

ダブルスポイラー ~ 東方文花帖LEVEL9

心符「没
とは物事に熱中しすぎてを忘れてしまうこと。没盲目
記憶「DNAの瑕」
瑕(きず)とは欠点や不全な部分のこと。「玉に瑕」もこの字を使う。字は似ているが暇(ひま)ではない。
DNAは全ての生物の設計図のようなもの。つまりその種の過去から現在までの記憶である。
射命丸DNAの二重らせんを模した弾幕を撮影することで、そのDNAに瑕をつけるということだろうか。
胎児の夢
夢野久作の小説ドグラ・マグラ』の中で出てくる架の論文の名前。胎児は夢の中で生物の進化の過程を見る、という内容。
写真を撮影するごとに弾幕の形状が変化していく。それぞれの弾幕の意味は下記(ちなみにほぼ推測である)
第一段階:極小の粒弾が大量に発生→微生物の誕生
第二段階:に当たると跳ね返る弾の塊→の群れ
第三段階:上下から伸びる緑色の設置弾幕植物or恐竜
第四段階:レーザー→未だにファンの間で意見が定まらないが、進化しすぎた人類説や胎児が生まれて初めて見るという説などがある。
ローズ
薔薇薔薇弾はこいし専用の弾であり、この弾幕は「サブタレニアローズ」と形状が似ている。

東方心綺楼

気が付いたら人ごみの中にまぎれていた。
いつものように誰にも認識されないままの彼女であったが、今日は何かが違った。

人気争奪戦を繰り広げている宗教たちにたまたま決闘を挑んでみたところ、
確かに観客に応援される自分の姿がそこにあった。
誰にも気づかれず夢も希望毎日を過ごしていたこいし日常は、
ここから少しずつ変わっていくのであった。

特徴

参戦キャラ全員が特有のシステム「特技」を1つ持つ心綺楼での、彼女の特技は「超反応センス」。
小足見てから昇を出す・・・と言う訳ではないが、それに近いことをシステムが自動的にやる。
逆に言うと、システムによる自動発動でないと多くの技が出せない。

強攻撃・強射撃と一部の必殺技は入すると「セット状態」になるだけで発動せず、技ごとに決められた条件を満たすと自動で発動する。例えば「電球」の通称で知られる8Bは、セット状態のこいしの上を相手が通過すると出る。
技を咄嗟に出せない、誘われてるのが分かってても出てしまうなど癖は強いが、いろんな意味で曲者いの心綺楼ではこれが普通なのだ。
 また歩きより遅い代わりに非想天則優曇華のように途中で透明になり、スキップ中に突然膝蹴りを出すダッシュなど、こいしの特徴がよく現れている(?)。

ネタ方面では物部寿司こと布都ちゃんや外人4コマを駆使する魔王様神子様などにべたら若干弱い感があるものの、今までエロ同人ネタとしての必要性からくる産物でしかなかった自由自在に伸びるサードアイ触手は本当に自由に伸び縮みし、しまいには出し入れまでもが可であるということが分かった。
 ラストワードブラブリローズガーデン」は大量のバラ弾幕の渦で相手を引っり込み、カットイン表示後に大爆発するという技である。が、技の一部を描写している他のキャラと異なりカットインこいしが何をしているのかが描写されないため何らかの暗喩である可性がある。スプーチンとか言ってはいけない。
また、闘気がないことの表現なのか各モーションが非常に可くできており、勝利アピールの手をパタパタ振って周囲に応える仕にやられてしまう紳士が続出している。 

二次創作

白蓮の分析通り、根本的には心を「閉ざした」と言うよりは「心を一度棄てることで開き直った壊れキャラ」であり「考えるより先に行動が終わっている」と言う性質上、思いついたことをどんどんやってしまう素直で悩みのい性格にされることが多い。
そのため、ジト目とは逆にスッキリした笑顔で描かれる場合が多く、状況によって爽やか笑顔から寂しげな笑顔オリジナル笑顔まで色々な表情にされる。逆に、設定上恥ずかしがったりゲス顔になったり苦の表情を浮かべたりすることは少ない。
以前は悩みがキャラであるという認識のほうが優勢であったが、心綺楼での描写から意識行動に本人も悩んでいたことが判明し、それに伴って二次創作でも悩む描写が増え「楽しか感情が残っていないキャラ」としての側面の描写も増えた。
 
また、原作設定の拡幻想郷全土のありとあらゆる所に理由なくふらりと現れることが出来るため、誰とでも絡むことが出来る。実際求聞口授の後でいつの間にかしれっと命蓮寺の在信者になっている。
そのため、端役としても便利で関係ないイラスト動画でも結構写りこんでいる。
 
壊れキャラ設定を活かして血塗られた残キャラにされる場合もあるが、先述の特性から昂したりすることはあり得ないため普段のニコニコした顔のまま意味もなく殺しにかかってくるタイプが多い。
ギャグ日常では本当に悩みがくノリと勢いで周囲を振り回すトリックスターとなるが、⑨と異なりバカではなく強いためその行動を止められないというか止める間もなく遂されてしまうことが多く(→意識なら仕方ない)、の悩みは増えるばかりである。
この傾向は恋愛ネチョでも維持され、フランより暴性が低い代わりに制止がさらに難しく、あれよあれよという間にたたみかけられてしまうことになる。

時々を開いたイラストが描かれる時もあるがのような覚に戻ったような絵はどなく、明らかに今のはっちゃけ路線のまま全で突っ切った結果か、いは全く別の妖怪として覚醒した姿としてのイラストが大半である。

との関係については、こいしは基本的に好き勝手に放蕩しているためさとりと確執があると設定されるのは稀で、基本おちゃん大好きなのだが、こいし自身の心中は不明(というかそもそもからっぽ)でさとりこいしを心配しているという原作通りの描写か、こいしが素直に好意をぶつけてくるせいでさとりがたじろいているパターンの何れかである。

EXボスで狂人でと共通点が多いフランドールとよく較されカップリングもされる(→こいフラが俺のイドブレイク)が、絵に描くならまだしも会話させようとすると性質の違う狂気をキッチリ書き分けつつ狂人同士で会話を成り立たせるというなかなか面倒な描写が必要になる。

東方心綺楼では同作ラスボス秦こころが落とした「希望の面」を拾ったことで異変の根に関わったため、秦こころとのカップリングができた。(→こいここは希望の恋心)。こちらは秦こころ較的いい子であり、瞳を閉じたことは悲哀のほうが前面になるため、こいしの残虐性が大きく減る傾向にある。

お絵カキコ

枚数が増えたので、意識のうちに古明地こいしのお絵カキコに分離しました。

はぁと 古明地こいし たまにはロリコンもいいよね! サイコダイバーこいし 抑制「スーパーエゴ」 ひとつぶ300ハルトマン 古明地こいし (  ̄悟 ̄)姉妹の絆( ̄石 ̄ ) ハート(エフェクトで)フルボッコ こいしいとこいし グリコッ! 糸し糸しと言う心 閉じた恋の瞳 無意識は最早、個であることを放棄した もう・・・ロリコンなんだか よろしね!♪ こいしちゃん こいしたそ こいし L⇔R ロールシャッハー 古明地×2 古明地こいし 後姿 カルシウム不足 こいしの心はわしらが開く!

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8F%A4%E6%98%8E%E5%9C%B0%E3%81%93%E3%81%84%E3%81%97
ページ番号: 561481 リビジョン番号: 1914264
読み:コメイジコイシ
初版作成日: 08/09/17 00:08 ◆ 最終更新日: 13/10/25 00:30
編集内容についての説明/コメント: 白連→白蓮、静止→制止、ExをEXに統一
記事編集 / 編集履歴を閲覧

古明地こいしについて語るスレ

1121 : ななしのよっしん :2014/03/04(火) 20:47:10 ID: RgkwPNXwe2
夢物語ではなく現にを持っている以上実行しようとすればできるわけで、そういう台詞が出る時点で普通の連中よりは止めは弱いと解釈するのが普通だろう。
悪になれないが故にを閉じてしまった点や、意思がい状態なら悪意も持ちえないという意味では実際やってると決めつけることはできないが。やりうる。
1122 : ななしのよっしん :2014/03/12(水) 22:31:23 ID: duR7qJgVKs
東方キャラが大体どんなキャラ把握できた時、
一番好きになったキャラこの子さとりだった。
地霊殿遊んでないのにキャラと曲が好きになるって
なんか申し訳ない気がするが、それでもこいしが一番だ。
1123 : ななしのよっしん :2014/03/25(火) 01:21:32 ID: DXe6IX1kV4
よく見るとこいしちゃんの装ってドグラ・マグラの 表の絵に似てるんだよな、あれがモデルなんだろうか?
1124 : ななしのよっしん :2014/03/25(火) 17:18:50 ID: wibm31Ooap
こいフラは定番のコンビだが、
フランは元々が「分身する分裂症」だから、彼女からはその中の一人に見えちゃってるかもしれんな

「フォーオブアカインド(5人)」になってるにもかかわらず、どのフラン視点でも視界内に居るのは「4人」
要するに「ガイアオルテガマッシュジェット(ry」状況が発生し
そのままツッコミ不在の狂気になってゆくかもしれぬ
1125 : ななしのよっしん :2014/03/25(火) 23:29:56 ID: RgkwPNXwe2
フランはどの媒体に登場した時もでも基本的に冷静で、発狂したとか幻覚が見えてるというような描写はない(情緒不定ですらない)から統合失調症はまずあり得ない。原作会話のキーワードを拾うと自閉症の類だろうと思う(ちなみに、自閉症統合失調症は併発しないとされる)。

で、こいしステルスは自分を興味の対から逸らすことと自分の存在を忘れさせることで成り立っているわけだが、自閉症興味異常と極端なこだわりがあり、さらに記憶の整理が下手なので、理屈の上ではこいしステルスをを一部効化できる。
最初は大分ぎくしゃくした会話になりそうではあるが、いい方向には進める組み合わせだろうと思う。
1126 : ななしのよっしん :2014/03/30(日) 09:12:20 ID: HhsF/2//41
感情くして反射的に行動すると聞く割には礼節は有るし
スペカ考えたり弾幕ごっこルール守ったりはするんだな。戦ってる際や普段は
任せぽいだけによー分からん子や。あとお賽銭泥棒や食い逃げは
気付かれないだろうけどイケマセン
1127 : ななしのよっしん :2014/04/02(水) 13:59:24 ID: t/40NPK5HU
ふあん亭さん所の「想起の途」って同人誌こいし好きには結構オススメ
最後のシーンでの鳥肌ヤバい
1128 : ななしのよっしん :2014/04/04(金) 06:44:39 ID: lJEzTTgUfF
>>112あれいいよね、個人的には今まで一番の古明地本だった
こいしを想うからこそ放浪を続けるんだろうな…
1129 : ななしのよっしん :2014/04/08(火) 23:45:10 ID: uiNnmrNsJw
希望の面のところに「希望の面を失うとまた感情を失う」とか書いてあったのを見てふと思ったんだけど、閉じた第3のを開けると元に戻ったりすんのかな?
1130 : ななしのよっしん :2014/04/15(火) 03:53:57 ID: Lg/eHFnkXw
>>1129
多分そう。そもそもを閉じて感情と心を読むくした、というか封印したから自喪失寸前の現在の状態になってる。
希望の面は外付けHDDみたいにくした感情を外部から補填してるに過ぎない。
こいしストーリーこころの話からすると、正常な感情を持ってる状態で面を持つと面に対応した感情がアッパーされて暴走するらしいのが、本来の感情が封印されてる状態だったんで「希望だけある」状態で落ち着いたっぽい。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015