単語記事: 右翼

編集

右翼とは、

 右翼(思想)の発祥-フランス革命後の争い

当時フランス王国ではフランス革命後、に王政、ジャコバに分かれて争っていた。あくまで情勢は議会を設置する流れ(三部会招集によって絶対王政は崩れた形なので)だが、王政絶対王政死守、貴族僧侶の特権を守る立場、ジャコバは王を立君主制の下認める閥(後のフイヤン)、や共和制を第一として王政の入り込む余地を認めない閥(後のモンターニュ)等がひしめき合っていた。僅か10年程の間だが、この争いの中で王政、王党の残党、つまり体制=王政を維持、または批判に肯定する立場を「右翼」とし、対するもの、共和制立からさらに共産主義へ向くものを「左翼」とする。

右翼の転換-王党派から民族派へ

フランスの場合、フランス革命以来の王党右翼は、ブルボン絶対王政、オルレアン王の立君主制も、共に19世紀末にはすっかり衰微していった。代わりに外からの侵略が迫る中で、自分達を守る、つまり当時フランス共和国(第三共和政)が「自由等」を守る合理的理念と共に、フランス語を喋り、シャルルマーニュやルイ太陽王、ナポレオン歴史を誇り、文学芸術、カトリックの伝統を共有する「民族」意識という合理的意識を持つようになった。

これらの「ナショナリズム」はドイツその他、当時の後進諸が、ブルジョワ革命で1つのへまとまっていく中で、非合理的な歴史、言神話伝説の共有によって、民意識を作っていく事となった。

この頃から「国家義」、「義」、「民族義」のキーワードが「右翼」を表すようになる。

帝国主義と「右翼」

帝国義時代になると、経済を軸として植民地の争奪合戦が加速し、資本家企業同士の競争は国家を巻き込んだものになる。するとナショナリズムは、植民地の獲得と支配で世界を切り分け、資本の戦いに勝ち抜こうとするブルジョワジーと彼らに巻き込まれる民多数を熱く捉えるようになる。

ここで、他を敵として、ブルジョワジー以下の民が団結する国家義が盛り上がり、民族や言歴史、伝統等を軸とする「右翼」的なナショナリズムが高揚する事となる。

これまでにはドレフュス事件が関係している。1894年、フランス参謀本部のユダヤ人大尉ドレフュスが、ドイツスパイとの容疑で逮捕され流刑された事件である。これ自体は全くの冤罪であり、人権擁護をった作家ゾラから自由義者、民主主義者、共産主義者、アナーキストまでがそれに同じた。

この背景には、隣ドイツへの軍事的敵視、警エスカレートと、ユダヤ人フランスでも異民族だから信用ならないと言う民族義的偏見があった。この事件を機として、王政とカトリックの復を唱えてきた「右翼」は、「ナショナリズム」、「民族義」、「義」、「対外強硬義」と合流しようとした。以降これらが「右翼」の思想となる。

日本の右翼

日本の右翼・左翼参照。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8F%B3%E7%BF%BC
ページ番号: 514153 リビジョン番号: 2465114
読み:ウヨク
初版作成日: 08/09/01 06:44 ◆ 最終更新日: 17/03/03 23:38
編集内容についての説明/コメント: 関連項目「尾翼」撤去して「ネット右翼の定義」「ネトウヨ連呼厨」追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


やるお

ありがとうジャギ様

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

右翼について語るスレ

1116 : ななしのよっしん :2017/08/05(土) 20:55:04 ID: k98K3eL+Ba
ネトウヨって言葉でくくること自体がアレだが、右翼と名乗ってる人間なんて現代ではほぼいないと思うぞ
1117 : ななしのよっしん :2017/08/06(日) 06:10:49 ID: F3v3XoMN6+
>>1112
一般的に過去への回帰をする者は「革新」ではなく、
反動」と言う右えた極右思想に分類されるんだがね

そもそも保守革新と言う区分け自体、人類はより理性的、知性的な社会
いわゆる元ネタになった革命スローガンと言われる「自由等・博」を推進する世界に向かうだろうと言う
一種の歴史発展法則的考えが意識的にあった上での物だと思う訳よ

だから元祖フランスはその後、政に戻ったりまた共和制になったりを繰り返す訳なんだけど
前者の事を「復古革命」なんても言わないし、革命をブルジョワによる
「ブルジョワ革命」とするのは、少なくとも資本主義社会の方が、
非合理な宗教的、封建的な規制によって雁字搦めにされている封建体制よりもより、
自由等な社会だろうと判断したからだと思われるんだけど(博に付いてはともかく)
1118 : ななしのよっしん :2017/08/10(木) 22:45:19 ID: ls5Y3zfQG/
右翼」という言葉は基本的に、保守反動・漸進・排外・反共・反社会主義・反民主主義国家義・ナチズム・ファシズムす多義だよ。「極右」はその一部分。

http://prt.nu/o/k
世界大百科事典 第2版』 右翼 right wing
〈進歩〉に対しては〈保守〉を,〈革命〉に対しては〈反動〉を,〈急進〉に対しては〈漸進〉を志向する政治,人物を

ブリタニカ大百科事典 小項事典』 右翼
保守的,反動的,排外義的な思想や運動をいう。

日本大百科全書(ニッポニカ)』 右翼
現在では一般に、反共、反社会主義、反民主主義保守反動国家義、国家義(ウルトラ・ナショナリズム)のエートス(精)やイデオロギーをもつ、ファッショ的集団ないし人物を意味する用として理解されている。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1119 : ななしのよっしん :2017/08/12(土) 13:40:43 ID: 8N71TEwcnx
>>1118
右翼」って多義だったんだな
知らんかった
1120 : ななしのよっしん :2017/08/12(土) 14:21:16 ID: 3P4io1riM0
右翼左翼関わらず、どの過激派にもいえることだけど、何で日本右翼過激派が考える理想国家ってあんな北斗の拳世紀末みたいなの?

しかも、それを民に押し付けて自分達だけは楽に生きようとするからたちが悪い・・・。
1121 : ななしのよっしん :2017/08/12(土) 14:31:11 ID: Vyc82vHeJM
それ左翼過激派だろ
ゲバ棒マスクヘルメット火炎瓶、バリケード、ハイジャック爆弾テロ
1122 : ななしのよっしん :2017/08/13(日) 03:00:23 ID: IbBtBb2DDE
>>1120
世紀末ってのは無法地帯リンチの応酬してる様を言うんだろ?
そんな世界を望む右翼がどこにいる。極右だってそんなの願い下げだろうよ。
彼らが暴力を振るいたがるのはあくまで秩序を守るためだ。それが崩壊したら本末転倒じゃないか。
そんな思想は極左の無政府主義者にでも食わせておけばいいんだ。

>>1121
一応あっちもそれが的じゃなくて手段らしいよ?
何故か大半が関係な一般市民に向かうけど。
1123 : ななしのよっしん :2017/08/13(日) 19:09:38 ID: cXp67dnVfV
18世紀では左翼が啓義で市民(ブルジョワ)を動かし、市民革命(ブルジョワ革命)を起こしたが
その頃の左翼と今の左翼とでは、何か断絶があるような気もする
極端に言えば現代は、右翼白色テロvs左翼赤色テロ、というだけなように思える
1124 : ななしのよっしん :2017/08/13(日) 22:19:07 ID: LuazoMDHRu
右、左ってホントもう複雑だからな。
最近の日本の左が割と天皇に乗っかってきてるのが多いし、日本会議的な連中は生前退位であんな感じだし。
右が憲法」で左が「保守」したがっていたり
韓国の評価なんて冷戦中は左からは「軍独裁の悪の」で批判されてて右からは「反共の同士」扱いだったけど、
今は左から「謝罪すべき」で右からは「反日国家」とか、日本は変化が速い社会だなって思うよ。
1125 : ななしのよっしん :2017/08/15(火) 01:46:45 ID: rCTqNaFflf
右翼を一旦中身の問題、つまり日本固有の歴史性と離れて考えると、義が第一。つまり、内発的動機づけを大事にすること。
理想化して言えば、損得勘定ではなくて、単に意志するから尊重する。アリストテレスにならえば、賞罰によって維持される秩序と意志によって維持される秩序のうち、後者を尊ぶこと。
アリストテレスの場合は、戦争のときに損得勘定では人々が逃げることを妨げるものがないから、私達が生き残ってこれたのは損得勘定を越える貢献心があったという理由付け。

ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829