単語記事: 右翼

編集

右翼とは、

 右翼(思想)の発祥-フランス革命後の争い

当時フランス王国ではフランス革命後、に王政、ジャコバに分かれて争っていた。あくまで情勢は議会を設置する流れ(三部会招集によって絶対王政は崩れた形なので)だが、王政絶対王政死守、貴族僧侶の特権を守る立場、ジャコバは王を立君主制の下認める閥(後のフイヤン)、や共和制を第一として王政の入り込む余地を認めない閥(後のモンターニュ)等がひしめき合っていた。僅か10年程の間だが、この争いの中で王政、王党の残党、つまり体制=王政を維持、または批判に肯定する立場を「右翼」とし、対するもの、共和制立からさらに共産主義へ向くものを「左翼」とする。

右翼の転換-王党派から民族派へ

フランスの場合、フランス革命以来の王党右翼は、ブルボン絶対王政、オルレアン王の立君主制も、共に19世紀末にはすっかり衰微していった。代わりに外からの侵略が迫る中で、自分達を守る、つまり当時フランス共和国(第三共和政)が「自由等」を守る合理的理念と共に、フランス語を喋り、シャルルマーニュやルイ太陽王、ナポレオン歴史を誇り、文学芸術、カトリックの伝統を共有する「民族」意識という合理的意識を持つようになった。

これらの「ナショナリズム」はドイツその他、当時の後進諸が、ブルジョワ革命で1つのへまとまっていく中で、非合理的な歴史、言神話伝説の共有によって、民意識を作っていく事となった。

この頃から「国家主義」、「義」、「民族義」のキーワードが「右翼」を表すようになる。

帝国主義と「右翼」

帝国義時代になると、経済を軸として植民地の争奪合戦が加速し、資本家企業同士の競争は国家を巻き込んだものになる。するとナショナリズムは、植民地の獲得と支配で世界を切り分け、資本の戦いに勝ち抜こうとするブルジョワジーと彼らに巻き込まれる民多数を熱く捉えるようになる。

ここで、他を敵として、ブルジョワジー以下の民が団結する国家主義が盛り上がり、民族や言歴史、伝統等を軸とする「右翼」的なナショナリズムが高揚する事となる。

これまでにはドレフュス事件が関係している。1894年、フランス参謀本部のユダヤ人大尉ドレフュスが、ドイツスパイとの容疑で逮捕され流刑された事件である。これ自体は全くの冤罪であり、人権擁護をった作家ゾラから自由義者、民主主義者、共産主義者、アナーキストまでがそれに同じた。

この背景には、隣ドイツへの軍事的敵視、警エスカレートと、ユダヤ人フランスでも異民族だから信用ならないと言う民族義的偏見があった。この事件を機として、王政とカトリックの復を唱えてきた「右翼」は、「ナショナリズム」、「民族義」、「義」、「対外強硬義」と合流しようとした。以降これらが「右翼」の思想となる。

日本の右翼

日本の右翼・左翼参照。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8F%B3%E7%BF%BC
ページ番号: 514153 リビジョン番号: 2533115
読み:ウヨク
初版作成日: 08/09/01 06:44 ◆ 最終更新日: 17/10/17 23:36
編集内容についての説明/コメント: 戦後レジーム追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


やるお

ありがとうジャギ様

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

右翼について語るスレ

1152 : ななしのよっしん :2017/09/24(日) 19:40:12 ID: IbBtBb2DDE
トランプ支持者だって同じこと。自分達が資本主義社会の負け組である事は重々承知しているし、それ自体は弱い己の自己責任なのだから別に大きな問題ではなかった。
しかし、自分達より弱い女だの移民だのが口八丁手八丁で「エスタブリッシュメント」の座を射止めるとなれば話は変わってくる。ふざけんな、インチキじゃねえか、その利権寄越しやがれ。
だからリアルファイトで本当に強いのはかを分からせようとしていて、ついに死人を出す所まで行ったのがこの間の暴動。結局これも、話し合いで解決できるなんて甘い見通しが引き起こしたようなもんだ。

もちろん左翼にも色々いるけれど、最近はめっきり暴力革命だのアナキズムだの言うはいなくなってしまったからねえ・・・そういうらの受け皿が絶対的に不足している。
そういう意味では「レイシストをしばき隊」なんてのは実に良いガス抜きで、是非とも生かさず殺さず末永く存続させてやって欲しいと思う。
1153 : ななしのよっしん :2017/10/03(火) 23:39:12 ID: rmUOFGECO1
右翼本質は多産多死の環境で有利な倫理全般である。
左翼本質は少産少死の環境で有利な倫理全般である。
左右対立の本質は利己的な遺伝子による生存闘争である。
第三の立場は人間に焦点を当てない、あるいは人間を抑止する。
核の抑止はそのよい代表例である。
1154 : ななしのよっしん :2017/10/04(水) 00:03:26 ID: rmUOFGECO1
ゲーム理論において、総員が裏切る環境では裏切り一択が必勝戦術である。
その場合、子供を残せるのは裏切り一択のみとなり、場は固定される。
通常の環境で優位なしっぺ返し戦略は相手の善意の上で成り立つ。
この場合、裏切り一択は低成績により子供を残せない。
ここにも左右の本質が見てとれる。

しかしながらゲーム理論において必ず一位を取れるのは奴隷人戦術である。
これは協裏切を通信信号として扱い、特定の個体に貢ぐことで行われる。
「まるで勝手に別のゲームプレイしている」として、学会はこれを認めなかった。
しかし、政治が意思決定の全てを握るという考えもまた極端である。
ここに第三の立場の本質が見て取れる。
1155 : ななしのよっしん :2017/10/07(土) 18:10:32 ID: eSjh1VzR8G
>>1111
>左が失望されて今は右が失望されてるから、それから今後はジャップ自嘲ってのは次のトレンドだろうね。
もそう思う。それぐらいかつての欧州のような感じで日本は衰退していくからね。

しかもその自嘲は「自嘲」ですらなく、ただの逃げであることがどになると思う。
どっかの嫌儲民みたいに、同じ日本人の癖に「ジャップは○○を反しろ」(←○○には先の大戦など何でも入ります)とか気で抜かす「俺達クソウヨと違って自分を客観視出来ている、自己批判出来る人間」と思い込んでいる自称リベサヨが大勢を占めていくだろうな。

「他者に反しろと言う」ことは「自分が反する」ことと何の関係もないにも関わらず(いや関係ないからこそか?)、そういう言葉を投げつけて攻撃を加えることしかしないんだよね。根底にあるのは「はウヨよりマシ」ぐらいのもん。だから今日日の一部の日本人の「反」は薄っぺらくて浅い。

ちなみにだが、自分は愛国保守右翼を名乗る連中もそうだけど、反体制・革新左翼なんてほぼ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1156 : ななしのよっしん :2017/10/08(日) 16:07:49 ID: 9chb6m3rm6
何事も暴力で解決するのが一番だ
1157 : ななしのよっしん :2017/10/10(火) 18:14:20 ID: IbBtBb2DDE
せやな

>>1155
ねーよw
じゃあなんで今の欧州ネオナチ国家主義者がこんなに台頭しているんだ。
社会が衰退して嘆くのは左翼だけだ。右翼はそれ込みで愛し続ける。

右翼にとって底辺が何人死のうが田舎がどれだけ潰れようが大きな問題ではない。使えない物は切り捨てる。生き残った正義だ。所詮民は国家を構成する一要素に過ぎないのだから。
そうした態度と「俺は嫌な思いしてないから」式のヒャッハーは大変相性が良い。
むしろ衰退すればするほど右翼が強まるまであると思うね。
1158 : ななしのよっしん :2017/10/11(水) 17:02:55 ID: vjknSCqZS6
自分のことを右翼だと思い込んでいる個人義者がスレに1年半以上も居ついていると聞いて
1159 : ななしのよっしん :2017/10/12(木) 23:33:23 ID: IbBtBb2DDE
一体いつから───────右翼に個人義者がいないと錯覚していた?

自分が言ってきたのはまさにそういう事で、この二つの概念は割と理なく共存できるわけ。
むしろ左翼の方が個人の自由とかさそうに見えるけど、その辺どう思います初見ん?
1160 : ななしのよっしん :2017/10/13(金) 08:29:51 ID: eotEZRB2SG
タルーニャ「国家が使えないんで切り捨てるわ」
スコットランドも」
1161 : ななしのよっしん :2017/10/15(日) 03:32:08 ID: rmUOFGECO1
元より右翼本質が上位組織への献身なのかは疑問なところだ。
グロバルになると左翼扱いになるわけで。
やはり内外の様相を見るに、多産多死の場で有利な遺伝子および行動様式(=ミーム)こそが右翼本質に見える。

第三の立場は、見方を変えれば、なろう系主人公異世界転生してチートで好き勝手するのと同義だ。
全に対人関係を捨てている。損得ゲームでしのぎを削って生きる大多数には理解し得ない地。物理によるごり押し。そこまでしなければ出来ない思想とも言える。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829