単語記事: 合気道

編集

合気道とは、日本武道である。

概要

円の動きを多用し、合理をもって相手を制するを旨とする武道武術あいきどうのひと

会津のお抱え武術だった大東流合気柔術ベースに、武道・植芝盛がいろいろ工夫を凝らして完成させた。盛の立ち上げた合気道以外にもいくつか「合気道」を名乗る流は存在するが、基本的になんの説明もなく「合気道」と言えば植芝流(=「財団法人日本合気会」下団体)をす。現在は3代植芝守央が

合気会以外の流はいずれもマイナーであるが、較的規模の大きいものとして、盛子の立ち上げた日本合気道協会(昭合気道)、養合気道などが存在する。また、8090年代に「西野式呼吸法」を広めた西野皓三や、合気道の実戦性の低さから叛旗を翻した櫻井文夫の合気道S.A.あたりが武術オタを中心にやや知られていると思われる。古武術の例に漏れず、うさんくさい団体が多いので要注意(特に氣のパワーで吹っ飛ばすのを売りにしている系はまずオカルト武術)。高校大学合気道部は基本的に日本合気会の下と思われる。

通常、合気道場には植芝(開祖・盛、2代・吉祥丸など)の写真が飾られている。部活の場合、柔道部と半分ずつ分け合ったりする羽になるケースも多い。場が使えない場合は外で基礎トレや木術の稽古。

武術としての特徴は、基本的に相手に攻撃させるところから始まる点。
稽古は「相手が武器を振り上げ/振り下ろしてくる」「相手が突いてくる、または突進してくる」「相手が衣服の襟や胸倉をつかんでいる」「自分の持っている武器や腕を封じに来る」という想定の状態から始まり、相手の攻撃始動モーション(振り上げとか)と同時に動き、2モーション(振り下ろしとか)と同時に制圧の形に入る。この際、正面から向き合わず、最初のモーションで接近すると同時に身体の向きを変えて側面や背面に密着し、相手の攻撃を“受け止め”ない。この、相手のに逆らわず、相手の動きを利用する術理が「合気」の由来と思われる。相手から見て攻撃可能面積が狭く、次のモーションに移行しやすい「半身」を基本姿勢としており、最小限の体捌きで向きを変えながら懐に入り、あるいは攻撃の先端を捉え、化を狙う。

よくある誤解

  • 体術のみと思われがちだが、木剣術術もカリキラムにおいては重視される。短取りも定番。なお、武器を用いる場合でも、手の場合と術理はほぼ変わらない。
  • 投げ技のイメージが強いが、当て身(打撃技)とセットで学ぶ。投げる技の他に相手を寝かせて化させる動きも重視される。フィニッシュとなる関節技は、手首、肘、肩を極めるバリエーションが基本となる。
  • 立ち技のイメージが強いが、お互い座った状態からの稽古も多い。膝行(膝歩き)は合気道の基本ムーヴ
  • 気功など常的エネルギーで相手を投げ飛ばしたりするイメージがあるが、あくまでも人体の合理(関節やを極められて痛いので転がる、体軸のバランスを崩されて倒れるなど)に基づいた術理である。気功パワーとかはたぶん西野式などの影による誤ったイメージと思われる。
  • たまにフィクションで「合気道の試合のために頑る」みたいな話が出てくるが、合気道に「試合」というものは存在せず、演武会においての美しさを競う(といっても競技ではない)。
  • その方向性から(否定的な意味でも肯定的な意味でも)「ダンスを踊ってるよう」と形容されることがあるがそれは実際、相手の攻撃の動きに自分から併せて吸収するという、合気道標の一つである。(流場によって演武の様相も大きく異なってくる)
  • 合気道の演武はあまりにも麗に技が決まりすぎるため、よく知らない人からはヤラセなどと思われることもあるが、単に係り稽古においては、合気道は受け身が身に染み付いているので手に見えてしまうというのもある。あくまで「演武」であり、デモンストレーションである。ただし綺麗に飛ぶには投げる方にも当然相応の実が必要であり、また綺麗に飛ばないと怪に繋がる。垂直落下を予感させる下手な投げの受け身はとても恐ろしいものである。
  • ヤラセのイメージの代表格として軽く押されて前転受け身を取るとか、肩を掴みに行ったら手に吹き飛ばされるように見える技がある。前述の通り受け身を取らないと怪をするというのもあるが、レベルの高い合気道相手の場合掴みかかるために進もうとするのと同じ方向に押し出されたり、掴みかかった間に引き出されるようにが加えられるので掴みかかる勢いによっては本当に吹っ飛ぶ。(数十㎏の荷物の乗った動く台車を掴んで止めようとするのをイメージしてもらうと分かりやすいか)
  • 小よく大を制するイメージから、フィクション世界では「護身術として合気道を学んだ美少女が巨を投げ飛ばす」ような図が見受けられるが、普通理であり、たぶん柔道とか超能力とかいろんなものとごっちゃになっている。現在合気道は精性を重視しており、有段者にはやたら強い先生などもいるにはいるが、たいてい柔道剣道を同時に学んでいる人たちである。本気で護身術を学びたいなら、素直に柔道などと並行して習うことをおすすめしたい。護身術として通用しないわけではないだろうが、実際に用立つレベルに至るには膨大な時間がかかる。(相手の動きの起りを見切り、稽古で行うとは違う攻撃に応対するなど高度な技術が要されるため。)また、実践の制圧において重要な要素である当身を安全性の確保や稽古方針のために導から外している場もある。

高名な合気道家

植芝盛
合気道の開祖。大東流の達人・武田から伝授された柔術ベース合気道を立ち上げた。大本という宗教に傾倒し、 霊者・出口王仁三郎の警護のために満州に渡って賊と戦ったりした。弾6発を回避したエピソードなどは合気道部に入ればだいたい先輩から聞かされること間違いなしの定番レジェンド身長150センチそこそこだった。

塩田剛三
以上に人間離れしたエピソードをいくつも持つ、近代日本武術史のカリスマ。盛の元で合気道を学んだのち、養合気道を立ち上げる。やはり身長150センチ台、体重も40キロ台と極めて小柄だが、 その強さはまさに伝説的。「こんな小さい日本人が強いわけがない」と疑ったロバート・ケネディのボディガードを圧倒した映像は、たぶんニコニコのどこかで見ることができるだろう。漫画グラップラー刃牙」の渋川剛気のモデル

スティーブン・セガール
現在時点における人類の最終兵器。 


その他、ニコニコ大百科によればリチャード・マック・マコウィッツ狩野すみれ泉こなた花見川といった人物たちが合気道またはそれに類する武道をたしなんでいる模様。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%90%88%E6%B0%97%E9%81%93
ページ番号: 2540936 リビジョン番号: 2408328
読み:アイキドウ
初版作成日: 09/03/26 01:46 ◆ 最終更新日: 16/09/21 17:23
編集内容についての説明/コメント: よくある誤解の項で当身に言及 その他含め異論ある場合は修正願う
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


あいきどう

あいきどう

あいきどう

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

合気道について語るスレ

160 : ななしのよっしん :2016/02/25(木) 04:31:41 ID: 8DMb01y2Sd
>>157
CD越しに技かけるとか草不可避やろ
相手と仲良くすることが肝要とは実にジャップらしい武道
161 : ななしのよっしん :2016/03/15(火) 19:09:30 ID: AwtfVbJ9EL
手を取られた間に極まるってのは本当らしいが越しに極めるってどういうことなんだ
162 : ななしのよっしん :2016/03/15(火) 21:25:47 ID: 4clL0Pb5na
擁護くさく書くと、例えばつんのめった人を倒すのは一本添えるだけで足りる。
界があろうがなかろうが、相手の姿勢如何によってはこちらのさじ加減で相手のバランス全にコントロールすることは理論的に可

また合気とはただの言葉であり、相手をコントロールに置く事自体が合気といってよい。
すなわちどんな障があろうとコントロールする手段を実行したならそれは合気なのだ。脅迫とかね。

だからといって「できるできない」を演じることによって合気「」足り得ることには当然留意すべき。
まして、素人に「ほら凄いだろう」と業を披露してくれる教祖様にまともな人は一切いないので避けるのが吉。
163 : ななしのよっしん :2016/06/12(日) 11:36:24 ID: uMNTuNJHk6
>>157
合気道を習ってない人でも、「腕を上に持ち上げるんじゃなくて、両手で自分のを触ろうとして」とか言えば多分できる(CDは、やる意味がない)。やってみて。相手には腕を突っってもらってね。簡単にできるから。パフォーマンス
本来はの使い方を身に着ける鍛錬だよ。

>>160
もともとは、襲ってくる相手とも仲良くなる、それくらい強くなる、だった。相手よりも自分が圧倒的に強い(相手を許し、傷で制圧できる)からこそ初めて実現可性が見えてくる理想だったはずでした。
今は、場生集めたい人たちが、筋をすっとばして聞こえの良い結果だけを餌としてぶら下げてる。
そりゃ弱いよ。でも、武道であり、護身術を謳うなら、弱いことは許されないはずなんだけどな。
164 : ななしのよっしん :2016/09/21(水) 21:24:46 ID: yfcB9wSceo
合気の技って見た良いからプロレスとの相性良さそうなのにプロレスラーで使う人いないね?
165 : ななしのよっしん :2016/10/19(水) 19:24:18 ID: NbHNynONK1
危険だからな
そもそもプロレスって逆関節技あんまり多くないような
166 : ななしのよっしん :2016/10/19(水) 20:53:54 ID: yfcB9wSceo
危険なのはプロレス技も同じだろw掛け手が怪させないように投げて、受け手もちゃんと受け身取れれば大怪しないだろ。合気の演武とプロレスは似てると思うよ。

プロレスも大本はレスリングだし合気の四方投げと同じ原理の関節投げ(というかテイクダウン)もあるし腕固めたりとかもよくやってるよ。
ただ合気みたいにすごいクルクルしないだけ。あのクルクルプロレスの魅せるという所に転用できると思うんだけどな
167 : ななしのよっしん :2016/10/23(日) 18:30:01 ID: Y4iX/xZ29U
>>163
襲ってくる相手とも仲良くなるは、「相手に自分と戦う理由がければ戦いを避けることが出来るんだから、それをせ 戦わなければ自分が傷つくこともないんだから」って理屈だと聞いたことあるけどな

あとなんか勘違いしているみたいだけど、護身術に必要なのは強いことじゃなくて自分が傷つかないことだよ
だからできる限り戦いを避けることが重要

因みに海外じゃ総合格闘が複数人の素人に病院送りにされる事件が実際に起きている

>>sm21534340


彼らは強かったんだと思うけど、所詮強いだけだったから自分からトラブルを起こして病院送りにされた
168 : ななしのよっしん :2016/11/02(水) 20:20:22 ID: uMNTuNJHk6
>>167
ごめん、言葉が強くて不快にさせたかも。
ダメだな。争いの種撒くような振る舞いをしてしまった。反
ただ、そういう出来る限りの争い事を避けること、ただ強いだけじゃダメってうのは最低限の論として、ぶつからないように努めた上で尚降りかかってくる理不尽な悪意にから逃げ切れないとき、弱かったら駄だよね、と言いたかった。
特に護身術を売り文句にするなら、それはもう、これは方の身を守る方法ですよという訳だから、中途半端じゃダメだ、と思う。
護身術という言葉の責任は、それくらい重いと思うんだ。
169 : ななしのよっしん :2016/11/10(木) 01:51:25 ID: NbHNynONK1
>>166
よく知らんがプロレスの関節技ってガチッとロックしてから一呼吸置いてドーン!ってやる感じじゃないか?
プロレスって演出のために反動とか勢いつける動きが多いけど、逆間接系の技でそれやるのはかなり危ないんだよ
合気道も勢い(重心移動)で投げるんだが、受身のタイミングがずれると負荷がかかって簡単に関節痛める
よく合気道の演武は「自分から跳んでる」って言われるけど、連続して投げられてるとが回ってきてタイミングが取りづらくなるから、怪しないために先に飛ぼうとしてしまうからってのが理由の一つだったりする
プロレスハードな試合展開に組み込むのは難しいんじゃないかな

あと単純に強さがいってのもある
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015