単語記事: 合気道

編集  

合気道とは、日本武道である。

概要

円の動きを多用し、合理をもって相手を制するを旨とする武道武術あいきどうのひと

会津のお抱え武術だった大東流合気柔術ベースに、武道・植芝盛がいろいろ工夫を凝らして完成させた。盛の立ち上げた合気道以外にもいくつか「合気道」を名乗る流は存在するが、基本的になんの説明もなく「合気道」と言えば植芝流(=「財団法人日本合気会」下団体)をす。現在は3代植芝守央が

合気会以外の流はいずれもマイナーであるが、較的規模の大きいものとして、盛子の立ち上げた日本合気道協会(昭合気道)、養合気道などが存在する。また、8090年代に「西野式呼吸法」を広めた西野皓三や、合気道の実戦性の低さから叛旗を翻した櫻井文夫の合気道S.A.あたりが武術オタを中心にやや知られていると思われる。古武術の例に漏れず、うさんくさい団体が多いので要注意(特に氣のパワーで吹っ飛ばすのを売りにしている系はまずオカルト武術)。高校大学合気道部は基本的に日本合気会の下と思われる。

通常、合気道場には植芝(開祖・盛、2代・吉祥丸など)の写真が飾られている。部活の場合、柔道部と半分ずつ分け合ったりする羽になるケースも多い。場が使えない場合は外で基礎トレや木術の稽古。

武術としての特徴は、基本的に相手に攻撃させるところから始まる点。
稽古は「相手が武器を振り上げ/振り下ろしてくる」「相手が突いてくる、または突進してくる」「相手が衣服の襟や胸倉をつかんでいる」「自分の持っている武器や腕を封じに来る」という想定の状態から始まり、相手の攻撃始動モーション(振り上げとか)と同時に動き、2モーション(振り下ろしとか)と同時に制圧の形に入る。この際、正面から向き合わず、最初のモーションで接近すると同時に身体の向きを変えて側面や背面に密着し、相手の攻撃を“受け止め”ない。この、相手のに逆らわず、相手の動きを利用する術理が「合気」の由来と思われる。相手から見て攻撃可能面積が狭く、次のモーションに移行しやすい「半身」を基本姿勢としており、最小限の体捌きで向きを変えながら懐に入り、あるいは攻撃の先端を捉え、化を狙う。

よくある誤解

  • 体術のみと思われがちだが、木剣術術もカリキラムにおいては重視される。短取りも定番。なお、武器を用いる場合でも、手の場合と術理はほぼ変わらない。
  • 投げ技のイメージが強いが、当て身(打撃技)とセットで学ぶ。投げる技の他に相手を寝かせて化させる動きも重視される。フィニッシュとなる関節技は、手首、肘、肩を極めるバリエーションが基本となる。
  • 立ち技のイメージが強いが、お互い座った状態からの稽古も多い。膝行(膝歩き)は合気道の基本ムーヴ
  • 気功など常的エネルギーで相手を投げ飛ばしたりするイメージがあるが、あくまでも人体の合理(関節やを極められて痛いので転がる、体軸のバランスを崩されて倒れるなど)に基づいた術理である。気功パワーとかはたぶん西野式などの影による誤ったイメージと思われる。
  • たまにフィクションで「合気道の試合のために頑る」みたいな話が出てくるが、合気道に「試合」というものは存在せず、演武会においての美しさを競う(といっても競技ではない)。
  • その方向性から(否定的な意味でも肯定的な意味でも)「ダンスを踊ってるよう」と形容されることがあるがそれは実際、相手の攻撃の動きに自分から併せて吸収するという、合気道標の一つである。(流場によって演武の様相も大きく異なってくる)
  • 合気道の演武はあまりにも麗に技が決まりすぎるため、よく知らない人からはヤラセなどと思われることもあるが、単に係り稽古においては、合気道は受け身が身に染み付いているので手に見えてしまうというのもある。あくまで「演武」であり、デモンストレーションである。ただし綺麗に飛ぶには投げる方にも当然相応の実が必要であり、また綺麗に飛ばないと怪に繋がる。垂直落下を予感させる下手な投げの受け身はとても恐ろしいものである。
  • ヤラセのイメージの代表格として軽く押されて前転受け身を取るとか、肩を掴みに行ったら手に吹き飛ばされるように見える技がある。前述の通り受け身を取らないと怪をするというのもあるが、レベルの高い合気道相手の場合掴みかかるために進もうとするのと同じ方向に押し出されたり、掴みかかった間に引き出されるようにが加えられるので掴みかかる勢いによっては本当に吹っ飛ぶ。(数十㎏の荷物の乗った動く台車を掴んで止めようとするのをイメージしてもらうと分かりやすいか)
  • 小よく大を制するイメージから、フィクション世界では「護身術として合気道を学んだ美少女が巨を投げ飛ばす」ような図が見受けられるが、普通理であり、たぶん柔道とか超能力とかいろんなものとごっちゃになっている。現在合気道は精性を重視しており、有段者にはやたら強い先生などもいるにはいるが、たいてい柔道剣道を同時に学んでいる人たちである。本気で護身術を学びたいなら、素直に柔道などと並行して習うことをおすすめしたい。護身術として通用しないわけではないだろうが、実際に用立つレベルに至るには膨大な時間がかかる。(相手の動きの起りを見切り、稽古で行うとは違う攻撃に応対するなど高度な技術が要されるため。)また、実践の制圧において重要な要素である当身を安全性の確保や稽古方針のために導から外している場もある。

高名な合気道家

植芝盛
合気道の開祖。大東流の達人・武田から伝授された柔術ベース合気道を立ち上げた。大本という宗教に傾倒し、 霊者・出口王仁三郎の警護のために満州に渡って賊と戦ったりした。弾6発を回避したエピソードなどは合気道部に入ればだいたい先輩から聞かされること間違いなしの定番レジェンド身長150センチそこそこだった。

塩田剛三
以上に人間離れしたエピソードをいくつも持つ、近代日本武術史のカリスマ。盛の元で合気道を学んだのち、養合気道を立ち上げる。やはり身長150センチ台、体重も40キロ台と極めて小柄だが、 その強さはまさに伝説的。「こんな小さい日本人が強いわけがない」と疑ったロバート・ケネディのボディガードを圧倒した映像は、たぶんニコニコのどこかで見ることができるだろう。漫画グラップラー刃牙」の渋川剛気のモデル

スティーブン・セガール
現在時点における人類の最終兵器。 


その他、ニコニコ大百科によればリチャード・マック・マコウィッツ狩野すみれ泉こなた花見川といった人物たちが合気道またはそれに類する武道をたしなんでいる模様。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%90%88%E6%B0%97%E9%81%93
ページ番号: 2540936 リビジョン番号: 2408328
読み:アイキドウ
初版作成日: 09/03/26 01:46 ◆ 最終更新日: 16/09/21 17:23
編集内容についての説明/コメント: よくある誤解の項で当身に言及 その他含め異論ある場合は修正願う
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


あいきどう

あいきどう

あいきどう

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

合気道について語るスレ

169 : ななしのよっしん :2016/11/10(木) 01:51:25 ID: NbHNynONK1
>>166
よく知らんがプロレスの関節技ってガチッとロックしてから一呼吸置いてドーン!ってやる感じじゃないか?
プロレスって演出のために反動とか勢いつける動きが多いけど、逆間接系の技でそれやるのはかなり危ないんだよ
合気道も勢い(重心移動)で投げるんだが、受身のタイミングがずれると負荷がかかって簡単に関節痛める
よく合気道の演武は「自分から跳んでる」って言われるけど、連続して投げられてるとが回ってきてタイミングが取りづらくなるから、怪しないために先に飛ぼうとしてしまうからってのが理由の一つだったりする
プロレスハードな試合展開に組み込むのは難しいんじゃないかな

あと単純に強さがいってのもある
170 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 00:37:50 ID: Y4iX/xZ29U
>>168
それ合気道に限った話じゃないけどな
空手柔道なんかを含めありとあらゆる武術格闘技に当てはまる

あと記事に「「護身術として合気道を学んだ美少女が巨を投げ飛ばす」ような図が見受けられるが、普通理であり~」とか「護身術として通用しないわけではないだろうが、実際に用立つレベルに至るには膨大な時間がかかる。」とか書いてあるが書いたは何で格闘技が階級ごとに分かれているのか理解していないらしい

これも合気道に限らず、女性や小柄な人間が巨を投げるなんて不可能であらゆる武術格闘技に当てはまること
オリンピック選手位鍛えていればいけるんだろうけど、それは合気道にもいえることだし
171 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 19:09:26 ID: yfcB9wSceo
>>169
だいぶ遅レスになってしまったが、新日本プロレス後藤選手が養館で合気道習っているそうで、試合で小手返しを出したことがアルらしい。
プロレスの試合中でもアームホイップで投げたり投げ返したりのハイスピードな展開もあるから合気道プロレスでもっと使えるはず!
172 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 08:22:16 ID: 08gyFIRe+w
一応貼っておく
https://youtu.be/DlDOb_hdxf8
173 : ななしのよっしん :2017/06/27(火) 02:21:51 ID: UEkOn/Yu8v
 前のコメントであった合気道プロテインという話が結構しっくり来た。単体じゃやっぱ理だわな。
174 : ななしのよっしん :2017/08/05(土) 16:50:49 ID: A2K7mgw9r/
理っつーか、一般的な稽古では実践に用立てるための部分をかなり削ぎ落している感じはする。
「受け身が取れる稽古の正しい形は技としては未完成」と稽古で言われたことがある。崩してやるとえげつない殺人技になるし。あと、岩間流では「より進みて攻撃す」なんて言葉が残っているけどこれ、相手の動きを誘発してそれを取ってやることで「先の先」を取れるようにする意味があるらしい。
むしろ、こういった実践で相手を制圧する部分は稽古でやらないようになっているような気がする
175 : ななしのよっしん :2017/08/25(金) 17:11:43 ID: A2K7mgw9r/
自己レス 稽古でやらないようになっているような気がするとは言ったけど、自分は稽古で当身を伴う投げや「先の先」を取る技をやっている。なんというか、稽古で習うは基本を押さえた形であって実際に使うためのドリルではない気がしているというのが正しいかもしれない。
いずれにしても護身術として用立てるための訓練を的にしていないから使うのが難しくなっているんだと思う。単純に技の難易度も高い。相手ありきの技だから。
176 : ななしのよっしん :2017/08/26(土) 22:50:41 ID: qQ0QcYBcci
危険を避ける術だし極めると強いって方向に行くのかが疑問だ
合気道極めた先にあるのは強くなるじゃなく安全になるなのではなかろうか(素な疑問)
177 : ななしのよっしん :2017/10/10(火) 22:30:36 ID: NbHNynONK1
合気道の中核である「合気」って狭義には呼吸やタイミングを合わせる技術のことなんだろうけど、
これを武術の技として理解するにはある程度の試合経験が必要だと思うんだよな。
相手の呼吸を読んで間的にパッと変化して入っていく、ってのは敵対的な状況からじゃないと体験できない。
「合気を外す」って言葉もあるし…もっと知られていいよなこの表現。

最初からお互い呼吸を合わせて練習しているようだと、煽り抜きで社交ダンスと変わらなくなる。
これは合気道に限らず相対演武をやる武術武道には共通する問題でもある。
稽古する内に楽な方に流れるんだよなぁ…
178 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 16:10:27 ID: YxMIjWZpRn
>>177
合気を外すってのは剣術で、凄く端的に言うと互いにを突きつけ合ってるような、攻防が不可能
(相打ちになる)状態に、どうならないか、どう脱するかのことだから厳密には違うかなと
武道研究の吉峰氏とかが記事で、どうるかだけでなく、どういうに合気を外すかでも剣術
特色が出るって書かれてたな

合気道ベースの一つである大東流の合気って、剣術の合気と逆で、外す(攻防不可能状態から脱する)
んじゃなくて、相手にだけ強制的に合気の状態にして化できないかで研究された技術って一面がある
創始者の武田が元々、全武者修行した一流の客だしね

試合を最初からやらせるのについては、ちょい反対かなあ
人間、自分で思ってる以上に自分勝手に動き出すから、変な癖が抜けない間は試合やると悪影になる負の
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829