単語記事: 吉田伸

編集

吉田伸とは、日本脚本家である。

概要

1966年6月21日生まれ、茨城県出身。身長180cmらい。フェチ
アニメ特撮の分野で活躍している。

元々は実写映画監督を志望していたが、大学卒業当時はバブル全盛のトレンディドラマ大盛期であり、それに抵抗を感じて当初は番組のADや雑誌の編集などを務めていた。
自主制作映画を撮っていた際、知り合いだったアニメ制作会社社長を掛けられ、『カリメロ』で文芸を担当し脚本家としてデビューする。

金城哲夫を描いた映画M78島唄金城37才・その時‐』の企画を手伝った事で上原正三と知り合う。
上原によって円谷プロダクション雅人プロデューサーに紹介され、「トレンディドラマをやるよりは地球平和を守る話の方が良い」と考え、『ウルトラマンダイナ』『ウルトラマンガイア』などの平成ウルトラシリーズに参加する。

また、上原の紹介でゲーム制作会社フラグシップメンバーとなり、鬼武者シリーズなどのゲーム制作に関わる。
フラグシップでは杉村升曽田博久宮下隼一といったヒーロー番組の大ベテランに脚本のノウハウを叩き込まれた。特に徒制度バリバリの世代だった杉村や曽田には、「上っつらだけで人間を描くな!」と台本をよく床に叩き付けられていたといい、本人は正に根性モノの世界を体験したとっている。

キャリア初期に特撮で関わった小中千昭武上純希、同じくフラグシップメンバーだった宮下隼一鈴木やすゆきらと同じ作品に参加する事が多い他、サンライズ作品も手掛けている。
SPEED GRAPHER』には、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』でも組んだ監督邦久から直接名されて参加している。

2001年アニメZ.O.E Dolores, i』にて初めてシリーズ構成を務めた。
Vジャンプにて、漫画版『遊☆戯☆王ZEXAL』『遊☆戯☆王ARC-V』のストーリーも担当している。
また、2000年オークラ出版から小説版『ウルトラマンガイア』を刊行する事が告知されていたが、未刊に終わっている。

人物・作風

キャラクターが物の理ではなく、個人が正しいと思った信念を貫くという展開が多い。
大義や個人といった幾つもの感情の機微も描き出し、そういった要素の積み重ねで言動に説得を持たせている。
それを描く為にキャラクターを極限状態に追い込む事も辞さず、ハードストーリーになる事も多い。

本人によると、ストーリーなどを追っていくよりも、キャラクターそのものや、キャラクター同士の関わり合いを掘り下げていく方が好きであるという。

セイクリッドセブンBD1巻のブックレットによると、萌えが苦手との事。

ダイナ』では「運命のの中で」「青春と影」など主人公アスカの成長話を手掛け、ファンから高い評価を得る。
ガイア』では主人公ライバルであるウルトラマンアグルを描く役割を担い、クリシスの設定や稲京子といったキャラクターを創出し、濃厚なドラマを展開した。本人によると、人間でありながら人類を滅ぼそうとする宮を理解できず、闇のに走るオカルトっぽさよりもえ苦しむ宮に接点を持って書いたという。

切通理作の『地球ウルトラマン』によると、『ガイア』を手掛ける前に『ウルトラマンダーク』という企画を持ち込んでいる。一回変身する毎に寿命が一年縮み、シリーズの途中で主人公が交代するという構想で、毎回の戦いを自分の命を懸ける価値があるのかと自問し、自分が正しいと思ったを突き進むヒーローを考えていたとの事。

そういった仕事振りから平成ウルトラシリーズで中心的に活躍していた小中千昭長谷川圭一からも一置かれていた様子。
ガイア』で吉田が執筆した「天使降臨」は、シリーズ構成の小中から「気迫る脚本」と評された。
長谷川は『ダイナ』のインタビューにて、「吉田さんは本当に子話をサポートしてくれて、助かりましたね。吉田さんがいなければ最終回はあの形で行けたかどうか分からないですね」と発言している。また、古怒田健志のブログによると『THE ビッグオー』で吉田が脚本を担当した「Daemonseed」を長谷川が絶賛していたという。

フラグシップ曽田博久吉田の事を「雑誌の編集を経験されていただけに、モノ書きの気持ちや立場を判ってくれています」「一緒に仕事をしていてとても安心できますね」と評している。
因みにかなりのヘビスモーカーらしく、曽田から「機関車みたいに(煙草の)煙を吐いていて、禁煙が励行されつつある世間に抵抗しています」とコメントされた。

SPEED GRAPHER』の監督である邦久は、起用した理由についてインタビューで次のように述べている。
「彼に頼んだ一番の要因は、シナリオにとんでもないアイデアを盛り込んでくることにあるんです。普通の発想では、こんなことは考え付かないだろうという。そういうアイデアが絶対この作品には必要なんだろうなと」
本人く、脚本に打ち合わせやプロット段階ではかったアイデアを盛り込む事で、スタッフが驚くのを見てニヤニヤするのが好きだとの事。

大のゲーム好きであり、現在の日課はネットチェックパズルゲーム。最近ではデュエルリンクスにハマっているらしい。
実際にフラグシップゲームシナリオを手掛けている他、ゲーム好きが高じて『ダイナ』ではTVゲームを題材とした「怪獣ゲーム」というエピソードを執筆しており、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』には『鬼武者』に携わっている事を知っていた武上純希から「君、ゲーム好きでしょ?」と誘われ参加したという。

遊☆戯☆王シリーズについて

この人物をる上で欠かせないのが遊戯王シリーズである。

テレビ東京遊戯王に長期に渡って携わっており、メインライターとして多くの回を執筆。シリーズ累計の脚本執筆数は200本をえてダントツ1位を誇る。
また、シリーズ構成として『遊戯王DM』ではドーマ編・王の記憶編を、『遊戯王GX』ではダークネス編、『遊戯王5D's』ではダークシグナー編以降、『遊戯王ZEXAL』では第1話から最終話までを、『遊戯王VRAINS』でも第1話から担当している。10周年記念映画の脚本も手掛けた。
2017年現在、氏が地上波アニメに関わっていないのは『遊戯王ARC-V』のみであるが、そちらは漫画版の原作という形で関わっている。

実際に遊戯王OCGプレイしており、関係者の大会に参加している模様。
漫画版『遊戯王ZEXAL』では、一部を除いてデュエル構成も自身で考えている。

遊戯王におけるその仕事ぶりからか、原作者の高橋和希は「オレよりも現在遊戯王を支えている」(漫画版『遊戯王ZEXAL』単行本3巻より)と発言している。

一方、突拍子もい展開や作品の途中でキャラクターの性格が変される場合が多い事、「心の闇」・「」など同じキーワードや以前使ったものと同じシチュエーションを多用する事、ストーリー展開の雑さや広げた風呂敷を畳みきれない事などについては批判も多い。

主な作品

アニメ

特撮

漫画原作

ゲームシナリオ

関連動画

関連チャンネル

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%90%89%E7%94%B0%E4%BC%B8
ページ番号: 5052595 リビジョン番号: 2532338
読み:ヨシダシン
初版作成日: 13/03/06 15:20 ◆ 最終更新日: 17/10/15 00:31
編集内容についての説明/コメント: デュエルリンクスのエピソードを追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

吉田伸について語るスレ

170 : ななしのよっしん :2017/08/20(日) 17:40:05 ID: GOrv1YxjNd
遊戯王シリーズの今後も考えると
そろそろ後任の安心して任せられる脚本家
必要だと思うわ
この人の遊戯王は確かに安定感があるが
ずっと遊戯王だけやってくれるわけじゃないのだし
171 : ななしのよっしん :2017/08/20(日) 19:38:54 ID: nTbqxrsZnu
遊戯王シリーズにかかりっきりの今じゃ特撮には戻ってこれないのかなぁ
最低でも3年は拘束される上、漫画原作までやってるし
172 : ななしのよっしん :2017/09/06(水) 21:12:22 ID: 1Ui4eDsxwb
心の闇々言うが、全く同じ話にしたことって特にないような
ドーマ編、GX4期、ダークシグナー(は微妙か?)、バリアン遺跡編と同じには見えないよ

直接は関係ないがVRAINSや遊作のスレに沸いてるとりあえず句点くんは何の問題も起こさないいい子で大人しい子ちゃんが好きなようだなぁ
173 : ななしのよっしん :2017/09/21(木) 00:38:22 ID: jBXu9teDSW
心の闇の多用というマイナス面もあるが
吉田伸シリーズ構成やってるとやっぱ安定感あるな
174 : ななしのよっしん :2017/09/24(日) 10:02:51 ID: iQ+kYab1h8
心の闇々はむしろ遊作の過去が明かされた今となっては効果的に働いてる感がする
175 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 08:14:33 ID: DBgtq/RRTE
こいつ遊戯王で出しゃばって来るとOCG側が余程気を利かせてくれない限り使えもしないカードばっかが山盛り出てくるからもう携わらないでくれ
176 : ななしのよっしん :2017/09/26(火) 07:32:30 ID: +FGGC4UKBP
>>175
使えるカードばかり出しても、デュエリストが強いんじゃなくカードが強いみたいな事言う人出てくるからなあ
雑多なカード組み合わせて勝つっていうのは過去作でもずっとやってきた事だし
それに、前作みたいに強いの持ってるのに使えるタイミングで使いこなせてないみたいな事になってもそれはそれでって話だし
(ていうか、こういう話って久保さんとかの記事でやるべきでは)

遊戯王の脚本って、使用キャラカードの流れで人気が構築されてる感あるから人物に魅出せるタイプの人の方が向いてると思うんだよね
177 : ななしのよっしん :2017/09/29(金) 02:08:38 ID: p+/w2LazY3
ゼアル漫画版は基本的に吉田が自分自身でデュエル構成した模様
(e・ラー戦は複雑すぎて別の人にお願いしたらしいが)

しかしそうやって漫画では吉田自身もデュエルの構成をして
アニメの構成はほぼ久保メインである現状を見ると
まだピンでデュエル構成できる人が他に育ってないんだろうな
コンマイ語複雑すぎるからね仕方ないね

今はデュエル補佐でクレジットされてる人が順調に育ってくれるといいね
178 : ななしのよっしん :2017/10/09(月) 03:03:54 ID: oUVHrS2Q0T
まぁ強いカードばっかだして古いカード置き去りにしたらルール定されるんですけどね(笑)

そんなの気にせずアニメ映えするデュエルやってくれる方がありがたい
179 : ななしのよっしん :2017/10/11(水) 21:34:00 ID: VwDyx9GyKB
VRAINSみてるとなんかネタが古くさい
世界の設定とか20年ぐらい前にあるような設定だし
まあ単純に年齢の問題だろうが
監修からも突っ込まれてたし
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829