編集  

吉田沙保里単語

ジンルイサイキョウノオンナ

吉田沙保里とは、日本女子レスリング選手であり、日本が核を持たない理由乙女である。
現在の階級は女子フリースタイル53kg級で、世界選手権13連覇中(2002・2003・2005~)[1]アジア大会4連覇中(2002~)、全日本選手権12連覇中(2002~、2002・20082009は最優秀選手として天皇杯受賞)。加えて、オリンピック3連覇(2004アテネ・2008北京2012ロンドン)、個人戦206連勝(2001~2016年8月)を果たした2012年には国民栄誉賞を受賞している。

霊長類最強女子」「カレリン」などの異名を誇る。

概要

・栄勝がレスリング導者であったため幼少からレスリングを始め、頭を現す。1998年1999年世界カデット選手権、2000年2001年世界ジュニア選手権と連覇し、2002年ジャパンクイーンカップ[2]で当時日本女子レスリング女王として君臨していた山本子を破ると、破の勢いで日本選手権、世界選手権でも優勝して新時代の女子レスリング女王となった。その後10年以上経っても「新時代」のままなのは秘密である。

その後世界選手権は、2003年ニューヨーク2005年ブダペスト2006年広州・2007年クー2008年東京2009年ヘルニング・2010年モスクワ2011年イスタンブール2012年トラコナカントリー・2013年ブタペスト・2014年タシュケント2015年ラスベガスでそれぞれ優勝し、11連覇している。

オリンピックにおいても初出場となった2004年アテネ大会を圧倒的な強さで優勝すると、2008年北京大会、2012年ロンドン大会と優勝して3連覇を達成した。

2016年リオデジャネイロオリンピックでは日本選手団の[3]を務め、男子体操内村航平男子競泳の萩野公介らと並んで金メダル獲得の筆頭に挙げられていた。加えて自身の競技前日には「王者の苦しさ」を共有し続けてきた調58kg級においてアジア人初・レスリング競技初・女子選手初となるオリンピック4連覇を達成し、他の日本人2選手も金メダルを獲得したことで吉田への期待とプレッシャーは計り知れないものとなっていた。
そして8月18日(現地時間)、今年最初の試合となったオリンピック吉田は圧倒的な強さを発揮して順当に決勝まで進んだ。決勝の相手は2015年世界選手権55kg級王者のヘレン・マルーリスアメリカ)である。彼女の制した55kg級こそ、2002年から2013年まで世界選手権を連覇し続けたかつてのホームグラウンドである。2012年の決勝では当時20歳の俊英マルリースにオリンピックを連覇した吉田フォール勝ちして返り討ちにしていた。世界選手権覇者どうし、4年ぶりの対決となった決勝は前半吉田リードしたものの、後半逆転され1-4で敗北した。海外大会の個人戦では初めての敗北である。かつて較されてきたアレクサンドル・カレリンと同じく、無敵の強さを誇りながらオリンピック4連覇を賭けた舞台で尽きたのであった。

吉田を下して金メダルを獲得したマルーリスは、吉田を”英雄”として尊敬している。彼女が12歳の時、レスリングをやめさせたがっていた両親が彼女に競技継続を許したのは女子レスリングが正式種目に採用されたからであった。そして、最初の大会で優勝して歴史に名を刻んだ選手の一人こそ、吉田沙保里その人である。

吉田リオで敗れたものの、レスリングを通じて次の世代となる世界中の選手に夢と希望を与え続ける存在として活動を続けている。

高速タックル 

圧倒的なを持つ吉田の中でも代表的な技とされるのが、予測可能回避不可能の高速タックルである。一般的にレスリングタックルは崩し、すかしなど虚を突く動作が必要なため、ほんのわずかだが小さな前兆のモーションが生まれる。しかし吉田おこなう高速タックルは、ほぼ全なノーモーションでのタックルとなる。事前のモーションがい上、タックルを始めた間から相手の足をつかみ懐に飛び込むまでの時間が他の選手よりも圧倒的にい。この二つの要素から成り立つ高速タックル吉田の強さの徴である。

強すぎる吉田2010年ごろから世界中のライバルから研究しつくされ、たどり着いた結論が「自分から攻めず、守りに徹してカウンターのみを狙う」であった。吉田タックルは相手の動きに条件反射の様に飛び込むタックルであるため、通常の攻めの状態では間違いなくモロに入られてしまう。よって、はじめから守ればポイントを取られる事はカウンターを取れるだろうという結論に至ったのである。事実ロンドンオリンピックでは吉田の対戦相手は時間やポイントで焦っているときを除きまったく攻めに来ない状態であった。攻めに来ない相手にオリンピック前の大会で一度苦杯をなめた吉田は対策を練り、ロンドンオリンピックではその強さをいかんなく発揮して優勝を飾った。

強い!絶対に強い!

連勝記録や勝利数などを見るものがあり、あまりの強さに相手はタックルを恐れて守ることしかできなくなってしまう。負けがあるにしても受け皿の広い55kg級で他の選手と次元の違う強さを見せ、勝ち続ける姿は驚異的であった。
その姿は男子130kg級オリンピック3連覇・世界選手権9連覇と絶対王者として君臨したアレクサンドル・カレリンを彷彿とさせる……と言われてきたが、オリンピック3連覇はカレリンに並ぶ偉業であり、世界選手権連覇数は既に抜いて記録を更新し続けている

吉田というあまりに高すぎるのために、他の階級に移った日本人選手は少なくない。
調メディア露出の少なさから吉田の陰に隠れがちだが、こちらもまた「化け物」である。調は大学時代に吉田に苦戦し[4]63kg級に階級を上げた。やがてこちらも「不敗」と称されるようになり、オリンピックではアテネ大会からリオ大会までアジア初、レスリング選手初、ならびオリンピック女子選手初の4連覇を達成し、2016年世界選手権優勝で11連覇してカレリン全に駕した。連勝記録も2016年1月まで個人・団体戦通じて103連勝を達成している(不戦敗を除くと184連勝)。
小原日登美などは極端な例で、彼女自身の階級である51kg級オリンピックになかった上、下の階級である48kg級にはがいたことがあってオリンピックに出場するためには吉田55kg級に挑まざるを得なかった。自身の階級では6度の世界選手権優勝を誇りながらも55kg級では吉田に破れ続け、オリンピック出場はかなわず2008年引退した。しかし、引退を受けて2010年48kg級で現役復帰し、2010・2011年世界選手権を連覇した上翌年のロンドンオリンピックで優勝している。
更に言えば、リオデジャネイロオリンピック63kg級金メダルを獲得した川井紗子も58kg級調がいるがゆえに階級を移した結果の優勝であり、こちらも間接的に吉田の影を受けているといえよう。

このように、吉田に勝てずに階級を変更した結果世界選手権やオリンピックを制する選手、そしてもちろん吉田にあこがれてレスリングに励む選手がこの10数年の間に多数存在し、自身の階級のみならず日本女子レスリング全体を高レベルなものに押し上げていると言っても過言ではないだろう。

2016年に開催されたリオデジャネイロオリンピックでは吉田に勝てないことが明らかになったため女子の出場選手を増やしてオリンピックとして存続を図るために女子レスリングの階級が増え、55kg級が消滅して周辺の階級は48kg・53kg・58kgとなった[5]。更に、2020年東京大会では、48kg・52kg・56kgにされることがレスリング連盟において提案されている。一般的に減量・増量は選手にとって苦しいものであるが、従来55kgの規定より若干少ない体重で勝ち続け、むしろ増量に苦しんできたという吉田にとっては53kgへの移行はむしろ好都合であり、選手人生にとって大きなとなりうる階級変更ですら敵ではないようである。事実、階級移行後初めての世界選手権となった2014年タシュケント大会でも優勝すると、2015年ラスベガス大会でも連覇した。

なお、中学1年生(1995年)からの戦績国際大会のデータベースを突き合わせて数え上げてみると、リオデジャネイロオリンピックまでの生涯戦績は320勝15敗=勝率0.95522となる。負けの内訳は3敗の年が1年(2001)、2敗が4年(1997・1998・19992000)、1敗した年が4年(199620082012・2016)であり、22年のうち13年はであった。また、リオデジャネイロオリンピック決勝以前に個人戦で敗北したのは2001年全日学生選手権決勝における山本子戦までさかのぼり、以後個人戦206連勝を達成した。なお、21世紀に入ってからリオ五輪までの競技成績は239勝6敗=勝率0.975510である
また、1995年以降個人戦・団体戦含めて吉田に勝った選手は日本人4人、外国人3人と、世界で7人しかいない。このうち最も負け数が多いのが山本子で、吉田世界選手権に初出場した2002年以前の対戦が多いとはいえ5勝5敗と戦を繰り広げており、2002年ジャパンクイーンカップでの一戦は吉田自身がベストバウトに挙げている。

ここまでつらつらと吉田の強さを述べてきたが、吉田は10年以上にわたって世界中のからも付け狙われる存在であり続け、そのプレッシャーは常人の想像の及ぶものではないだろう。
その左に、2015年世界選手権では優勝したにもかかわらず試合後のインタビューでは苦しさを吐露して涙を流し、リオデジャネイロオリンピックでも決勝終了から表式に至るまで人をはばからず涙を流しメダルという栄誉にもかかわらず号泣しながら謝罪した。彼女アスリート以前に一人の人間であり、彼女の時に見せる乙女チックさもネタではなく彼女の持つ本来の一面なのである。

また、現在では想像もできないが、吉田が一線を退くことで女子レスリング界にも地殻変動が起きるだろう。一度引退しても山本子・美憂らのように現役復帰→大会制覇しても驚かないが。

その他 

関連動画

関連コミュニティ

吉田沙保里に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *2004年は大会が開催されなかった。
  2. *現在男子と統合されて全日本選抜選手権
  3. *オリンピック選手団の将は直近5大会連続でメダルが獲得できないというジンクスがあった。吉田夏季オリンピック初の女性将を務め、メダルなしのジンクスを打ち破った。。
  4. *の千吉田に1勝しているが、自身は0勝2敗である。
  5. *オリンピックからの除外であり、世界選手権などでは存続している。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%90%89%E7%94%B0%E6%B2%99%E4%BF%9D%E9%87%8C
ページ番号: 5003490 リビジョン番号: 2397146
読み:ジンルイサイキョウノオンナ
初版作成日: 12/11/27 22:46 ◆ 最終更新日: 16/08/22 01:10
編集内容についての説明/コメント: markup
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

吉田沙保里について語るスレ

166 : ななしのよっしん :2017/06/09(金) 18:29:16 ID: ocmtK/OhV2
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1706/07/news105.html
世界広しといえど、たった一言できのこたけのこ戦争の戦局を変えてしまう戦士なんてこの人ぐらいだ…
167 : ななしのよっしん :2017/07/20(木) 09:21:34 ID: +hF2DI6198
ツイッタータイヤ引きに苦戦するツイートをすることで人間アピールも欠かさないチャンピオン
あのタイヤは何トンあるんだ・・・・?()
168 : ななしのよっしん :2017/08/06(日) 20:19:55 ID: w0SXCtc1yv
8月6日に放映する逃走中に参加してるけどハンター程度ならタックル1発で化できるんじゃね?
169 : ななしのよっしん :2017/08/06(日) 20:24:01 ID: fYJOqTU9y4
>>168
そういうゲームじゃねえからこれ
鬼ごっこに逃げる隠れる以外の抵抗しちゃダメだろ。
170 : ななしのよっしん :2017/11/03(金) 12:37:53 ID: CUYxHmL1//
鬼ごっこの必勝法は退治なんだよなぁ
171 : ななしのよっしん :2018/03/02(金) 10:07:50 ID: gsJbY2cULx
まさかのたけのこ(たけのこ歓喜)
プレの方、追記をお願いします
172 : ななしのよっしん :2018/03/21(水) 20:33:27 ID: hexdaR1RNU
栄はよくこんな女を抱けたな。
尊敬出来る。
自己犠牲精が強すぎて他人に厳しく当たってストレス発散したんだろう。
173 : ななしのよっしん :2018/04/07(土) 18:00:19 ID: 1INAxLFzqy
例の騒動でイメージ反転してて
174 : ななしのよっしん :2018/04/08(日) 16:14:57 ID: 8TQbusy/My
たとえ騒動でたたかれても、この功績はにも抜けないと思う
175 : ななしのよっしん :2018/04/16(月) 21:59:36 ID: A5LpIdWMUY
本人がパワハラそのものには関係なさそうなのが救いか?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829