単語記事: 同人マーク

編集

 

同人マークとは、作家(一次著作物の権利者)が同人誌即売会などでの二次創作を黙認する、または積極的に認める意思表示をする為のマークである。

TPP参加により著作権侵害の非親告罪化が導入され二次創作不可能になるのでは、という危惧から誕生し、現状維持」を的としている。
詳細記事: 著作権の非親告罪化 [1]

丸の中にマンガで使うペン先とOKの字が描かれたデザインになっており、このマークを使用したい人は無料自由に使用する事ができる。

TPPによって変更される内法でも、二次創作などの範疇は引き続き親告罪とされる事が決まり、今後利用されていくかは不透明となっている。 (法律などの流れは以下の 沿革 などを参照)

概要

日本ではいわゆる二次創作作品(同人誌イラストなど)は権利者許可を得ずに表され、独自の巨大な文化圏・経済圏を形成してきた歴史がある。日本著作権法が定める著作権は親告罪で、権利者自身が警察通報しない限りはグレーゾーンのままであり大半の権利者二次創作を黙認していたためである。 

しかしTPP参加によって予想される非親告罪化により、この黙認ができなくなり権利者許可を得ていない二次創作作品について、第三者の通報による警察の摘発が可となり、権利者の本意に沿わない状況が発生すると予想されていた。

この問題の対策として提案されている手段の1つが「同人マーク」である。
独自の許可ルールを考えるのは面倒だが二次創作してもかまわないという場合、マークを付けるだけで気軽に使用できる選択肢の1つとして考案された。

同人誌イラスト程度に警察が対応するのか、という疑問などは 著作権の非親告罪化 を参照。 

沿革

2013年3月27日 文化庁催『第8回コンテンツ流通促進シンポジウム』にて、同人マークの原となる「二次創作における『意思表示システム』」の提案が行われた。

2013年8月16日 同人マークデザイン募により決定された。

2013年8月28日 コモンスフィアより正式に同人マークに関するライセンスおよびFAQが開された。

2013年10月10日 公式ベクターデータ画像データ)が開された。

2013年12月現在クリエイティブ・コモンズを扱うコモンスフィアライセンスの1つとして、実際に商業漫画で使用して問題点がないかなどの実験が行われている。

大々的な広報・普及活動はTPP導入によって著作権侵害の非親告罪化がどうなるか判明してから行うとしている。
そのため現時点では採用している作品はまだ多くないが、必要な次点で一気に広められるよう準備をしている事を赤松氏ニコ生Twitterなどで明らかにしている。 

2016年3月TPPを実際に内法に反映する内容が明らかになり、引き続き原則として親告罪のまま[2]海賊版などに対しては非親告罪化となる、といった具体的な内容が明らかになった。二次創作は従来の範疇に含まれる。
同人マークTPPにおける非親告罪化対策としての側面はなくなり不要となるというのは、考えられる中でも非常に良い結果であり、同人マークに関して特に精的に活動していた赤松健さんは「めでたく使わずに済んだ」とコメントしている。
同人マークの今後については不明であるが、即時効となることはどうやらさそうであるし、また同様のライセンスを引き続き使用したいという場合は、似たライセンス(マーク)を作るのも自由である。

同人マーク採用作品の一例

利用方法・Q&A

このQ&A公式のものが開設される前に作成されているため、公式の内容を優先して下さい。

同人マークFAQ よくある質問と回答

どんな作品の形態なら同人マークを使用できるか

限定はく、例として「マンガ小説動画音楽フィギュア衣装など」があげられている。[3]

この質問は、株式会社TENGAが自社の商品を擬人化した作品などに関連して行った物。

二次創作(例えば同人誌)には付けられないのか

このマークオリジナル = 一次創作側が付けるものであるが、二次創作許可されている作品の二次創作同人誌についても、もしその同人誌を元に三次創作が行われた場合、三次創作作品を許可・黙認するためにも使用できると思われる。
二次創作イラスト同人誌を作っているが、三次創作をした人がもし捕まったら嫌という場合には使用は有効ではないかという意見もあるが、このあたりはまだ情報不足である。

無料で公開しているオリジナルマンガ/イラストに同人マークを使用できるか

無料・有料は関係なく利用できる。非親告罪化の対が有料コンテンツだけになる、といった情報も今のところは確認できていないため有効。もし有料のものだけが非親告罪化となるとしてもマークを掲載する事は問題い。実際無料Webマンガにも使用されている。

同人マークはどこに掲載すれば良いか

このマークの制定にあたっては、漫画家許可/黙認したいとしても出版社に禁止される可性が考慮されている。そのためマークは過度にしないものとなっており、マンガに登場するキャラクターTシャツの模様に書くといった利用も想定しているようだ。
消極的な黙認であればそういった掲載方法も可で、もちろん表などに大きく掲載しても個人の自由となるようだ。

同人マークに関する誤解

同人マーク情報が出た直後、以下のような情報に一部のまとめサイトなどでネット上に出回った。
以下のような誤解は公式に公開されたFAQでも説明されているのでそちらも参照。 

同人マークのついている作品はあらゆる二次創作が許可される

同人マーク許可されるのは、同人誌の作成と、同人誌即売会での断配布(有償・償問わず)のみである。作成した同人作品をインターネット開したり、同人ショップ等で委託販売することは許可していない。また、同人誌以外の形態(フィギュアアニメ音楽コスプレなど)や、過剰な性的表現などを伴う表現(要するにエロ同人)も許可していない。

同人マークがついていない作品の二次創作は違法になる

TPPの非親告罪化が導入される事により違法となる可性がある許可での二次創作活動は元々違法であり、同人マークによって違法化される訳ではい。そのようなはこのマークにはいし、マークを付けていないコンテンツへの効い。
独自の許可ルールを作り二次創作許可することは今までも行われており、同人マーク二次創作許可する意思表示の1手段でしかない。

同人マークがついていない作品の二次創作が行いにくくなる

以前から独自のガイドライン二次創作許可していた東方ProjectVOCALOIDなどの作品が存在するが、これらの作品の存在によってその他の許可していない作品に影があるとは考えられない、という分析がある。(公式FAQ参照)

同人マークを掲載する作品が出るわけが無い

すでに、提案者以外の複数の商業マンガ作品やWebマンガでの使用も確認されているためこの摘はすでに当てはまらない。提案した赤松氏によると、非親告罪化が確実になってからタイミングを見計らって本格的な普及をすため今は下準備中とのことで、商業コミック類での現時点での利用数はあくまで実験的利用をしている作品のみであり数が少ないのはそのためと考えられる。

このマークマンガの中に掲載するなど自由な利用が可であり、警察から見ると、二次創作同人誌作者を捕まえたのにオリジナル作品に同人マーク付いているかも知れない、という状況により二次創作を現行の親告罪のように萎縮させないという効果も期待されて考えられている模様。

同人マークを掲載していない作品が非難されるようになる

これについては読者の良心に期待するしかない。
作者には同人マークを付ける選択肢もあるし、独自のガイドラインを作る事も、二次創作を全て禁止する事も、何もしない事も、自由である。

同人マークのつく作品の二次創作を作ったら作者に使用料を払わされる

同人マークには使用料を払えば許可される、といったオプションは用意されていない
仮に有料での二次創作希望する作者が居た場合同マークのみでは使用できず、追加で独自のルールを作る必要がある。 

管理団体が利権を得て一儲けするために同人マークを作った

マークを作った 特定非営利活動法人 コモンスフィア は 以前より続けている クリエイティブ・コモンズ と類似の新しいマークとして今回の同人マークを扱っているだけである。コモンスフィア二次創作を管理する事などできず、新たな団体が設立されるという情報もない。
またこのマークは審などはく使用できるのでが使用しているのか把握する手段がい。 

利権ができるのでは、といった不安があれば同人マークと似たルールの別のマークを作成して利用するなどの方法もある。

日本でもパロディ規定、フェアユースの導入が行われると考えられるので同人マークは不要

提案者はそういった新しい法律同人マークが使用されないとすれば、それは新たな選択肢であり望ましいと発言している。(関連ニコニコ生放送Twitterなど) しかしこれらの法律が確実に制定されるかは不明であるため、手段を用意したとの事。 

同人マークかがかるわけではいため、極端な話同人マーク以外の素晴らしい解決策が誕生し、同人マークが普及しなくとも二次創作が守られるのなら大歓迎という考えを明らかにしている。

赤松健はこのマークを作って利権を得ようとしている

現状、このマークで収入を得る事はできない。このマーク許可自由に利用でき使用料もかからない。
マーク自体もコモンスフィア償で利用可としているもので赤松健氏の物ですらない。

誤解に関するまとめ

著作権の非親告罪化適用後「私はこの作品の2次創作を認めてるんです。警察は私の作品の2次創作を作った人を逮捕するのはやめてください。」とするためのポジティブリストとしてのマークである。

同人マーク あり なし
非親告罪化前 (著作権者次第)
非親告罪化後 (裁判次第) ×(警察次第?)

特定非営利活動法人 コモンスフィアは 「クリエイティブ・コモンズ」 というライセンスを扱っているが、これは 「この条件を守れば私の作品を自由に使って良いですよ」[4]というライセンスである。
このライセンスではオリジナルイラストをそのまま複製して使用できるといった二次創作許可とは異なる方向性になってしまい使用できなかった。そこで二次創作に的を絞り作られたのが同人マークである。

なお、作者ポジティブリストとしてマークを使ったのか他者には判別出来ない点に注意が必要である。「単なるデザイン引用として用いただけで、二次創作を認める意思はい」というも可なことは覚えておこう。この大百科記事も冒頭に同人マークを載せているが、二次創作を認めているわけではない(そもそも編集者には可否を決める権限がい)。

余談

赤松氏児童ポルノ法正による創作物の性表現に対する規制に反対のもしており、これとは別にTPPによる著作権の非親告罪化による同人文化の破壊にも警感を持っておりさまざまな方策を行っている。

恣意的なまとめ記事などに惑わされず、正しい情報の入手を心がけたい。(下の参考資料も参照)

参考資料

関連項目

脚注

  1. *「警察の萎縮効果狙う」 赤松健さん、2次創作同人守るための「黙認」ライセンス提案 (1/2) (日本TPP参加で著作権が非親告罪化した場合でも、作家が作品の中でこのマークを明示していれば、2次創作同人誌イベント販売に安心感が得られる。)
  2. *TPPによる日本国内の著作権法の変更について
  3. *赤松健のツイート 
  4. *クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%90%8C%E4%BA%BA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF
ページ番号: 5131548 リビジョン番号: 2507342
読み:ドウジンマーク
初版作成日: 13/08/19 11:19 ◆ 最終更新日: 17/07/14 13:09
編集内容についての説明/コメント: 対象が同人誌のみであることに触れられていなかったので追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


クリエイティブコモンズ 同人マーク トレス 

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

同人マークについて語るスレ

73 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 08:32:17 ID: Q/GdUsRBvS
>>72
これかhttp://jin115.com/archives/52126510.html
作る側からしたら良くて製作時間がパーor使用料必要、悪くて逮捕の死活問題なのに
「黙認されてたのに(ずっと放置されるとは限らない)」とか消費者側の知ったような反応が責任で酷いな。
74 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 08:39:31 ID: gfdgj/hv7D
>>73
話題はともかくJINるなや
75 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 08:46:15 ID: Q/GdUsRBvS
>>74
ああすまんそういうのだと知らんかったわ
76 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 08:51:04 ID: Rft0GSc5Xr
許可とらずに二次創作なんか開してんのがそもそも異常なだけだろ
なにが作る側なにが死活問題だよw
泥棒の逆ギレじゃねえか
77 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 09:11:58 ID: fDFiRi6v/i
まぁそうだよね 結局のところ作者が嫌がってんのに理矢理やったらダメだし
悪質なヤツは取り締まられても仕方ないよね
やられた側は制作時間が~使用料が~とか言われても知らんとしか
78 : ななしのよっしん :2016/09/26(月) 22:37:49 ID: lcuOdeDx/z
>>76
許可二次創作やること自体は異常じゃないんだよなあ…

許可二次創作なんて許せない!って人と、ある程度は好きにすればって人と、
人それぞれ価値観が違うからこそ親告罪な訳でw

キャラアイデアの一部でも似てたら泥棒だ!って怒る人もいれば、
許可エロ同人見ても全然怒らない人もいるし、
人それぞれだからこそ親告罪なんじゃないの?
79 : ななしのよっしん :2017/03/21(火) 07:57:35 ID: fxzcI4Jytq
二次創作ガイドラインとか出してるとこあるし
二次創作が気になればそういうのを出して線引きすればいいよ
許可グレーだがガイドライン違反ならにして取り締まれるし
取り締まられないためにまず二次創作上げる人もかなり減るだろう
80 : ななしのよっしん :2017/06/13(火) 10:44:34 ID: pWrJpCPE5D
同人マークとは関係ないかもしれないけど
二次創作を潰したい的の人間が同人誌を所持してゲーム制作会社にしたりするので
業務に支障が出だしたので
毎回問答用でつまみ出すようになったみたいな話聞いたなぁ
81 : ななしのよっしん :2017/07/13(木) 22:54:32 ID: 5uQWMhENv0
テロ等準備罪同人2次創作ピンチみたいなことが言われてたけどあれ結局親告罪のままになって今までと変わらない流れになったんだっけ?
それでも同人マーク必要な気がするけど
82 : ななしのよっしん :2017/07/14(金) 12:45:58 ID: Bc8ntF4uUP
>>80
ニコニコ的にはvipper改造マリオコミュ潰すために任天堂しまくったのと同じ手法だな
その結果生まれたのがマリオメーカー
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829