単語記事: 名前を呼んではいけないあの人

編集
監視注意 この項は、死喰い人に見られています。 <●> <●>

"名前を呼んではいけないあの人"He who must not be named)または"あの人"(You know who)とは、ヴォルデモート卿その人(I am Lord Voldemort)のことである。

概要(以降ネタバレ注意)

J・Kローリング小説ハリー・ポッターシリーズに登場する、魔法界史上最強最悪の魔法使い
かつて魔法使い一族総純血義を掲げ、魔法界に多大な犠牲を強いた。そのため現在でも非常に恐れられており、のある者以外は決して名前を呼んではいけない
…と作中で言われているが、天然系だった初期のポッターは事あるごとに盛大に名前を呼んでいる(そしてそのたびに周りから注意される)。
なお7巻では"ヴォルデモート"という名前を口にしただけで保護魔法が破れ、居場所が感知され、転移魔法で即座に死食い人達の襲撃を受けるという「言霊の呪い」が英国全域にり巡らされており、マジで名前を呼んではいけないようになっていた。おそらく作中以前の暗黒時代も同様だったと推測ができ、それが"名前を読んではいけないあの人"と呼ばれるようになった最大の原因だと考えられる。

その呼び名に違わない邪悪な魔法使いであり、魂を断片化することで仮初めの不死を得る「分霊(Horcrux)」の呪文を行使するために何の罪もない6人の人間を生贄にげ、そうして得た不死性のもと純血義の遂行のために、"穢れた血"とされた混血や純マグル系出身の魔法使いを抵抗勢ごと虐殺し、最後は配下の"死喰い人"と共に英国魔法界に全面戦争を挑んだ。
"あの人"全盛期の英国魔法界は暗黒時代そのものであったようで、作中にも暗い影を落としている。
しかし予言により自らを滅ぼす可性を持つ人間が生まれると知ったヴォルデモートは…という所で本編が始まる。

"あの人"の名前でタグ検索

ネットでの扱いについて

尺の都合か、映画版のハリー・ポッター小説版のハリー・ポッターよりもウィットに富んでいる節がある。

映画版4作ハリー・ポッターと炎のゴブレット日本語吹き替え版)」において、旧習にこだわる"あの人"はハリー・ポッターに対して旧式の作法に則った魔法での決闘を要。この際、ポッターは決闘の作法を知らなかったため、"あの人"は

決闘のやり方は学んでいるな? まずは互いにおじぎだ…」 
「格式ある儀式は守らねばならぬ。ダンブルドアは礼儀を守れと教えただろう…」
おじぎをするのだ!!

と発言。前3作で散々「名前を呼んではいけない」と恐れられた"闇の帝王"が格下のポッター相手に「おじぎをするのだ!」としかりつけるその様子は視聴者に大きく印づけられた。さすが純血のイギリス人!

その後一部ネットにおいて「"あの人"のAAを作った」という事でスレが立ち(詳細はググれ)、そのAAネタにして新しいAAができ、ポッター映画が一般上映されるとマルフォイと共にネタにされるようになる。

※この先はカオスな成分を多々含んでおります。

                   , -―  、
            __    /      
      ,r´⌒ヽ,⌒ヽ,ヽ /          ヽ
    (⌒)、   .人  λi   _,,_ル,,rョュ 、 i
     \. \    、 |  ィ rっフ , ミア |r, _人人人人人人人人人人人人_
      |\ \     ._|  "''"~ ハ   ハ   .i;{>     おじぎをするのだ   <
      |  \  \  } ;    / " '  ヽ   |j ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^.Y
      |.   \   λヽ    r―''"入  |  
   .   |.   |.\_ノ `"i    廷ニツ  j
   .   |.   |   |    、      ̄   .ノ
   .   |   )  .|     ` ー ,,___,,. ノ
   .   |   |  .|
      |   |.|  .|
   .   |  | .| .|
      /  / / ヽ,
     (__ノ  ヽ、__つ

 

               /          ヽ
            .  i   _,,_ル,,rョュ 、 i
              |  ィ rっフ , ミア  |r,
              _|  "''"~ ハ   ハ   .i;{
              } ;    / " '  ヽ   |j
             λヽ    r―''"入  |
              `"i    廷ニツ  j
                i、      ̄   .ノ
   ..┌/)/)/)/)/)/)/)/)/)/)lー/ ‐┬ '´
    |(/(/(/(/(/(/(/(/(/(/│||    |\ 〃
  r'´ ̄ヽ.              | | ト    /    \
  /  ̄`ア             | | |  ⌒/     入
  〉  ̄二) 知っているが : :| | |  /     // ヽ
 〈!   ,. -'                | | ヽ∠-----', '´    ',
  | \| |   .お前の態度が :: | |<二Z二 ̄  /     ',
  |   | |               _r'---|  [ ``ヽ、      ',
  |   | |   気に入らない >-、__    [    ヽ      !
  \.| l.              ヽ、      [     ヽ    |
    ヽ|              \    r'     ヽ、    |

 

                 ‐‐
               ′       \        ,.へ
  ___         /          ヽ        ム  i
 「 ヒ_i〉        i   _,,_ル,,rョュ 、 i        ゝ 〈
 ト ノ        |  ィ rっフ , ミア |r,       iニ(()
 i  {         |  "''"~ ハ   ハ   .i;{      |  ヽ
 i  i        } ;    / " '  ヽ   |j       i   }
 |   i      λヽ    r―''"入  |       {、  λ
 ト-┤.       "i    廷ニツ  j      ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_       i、      ̄   .ノ   ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__  | ` ー ,,___,,. イ: | /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     ク ル ー シ オ       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

 

         , -―  、
         /      
        /          ヽ    こんなにもマグル達がおじぎに飢えてるとは思わなかった
        i   _,,_ル,,rョュ 、 i
        |  ィ rっフ , ミア |r,    わたしを  全ての地球人に!!!
       _|  "''"~ ハ   ハ   .i;{ 
       } ;    / " '  ヽ   |j  _   \ニニニ ニニニ   
        λヽ    r―''"入  /イ/ハ:.:/{ ノ !:::::|    ___ノ^ヽニニニニニ
      /.:::::  i   廷ニツ, , -――- 、 /:::::/ /      ̄`ヽニニニニニニ
     /.:::::::::::::: i、  - / -―- 、⌒V::::::/ // j___ノ、  ヽニニニニニ
  /ニニ、`ヽ`ヾ;  ヘ.イ 、__(   >  \/ (__ ノニニニ     \ニニニニニ
 ,仁ニニニ\ヽヽヽ ∨   /ニニ>>--')__ ノ    `ヽニ     \ニニニニ
 ニニニニニニヽ   /     {ニニ> ´ `¨¨´         ニ}      \>''"´
 ニニニニニニニニ/     ∨ /               }八
 ニニニニニニニ./        }ニ{     アバダケダブラ   ノニヽ     ノ
 ニニニニニニニ/       }ニハ               /⌒ヽヽヽ ___
 ニニニニニニニ!        ノニニヽ、            /     ` ー='ニニニニ
 ニニニニニニニ}          ⌒`、     /⌒ヽ  ノ     ノ____
  / ̄ ̄ ̄`ヽ/ヽ、 _ヘ{ {        > 、 /     /  ̄ ̄ ̄
           /   ヾ、    ヽ ヽ      (    `{    /
        /    〃 トミ  ___ >--‐=、   ヽ _ノ
         /    //     /         \__ノ

 

                 /          ヽ
                   i   _,,_ル,,rョュ 、 i
                |  ィ rっフ , ミア |r,
                _|  "''"~ ハ   ハ   .i;{
                } ;    / " '  ヽ   |j. それは私の
               λヽ    r―''"入  |
                `"i    廷ニツ  j
              /`ー、 i、      ̄   .ノ,r'~`ヽ、
           ,.ィ" ri l i ト | ` ー ,,___,,. イ: | .、 y;  ヽ、_
      ,. -‐''" 、 くゝソノリ~i | - 、 , -‐'7ハ ヾニト-    ~` ー- 、_
   , ィ ´      ,ゝ、_ `r'   l |  、レ // `テ三..ノく _ `       ヽ、
  /       , -' ,、  `、_)   l,i,  i //  (/  ...,,;;;;:` 、        ヽ
 ;'       '" ノ ;;;;::::      i !  : //    .....:::::;;イ、_、_\ _    _ノ
 l ..,, __,ィ"-‐´ ̄`i::::: ゙゙゙= ...,,,,,. l | ,//  - = ""::;; :/       ` '''' '"
            ヾ :;;;,,     ,i l,//     ,,..," /         _,,.....,_
   ,. -- .,_        \ :;,.   ;'  V ;!   `;  /;: ノ      ,.ィ'"XXXX
  /XXX;iXXミ;:-,、     ヾ  '" ''' /./!  ヾ   /    ,. - '"XXXXXXXX;i!
 ,!XXXXi!XXXXX;`iー;,、  i   、. / ;:::゙i   ;: , |  ,. r'"XXXXXXi!XXXXXX:l!
 |XXXXX;|XXXXX;|::::::::|`ヽ、    ,! ,': : :|    ,.レ"::::|XXXXXXX|XXXXXXX;l!
 !XXXXX;|XXXXX:|:::::::::i  `   ;! : :  i!  / !:::::::::|XXXXXXX|!XXXXXXX|
 XXXXXx|XXXXX;!:::::::::::!   `. /::    | '"   l:::::::::::|XXXXXXX|XXXXXXX |
 XXXXXx!XXXXxリ:::::::::::!    |::     |    i:::::::::::ゞXXXXXツ1XXXXXXX|
 XXXXX/ \XXソ::::::::::/     i!::    ノ     i!::::::::::::ゞXX:/  lXXXXXXX|
 XXXX:/   `ヾ::;;;;;:ツ      ヾ;::: ; ノ      ヾ:;;:::::::ゝ'"     ヾXXXXX |

 

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%90%8D%E5%89%8D%E3%82%92%E5%91%BC%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%82%E3%81%AE%E4%BA%BA
ページ番号: 4179962 リビジョン番号: 2062327
読み:ヴォルデモート
初版作成日: 09/10/12 00:41 ◆ 最終更新日: 14/07/31 00:59
編集内容についての説明/コメント: 概要の微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

名前を呼んではいけないあの人について語るスレ

364 : ななしのよっしん :2016/10/02(日) 12:37:04 ID: sb42px+c+R
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29306370
365 : ななしのよっしん :2016/10/02(日) 15:06:59 ID: MavzdDz7xU
>>363
この人の敗因はとかほとんど関係ない自滅だけどな
理にこじつけるならを知らなかったが故にスネイプママファイの裏切りを予知できなかった、と言えなくもないけど
ぶっちゃけこの人の裏切られエピソード事欠かなすぎてを知る知らない以前の問題にしか見えない
366 : ななしのよっしん :2016/10/04(火) 19:29:41 ID: w0wQcDHqNg
悪役の作り方は
主人公と同じくらいのしかない」か、
「圧倒的なを持ってるけどツメが甘い」の2択だから仕方ない。

「圧倒的な持ってて、油断もミスもしない」だと倒す方法がなくなるからお話が成立しない。
367 : ななしのよっしん :2016/10/11(火) 00:29:12 ID: MavzdDz7xU
流石にその狭すぎる選択肢以外にもやりようはある
油断も隙もなくその場からできる最適な判断を下してはいたけど、なおも主人公の知恵が一手上回ったとか、ガチ最強ではあるけど総を結集させて倒す、とか、二の弱点を突かれてしまうとか色々あるだろう
この人作品全般の範囲もそうだけど特に7巻でのやらかし&出し抜かれラッシュとか本当にどうにかなんなかったのかってレベルで酷いぞ
368 : ななしのよっしん :2016/10/26(水) 15:32:35 ID: qptVOaw4Rg
ネタバレ











(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
369 : ななしのよっしん :2016/11/07(月) 19:25:10 ID: /SI1kJ4MUB
■■■■
370 : ななしのよっしん :2016/11/07(月) 19:35:01 ID: dCxOp2dCXQ
ネタバレ











(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
371 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 03:02:58 ID: hLSxQESS3J
ファンタスティックビーストに若きダンブルドア校長登場の可性が出てきたみたいだが、ヴォル様関係の話も5部作どこかでちょろっとやるのかな?舞台も70年前でヴォル様が生まれた(幼少ぐらい)年代だし
直接登場しないにしろ親族や関係者辺りは少しだけ登場しそう
372 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 10:07:09 ID: Kbaty+vn+h
この人のの甘さ・詰めの甘さはむしろヒラリー・クリントン並みだったな
373 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 10:35:15 ID: oSRrn+NWG3
死の呪文を開発した人の方が最悪の魔法使いな気がする
磔の呪文とか何を考えて作ったんだろうか、拷問用かな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015