単語記事: 名探偵

編集

名探偵はなるのではない。ある時に自分がそうであることに気づくのです」

――

名探偵とは、いわゆる推理ものの作品において、推理によって相を言い当てる存在のこと。

探偵役」もしくは「ホームズ役」とも言われる。ただし「名探偵」が必ずしも探偵役」とは限らない(後述)。

一般的な名探偵

単に「探偵」といえば職業としての探偵のことだが、「名探偵」は優れた職業探偵という意味合いよりも、物語上の役割、もしくは称号的な意味合いが強い。警察官でない場合が多いが、作品によっては警察官が事件のを解き明かす=「名探偵」の役割を果たす場合もある(十津川警部シリーズ刑事コロンボ古畑任三郎など)。警察官でない場合は、何らかの理由(名探偵に協的な警察官の存在)によって、捜に介入することが許されていたり、あるいは連絡の断絶した孤などを舞台にしているため、の介入が存在しないことが多い。これは特に昨今のミステリに顕著である――なぜなら、いち市民警察に捜を許されるなど、通常では考えづらいからだ。

先で事件(殺人事件)に巻き込まれやすい。その巻き込まれぶりは読者から「死神」と揶揄されることもある。稀に作中でもツッコミを入れられることも。

名探偵」の推理は作品内において基本的には真実と同義である(よって名探偵を「のごとき」と呼ぶこともある)。ただし「名探偵」そのものがキャラクター属性的に扱われることも多く、作品中に複数の名探偵が登場し推理合戦を繰り広げるのも推理もののひとつのパターンとなっている。そのため、「名探偵」が必ずしも事件の相を解き明かす「探偵役」とは限らない。

また後述の後期クイーン問題のように「名探偵の絶対性」に対して懐疑的な流れもあり、物語の結末で名探偵の推理がひっくり返されたり、名探偵があくまで「これが真実だとは限らない」と前置きする作品も存在する。

ホームズ役とワトソン役

推理小説において、名探偵自身が物語り手(視点人物)ではなく、ホームシリーズにおけるジョン・H・ワトソン博士にあたる「聞き手」役がり手となるのがひとつのセオリーである。このり手をワトソン博士に倣って「ワトソン役」と呼ぶ。このパターン自体は、世界で最初の推理小説とされる「モルグ殺人」ですでに登場しているが、「モルグ殺人」のり手には名前がついておらず、またホームシリーズ推理小説爆発的普及の引き金となったため、やはりワトソン役はワトソン役なのである。

その役割は多々あるが、大きくいうならば推理小説を「解きゲーム」として見た場合、名探偵とは出題者である作者が正解の提示を託した存在であるため、その視点作者視点となってしまう。そのため、読者と同じ視点(あるいは知)の人物が必要となり、彼は名探偵と同じ場面を撃し、同じ拠に接しながら、名探偵の明敏な知性がだした結論には到達できないのだ(つまり「拠は全て読者に提示されるが、そこから先の事件の相に到達できるか否かは、最後の探偵の種明かしまで読者も挑戦できる」という推理小説のフェアプレイに適っている)。

漫画などの場合は基本的に読者視点が客観的であるため、このようなり手としてのワトソン役は必要がないが、やはり探偵の推理の一端を読者に提示することで――拠を見つけた探偵に対して、それはどういう意味があるのか?と問う、など――スムーズ読者に説明できるため、探偵と行動を共にする凡人を配置することは多々ある。なおここまでくるとむしろ「読者視点を共有することでスムーズに理解を助ける凡人を配置する」という、推理物のみならず物語を作るうえでひとつのセオリーを援用しているにすぎない、とも考えられるだろう。

またワトソン役を単に凡人視点を持って探偵の後ろにつき従う存在と描かず、固有の役割を担わせることも多い。例えば初期のエラリィ・クイーン作品では、ワトソン役といってもいい(り手ではないが)リチャードクイーンは、同時に警察を組織を揮し思索的な探偵とは別に行動面で物語を進行させる、という役割を担っていた。あるいは「ワトソン役と思っていたキャラが実は探偵役であった」「ワトソン役が犯人」「ワトソン役も一定の知を有しており、作品によっては事件を解決する」など、その運用は多岐にわたる。

代表的な名探偵

小説(海外)

小説(国内)

漫画・アニメ

ゲーム

ドラマ

ラジオドラマ

後期クイーン問題

作家法月綸太郎摘した、探偵の推理に必ずんでしまう、真実が分からなくなる不確実性のこと。この呼び名はエラリー・クイーンシリーズを見るとわかりやすい特徴のために名付けられた。

探偵がいくつかの言や拠を集め、それをもとに犯人を推理するとき、それらの物が実は真犯人悪意や第三者、偶然などによりねじ曲げられた結果にできたものではない、と言いきることはにもできない。「読者への挑戦状」や注釈などの形で、それらは絶対の真実であると視点作者)が読者へ教えることはできるが、少なくとも作中の探偵視点からでは判断することは不可能である。また推理の過程でも、とんでもない偶然のような常識的にありえないこと、一見関係ない事件や物事は探偵はどうしても切り捨てて考えなければならない。

こうした不確実性を全て取り除くのは不可能と言えるほど困難で、極論をすると「探偵が事件を知った時点で、客観的で全な推理のもと犯人を推理することは不可能」とも言える。こうした特徴から、作中に登場するときには不完全性定理シュレディンガーの猫フレーム問題などと一緒に引き合いにだされることが多いようだ。

こうした矛盾を解消するためのアイデアもあり、例えば「絶対的な真実」を作中にまで持ちこむ方法がある。ファンタジー世界超能力がある世界を舞台にすることで物理法則に匹敵する縛りをもちこんだり、作品によっては本当にが登場するものもある。

関連動画

関連項目 


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%90%8D%E6%8E%A2%E5%81%B5
ページ番号: 2597825 リビジョン番号: 2230799
読み:メイタンテイ
初版作成日: 09/03/31 03:50 ◆ 最終更新日: 15/07/11 18:24
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「探偵」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


名探偵ホームズ&ワトソン

ちょっといっぺん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

名探偵について語るスレ

82 : ななしのよっしん :2014/07/11(金) 01:29:44 ID: cWm+JJUb7c
後期クイーン的問題って要はコナン死神と呼ばれるのと同じ理由か?
探偵の為に事件が起きるって身も蓋もない議論
作中でも映画じゃ小五郎呼んで事件が起きてるから厳密には違うが
ノックスの十戒ヴァンダインにも抵触してるのか分からんけど
83 : ななしのよっしん :2014/07/11(金) 01:39:37 ID: UeVWZ6TJCn
ぜんぜん違うべ
審判がいない不ルールだからゲーム終了が宣言できないってだけだべ
84 : ななしのよっしん :2014/07/12(土) 16:22:36 ID: PBcewxCny5
後期クイーン問題の典的な解決策が真実
なお、ベルンカステルの事件以外は解けんかったもよう
85 : ななしのよっしん :2014/08/14(木) 17:20:44 ID: IKeyEha5sU
なんで探偵が事件に巻き込まれるのか、っていうのは金田一にあった
「許しがたい犯罪を暴くためにが遣わした」
っていう台詞が全ての作品への解答になってると思う
86 : ななしのよっしん :2015/03/06(金) 03:31:01 ID: H4Q3tXr0AM
>>85
火村だったら「居もしないヤツに遣わされてたまるかよ」とか言いそうだ。
87 : ななしのよっしん :2015/05/08(金) 18:28:05 ID: o7yKljI3SX
>>lv218399490
88 : ななしのよっしん :2015/08/30(日) 18:37:19 ID: 8qScTJVnSD
後期クイーン問題の所の
>この呼び名はエラリー・クイーンシリーズを見るとわかりやすい特徴のために名付けられた。
という文章だけど、
後期クイーン問題はシリーズじゃなくてライツヴィルシリーズの方だったと思うんだが…
89 : ななしのよっしん :2016/01/28(木) 01:43:41 ID: GEOPoEuOkc
名探偵ピカチュウ
90 : ななしのよっしん :2016/02/03(水) 15:25:35 ID: RyXYaWQEyh
昨日ってか今日0時頃にやってたポワロ見た。
最後の事件は読んだことなかったけど、ドラマ版で見ることが出来て良かった。
91 : 鉄砲切助真 :2016/10/24(月) 11:52:07 ID: hwjmG8zDRv
>>86
城平京の『名探偵薔薇を』が中々良かった。面かったのはキャラ過去周りや「名探偵であること」っていうテーマの方だったけど

名探偵とは真実の暴き出す者である。
名探偵である限り、そこに自由は一切ない
名探偵は望む望まないに関わらず、事件の裏に隠された後ろ暗い過去や残酷な真実をさらけ出して、事件の関係者を破滅させてしまう。
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829