単語記事: 呂布

編集

呂布とは、三国志に登場する人物である。

概要

生年不明、没年198年。字を奉先。

三国志群雄での最強の男とされている。に、三国志演義で描かれるチートっぷりが印深いが、数十人で万余の敵を撃退する(対張燕の戦い)、戟の要を一発で射抜くなど、正史でも並外れた武勇の人物として描かれている。曹操軍との戦いにおいても、自ら武器を奮ってに渡り闘いぬいたという。


また、呂布には「飛将」という二つ名がついている。これは元々は前漢の名将・広の通称で、両名とも匈奴討伐に功を挙げ大いに恐れられた。演義の創作ではなく正史に書かれている。

物語での登場は、十常侍何進による漢王朝混乱末期混乱の中で義丁原とともに首都陽に入るが、丁原が中央の権獲得を図る董卓と衝突すると、董卓から赤兎馬を与えられたのを機に丁原を裏切る。そのまま呂布董卓へ仕えることになった。

やがて、呂布董卓も裏切り、彼を切り捨て出奔する。その後は各地を流浪し、一時は劉備の元に身を寄せたりもするが、その劉備すら裏切り、最後は曹操とのしい戦いの末部下の裏切りによって捕らえられられることとなる。

なお、正史では、魏続らが陳宮を捉えて呂布に叛いた後、曹操包囲網からの脱出が不可能と悟った呂布は、部下に自らの首を手土産に、曹操に降伏するよう命じ、自決しようとした。しかし、彼を慕う部下が、呂布の首を打てなかったため、自ら高順張遼らと共に、曹操に降伏したと記されている。

『--思えば呂布の人生は、時代がそうさせたとはいえ、裏切りの人生であった。』

山賊との戦いで駆った赤兎馬」は、全身が速度にも秀でている。そのことから「人中に呂布あり、中に赤兎あり」、と言われている。

漫画・ゲーム等の呂布 関連動画

呂布スレ#260無双の武人だがは政略についてはまるっきりの馬鹿戦場以外では周囲の流れに翻弄される、という描かれ方が多い。

欲を前面に押し出した彼の一連の行動は、実利最優先だった曹操とは違った方向性で、儒思想と相反するもので、その優れた武勇があるにせよ、三国志本家中国では、近年までかなり嫌われた存在であった。

一方、日本ではそこまで嫌われてはいない、という下地があったのに加え、呂布に心理的な人間臭さが加味された吉川英治版・三国志、男らしさを強調した北方謙三版・三国志といった物語が人気を博した事から、以降の各作品でも、上記のように裏切りの人生を歩んだ身ながらも、様々な魅を持たせている描写が多く、特に近年においては三国志の人気を集める人物の一人となっている。

こういった人気の上昇は、本家中国にも逆輸入され、かつての人気のさは急に解消されているらしい。

「天地を喰らう」(漫画及びゲーム)

原作漫画では、丁原の甥っ子であり中国人と西洋人のハーフというかなり変わった立場で描かれている。
「連環の計」でおなじみの貂蝉実妹にあたる。
アーケードゲーム版では董卓心として運命を共にした…と思いきや続編でしぶとく復活してくる。

漫画『横山光輝三国志』

概要通り。最期まで命乞いをする。

アニメ版(CV矢尾一樹)では、曹操軍に捕われず必死に逃げまくるが原で散る。

漫画『蒼天航路』

レッドヘアーで妙に巨大な人物として描かれている。になりたがっている。最後に陳宮!」と叫ぶところが屈の名場面として評価されている。あと、 吃音ではなさそうだがよくどもる。

アニメ版(CV小山力也)では、一部原作と違う演出だったり、ボイス強くない事から、原作ファンからはおおむね不評である。

コーエー『三國無双』シリーズ

ゲーム三國無双」においては、一騎当千を持っており、人それぞれではあるが初期は他のキャラべて大きく差がある。デザインとして頭の飾りに翎子(りんず)、通称「触覚」をつけており、そのことから「ゴキブリ」とも言われる。真・三國無双5では触覚が太いため「」にも見えるようになった。真・三國無双6DLCであるオリジナル衣装警察官)の帽子にも触覚が付いていたりする。装備もごつく、真・三國無双4呂布の武器は方戟だったが、5では十字戟と二刀流のような武器になった。6以降の得意武器は方戟に戻っている。
余談ではあるが5での武器は7猛将伝にてが使っている。 

声優は一貫して稲田徹氏がをあてている。

呂布に関しては虎関の戦いが有名である。この戦いで彼は三国志でも屈の猛将である劉備関羽張飛の三兄弟を相手に互の戦いを繰り広げた。後に呼ばわりしている董卓を裏切る。

惚れた弱みか、貂蝉には弱い。
ただし敵として出てきた際に、貂蝉を倒してしまうと…。 

また専用のテーマ曲が毎回作品ごとに作られている。→呂布のテーマ

無双7猛将伝では彼が主人公の専用ストーリーが用意され、更にプレイアブルキャラとして参戦する。

無双乱舞

コーエー『三國志』シリーズ

一方、同じコーエーから発売されている歴史シミュレーションゲーム三國志シリーズにおいては、武が最高レベルな反面、政治・知最低レベルという、いわゆる「脳筋(腕っ節だけで頭が悪い)」キャラになっている。そのため計略全般に対して非常に弱く、同士討ちや偽報などで体勢を崩され、あっさりと倒されてしまうことも少なくはない。義理が最低で野心が高いため、寝返るのも日常茶飯事呂布値については下記の補足を参照。

小説『三国志』(著:北方謙三)

演義や横山版の呂布とは、打って変わって、「男の誇り」とする女に忠実で、それらを守ることこそが、全てに優先するという、いかにも氏らしい、ハードボイルドキャラになっている。全身ずくめのに、血とも思しきい布を首に巻いている。これは、既に血を流しているので、戦場では決して血を流すことはない、という彼の妻の願いが込められている。

また、直属部隊として、全身備えの騎兵隊を率いている。この騎兵隊は極めて精強で、あの曹操ですら、逃げ出したくなるほどを発揮する。呂布の死後も、彼の騎隊は最強の騎隊として、較に用いられることがあった。

ニコニコ動画『ニコニコ歴史戦略ゲー』では

として描かれる創作もあれば、貂蝉呂玲綺に甘えるだらしない呂布像を描く創作もある。感情的に走るあまり、KYな一面を見せてうp主すら想定外で困らせるあたりも呂布らしい。

コーエー『三國志曹操伝』

ぼくはきれいなリョフ

セガ『三国志大戦』シリーズ

『3』では、SR無双)、R(飛将降臨)、SR(飛将気炎撃)、SR赤兎哮)の4枚が排出されている。武はどれも基本値最高の10(無双は10+)だが、知はどのカードも低いので伏兵やダメージ・妨計略に弱い。

無双』は、戦場で暴れだすと止められなくなる最強の必殺計略ではあるが、彼の障となるや妨計略も多く、呂布ワラデッキを使いこなす事=『男のロマン』とも例えられる。

 

『飛将降臨』は、自軍の武将全てをって自らの武を大幅に上げる計略。大幅に武の上がった武将をってとなった呂布戦場を荒らす動画には再生・コメ例して増えている。新verでは知勇一転から知10の呂布による飛将降臨で暴れ回るためのデッキが登場するほど。ただしせっかく強化しても散という大きな足枷がある。

『飛将気炎撃』は、火計などのダメージ計略の武版。武の低い武将をまとめてって戦況を打破する計略。易々と打てる計略ではないので使いどころが限られる。相手が再起系義だった場合を想定して、軽々しく使うべきではない。

 

赤兎哮』は、武と移動速度が大幅に上昇する代わりに移動方向が固定されてしまう計略。
前作登場時にはかった突破効果が追加されたことで相手と乱戦させることが難しくなり、元々悪かった使い勝手が更に悪化した。

アニメ『最強武将伝・三国演義』

呂布をあてているのは、「宇宙戦艦ヤマト」などのアニメソングでお染みささきいさお氏(同氏はOPテーマの会話」も歌っている)。かつてささき氏は1985年に放映されたTVアニメ三国志Ⅱ ける英雄たち」で、趙雲を演じたことがある。

…余談だが、ささき氏は三國無双呂布を担当している稲田徹氏が演じた、デカマスターテーマソングを唄っている(「デカマスターNEVERSTOP」)。これも呂布の取り持つ縁?

「やわらか三国志突き刺せ!!呂布子ちゃん」

猛将・呂布左慈の妖術で幼女の姿に変えられたという設定。実際の三国志とは大きく異なる、というか別物。「まじかる無双天使~」ではこれとの関連性はパラレル扱い。

「恋姫†無双」シリーズ

演義のイメージどおり非常に強いのだが、動物好きで片言でクーデレでもある。裏切り者のイメージはほぼ取り払われており、主人公では劉備営に保護されて以降は常に行動を共にしている。
ついでにお供の陳宮ふーりんですぞロリ

バンダイ『BB戦士三国伝』シリーズ

演者(モチーフ)はトールギス。『戦慄の暴将』と呼ばれる最強の侠(おとこ)。魂ィッ!

バイクに変形する赤兎馬を所持している。

スーパーロボット大戦UXに登場した時は、最初から全200をえている上に、HPを減らすと「魂」を使ってくるとんでもない強敵となっている。

補足

コーエー三國志シリーズにおける呂布一覧。  武100はさすが呂布。統率も高準で純な戦闘では強。反面知政治味噌っかす(張飛以下)なのはご嬌。一方で無印と5・6では魅が高ランクになっている。「これが無双だ!」

一覧 統率 政治 身体 運勢
三國志 100 21 86 82 24
三國志II 100 25 15
三國志III 100 21 13 12 80 79
三國志IV 78 100 30 13 40
三國志V 100 31 9 67
三國志VI 74 100 29 17 81
三國志VII 98 26 18 32
三國志VIII 100 27 22 36
三國志IX 94 100 25 16
三國志X 95 100 26 13 32
三國志11 87 100 26 13 40
三國志12 97 100 26 13

三國志VIIは成長を見越して全武将の若干低く設定されている。

※装備品の要素のあるタイトルでは、方画戟を装備しているので実質の武100える。また、武100となっていても、実際に戦闘させてみると武100とさせた武将よりも強いため、実質武100より高い作品が多い。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%91%82%E5%B8%83
ページ番号: 465177 リビジョン番号: 2302920
読み:リョフ
初版作成日: 08/08/15 23:03 ◆ 最終更新日: 15/12/20 23:02
編集内容についての説明/コメント: 誤字修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ほーせん

よこやま

呂布ルメ

鬼神

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

呂布について語るスレ

434 : 削除しました :削除しました ID: ti/klEEWle
削除しました
435 : ななしのよっしん :2016/04/05(火) 18:56:03 ID: nS6dO222K2
最強というのが個人の武勇なのか、兵を揮する将としてなのかで最強補の面子も変わる
ところで万人敵というのは個人の武勇より武将としてのを高く評価しての記録という場合があるから要注意な
例えば正史張飛が活躍したのは必ず少数でも兵を率いた時で、本人の武勇以上に有能な将だったからこその評価となる
万人敵=一騎当千が常に成立するわけではないということ
436 : ななしのよっしん :2016/04/07(木) 19:23:46 ID: 7FUhMQPt6Z
最強議論は最終的に掛け論にしかならないからなあ・・・ただ

謀の不世出の天才軍師孔明様がオーパーツを駆使してやっと勝てた南蛮ビックリ人間たちに呂布は勝てるの?

呂布は勝てないが関羽張飛なら勝てるってどうやって判断しろってんだよ
もしかして演義は諸葛亮最強で次点はっ向勝負で趙雲にすら勝った祝融とか言いたいのか?
437 : ななしのよっしん :2016/04/07(木) 19:37:12 ID: 0t33vcfwF1
演義基準なら兀突骨最強FAてことじゃん
438 : ななしのよっしん :2016/04/08(金) 17:07:18 ID: ejKe4vdbVQ
そもそも100年にも渡る話で登場人物が同時に最盛期を迎えたわけでもない三国志(演義)で最強かなんて話をすること自体が本当に三国志(演義)好きなの?って感じだがな
つーか用兵の上手さや智謀の凄さを「最強」と表するのが

三国志読んでいて「こいつ強えーなー」と感じたのはかな
正確には時代の人物だけど猛獣と格闘とか後漢末の傑連中みたいな逸話があるわ、前任者の陶璜の没年から推測すると若くても80歳前後まで例年の如く賊退治してるわで、生きた時代が違ってれば凄い猛将として三国志演義で大活躍してたんじゃないかと想像させる爺

爺になった呂布が見れなかったのはファンからすると残念なのか、良かったのか
439 : ななしのよっしん :2016/04/23(土) 10:18:30 ID: H5Qalo+Rj1
演義基準での最強兀突骨なのか仙術使いどもなのかは見方によるだろうけど、まあギャグパートを除くと演義最強呂布だろ
440 : ななしのよっしん :2016/10/13(木) 16:48:40 ID: ej/MQnCB1A
三國志7の武98は「え、呂布なのに武100じゃないの?低い!」ではなく、
実はゲームシステム上は武を上げるのと同時に修得する軍特技を覚える機会が
「あと武2点ぶんしか猶予期間がい」という意味であり、
孔明の知と同じく本人92アイテム8=合計100の方が良かったのに!武98なんて高すぎる!」
だったりする……。

あと一騎討ち大会では固有補正で無敵
一騎討ち大会の後では怪人続出で、よく華雄張遼の武60台まで低下しているので
そこを狙って侵略できる。
441 : ななしのよっしん :2016/10/30(日) 21:31:42 ID: inwBwrT1YC
ナガサレ男子
442 : ななしのよっしん :2016/11/10(木) 20:48:29 ID: veIG2cTrpo
呂布関羽より強い
関羽
だから呂布よりも強い人間

これでいいんじゃね?(棒)
史実とかいいだすとバカさ加減にきりがないし
443 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 23:07:21 ID: 9l0DZxy1i3
演義基準なら呂布ってのはよく聞くけど個人的に呂布張飛ライバル的な扱いだったと思うんだがな
関での戦いも張飛は当時大物でもなく当然も名はかったのに対して呂布はあの赤兎馬
その状態で50合打ちあって勝敗つかずその後二人が加勢して呂布撤退って流れだし
その後2回戦ってるが優劣つかず

中国サイトでも呂布最強って意見は多いが張飛関羽最強とするも結構ある
呂布は歳上だから初戦の戦いでは張飛関羽は成長途中だったって意見もあれば2戦以降の張飛戦は呂布が衰えてたとも
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015