単語記事: 和月伸宏

編集

和月伸宏とは、日本漫画家。代表作に『るろうに剣心』『武装錬金』『エンバーミング』がある。

概要

高橋陽一小畑健などのアシスタントを務めたのち、週刊少年ジャンプにて初連載作品である『るろうに剣心』が大ヒット。『ドラゴンボール』『SLAM DUNK』『幽☆遊☆白書』の三大タイトル亡き後、発行部数で一時はマガジンに抜かれるなど、“暗期”と称された当時のジャンプを支える看作品としてアニメ化され、絶大な人気を得る。
2012年には実写映画版が開され大ヒットを記録し、2014年には前後編の続編『京都大火編』『伝説の最期編』も開された。

1999年の『るろうに剣心』連載終了後、2001年ガンマ漫画『GUN BLAZE WEST』を連載するが、ヒット作を出した後に2作コケることの多いジャンプ漫画家の例に漏れず、全3巻で打ち切りとなってしまった。

2003年から2005年まで『武装錬金』を連載。掲載順位は常に低飛行だったが、少年漫画らしい王道展開とアクの強いキャラクターネット上で人気を博す。結局連載そのものは打ち切りに終わったが、のちにマルジャンプにて二度に渡る完結編が掲載、さらに連載終了後にコミックス描き下ろしで後日談が描かれ、アニメ化も果たした(その際の反応は「今更ァ!?」と少々複雑なものだったそうだが)。

武装錬金』の連載終了後は活動の場をジャンプスクエアに移し、2007年より2015年まで『エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN-』を休載を挟みつつ連載していた。また、同誌にて2012年6月号から2013年7月号まで、『るろうに剣心』のリメイク作品『るろうに剣心-キネマ版-』を連載していた。

自画像が擬人化で「和野ブヒ朗」という名前がついていることからも明らか(?)な通り、本人は割と肥満気味の体である。かつてジャンプ本誌は新年号において連載中の漫画家集合写真を表に使っていたが、1997年を最後にそれが使われなくなったのは、自分の体を気にしている和顔出しを嫌がったからだとか、作品のイメージとかけ離れた和の外見に女性読者層が拒否反応を起こしたからだとか散々に言われていた(実際は1998年からデザイナーが変わったためである)。
アシスタントをやっていた武井宏之く「チューバッカの奇みたいなあくび」をするらしい。

武装錬金』『エンバーミング』でストーリーとしてクレジットされている小説家黒崎(現・)は妻。

るろうに剣心』時代のアシスタントはのちにジャンプで人気作家になった者が多く、「和組」と呼ばれており今でも定例会が行われている。和組と呼ばれる作家に、尾田栄一郎武井宏之鈴木信也いとうみきお、しんがぎん等がいる。

現在は女史原作となる漫画同人誌ろぼっと・アームズ』を発行したり、アニメエンドライド』のキャラクター原案を手掛けたりと活躍の幅を広げている。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%92%8C%E6%9C%88%E4%BC%B8%E5%AE%8F
ページ番号: 3266326 リビジョン番号: 2346068
読み:ワツキノブヒロ
初版作成日: 09/05/23 06:28 ◆ 最終更新日: 16/04/05 00:06
編集内容についての説明/コメント: 近況を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

和月伸宏について語るスレ

106 : ななしのよっしん :2015/04/08(水) 02:13:53 ID: 4iFB71+dfu
>>100-101
>>105に同意するわ。「友達が」「知人が~」って部分がテンプレ過ぎて「嘘乙」と言われても仕方ない。
仮に本当に元関係者だとしても、アシスタントなんて内心「く出たい!」なんて思っても思ってなくても、大抵遅かれかれ巣立つもんだろ。
漫画家として大成したいなら。
そして大成した元和アシは、別に和の元アシであったことを隠してはない。
本当に嫌だったなら、隠したり、「その頃の話題はやめてください」 的な発言や噂が飛び交って、もっと表沙汰になってるんじゃね?
の元アシって、今じゃ和と同等かそれ以上に集英社の看作家になってる人もいるよな?不仲説出たくらいじゃ簡単には潰されないぞ。
107 : ななしのよっしん :2015/05/02(土) 20:26:01 ID: b0O95LlNMh
それ以前に和組はるろ剣終了後もめっちゃ仲良いし良く互いの漫画で遊んだこと書いてるぞ

何より一番やばい出来事があったしまぶーをみんなで支えてくれたしな
108 : ななしのよっしん :2015/05/22(金) 02:38:04 ID: cpA6e+b6+3
るろ剣連載時にか知らんがアシスタントケンカ別れした話はしてたし、当時ずいぶん落ち込んでたそうな
その後、尾田や武井アシスタントやってたのは京都編の中盤くらいか?大足は尾田のアイデアだったし

>>104
実際本人に会ったことないくせして知ったな口聞くなっつの
確かに裏話は愚痴が多かったけど、週間連載漫画クオリティー落とさず完走したのは立な事だろ
109 : ななしのよっしん :2015/06/06(土) 21:37:37 ID: Qc/QGNSh9A
ID: UZ4yXLuIzJ ああ、やっぱそうなんだ って頭悪すぎでしょ 笑
110 : ななしのよっしん :2015/06/24(水) 10:22:39 ID: NG/vUx3PXY
手塚治虫に匹敵するくらいアシスタントを使っていた人かもしれんなあ
優秀な子を数多く輩出した点じゃ漫画界における功績は大きい。
111 : ななしのよっしん :2015/07/18(土) 12:38:19 ID: rJBTEwkHdx
ジャンプラでるろ剣の再連載してるけど
単行本のものを掲載してるのか
当時の和読者向けにしたコメントまで載せられてて
何か可哀相ww 恥ずかしいだろあれww
112 : ななしのよっしん :2015/11/07(土) 13:35:19 ID: 44Q2rLuGk6
エンバーミングも終わってたんか
113 : ななしのよっしん :2015/11/22(日) 20:53:04 ID: 6ctTMQAAGi
なんか自分を責めすぎるところが非常にもったいないなぁと思う

宗教とかオカルトに積極的な否定的感情を示しているのをみると、先生は(いい意味での)根拠のない自信が持てないタイプの人なのかもしれない
114 : ななしのよっしん :2015/12/12(土) 21:24:00 ID: dLkKz/5ecg
この人の作品ってどれもこれもジャンプ向きの題材じゃないんだよなぁ。
本人の志向がアメコミとか筋少とかのサブカルに偏ってる上に、作の影も大きいし
本来ジャンプ作品では主人公になるるろ剣の弥とかGBWのビューみたいな少年が浮き気味だし。

どちらかというとジャンプより伸び伸びやれるサンデー向きの作家だと思うんだよな。
まあサンデーるろ剣やってたら多分もっと軽いタッチの作品になってただろうけど。
115 : ななしのよっしん :2016/02/05(金) 17:04:39 ID: lIx6do1KuR
そこまで言っちゃうと作少年漫画向きですらないのだが、るろ剣京都編以降から少年漫画を描く楽しさに気づいて作が変化していったしねぇ
それに「○○向きの題材じゃない」のにヒット飛ばして、定番の概念をいい意味で破壊した功績は大きい

個人的には、テーマを扱いながらも少年漫画特有の熱さと勢いのオブラートに包んで、それがうまくバランスを保ち続けている作がとても好きなんでジャンプデビューして正解だったかな、と思う
ジャンプ特有の苦労はあったのは間違いないが、性格的にどこ行っても血を吐くくらい苦労すると思うし…
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015