単語記事: 唯一神

編集

唯一神とは、一のである。一のはずなんだが、沢山いたりする。信教の自由って素晴らしいね!

 

世界各地で自然発生して発展した宗教は元来は多教が多い。しかし現在では唯一神を教義としている宗教信者が非常に多く、それらの宗教信者数を総計すると世界人口の半数以上を占める。これは、唯一神Y・H・V・H・を崇めるユダヤ教から生した、キリスト教イスラム教などのいわゆる「アブラハムの宗教」とされる宗教が非常にメジャーになっており、多くの信者を得ていることがな理由である。

ただし唯一神Y・H・V・H・も、ユダヤ教典内での呼び名が様々であることから、「元々別の名前を持つ複数の々が習合して形成された信仰なのではないか」という学説もある。

アブラハムの宗教」とみなされない唯一神宗教も少数ながら存在する。例としてはインドのシク教(シーク教)、ベトナムのカオダイ教など。これら2つも成立はアブラハムの宗教より後なのでアブラハムの宗教の影を受けて教義に取り込んではいるが、前者はヒンドゥー教由来の、後者仏教道教儒教由来のカラーがより濃い。

ネット上ではたいていの場合ネタキャラ扱いされる不憫な存在でもある。
仮にも ネ申 として祭り上げてんだから、もうちょっと敬えよ。

読みは「ゆいいつしん」であるが、「ゆいつしん」でも正しい。「ゆいつーしん」でも可。

唯一でない関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%94%AF%E4%B8%80%E7%A5%9E
ページ番号: 583214 リビジョン番号: 2332485
読み:ユイイツシン
初版作成日: 08/09/22 21:29 ◆ 最終更新日: 16/03/03 21:31
編集内容についての説明/コメント: 関連項目にユダヤ教を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

唯一神について語るスレ

130 : ななしのよっしん :2016/08/03(水) 12:54:12 ID: tmyZtKf9Ot
唯一神一とは限らない)
131 : ななしのよっしん :2016/08/04(木) 17:59:05 ID: siPwFXRABO
>>124
唯一神=全者の「生まず生まれず」やタウヒードを問題視してる視点の中にあるけど、それをメインにしたことはないな。
なにせ論理学宗教学を踏まえる限り、まず「全者(唯一神)」という前提が「全の逆説」という論理学矛盾であって、そこからの論は展開し難い。じゃあ古典的な学でってなると、学的意味はあるんだけど、はたから見れば過去に戻るだけだし。

ところで宗教学で「生まず生まれず」を旧約由来とする説がい理由ってに、旧約で「生まず生まれず」と書かれてないからだと思うべ。結局、書いてないことを読み取ろうとすると「○○という教典に量子力学が書いてある」「え?どこにも量子力学方程式は書かれてないだろ」「字面を読むな、本質を掴め」とかなって、直観義や精神主義(心霊義)に収まるだけだから。
別の理由としては、ユダヤ教的現イスラム教的現とに類似も差異もあるから。

>つまり宗教学関係者は基本ここにタッチする気はないって事だね。そりゃそうだね、天使とか精霊とか何とかの話の方が楽しい
20世紀までなら「Aが楽しいからAを研究する」もなんとか通用したが、現代じゃまず理。日本学術振会(Japan Society for the Promotion of Science)はその名が示すように人文・社会自然科学を振してる。
科学」は“世界特定領域に関する法則的認識をす合理的知識の体系または探究の営み”(『大辞 第三版』)・“本来は感情や信仰から区別された,理性的あるいは知的な全学問”(『ブリタニカ大百科事典 小項事典』)。

何なら振会に応募してみる? 科学的に見てイスラム教(特にタウヒード的「生まず生まれず」)の研究が未開拓であると明できれば「特別研究員」(優れた人文学者または社会学者)として認可されるし、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
132 : ななしのよっしん :2016/08/04(木) 18:09:06 ID: siPwFXRABO
>>124
>アブラム教の積年の論争を扱う宗教学も
それは「宗教学」の範囲が狭すぎだな。宗教学は“人類に一般的な宗教を客観的,科学的,歴史的立場と方法によって帰納的に考究する学問”(『ブリタニカ大百科事典 小項事典』)・“宗教を客観的、批判的に研究し、特定宗教でなく、宗教一般の本質明らかにすることを究極の的とする学問の総称”(『日本大百科全書』)。

>私にしてみればそこは不自然な程の関心、冷淡さ
君のレスに思想宗教家ソースいから、君のレスは個人的なイスラム教的私見だろうね(>>107でも言ったけど)、で。宗教学基準は君基準とは別物なんだから、そりゃ君基準で自然な程の配慮、熱さは宗教学にはいっしょw 特定宗教だけ扱ったり称賛/非難したり、良い/嫌な気持ちにさせるのは非宗教学的で。

科学やそれを振する人々・組織に何か欠けている点があると思うなら、学者となって未開拓分野を切り拓くのは一つの手だと思うがな。極論を言えば「イスラム教を非難する
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
133 : ななしのよっしん :2016/08/05(金) 12:40:44 ID: xP11A4thtt
>>132
「個人的なイスラム教的私見」とかおよそ人文学プロパーが使いそうにない表現でとにかくこっちをムスリムに仕立てたい気持ち全面に押し出してくるのも結構なんだけど、それこそ私個人が知りたいのは書いた様に宗教学が「生まず、生まれず」という言葉に対してどのように向き合ってきたかという点だから。
旧約由来ってのも変な言葉だな。旧約の記述内容から唯一神が生まず生まれずとなる以外の結論が出せるのかどうかという話を聞いてるのであって。別にそういう結論が出せるような旧約の読み解き方みたいのがあってそれを筋立てて説明して貰えるなら是非聞きたいですよ、いやホント。
それなのに個人的なイスラム教的私見の持だとかそちらに都合のいい想定でるというのは偏狭ですね。
だから別に旧約フリークでもないような立場にいる事が期待できる宗教学関係者にそこら辺を聞き質したかったんだけど御宅の場合「の中にはそれもある」だもんなあ。
結局御宅も自分が特定の宗や見解に肩入れしてるからあいてもそうに違いないと決めつけて掛れるって事なんだろうかね。先手必勝み
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
134 : ななしのよっしん :2016/08/06(土) 19:14:07 ID: siPwFXRABO
突然どうした?「ほんわか」からかけ離れたレスして?
いや、まず何というか、お互いの言葉が字面は同じでもすれ違ってる感じがするな。端から見ていくか。

そりゃニコニコで思い切り「プロパー」な言を書いても仕方ないだろ。「~的私見」は多種多様の論文によくある表現(http://prt.nu/i/g)なので、それを「およそ人文学プロパーが使いそうにない表現」と思った理由は知りたいが。あとその「人文学プロパー」が(もしくは何)かも知りたい。

宗教学での「生まず生まれず」を君が気にしてるというのは大体分かってるつもりだし、だから返信もそれに関連されてレスしてきたよ。
宗教学が「生まず生まれず」という言葉に対してどのように向き合ってきたか」について言えば、>>107-123で示したように向き合ってきた。そして旧約の記述内容から唯一神が「生まず生まれず」だという結論が出るといった宗教学の説は、君が>>124で言ったように「検索しても全然出て来ない」。

「旧約由来」って言葉が変って、じゃあ何がいい?「変」というだけじゃなんとも。

>旧約の記述内容から唯一神が生まず生まれずとなる以外の結論が出せるのかどうかという話を聞いてる
宗教学上は>>107-123のような色々の結論が出てるよ。君がそれを「結論」と認めてるのかは、書いてくれないと分からないが。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
135 : ななしのよっしん :2016/08/06(土) 19:15:48 ID: siPwFXRABO
日本大百科全書』はもっと詳しいが、やっぱり「生まず生まれず」への言及はない。”『旧約聖書』各書の成立過程とその構成を知るには、歴史背景の理解が必要である。…
五書は「モーセ五書」または「モーセの法」といわれ、前400年ごろユダヤ教最初の経典(カノン)となった。…「創世記」「出エジプト記」の伝承は、おもに名を、「ヤーウェ」とよぶ「ヤーウィスト」Jahwist(略号J)、「エロヒム」とよぶ「エロヒスト」Elohist(略号E)と名づけられる資料からなり、
前者は前10世紀なかば、後者は前8世紀なかばに成立した。Jは民族信仰に貫かれ、Eはこれに倫理的宗教観が加味されている。”
”前預言書のうち「ヨシュア記」は、モーセの後継者ヨシュアに古代の英雄物語をあわせたもの…預言書といわれるもののなかにも「ヨエル書」「オバデヤ書」「ヨナ書」「ゼカリヤ書」などは文学的性格が強い。「ルツ記」は文学的な物語である。”
”「ヨブ記」は、「(まった)く正しい」ヨブが受ける苦悩をテーマとする対話劇である。このスケプティシズム(懐疑義)は、「(くう)の
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
136 : ななしのよっしん :2016/08/06(土) 19:18:42 ID: siPwFXRABO
フライいわく聖書とは、分析的批評から見れば”誤伝、註釈、校訂、挿入、合成、混同、誤解など”で、文学的批評から見れば”予表論的統一体”。(448
聖書には全体としての円環的物語(ミュトス)―不幸の次に回復がつづき、屈辱には繁栄がつづく―が行き渡っている。この物語(ミュトス)の縮図を、われわれはヨブや放蕩息子の話に見ることができる”(450

ちなみに『批評の解剖』にはコーランへの言及もある、が「生まず生まれず」はやっぱりし。
”多くの典は、掛け言葉やくり返しに富んだ文体で書かれていることにわれわれは気づくが、このような文体では、散文と韻文の区別がしばしば感じられないことがある。…
コーラン』の奇妙な歌うような抑揚は憑依的文体の非常に純な例であり、また古代の託における的曖昧さも同じに属している。これらの性質のなごり宗教の中に生きのびていて、英国文学ではアングロクソン時代からT・S・エリオットの『水曜日』の冒頭まで続いているのである。”(418

>イスラム教的私見の持
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
137 : ななしのよっしん :2016/08/16(火) 19:02:37 ID: xP11A4thtt
>一応一つ言うなら、「詰まらん」にわざわざ関わるのは駄じゃないかい
本当にそう思う。長々と限界構築ご苦労さんでした。それにしても詰まらんは本当に詰まらん資料ばかり当たるもんなんですね。
138 : nの3乗 :2016/10/19(水) 13:26:04 ID: tmyZtKf9Ot
唯一神 e^iπ+1
139 : ななしのよっしん :2016/10/30(日) 23:56:07 ID: wQhgoZZaxq
「人文学プロパー」って誰?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015