単語記事: 唯物史観

編集
要編集 この記事は要編集記事の一覧に挙げられています。
編集・情報提供にご協ください。(掲載理由:加筆希望
編集が終了しましたら要編集記事の一覧までご報告願います。

唯物史観とは共産主義の祖と言われ思想経済学者であるカール・マルクス物弁法を根拠に提唱した
歴史とは経済をきっかけに動いていく」という歴史観である。史的物論、マルクス義史観とも呼ぶ。

カール・マルクスの記事が詳しい。
リンク先: カール・マルクス > 主な理論 > 唯物史観(史的唯物論)

唯物史観」という字面から直感的に想像されるような、文字通りの単純な「物論的な歴史観」をす言葉ではない。上記のように「物弁法」を元に提唱されたものであり、「物論的」というだけでなく「弁法的」である。すなわち「社会はこのように発展していく。歴史にはそういった法則性があるのだ」という・思想・イデオロギーが根幹にある。

唯物史観」の名称から「弁法的な」という部分が抜け落ちているのは、マルクスのこの歴史観がヘーゲル歴史観を元にして成立したもの、という経緯も関連している。観念論的弁法によるヘーゲル歴史観とべて、マルクスのそれは同じ弁法的な歴史観ではあるが、物論的な弁法に基づいている。そのため、「以前のヘーゲルのものとの違い」、即ち「観念論」に対する「物論」の部分が名称においてクローズアップされている。以前のヘーゲル歴史観と共通する「弁法」の部分は名称に反映されていない。

日本では主観的な俗語である左翼的歴史観自虐史観と同義に用いられることがあるが、これは誤用である。日本共産主義者の歴史観が結果的にいわゆる自虐史観と言われる傾向はあるが、逆に自虐的とされる日本史観が必ずしも唯物史観に基づいているとは限らない。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%94%AF%E7%89%A9%E5%8F%B2%E8%A6%B3
ページ番号: 5393726 リビジョン番号: 2321925
読み:ユイブツシカン
初版作成日: 16/01/12 20:29 ◆ 最終更新日: 16/02/07 02:38
編集内容についての説明/コメント: 単純な「唯物論的な歴史観」という意味ではないことなどを追記しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

唯物史観について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/01/27(水) 17:58:08 ID: etpKoR8pO0
編集コメントの通り、「自虐史観」へのリダイレクトは不適当と確信して解除しました。
とはいえ、私には唯物史観の解説を書くいのでかお願いします。
2 : ななしのよっしん :2016/01/27(水) 18:03:52 ID: hFkdcrdXoH
カール・マルクスの記事に飛ばせばいいんじゃないの。全部書いてあるし
3 : ななしのよっしん :2016/02/01(月) 02:51:10 ID: gDRbYRZ6oD
リダイレクトでいいじゃん
4 : ななしのよっしん :2016/02/01(月) 20:44:17 ID: etpKoR8pO0
>>2
こっちには簡単な概略だけ書いて
詳細な解説はカール・マルクスの記事に投げちゃいますかね。
向こうの記事には親切にもページリンクもあるので。

それと、唯物史観自虐史観を同義に用いるのは誤用だとはっきり書くべきかなと。
5 : ななしのよっしん :2017/08/24(木) 19:02:28 ID: 4L5EGkr+gm
自虐史観唯物史観は異義だと思う。自尊史観が心史観と同義というわけでもないし。
辞書の定義でも、唯物史観(historical materialism)に「自虐」のニュアンスい。

ブリタニカ大百科事典 小項事典』
唯物史観】 「史的物論」のページをご覧ください。
【史的物論 historical materialism】 1840年代にマルクスとエンゲルスによって確立された世界観。

『大辞 第三版』
【史的物論】 マルクス義の歴史観。歴史発展の原動は人間の意識・観念にはなく、社会の物質的な生産にあり、生産過程における人間相互の諸関係は、生産との関係で弁法的に発展すると考える立場。この物質的な生産の諸条件が全社会経済構成を規定すると同時に、宗教哲学芸術などの精構造をも究極的に決定するとされる。唯物史観歴史物論。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829