単語記事: 四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件

編集

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件とは、2004年2月17日に発生した誤認逮捕事件である。未解決事件
誤認逮捕された68歳の男性は、拘束された際の精的・体的ストレスで体調を崩し、翌日搬送先で意識の戻らぬまま死亡した。

概要

三重県四日市市にあるスーパージャスコ四日市店(現在イオン四日市店。ジャスコブランド自体が内では消滅したため)で起きた事件である。いわゆる「胸が悪くなる」内容として有名な事件の一つ。

誤認逮捕した警察官の判断の甘さ、過剰な拘束行動もさることながら、騒動の原因を作った女性然と姿を消し、行方不明のまま虚偽告訴罪・窃盗未遂事件ともに訴時効を迎えてしまったことが、本件においてもっともやるせない点であると言える。

事件の流れ

2004年2月17日被害者となる68歳の男性A氏は、ジャスコ四日市店にあるATMを利用していた。彼の両手は終始買い物袋で塞がれており、かの何かを奪えるような状態ではなかった。この時、実は少し前からATMを物色したり覗いたりしていた、加者となる子供連れの女性Bがうろついていた。
そのことを知らないA氏ATMを出ると、そのBが彼にわざとらしくぶつかり、さらにBが何かを掴むような動作をすると、ついには揉み合いに発展する。
この時、A氏は財布のものを必死に守ろうとしていたという(監視カメラ映像のため、音がなく、どういったやりとりが行われていたかは不明)。

かしこの騒ぎを利用してか、いせなのか、Bは「泥棒!」と叫び始めた。事情を知らない周囲の人々は、財布を奪われようとしているA氏を見て「あの男が泥棒である」と判断し、その内の3名ほどが駆けつけてA氏の方を取り押さえてしまった。
その後、別件の万引き事件の処理で店に居合わせていた、四日市警察署の若手警察官Cを含む2名が到着、すぐさまA氏を「泥棒」だと判断し、碌に事情を尋ねずに即座にA氏を後ろ手にして手錠を架け、うつ伏せ状態に抑え込んで制圧した。

A氏が起き上がろうとするので(有罪にせよ何にせよ抵抗するのは当然である)、警察官CはA氏の頭と上半身を床に押しつけた。その時に壊れたのであろう、1年後に家族に返還されたA氏の眼鏡片方のレンズが外れて壊れてしまっていた。A氏は「違う…」実をしていた(言より)が、やがて制圧による心身への過度のストレスから嘔吐を始め、ついには気を失ってしまう。しかしC警官らがその異状に気付くことはく、何の処置もなされないまま、頸部と胸部に血を生じるほどの任せの制圧は20分もの間、継続された
なお、警察が駆けつけた時には既にBはこの騒ぎに紛れたかのように然と現場から姿を消していた

他の警察官が応援に駆けつけたところで、ようやくA氏の異状を把握した警察は慌てて救急車を要請したが時すでに遅く、既に心停止に陥っていたA氏のはもはや回復不ダメージを負った状態であり、翌日に搬送先の病院死亡した。死因は、過度なストレスが原因高血圧性心不全及び不整脈であった。
A氏がBから死守しようと必死に握り締めていたキャッシュカード(もちろんA氏本人のもの)は3つに折れ曲がっていたという。女性が狙っていたのは、一連の流れからすると財布の中身のキャッシュカードだったのであろう。

以上のことから言って、そもそも窃盗事件が発生していなかったのは疑いようのない事実であった。つまりA氏は不当に拘束・制圧されたあげくそれが原因で死亡した被害なのである。

ちなみに、地方検察庁により財布がA氏自身のものであると認められたのは、事件発生からなんと7年余りも経過した2011年3月のことだった。窃盗などそもそも実在していなかったということが名実ともに明されたのもこの時であるが、A氏は亡くなってからもずっと「窃盗未遂の現行犯」として深く名誉を傷付けられており、また検察による以上の発表が行われたのも、皮なことにその1か前にA氏の窃盗罪の訴時効が成立して被疑者死亡のまま書類送検され、その拠物が検察側に送致されたからである。検察はわずか1ヶほどで財布の持ち特定したというのに、県警はこの7年間、捜の人員を減らす(後述)以外にいったい何をやっていたのだろうか

現場での問題

まず、本件で加者となった子連れの女性Bは警察官Cらが現場に到着する前に姿をくらましていた。とはいえ警官が2名もいながら、A氏を取り押さえた3人を含めた周囲の客や店員に対し十分な状況確認を行わず、あまつさえ「被害者」であるBの不在を把握せぬまま為に応援を待ち続けた結果、Bを全に逃してしまったのは大きな失態だった。
もっとも警察官の最大の過失は、言うまでもなく明らかに体調不良に陥っていたA氏の異変に気付かなかったことである(異様な呻きを上げていたという撃者言もあり)。こちらもこちらで2名も居ながら、その状況把握の低さを露呈する結果となった。

そもそも68歳という高齢のA氏をうつ伏せにし、上半身が血したり眼鏡割れたりるほどの圧迫する必要があるとは常識的には考えられない。これは、A氏を押さえつけていたC警官が、当時29歳という出場経験の浅い警察官であったことも加味しても、行き過ぎの感は否めないだろう。
仮に数歩譲って、A氏が火事場の馬鹿力を発揮し予測を大きくえて抵抗し、格闘技の心得のある30前の大柄な青年言より)警官Cを以てしてもづくで取り押さえる必要があったとして、それでも嘔吐するまで制圧を続けるというのは、いくらなんでもやり過ぎであったと言わざるを得ないし、それに意識を失った時点で抵抗はくなっていたはずである(高裁でも過剰行為であったことが認められている)。
A氏が嘔吐を始めた時点か、せめて意識を失った時点でC警官らがその変調に気付いて適切な処置を講じていれば、この事件はもっと穏やかな結末を迎えていたのかもしれない。

ちなみに、三重県警は後に誤認逮捕こそ認め、四日市南署署長による遺族への説明では「警察は『制圧行為には問題がかった』とは言っていない」と述べたものの、法廷ではきっぱりと「一般的な制圧行動であった」としている。その後、地裁では「過失は認めるが、死亡との因果関係は認められない」として1,000万円以下の支払いしか命じられず、不とした遺族は数日後に控訴した。

その後、地方検察庁によって「男性Aは実」ということが認められ、被疑者保として1日の最高額となる12,500円を遺族に支払う通知を行った。さらに名古屋高等裁判所では担当警察官らの過失が認められ、三重県が遺族に対して3,670万円を支払うよう命じられた。しかしながら警察は遺族に対して的な謝罪を一切行っていない(当時の署長らが遺族に対し「あくまで個人の考え」と前置きした上で一定の遺憾の意を表明してはいるが、警察としては全く非を認める姿勢が見られなかった(後述))。

捜査体制上の問題

2015年現在も、加容疑のかかっている女性Bの消息は一切わかっていない。現場にはA氏を押さえつけた3人を含む複数の撃者がいたにも関わらず、Bの似顔絵やモンタージュ写真は作成されなかった。また、嫌疑不十分で監視カメラ映像表するというのは、かの「グリコ・森永事件」以来のことだったが、映像開されたのは事件から1年もたった後のことであり、その間にBが顔を変えたり高飛びしたりする余裕は十分過ぎるほどあったわけで、現に映像開後も有情報はほとんど寄せられなかった(なお、遺族はかなりい時期から映像開を要請していた)。ちなみに、低画質カメラ映像を再処理して得られたBの人相がかなり不気味であったことも世間で話題になった。

彼女にかけられている容疑は既に時効を迎えているので、今捕まえたところで何ら罪に問うことはできない。そうなるまでに捜が全くの進展を見せず、それによりA氏への冤罪が7年余りも放置されることになってしまった要因は、誤認逮捕を含む初動捜ミスにより碌な拠を収集できず、その結果としてBの存在が事件の相を解く一のカギとなった時には既に確保すらままならなくなっていたことである。また、事件発生からわずか1年で本件常駐の捜担当者が一人も居なくなっていたという事実からも、既にこの時点で警察がお手上げ状態であったことが判る。これらの事実はA氏の遺族側が四日市南署署長に辛抱強く食い下がってようやく明らかになったことだが、これらを知った遺族たちが抱えた念は筆舌に尽くし難いものであろう。しかもそれまでの間、遺族たちは捜の妨げとならぬように辛抱強く最大限の沈黙を守り続けていたのだが、それが皮にも犯罪者家族」という周囲からの心レッテル貼りを助長し、警察との裏取引があるなどという事実根の評を浴びせられるなど、深刻な社会被害に曝され続けていたのであるから、なおさらである。

A氏とその遺族たちの苦痛の幾らかに報いる為にも、今後このような悲劇が繰り返されないようにするためにも、この事件は決して風化させてはならない。

最後に、Bの画像開の半年後、A氏の遺族宅で先述のような説明を行った、当時の四日市警察署署長の言い放った下の言葉を本項の結びとしよう。

(※「今回の事件での警官の行為に問題が有った事、あるいは反すべき点を警察から表してはもらえないのか」という旨の遺族側の要請に対し)

「それをすることは絶対に有りません。
   警察が事件で反点を一々表した事なんか
   今まで見た事有りますか? 
   いでしょう?」

A氏の甥のブログより(改行・大文字引用者)

関連動画

関連商品

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%82%B3%E8%AA%A4%E8%AA%8D%E9%80%AE%E6%8D%95%E6%AD%BB%E4%BA%A1%E4%BA%8B%E4%BB%B6
ページ番号: 5154390 リビジョン番号: 2211031
読み:ヨッカイチジャスコゴニンタイホシボウジケン
初版作成日: 13/10/17 02:41 ◆ 最終更新日: 15/05/27 21:22
編集内容についての説明/コメント: 日本語修正。自白偏重体質云々は関係ないのでカット。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件について語るスレ

60 :   :2017/03/14(火) 03:24:46 ID: 3h24jXJpAc
>>52
こんならが人間だなんて思いたくない・・・。
61 : ななしのよっしん :2017/03/14(火) 16:05:05 ID: D/aiMJy6wf

からしゃーないで済ましたくないならそのための方策とかを考える必要があるわけ
そしてそんな事しても駄、もしくはこちら側からする事じゃないって思ってるならこんな所で『しゃーないで済ますなー』なんていっても意味いわけ
もこっちだって『この人は死ぬべきだった』とか『死んで当然』と言ってるわけじゃない
ただ、私はこういった事例はくなってほしいけれどもくならない、と言っているだけ
いちいち他人の意見に噛み付いて、自分の意見と違うだけで誹謗中傷する、こんなこと繰り返してても意味いよ。
長文失礼しました

62 : ななしのよっしん :2017/03/14(火) 16:24:28 ID: 51lCFRYRJi
ただ実の人を殺したばかりか、冤罪で殺して7年放置しておいて「たちは悪くない」だからな
冤罪かけられて殺されてもしゃーないって考えならしゃーないんじゃね?

国家が自分らの威信のためなら人殺しても反しないと宣言してる以上
一般人に出来る事なんぞありません。怖いなーと思うだけ
63 : ななしのよっしん :2017/03/15(水) 02:47:52 ID: ufNN1iN3lZ
>>61
じゃあ君の意見には何の意味があるの?
人が大勢いる以上犯罪が起きるのはしゃーないから犯罪者についてアレコレ言っても駄ですか?
何か方策を考える意見以外は全て意味ですか?

犯罪がなくならないことと犯罪が許されないことには何の関係もない
64 : ななしのよっしん :2017/03/15(水) 11:55:55 ID: rRqm8+4nHP
似たようなケースが発生したぞ

http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/13/sakura-shinmachi_n_15326484.html
65 : ななしのよっしん :2017/03/15(水) 12:09:08 ID: Wlqi3kA+7M
>>61
言い出しっぺの法則
66 : ななしのよっしん :2017/03/18(土) 17:06:29 ID: F8Wi881Jde
>>59
ほんとそう思う。
もはや警察に限らずなんらかの権ある団体・組織全てにだけど
経済成長だなんだで全部人任せで死に逃げしてきた・しようとしている世代のせいで生まれた民不在の強権機構の
ネットの発達によってやっと表面化してきたばかりだが
もちろん、そいつらへのそれまでのあらゆる『前科』の洗い出し・追求・厳罰も一緒にセットにしなければ意味だけどね
67 : ななしのよっしん :2017/07/27(木) 03:47:51 ID: +TDaHe0ise
本当の泥棒の方捕まえてくれよ
68 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 02:21:18 ID: JMFC22Py3Y
いやぁ。ゆかいゆかい、
69 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 05:33:30 ID: ra6UrRflqk
>>38を見て思った、電車内で痴漢被害を訴える自称被害者女もそそくさとにも知られずに消えるんだろうなって
今じゃありえない、許されない話。
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829