単語記事: 因幡の白兎

編集

因幡の白兎(いなばしろうさぎ)とは日本神話古事記の中の物語で、イケメン因幡に貰うついでに、他人(他)を騙して報復を受けた瀕死を助ける話である。

古事記では「稻羽之素菟」となっている。

詳細なおはなし

むかしむかしあるところにいたイケメン大国主命(オオクニヌシ)には、八十(ヤソガミ)という大勢(何十人規模)の兄弟がいました。何十人もをまとめて「八十」と言います。

その八十たちは因幡とか言う所にに八上(ヤガミヒメ)という美しい女がいると聞き、みんながみんな自分のにしようと思い、全員ってはるばる因幡婚のに出かけました。何故のちのち喧にならないと思ったし

  
 その際八十たちは、兄弟大国主命自分たちが嫉妬するほどイケメンで優れた人格だけどおとなし事をよいことにお供という名の荷物持ちとしてついて来させました。(八十は「さすがのイケメンも荷物持ちじゃにフラれるだろう」と思ってたとかなんとか。)
 
重い袋を一人で背負い、八十御一行に遅れて従者という名の荷物持ちとなって黙々とついてゆく大国主命は、ただそうするだけで満足のようでした。

中、先行の八十御一行が因幡は気多(けた 今の鳥取県気多)の崎を通りかかると、毛をむしられたが砂でうずくまって泣いているのが見えました。
八十たちはそれを見てを浴び、それから高い山のにでも吹かれてかしな。」と、教えてやりました。  傷口にを塗るとは正にこの事。
しかしバカさんなはすぐにつかってから山に登って寝ころびました。するとよくなるどころか、痛みはますます増してきました。当たり前です。
なす術なくが泣き悲しんでいると、遅れてきた大国主命がそれを見て「何でそんなに泣いてるの」とやさしくたずねました。
が言うには
「私はもともと隠岐のに住んでいたです。対のこの本土へ渡りたくなったのでの中のワニを騙して、
お前と私のどっちが仲間が多いかくらべてみないKA お前仲間をみんなつれて来て、ここから向こうの気多の埼まで並べてみろ。私がその上を渡って数えてみよう』
と言ったのです。
すると、ワニはすっかり騙されて私に言った通りに並びましたので、私はその背中の上をどんどん渡って本土に近付きました。するともう一足という所で私が『うまく私ににだまされたな』とバラした口走ってしまったとたんにワニがキレて私の毛をむしってしまったのです。
それで困って泣いているところ、先ほど通られた大勢の神様たち(八十)が、『をあびて、それをかせ』と教えてくださいましたので、その通りにするとすっかり身体をこわしてしまいました。」
と言いました。自業自得
 
それでも人のできた大国主命は、
「かわいそうに。く河口へ行って、でからだをよく洗ってからの穂の粉を敷いて、その上に寝ころんでごらん。そうすればきっと毛も生えるよ。」
と教えてやりました。
が教えられた通りにするとあら不思議、毛も生えて身体は元通りになりました。
はよろこんで、「あの八十たちは全員八上婚を断られるでしょう。八上はきっとあなたさまと結婚するでしょう」と予言しました。
 
やがて八十たちは、的地に到着。八上結婚を申しこみましたが、はそれを「私は、いくら申されても、あなた方の言うことは聞きません。私は大国主命のおにしていただくのです」と一両断されました。

以上が古事記である。ワニについては「サメである」とか「ウミヘビである」とか「シュモクザメである」という意見もある。
医療の神様という大国主命のこのアドバイス日本で初めての医療だとされている。ちなみにに「河口で身体を洗え」と言ったのは河口の塩分濃度が0・9wt%、つまり生理と同程度だったからだといい、の穂の粉は今でも方に使われている。
また、これとは全く違うバージョン鳥取県八頭八頭町、かつて八上と呼ばれた場所に残っている。

天照大神が八上行幸の際、行宮にふさわしい地を探していると一匹の白兎が現れた。
白兎天照大神の御装束をくわえて、霊石山頂付近の地、現在伊勢(いせがなる)という場所まで彼女を連れていき、白兎はそこでいなくなってしまった。
その後、天照大神は行宮地の近くの御冠石(みこいわ)で見をし、そこに冠を置いた。
やがて天照大神が氷ノ山(現・倉山)の氷ノ越えを通って因幡を去る際、そこで氷の美しさに感動されてその山を日枝の山(ひえのやま)と命名された。

解説

この話は日本書紀には全く載っておらず、地方レポートの出雲土記に記述がなければ因幡土記はくなってしまったため詳細は不明。ちょろっと書いてある断片が残るのみである。じゃあこの話の出所はわからないんだ、仕方ないね

…と思ったら東南アジアインドの方でよく似た伝承がたっぷり発見された。この話は南方からの説話が伝わり、それを日本アレンジしたのもじゃないかとも言われている。どうやら陸生生物生物を騙して水上(だいたい)を渡るという話テンプレ的なものらしく、その日本版、つまりこの話はその中でもしい「を渡る話」である。

東南アジア以外の類話

おまけ知識

  • 現在では白兎の方も白兎として白兎神社られる立神様である。詳細は白兎神社の項で。
  • あらすじを見て初めて大国主と会う前の八十との話を知った人も結構いるのではないか。童話絵本や『まんが日本昔ばなし』に収録された場合もしっかりとこの辺りは描かれているのだが、その割に印が薄いのは童謡『大様』で全に省かれているからであろう。金太郎の昔話と同じ現か。
  • 山陰方言ではサメのことをワニと呼ぶが、この物語に直接的に由来するものであるかは不明(むしろ逆に作中のワニサメ説はこの方言があったから広まったという考え方もある)。物語を話す上ではいっそワニザメと呼んでいる場合も多い。
  • 白兎=生とすればあら不思議、一気にリョナになる。実際にそういう話を描いたものだとする考え方もある。
  • かくして大国主と結ばれた八上だが、後に正妻の座は他の女神にわたってしまい、別居してしまう。詳細は「大国主」の記事を参照。

関連商品

この他にも鳥取県にある同名の銘菓がある

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%9B%A0%E5%B9%A1%E3%81%AE%E7%99%BD%E5%85%8E
ページ番号: 4560702 リビジョン番号: 1957556
読み:イナバノシロウサギ
初版作成日: 11/02/06 20:18 ◆ 最終更新日: 14/01/13 21:14
編集内容についての説明/コメント: 削除部分を指して「上記のように」としていた部分が残っていたので、そこも削除して大国主の記事へ移動
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

因幡の白兎について語るスレ

33 : ななしのよっしん :2014/03/30(日) 21:14:03 ID: jEMYUG1yOr
>でからだをよく洗って
>河口の塩分濃度が0・9wt%、つまり生理と同程度

矛盾しとるやないかーい!
それに河口の塩分濃度はとの混じり具合で変化するんだから
「0.9%」という記述は生理の側に書くべきでは?

まぁこまけぇこたぁいいんだよ!
34 : ななしのよっしん :2014/04/16(水) 05:20:13 ID: tBzL25Q63S
白兎の話って若干不思議なところはただ助けて大国主さすがって話じゃないところ
白兎が予言してみせるって展開は話の流れ的に別になくても普通結婚する話として成立すると思う
そこをあえて予言して見せて白兎が特別なを示してるのがこの話の変わってるところ
35 : ななしのよっしん :2014/05/06(火) 01:40:10 ID: hKIjb/+2TF
>>33
ウサギに汽域なんて言っても通じないから、「と違ってしみない」って意味でって言ったんじゃない?も方便って言うじゃん。
塩分濃度は・・・ほら、そこは神様だから。

この話聞いたり読んだりするといつもウサギがかわいそうに思えて泣きたくなってくるのはだけなんだろうか。
そりゃ悪いことしたけどさあ・・・報復が過剰じゃね?
36 : ななしのよっしん :2014/06/08(日) 09:26:50 ID: Pbg7cXKS9L
海幸山幸の話に出てくる「ワニ」と同じ勢だと考えて譲りのことを考えると
大国主-ウサギ
↑    ↑
↓    ↓
天照系-ワニ
の同盟・対抗関係が浮かび上がる。とか意味不明なこと言ってみる
37 : ななしのよっしん :2014/11/16(日) 22:12:12 ID: Ncf2d/B59l
ワニでありサメでありフカである
38 : ななしのよっしん :2014/11/26(水) 21:24:39 ID: hcu/a6vBca
>>34
そのウサギはヤガミヒメのペットあるいは従者だったんじゃない?
ヤガミヒメとの縁談で有利になったのも因幡でコネができたからだろ。
まあそのあと兄弟たちに逆恨みされて巨大な焼け石を頭上から落とされて、
ミンチよりひでぇよな状態になったが。
39 : ななしのよっしん :2014/11/28(金) 11:03:18 ID: BABkyUQVEC
空想科学読本で、話の伝わってるのはの対じゃないけど潮に流されるとその付近に着くってあって、えらく感心した思い出
40 : ななしのよっしん :2015/07/20(月) 22:30:48 ID: aE0ksE96jY
36で山幸の名前上がってるけど、
どちらも陸の者がの者に嫌がらせするっていう共通項あるね
41 : ななしのよっしん :2016/02/27(土) 21:53:35 ID: mKJQuiL0Bc
>>35
一族郎党足蹴にされて馬鹿にされたことを考えてみなされ
になって渡してあげた」じゃなくて「ウサギ一羽一羽ごと(一家全員)にワニがそれぞれついてはるばる運んであげた」説もある
(なんでを渡る必要があったかというと神様のお使いでとかなんかの行事があったのでという感じだった記憶)
わざわざ親切で厳しいを渡ってあげたのにやーいやーいって言われたら温厚なワニさんも怒ったって仕方ないね
…という話もある
自分一匹だけだったならワニさんもそこまで怒らなかったかもしれない
だけど大事な家族兄弟たちまでみんなまとめて間抜け呼ばわりされたのじゃよ
やつだ!とっちめろ!ってなるのも当然なのじゃよ
42 : ななしのよっしん :2016/03/31(木) 20:01:52 ID: 8x/6vNNqOJ
え、こんなお話だったっけ
神様とは驚きだ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015