単語記事: 図書館

編集

図書館(としょかん)とは、図書や視聴覚資料を集約し、保存と管理、運用を行うための施設である。

概要


東京大学総合図書館

一般的な図書全般を集めた図書館に加えて、特定の分野(児童書、歴史、理工系図書)のみを集めた図書館も存在し、運営者も、学校と同様に国立立、私立と分類することができる。

図書館は知の集約の場として扱われ、各市町村にある他、学校にも図書館(図書室)が設置されている。

日本においては、内で出版された図書のほとんど(もちろんエロ本も)を収集している国立国会図書館が有名である。

また、建築物としての図書館ピックアップされることがある。

図書館で働く人々

図書館で本の仕入れから貸し出し、整理などの管理業務を行う人を書と呼ぶ。

書になるには、大学短大高専での必要単位を取得するか、あるいは大学高専卒業者が書講習の受講の後、各自治体で行われている採用試験を突破する必要がある。

また、書の補助をする書補という役職もあり、書補を三年以上続け書講習を受けることで、書になることもできる。ただし、もちろん採用試験を別に受ける必要はある。

なお、書は萌えの対になることもある。 → 「司書 萌え」でgoogle検索

図書館情報大学

かつて存在した図書館情報学単科の大学現在筑波大学に吸収合併され、図書館情報専門学群として筑波大学の一部になっている。

フィクションの中での図書館

大量の本があるということから現実と同じく知識の宝庫という位置づけがされることが多い。ファンタジー作品などでは古代の知識や魔法書が眠っている場合もある。しかし、ディストピアを題材にしたような作品などにおいては図書館過去の悪しき遺物などと見做され攻撃の対となり、その重な知識が失われることも多い。

その一方で図書館の中には大量の本に囲まれ、そのには電も弱く薄暗いという日常から切り離された異間も広がっている。また、普段は一般開されていない図書を収納しておく書庫なども隠し部屋を連想させる。この現実にも存在する異間の作り出す不思議な雰囲気を流用して、図書館を不可思議な間とする作品も存在する。

日常恋愛を題材にした作品などでは、図書館での秘密の瀬や本の間に手紙を挟んで秘密のやり取りを行うなどの舞台装置として利用されることもある。

都市経営シミュレーションなどに登場した場合、住民の知を底上げするなどの効果を持つ。

図書館に関連する作品

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8
ページ番号: 4613931 リビジョン番号: 2497687
読み:トショカン
初版作成日: 11/04/19 19:40 ◆ 最終更新日: 17/06/08 17:57
編集内容についての説明/コメント: 五十音順ソートを忘れておりました。ごめんなさいなのだー
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

図書館について語るスレ

48 : ななしのよっしん :2015/10/31(土) 13:18:29 ID: K3Bi4EsJji
46>>
100冊入れたの問題にしてたから、そんなのは納税者がリクエストしてきて応えたかなり特殊事例であって、根本的に図書館は数を入れる気はないよという話。
いままでは大きいところがどんなに入れても20冊ぐらいだったから。
それでも、リクエストに応えて多くする潮はおかしくね?と図書館関係者も問題にはしてるようだという話。

そんでもって数入れるのは予約数とかデータないと普通は決済下りないので、今回の新潮社の意見、実は関係ないよねという話。
49 : ななしのよっしん :2015/10/31(土) 13:39:39 ID: K3Bi4EsJji
>>46連続失礼。
1年ルールに参加どうこうはそもそも今回の提言が大ざっぱだから細かいこと言及してないというのもあり、出版社の都合にあわせて、はいなんでも受け入れますとは今のところ言えないだろうね、図書館側は。

仮に限定図書だけ1年使えないルールが運用されるとしての問題点はいくつかあるんだけど、3万部発行ぐらいの文芸書の例の一つだと、蔵書にするタイミングが失われることだね。
古い図書って貸出数もでないから普通は入れないんだよね。お金は税だし。文芸書って寿命短いから1年は致命的。
ただ未来永劫絶対使われないかと言われるとそうでもなくて、10年ぐらいたって、いざ利用者が必要なときはすでに、出版してないなと言うことも結構あったりして、困るんだよね。図書館がそういうときの生命線だったりするのだけれど。
50 : ななしのよっしん :2015/11/04(水) 11:09:21 ID: c01Mtz5mSV
>>48>>49
すまん、また長く書いてるわりに論点が分からない。
結局なにが言いたいの?
51 : ななしのよっしん :2015/11/04(水) 11:30:13 ID: c01Mtz5mSV
48を読む限り、図書館側が問題にしてればいいんだ、
出版社側からは対策案を出すな、というふうに読めるんだけど、
その解釈でいいのか?

話が飛び飛びで論理の運びが読み取れない。
52 : ななしのよっしん :2015/11/23(月) 04:04:53 ID: A/2nh9Y47Q
図書館側が問題にしてるから何だって話だよね
今までやらなかった事をやるぐらいなんだから、良いか悪いかなんて実行する前に分かるだろ

あと、聞かれてないことの説明をぐだぐだ始めるなよ
コミュニケーション基本だろ
53 : ななしのよっしん :2015/12/22(火) 20:26:56 ID: t1hm18L8f8
どうしてあれだけ敵視してた中古書店をくのやめて図書館に矛先が向かったんだろ。
あきらめたか。
54 : ななしのよっしん :2015/12/23(水) 08:39:37 ID: h6H1Ncijky
スウェーデン大学図書館利用してみたんだけど、電子書籍の貸出っていうのがあって驚いた。
当然ながら学術書のみのようだけど、貸し出されててレポート書けねえ!って悩みからは開放された。
こっちは書籍をリポジトリのように扱ってもいいんだなあ。
55 : ななしのよっしん :2016/06/12(日) 21:08:46 ID: jn/q05DxzW
情報流出すれば永遠に残ると言われたネットも、レンタルサーバサービス終了などで
だいたいその頃の雑多な情報は消え失せた。
まして今は情報の量と陳腐化速度が桁違い。
何かを長く残したければ図書館軸でやっていくのも一つの手段なのかもしれない。
56 : ななしのよっしん :2017/03/18(土) 14:35:42 ID: lwVwyQqPU/
所在なさげなおっちゃんスポーツ新聞読んだり居眠りしたりする場所
57 : ななしのよっしん :2017/06/04(日) 15:56:03 ID: 2kmVnxSpon
かつて図書館だったSCP-2602
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015