単語記事: 国際音声記号

編集

国際音声記号 (International Phonetic Alphabet) とは、あらゆる言の発音の仕方を表記するために際音学会が制定した音記号略称IPA

概要

1888年に最初の版が開され、その後何度か表記体系の見直しによる文字の増減・修正が行われている。一番新しい記号2005年に追加された、唇はじき音を表す「唇歯はじき音」である。

記号の多くはラテン文字の小文字、もしくはスモールキャピタルを由来としている。ギリシア文字由来の物も存在するが、ラテン文字と調和するようにデザインが修正された物もある (γ有声軟口蓋摩擦音)。また、これらの文字反転させたり筆画を加える等して新たな記号を作っている。さらに正確な発音を表記するため、補助記号も使用する。

表記の種類としては、言上同じ音素とみなされる時は発音が近似する記号で統一して表記する「簡略表記(もしくは音素表記)」と、補助記号を使用して発音の仕方を正確に表記する「精密表記(もしくは表記)」の2種類がある。前者は / /、後者は [ ] で記号を括って表記する。

これら二つは単なる厳密さの違いだと誤解されることがあるが、質的に異なるものである。簡略表記では話者自身の「音の認識」を表記するが、精密表記では実際に話者が発する音を表記する。学的にはどちらにもを通すことが望ましい。簡略表記のみを見ても、実際にどのような発音をする(ことが多い)か正確に分からず、また精密表記だけを見ても、どのような音の区別をしているか分からない。

精密表記はあまり精密と言えない表記が割りと多く、特に記号で顕著である。[a] や [ɑ] という表記で [ä] と発音する(ことが多い)なんてことはよくある。また発音には「揺れ」があるので、信用しすぎず「基本的にこういう発音」ぐらいに留めておこう。

日本における中学校英語の授業や、英和辞典等でに使用される「発音記号」は、この国際音声記号の簡略表記に基づいている。

Unicodeでは、ラテン文字ギリシア文字で代用できる記号以外の物がU+0250-02AF、補助記号がU+02B0-02FFおよびU+0300-036Fの位置に収録されている。また、止された一部の記号がU+0180-024Fの中にも含まれている。

記号の一覧

記号が示す音の名称は、Wikipediaで使用されている見出しに基づいている。

子音 (肺臓気流)

  • 記号が2つ並んでいる所は、左側が音、右側が有音を表す。
  • グレーで示した所は、発音不と考えられている事を表す。
両唇音 歯茎 後部
歯茎
そり
舌音
硬口
蓋音
軟口
蓋音
口蓋
垂音
咽頭音 門音
破裂音 無声両唇破裂音有声両唇破裂音 無声歯茎破裂音有声歯茎破裂音 無声そり舌破裂音有声そり舌破裂音 無声硬口蓋破裂音有声硬口蓋破裂音 無声軟口蓋破裂音有声軟口蓋破裂音 無声口蓋垂破裂音有声口蓋垂破裂音 声門破裂音
鼻音 両唇鼻音 唇歯鼻音 歯茎鼻音 そり舌鼻音 硬口蓋鼻音 軟口蓋鼻音 口蓋垂鼻音
ふるえ音 両唇ふるえ音 歯茎ふるえ音 口蓋垂ふるえ音
はじき音 唇歯はじき音 歯茎はじき音 そり舌はじき音
摩擦音 無声両唇摩擦音有声両唇摩擦音 無声唇歯摩擦音有声唇歯摩擦音 無声歯摩擦音有声歯摩擦音 無声歯茎摩擦音有声歯茎摩擦音 無声後部歯茎摩擦音有声後部歯茎摩擦音 無声そり舌摩擦音有声そり舌摩擦音 無声硬口蓋摩擦音有声硬口蓋摩擦音 無声軟口蓋摩擦音有声軟口蓋摩擦音 無声口蓋垂摩擦音有声口蓋垂摩擦音 無声咽頭摩擦音有声咽頭摩擦音 無声声門摩擦音有声声門摩擦音
側面摩擦音 無声歯茎側面摩擦音有声歯茎側面摩擦音
接近音 唇歯接近音 歯茎接近音 そり舌接近音 硬口蓋接近音 軟口蓋接近音
側面接近音 歯茎側面接近音 そり舌側面接近音 硬口蓋側面接近音 軟口蓋側面接近音

子音 (非肺臓気流)

吸着音 入破音 放出
両唇吸着音 両唇音 両唇入破音 両唇音 両唇放出音 両唇音
歯吸着音 歯入破音 歯放出音
歯茎吸着音 歯茎 硬口蓋入破音 硬口蓋音 軟口蓋放出音 軟口蓋音
硬口蓋歯茎吸着音 硬口蓋歯茎 軟口蓋入破音 軟口蓋音 歯茎摩擦放出音 歯茎摩擦音
歯茎側面吸着音 歯茎側面音 口蓋垂入破音 口蓋垂音

子音 (その他の記号)

無声両唇軟口蓋摩擦音 両唇軟口蓋摩擦音 無声歯茎硬口蓋摩擦音有声歯茎硬口蓋摩擦音 歯茎硬口蓋摩擦音
有声両唇軟口蓋接近音 両唇軟口蓋接近音 歯茎側面はじき音 歯茎側面はじき音
有声両唇硬口蓋接近音 両唇硬口蓋接近音 無声後部歯茎軟口蓋摩擦音 (ʃとxの同時調音) ʃ と x の同時調音? (スウェーデン語のsj音)
無声喉頭蓋摩擦音 喉頭蓋摩擦音 破擦音および二重調音は、必要なら2つの記号タイで結んで表してもよい。
無声両唇軟口蓋破裂音無声歯茎破擦音
有声喉頭蓋摩擦音 喉頭蓋摩擦音
喉頭蓋破裂音 喉頭蓋破裂音

母音

  • 記号が2つ並んでいる所は、左側が非円唇、右側が円唇を表す。
前舌 中舌 後舌
非円唇前舌狭母音円唇前舌狭母音 非円唇中舌狭母音円唇中舌狭母音 非円唇後舌狭母音円唇後舌狭母音
非円唇前舌め広めの狭母音円唇前舌め広めの狭母音 円唇後舌め広めの狭母音
半狭 非円唇前舌半狭母音円唇前舌半狭母音 非円唇中舌半狭母音円唇中舌半狭母音 非円唇後舌半狭母音円唇後舌半狭母音
中舌中央母音
半広 非円唇前舌半広母音円唇前舌半広母音 非円唇中舌半広母音円唇中舌半広母音 非円唇後舌半広母音円唇後舌半広母音
非円唇前舌狭めの広母音 中舌狭めの広母音
非円唇前舌広母音円唇前舌広母音 非円唇後舌広母音円唇後舌広母音

超分節要素

第一強勢 第一強勢 第一・第二強勢記号の使用例
第二強勢 第二強勢
長 長記号の例
半長 半長 半長記号の例
超短 超短記号の例
音節の切れ目 音節の切れ 音節の切れ目記号の例
小さな切れ目 (韻脚) 小さな切れ (韻脚)
大きな切れ目 (イントネーション) 大きな切れ (イントネーション)
連結 (切れ目無し) 連結 (切れし)

声調と語アクセント

曲線
超高平板または超高平板 上昇曲線または上昇曲線 上昇
高平板または高平板 下降曲線または下降曲線 下降
中平板または中平板 高上昇曲線または高上昇曲線 高上昇
低平板または低平板 低上昇曲線または低上昇曲線 低上昇
超低平板または超低平板 上昇下降曲線または上昇下降曲線 上昇下降
低目 全体的上昇 全体的上昇
高目 全体的下降 全体的下降

補助記号

無声音 息もれ声 息もれ 歯音
有声音 きしみ声 きしみ 舌尖音
有気音 有気音 舌唇音 舌唇音 舌端音 舌端音
強めの円唇 強めの円唇 唇音化 唇音化 鼻音化 鼻音化
弱めの円唇 弱めの円唇 口蓋化 口蓋化 鼻腔開放 鼻腔開放
前寄り 前寄り 軟口蓋化 軟口蓋化 側面開放 側面開放
後寄り 後寄り 咽頭化 咽頭化 開放が聞こえない (内破音) 開放が聞こえない (内破音)
中舌寄り 中舌寄り 軟口蓋化または咽頭化 軟口蓋化または咽頭化
中央寄り 中央寄り 上寄り 上寄り ( 有声歯茎摩擦音 = 有歯茎摩擦音)
音節主音 音節 下寄り 下寄り ( 有声両唇接近音 = 有両唇接近音)
音節副音 音節副音 舌根前進 舌根前進
R音性 R音性 舌根後退 舌根後退

参考文献

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E8%A8%98%E5%8F%B7
ページ番号: 4762876 リビジョン番号: 2265937
読み:コクサイオンセイキゴウ
初版作成日: 11/11/12 14:17 ◆ 最終更新日: 15/09/25 05:53
編集内容についての説明/コメント: 表記関連の注意点を説明。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


舌根後退

舌根前進

有声両唇接近音

下寄り

有声歯茎摩擦音

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

国際音声記号について語るスレ

195 : ななしのよっしん :2012/11/16(金) 19:07:20 ID: DZs9R+yxQx
素晴らしい
196 : ななしのよっs(ry :2012/11/16(金) 21:20:13 ID: qpG7ipyphl
おすすめ記事に選ばれていたので訪問しました~
197 : ななしのよっしん :2012/11/16(金) 21:27:34 ID: sU4+JedkBE
英語の授業の時とか、教師が一度も触れなかったからこれ活用できなかったんだよ。
とりあえずおめでとう
198 : ななしのよっしん :2012/11/17(土) 15:43:50 ID: oqpP+mQ+rT
記事作成者です。コメント頂いた皆様ありがとうございます
文字体系の一覧に続き、再び選んで頂いて恐縮です。
最近記事作成はご沙汰の状況ですが、
年が明けた頃に再開できればと思っています・・・
199 : ななしのよっしん :2013/09/22(日) 21:26:37 ID: n0cSxx7seH
> 日本における中学校英語の授業や、英和辞典等でに使用される「発音記号」は、この国際音声記号の簡略表記に基づいている。

日本の教科書や辞書はほとんどジョーンズ式発音記号(にIPAを一部加えたもの)じゃない?
中学高校文科省検定済教科書では、>>9>>72>>21>>74を区別しない(同じiとuで表す)スタイルが使われ続けているし。
の英英辞典はIPA簡略表記も多いけど、日本の辞書教科書類でIPAスタイルを採用しているものは見たことがない。文字だけはIPA準拠でも、アクセント表記なんかはほぼ確実にジョーンズ式。
200 : 金剛カレン :2014/01/10(金) 14:57:09 ID: sfWoBfDh4x
両唇衝撃音は未掲載なの?
ちなこれ↓
【ʬ】
201 : ななしのよっしん :2014/01/12(日) 22:19:20 ID: QRS4kgrWKg
kjɯː
202 : ななしのよっしん :2015/04/06(月) 21:20:43 ID: yQYKoQ1eTN
>>200
この記号は拡IPAにある記号だから、今載ってる表には入らないんだよね……
入れるとなると拡IPAの解説、他の記号も入れるべき、ってなるから手をつけづらい。
ちなみに日本語ウィキペディアにもい。英語版ならあるけど。
203 : ななしのよっしん :2015/08/05(水) 10:48:10 ID: KP4zPQaocr
IPAをカナ表記に変換したいんだけど難しそうだな
日本語IPAの変換サービスは見つかったけど…
204 : ななしのよっしん :2017/03/23(木) 09:36:15 ID: aZpXkDfAhs
これらを聞き分けられるのが凄い。機械にはお手の物、とまではまだ至ってないだろうし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015