単語記事: 地方競馬

編集

地方競馬とは、全都道府県市町村、複数の地方共団体が催し、開催される競馬である。

概要

日本で一般的な競馬といえば、農林水産省管轄の特殊法人であるJRA(日本中央競馬会)が催する中央競馬である。地方競馬JRAの管轄ではなく、競馬場所在する各都道府県市町村催となって開催される競馬す。単独の自治体(都道府県ないし市町村)が運営体となるケースもあるものの、所在する県と町が一部事務組合を設立して共同で運営を行うのが流である。

地方競馬の統括団体として、地方共同法人地方競馬協会(地全協)があり、登録・記録管理・騎手等の養成・成績優秀者への表などを行っているが、地方競馬はあくまで各催者が体的(悪く言えばバラバラ)に運営を行うため、地方競馬界全体への強な統制はもっていない。なお、日本中央競馬会と混同して略称を「NRA」と誤記されることがあるが、地全協の略称は「the National Association of Racing」の頭文字から取った「NAR」であるので注意。

1990年代半ばまでは中央競馬ほどではないにしろ、大な売上を誇り、地方自治体の一大収入となっていた。しかし気の低迷やアラブ系の生産縮小によるレース形態の変化、JRA場外発売所の地方進出などにより急に売上が低迷。2001年中津競馬の半ば強引な止劇が引き金となり、2000年代半ばにかけて地方競馬止ラッシュが起こった。現在も余談を許さない地方競馬は多く、大変苦しい経営が続いている所が多い。
また、JRAで通用しないレベルや、ダートの素質が高いの大きい受け皿という側面がある一方で、JRAから認定競走として大な補助を貰わなければ自前では新を確保することが出来ない競馬場が大半で、JRAへの依存が大きいのも事実である。(運営規模が大きい南関東レース方式が異なる帯広(ばんえい競馬)はこの限りではない)

そんなこともあり、運営革を積極的に行っている(行う必要のある)競馬場が多い。
例えば、個人の負担でレースの協賛をし、オリジナルレース名をつけてレースが行えるという「個人協賛競走」を導入する地方競馬も多い。所謂「痛レース」としてニコニコ動画でも話題を集めている。
電話投票インターネット投票の充実もあり、門別競馬場高知競馬場のように本場の売上に頼らず、場外やインターネット投票の売上を当てにした開催にシフトする催者も出てきている。

専門も中央と同じブランドの物(競馬ブックなど)もあれば、ローカル色溢れる地元資本の予想。「ばんえい金太郎」「いわてテシオ」「ケイシュウニュース」「キンキ」。金沢競馬全般のようにじ込みの冊子状になったものも存在する。2000年代初頭まで北海道では手書きガリ版刷りの予想も存在していた。

中央競馬と地方競馬の違い

中央競馬では芝のコースでのレース体とし、補的にダートを用いているのに対し、地方競馬では芝コースを用いるのは盛岡競馬場の一部レースのみで、ほかは全てダートコースレースが行われている。
中央競馬べて小ぶりなコースが多く、1,000m~1,200mの周長がメイン。なお地方競馬専用競馬場での最大周長は1,600m(大井競馬場門別競馬場盛岡競馬場)で、ここまで大きくなるとJRA競馬場べても遜色ない。かつては帯広競馬場も1,570mのコースを有していた。

小回りという事で内側にが集中しないように、内側の砂を深めに調節する競馬場が多い。JRAダートコースよりも全体的に砂が厚く、パワーを要する馬場が多い。

照明を備えた競馬場もあり、JRAでは行われないナイター競馬を開催する競馬場もある(門別、帯広大井、船川崎園田高知)。

開催日程は各催者で異なる。JRAの商に被るエリア平日開催。被らないエリアは土日開催が基本となる。

競馬場を乗り回るJRAの騎手と違い、地方競馬の騎手は所属した地域でのみ騎乗を行う。そのため「この競馬場ならこの騎手」という人気ジョッキーや名物ジョッキーが各地域に存在する。

JRAの上位騎手は厩舎に所属しないフリーランスが多いが、地方競馬フリーランスを導入しているのは南関東4場のみ(2012年度より。「騎手会所属制度」とよぶ)。大抵の騎手は、厩舎への所属料として給が賞や手当とは別に支給されており一定の収入は確保されている。騎乗手当もJRAが1レースにつき4万円前後であるのに対し、地方競馬は1レースにつき3000円~15000円ほどと安い。各地の上位騎手はJRA開催にスポット参戦し、出稼ぎに出る事もある。ホッカイドウ競馬岩手競馬金沢競馬期休催があるため、騎手がの間に南関東など他地区に騎乗に出る事も多い。

予想屋

ホッカイドウ競馬ばんえい競馬岩手競馬以外ではJRAで見られない「予想屋」も存在する。場内各所にブースがあり、そこで展開や展望を軽快なトークで説明する。人気のある予想屋さんのブースの前には大量の人だかりができるのも地方競馬の1つである。
基本1レース100円200円(1日全レース800円前後)で予想スタンプ手書きの走り書きで書かれた小さいが貰える。過去にあらゆるを渡して的中しているように見せかける不正行為があったため、現在では不正防止のためにレース締め切りの間に販売した予想開する(競輪競艇などでも同様)。

高配当が見事に的中すると、予想に乗って配当を得た客が「ご祝儀」として千円札を予想屋に直接渡す。その現ボードに貼り付け、「うちはこれだけ当たっている」とアピールする事もできる。

場内にいる予想屋さんは全て催者から認可され、免許交付の元、商売を行っている。所謂「コーチ屋」と呼ばれる犯罪行為ではない。

賞金

日本最高賞レースJRAジャパンカップで2億5000万円。しかし地方競馬の場合はJRAべて大幅に賞が少なく、JRAしか知らないライト競馬ファンはその賞の低さに驚く事が多い。地方競馬の最高賞レースJBCクラシック8000万円である。

1990年代までは岩手のみちのく大賞典で2000万円・北海道営記念で2500万円というように交流重賞ではないローカル重賞ながら高額賞レースを組む事ができていたが、売上の低下により年々賞額も減額されている。

南関東こそ、JRAの3割ほどの賞額があるが、それ以外の催者の賞の涙ほどである事が多い。しかも5着まで賞が必ず出るJRAと違い、3着まで、4着までにしか賞が出ない場合もある。

最下級クラスの1着賞2015年現在、帯広ばんえい競馬)が7万円(一部6万円の競走あり)、高知岩手が10万円、佐賀が12万円、営が20万円という状態であり、3~10万円の1着賞に匹敵するほどの出走手当を元手に、賞を当てにせず、出走だけを的として連闘を重ねるが大半を占める。特に賞が安い競馬場では下位人気のはそもそも勝ちに行くことを放棄している場合が大半なので、券が非常に堅く収まり、当てやすいといえる。

現存する地方競馬場

競馬場 所在 コース1周
(直線)
周回
な開催曜日
時間帯
備考
門別競馬場 北海道
日高
1600m(外)
(330m)
1376m(内)
(218m)
右回り
水木
ナイター
名称:ホッカイドウ競馬
内回りコース2015年新設
帯広競馬場 北海道
帯広市
200m
直線のみ
土日
ナイター
詳細は「ばんえい競馬」を参照
ホッカイドウ競馬1997年撤退
※かつて存在した地競走コース
 1570m(298m)右回り
盛岡競馬場 岩手県
盛岡市
1600m(ダ)
(300m)
1400m(芝)
(300m)
左回り
土日
日中
名称:岩手競馬
岩手県競馬組合が2場を運営
水沢競馬場 岩手県
1200m
(200m)
右回り
浦和競馬場 埼玉県
さいたま市
1200m
(200m)
左回り

日中
4場合わせて「南関東
(南関競馬南関東競馬)と呼ぶ
nankankeiba.com
2015年6月よりナイター実施
船橋競馬場 千葉県
船橋市
1400m
(300m)
左回り

ナイター
大井競馬場 東京都
品川区
1600m(外)
(386m)
1400m(内)
(286m)
右回り

ナイター
川崎競馬場 神奈川県
川崎市
1200m
(300m)
左回り

ナイター
金沢競馬場 石川県
金沢市
1200m
(236m)
右回り
日・火
日中
名古屋競馬場 愛知県
名古屋市
1100m
(193m)
右回り
水木
日中
笠松競馬場 岐阜県
1100m
(201m)
右回り
水木
日中
園田競馬場 兵庫県
尼崎市
1051m
(213m)
右回り
水木()
日中
(はナイター)
兵庫県競馬組合が2場を運営
姫路は不定期開催
姫路競馬場 兵庫県
姫路市
1200m
(230m)
右回り
水木
日中
高知競馬場 高知県
高知市
1100m
(200m)
右回り
土日
ナイター
佐賀競馬場 佐賀県
鳥栖市
1100m
(200m)
右回り
土日
日中

…ナイターは季以外のみ実施

廃止された地方競馬場

NARに記録が残る1973年以降の競馬場

高崎足利宇都宮の3場は「北関東」(北関東競馬)と呼ばれていた。
岩見沢旭川ホッカイドウ競馬ばんえい競馬の両方を開催していた(北見は移転後はばんえい競馬のみ)。

また、競馬場そのものは止されていないものの、地方競馬の開催がなくなった(JRAの競走のみ残存している)競馬場としては以下のものがある。

ファンファーレ

ファンファーレは各催者で異なる。オーソドックスでありながら人気の高いホッカイドウ競馬ファンファーレ(北大涙目)。岩手競馬の「競艇ファンファーレ(盛競艇)」。名古屋競馬の「おーみーそー」。園田競馬の「しつこいファンファーレ」。福山競馬の「福山サスペンス劇場」など各競馬場によって特色あるものになっている。

競馬ファンファーレ」の記事も参照。

地方競馬の買い方

20歳未満の方は券を購入できません!

この記事を読んで地方競馬券を購入したい…と思ったら開催している競馬場へ行くか、北海道ならAiba。東北ならテレトラックといった最寄りの場外発売所へ出向く必要がある。一部開催日においては別の地方競馬催者の競馬場・場外発売所で購入できる場合もある(例:大井競馬場ふるさとコーナー」:定期的にホッカイドウ競馬ばんえい競馬名古屋競馬を発売)。ただし一部を除いて、JRAの施設で地方競馬券発売はないので要注意。

もしくは楽天銀行ジャパンネット銀行といったネットバンキングの口座を作り、楽天競馬やオッズパークといったインターネット投票に会員登録するのも手。グリーンチャンネルでしかレースを配信しないJRAと違い、地方競馬は全催者がインターネットライブ中継(ホッカイドウ競馬高知競馬USTREAMでも配信)を行っている上、NARの「本日のレース情報」においてリアルタイムのオッズも閲覧できる。インターネットに繋がれば全地方競馬レースが買い放題、見放題となる。

催者によって発売賭け式に差があるが、2015年以降はおおむね統一されている。JRAとの違いとして、南関東浦和・船大井川崎)および金沢では、番で連勝複式のほかに連勝単式も設定されていることが挙げられる。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%9C%B0%E6%96%B9%E7%AB%B6%E9%A6%AC
ページ番号: 4772345 リビジョン番号: 2289768
読み:チホウケイバ
初版作成日: 11/11/27 09:12 ◆ 最終更新日: 15/11/18 13:25
編集内容についての説明/コメント: 馬券購入方法について記述追加、etc.
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

地方競馬について語るスレ

10 : ななしのよっしん :2013/05/09(木) 16:54:14 ID: ayyfH0AQ/l
今年のダービーweekとスーパースプリントシリーズCM植田佳奈朴璐美を使って来るとは・・・・
>>sm20801188

11 : 地方ファン :2013/07/07(日) 15:09:32 ID: E2GsLvkIkj
>しかしJRAで通用しないレベルや、ダートの素質が高いの大きい受け皿だったが、
>JRAから認定競走として大な補助を貰わなければ自前では新を確保することが
>出来ない競馬場が大半で、南関東を除きJRAに寄生するかたちで競馬を行なっている。
昨年度(2012年)の営を除いた認定・未勝利の全い話が営以外からほぼ撤退)を筆頭に、
認定競走への補助はここ数年でかつての9億円弱からまで2億5000万円まで減している。
ソースhttp://www.jra.go.jp/company/etc/pdf/houkoku24-1.pdf
それでも南関・岩手(もはや意地)は認定で施行していたのとほぼ変わらない準の賞を出しているし、
他地区も依存の傾向はあるが新が大きく減少したのは名古屋らい。
2歳重賞は認定に振り替わった一部を除いて自前で相応の準を前々から出しており、
未来優駿グランダムジャパンのような企画物もそこそこ効果を上げている。
そも
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
12 : ななしのよっしん :2013/08/16(金) 19:24:02 ID: PwNabByTIW
高知のところでも書いたが佐賀競馬必死だ。
今年度30える重賞を新設。だが実態は特別戦を重賞にしただけで賞はこれまでとほとんど変わらない(3060万)。
重賞のある日はIPATで券購入ができるようになる為、重賞を片っ端から新設した。
しかし「佐賀弥生賞」の条件が3歳「以上」では…(まぁここだけじゃないけど)。
13 : ななしのよっしん :2013/08/26(月) 00:13:02 ID: ayyfH0AQ/l
重賞なら岩手も今年度は14レースを重賞が新設されたが、うち、
□新設3レースハヤテプリント、イーハトーブマイルヴィーナスプリント)
□特別から格上げ11レース
・うち初めて重賞に格上げ(杯、赤松杯、あすなろ賞、かきつばた賞、フェアリーカップすずらん賞、やまびこ賞、スプリンカップはまなす賞)
・かつて重賞として行われていた物が特別に格下げになり、また重賞に復帰した物(ウィナーカップ2006年まで全交流重賞)、池峰賞(2006年まで)
とやや複雑な形になっている。
岩手IPAT発売を見越してか、昨年も駒賞(2006年まで重賞)と知床賞(北海道交流)、若賞を特別から重賞に格上げさせてる。
14 : ななしのよっしん :2013/12/13(金) 00:53:46 ID: PwNabByTIW
冠協賛レース開催で地方競馬を盛り上げようとする人々もいるが、さすがに理があるよ。結局一時的なブームにはなっても、特効にはならないし、長期的な効果も期待しにくい。JRAがこの数年、いろいろなところと組んでやった企画が小ヒット止まりだったことを考えれば、地方ではなおさら。
結局で何とかするしかない。でもそのなんとかし難い状況では…。
15 : ななしのよっしん :2014/07/19(土) 05:15:17 ID: NdIB7GLfpV
PATで買えるようになって幾分か売上好調になってるようで良かった。
このまま気回復まで至れば、しばらくは安定するだろうと思うけど。
16 : ななしのよっしん :2014/12/29(月) 23:53:01 ID: 8uJR5myxEa
きょうの東京大賞典
久しぶりに地方で夢を見せてもらった
2015。必ず地方が中央を打ち負かす。
17 : 導線 ◆H.HIRo.8mA :2016/02/18(木) 00:59:30 ID: bnk4IhhXs7
地方競馬競馬場/競馬催者別記事、まだないのは浦和競馬場のみ。
以前からどんなこと書こうか考えているけどまだまとまってない。
18 : 導線 ◆H.HIRo.8mA :2016/03/12(土) 13:01:51 ID: bnk4IhhXs7
>>17
書いた。
19 : ななしのよっしん :2016/06/09(木) 16:32:47 ID: Pzamsv/CBt
地方経済がいかに厳しいかよく分かる
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015