編集  

地球連邦単語

チキュウレンポウ

地球連邦とは、架の作品に登場する地球上の国家を統合する組織である。

地球を中心としたスペースコロニー、ステーションやその他恒星系などを含める場合もある。

概要

未来から数世紀後の地球と言うイメージを作成するために使われることが多い名称であり、発祥は現在国連が発展したとするものから、地球内で戦争の結果成立したもの、また外宇宙の脅威に対して統合したものまで様々であり、設定されていないものもある。地球という単位が用いられているため、それに対する別の概念(火星などの異スペースコロニーなどの宇宙居住地域など)が多くの場合存在する。

構成はその名の通りに基本的に地球人類で、同じ人類同士、また同じ連邦内でありながら生誕地で差別が横行するものもあれば、あっさり地球外生命体が普通に入っている場合もあり千差万別である。

作品的には差別環境があったほうが話が大きくなるので、それを扱うものが基本。
また、何故か硬直化した全体主義的な政体が多い…が、有能だと話が始まらない。

初めての登場は小説宇宙戦士』か『スターシップトゥルーパーズ』。

アニメSF作品では地球連邦軍や地球防衛軍等の軍事部門のみが登場することが多い。

類似する名称

地球連邦」と同じような意味合いで様々な呼称が各種フィクションなどで設定されており、細かい単の違いを含めるとその種類は非常に多い。

な例として地球連合地球政府などをはじめ、「統一」「統合」「平和」「連盟」「世界」などの単が用いられる傾向にある。ちなみにトララーというボードゲームでは、地球人類がソロマニ人として扱われているため、ソロマニ連邦と言う呼称が使われている。

さらに、英語の名称も作品によってさまざまだったりする。
特に、ガンダムシリーズ宇宙世紀作品では略称United Nation(U.N.)からEarth Fedration(E.F.)に変更されており、旧略称OVAポケットの中の戦争』やプラモデルマスターグレード(MG)の初期シリーズなどで見ることができる。

ガンダムシリーズにおける地球連邦

ガンダムシリーズにおいては地球全域をまとめる国家として地球連邦、あるいは地球連合など名前で組織が設定されることが多い。一般的にガンダムシリーズで単に「連邦」と言うと多くの場合で宇宙世紀を舞台とした作品に登場する地球連邦及び地球連邦軍の事をす。

宇宙世紀における地球連邦

ほぼ全てのシリーズにおいて地球圏を治めている最大勢で、ある意味宇宙世紀最大の嫌われ物組織である。

ジオンコロニーを落としたり、全面戦争を起こしたりといった悪行に出てもなお、スペースノイドの間には反連邦の姿勢とそれらを行うジオン残党やその他反連邦組織への一定の支持が集まるのだから、一体どれだけの事をやっているのかと気になる所だが、多くの場合「腐敗している」とまとめられるのみで具体的な所行はさほど描かれていない。

Zガンダム』ではティターンズによる非人的行為が描かれ、その他に外伝作品などで多少の悪行が描写されることもあるが、判明している範囲では未だに釣り合いが取れていない状態である。・・・もしかしたら知らない過去に余程歴史的な悪事でもやらかしていたのかもしれない

具体的な時期は明言されていないが、宇宙世紀以前に誕生したとされ、首相や議会があるなどの一応の民主政体が存在しているが、多くの作品では軍の影が強く、連邦軍とも同一視されることが多い。またロボットアニメと言うこともあって政治的描写は少なめで官僚義や日和見義が蔓延っているとされ、連邦行政や地方毎の状況などの具体的な部分も曖昧なまま具体的表現は避けられている。

宇宙世紀0079のジオン公国との一年戦争を機に何度も反連邦組織との紛争を繰り返しているが、宇宙世紀100年代以降にはそれまで強硬に認めなかったコロニーの自治すらなし崩し的に認める状態となり、結果コロニー同士が争う宇宙戦国時代を招いている。U.C.0153年の『Vガンダム』の時代になると全体的な軍備も旧式化が進むなど弱体化が著しい状態となっていた。その後の連邦について描かれたアニメは存在していないが、U.C.0203年を描いた『ガイア・ギア』では内部組織マハの反乱を招き、さらに未来の『G-SAVIOUR』では、コロニーとの全面戦争が起こり、U.C.0218年に崩壊したとされている。

その他に地球連邦が登場する作品

特撮作品

アニメ作品

ゲーム作品

関連動画

  

関連商品

  

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9C%B0%E7%90%83%E9%80%A3%E9%82%A6
ページ番号: 465317 リビジョン番号: 2055571
読み:チキュウレンポウ
初版作成日: 08/08/15 23:50 ◆ 最終更新日: 14/07/18 02:10
編集内容についての説明/コメント: 名称とガンダムについて加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

地球連邦について語るスレ

259 : ななしのよっしん :2018/06/01(金) 01:11:55 ID: NdQFrZSKFg
地上でも分離義者は居るし
アフリカ解放戦線とかカラバとか出てくるが
連邦自体や連邦構成政体がほとんど描かれないし
軍事的な抵抗以外は描写されてないだけであるかもしれない

マンハンターに対する抵抗と恐怖はいわけはないだろうし
260 : ななしのよっしん :2018/07/01(日) 22:26:51 ID: Ec82E8z47s
あいつらの怖さは物量だよな。
数の暴力っていうか。
261 : ななしのよっしん :2018/07/07(土) 08:50:59 ID: Tle8zGC5zz
危機感がどんどん薄くなってる感があるわ
まあ、連邦危機感全開だと話が一で終わってしまうんだけど
アクシズ落下の時とか、例の奇跡がなきゃ未曾有の大惨事だったぞ
それでもなんとかなっちゃうから、危機感がますます薄くなっていく悪循環
262 : ななしのよっしん :2018/08/16(木) 09:48:42 ID: rd/7LN/LDA
地球連邦にもNdQFrZSKFgみたいな本音は反自由義者、反民主主義者で
独裁肯定論者のジャミトフとその支持者がいたから
ティターンズという運動と、クーデター未遂が起きてるわけで

でも、じゃあ自由義・民主主義を捨てた独裁政治ジオン公国コスモバビニア帝国
ザンスカール帝国ティターンズが勝てたか?と言ったら
結局、『内部からの不満が溜まる組織』は下は取れないし、長くは保たないよ

世界中の現実の独裁政権がそうであったように、内内部のレジスタンス運動や反独裁の反発を生んで内側からも瓦解する
地球連邦自体、全体主義的な締め付けを厳しくするたびに内部の不満が起きてエゥーゴが起きたり
内ゲバで衰弱して崩壊にも向かったんだし
人心もファシズム国家から離れて自由義の民間レジスタンス組織
(マフティーやリガ・ミリティアメタトロン)に移って逃げてしまう喪失が起こる
263 : ななしのよっしん :2018/08/16(木) 10:00:59 ID: 3LWIsXTuJW
なんか話しが違うと思うんだが
264 : ななしのよっしん :2018/08/16(木) 10:01:18 ID: rd/7LN/LDA
>>242-244
富野のファーストガンダムの時点で、連邦=2次大戦中のアメリカ
ジオン枢軸国ナチス日本軍)のイメージは出来上がってるよ

例えばアムロに上がりこんでた不良連邦兵や、物売りのおばさん貨を投げて拾わせて笑ってたゲスな連邦兵は、
あきらかに占領軍のアメリカ兵のイメージだったし、ジオンも終盤『学徒動員』を行ってるし、
企画書じゃ『ジオン“皇”』『デギン“皇”王』表記だったし
(さすがに皇王と皇じゃストレート天皇を連想させすぎてヤバい、って判断で皇の字を表記に変えた)

ジオンファンを惹きつけるのは、やはり『ナチスっぽさ』『日本軍っぽさ』が
ミリオタ的に感情移入させてしまうものがあるからだと思う
逆に、アメリカ1stガンダムがウケなかったのも、アメリカ人は枢軸国側に感情移入なんてできないから、だろうね(ネオナチもいるけど)
アクシズもそのまんま組織名が枢軸国の意味だし
265 : ななしのよっしん :2018/08/16(木) 10:07:30 ID: rd/7LN/LDA
あとは富野監督の、日本社会に対する怒りの反映は
地球連邦の官僚組織の腐敗ぶりが日本社会を連想させる以外にも
ホワイトベースの置かれてる処遇にもあると思う

ホワイトベース側の、る日突然若者が戦争に巻き込まれて
たらい回しにされて戦わされる環境、状況、って『徴兵』なんだよね
地球連邦そのものはアメリカ(連合軍)的でも、地球連邦の腐敗体質は日本の官僚社会を、
そしてホワイトベースと若者に対する責任は、戦時中の徴兵を表現してる
ザンボット3でも、富野は一貫して『子供ロボットに乗せて戦わせる大人』を否定的に描いてた
これは『若者をゼロ戦に乗せて殺した大人』への怒りが監督にあるからだと思う
だからザンボット3の場合は最後に、『大人にも特攻させて責任を取らせた』
この結末は子供を戦わせたリガ・ミリティアの老人たちへの罰としても同じで、一貫してる
現実日本では、若者に特攻させたのに自分は生き延びた大人がいた事への怒りなんだと思う
266 : ななしのよっしん :2018/08/16(木) 10:11:34 ID: NlP72Tq3tA
>>アメリカ1stガンダムがウケなかったのも、アメリカ人は枢軸国側に感情移入なんてできないから

逆にWがウケたのはオズ=連合側のイメージで感情移入できたからか?
267 : ななしのよっしん :2018/08/26(日) 15:25:46 ID: rd/7LN/LDA
>>266
アメリカ人は自分で独立を勝ち取った植民地民だから
植民地民がナチス日本を連想させる枢軸国化して敗戦する1stガンダムよりも
植民地コロニー)の民がガンダムで反抗して独立していくガンダムWの方が共感するんだと思う

ガンダム・武器の徴で、ヒイロたちガンダムパイロット独立運動者の民兵の徴で、
OZやロームフェラ財団が『ヨーロッパ』なのは、アメリカイギリス(大英帝国)と戦争して独立しただし
その時は味方だったフランスを含めて、常に欧州貴族の支配に怯え、反抗し、
また退けてきたという歴史を持つから、欧州貴族=OZやロームフェラ悪役という設定も
リアルコロニー(植民地)の民だったアメリカ人にとって、親近感が湧く設定だと思う

アムロみたいに状況に流されて戦っているのは徴兵的な日本人的なドラマ
ヒイロちみたいに自分の体性で貴族に反抗する植民地の民の方がアメリカ人的
268 : ななしのよっしん :2018/09/21(金) 01:38:09 ID: nGj/1Sl1Pu
>>265
あの物語の状況でそのは筋が悪すぎるw
論理的にも情緒的にも賛同できない

まず地球連邦は攻められる側で、おまけジオンは大量殺戮も然とする連中だ
そんな連中に立ち向かっている状況で徴兵々と言ってもお笑いぐさでしかない
ただし軍事を軽んじている現代日本平和ボケ批判しているってならわかるけど
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829