単語記事: 地球防衛軍

編集
曖昧さ回避

この記事はゲーム作品について記述しています。
その他の句については「地球防衛軍(曖昧さ回避)」を参照。
シリーズに出てくる組織については「EDF」を参照。

地球防衛軍』とは、サンドロットが開発し、D3パブリッシャーより発売されている3Dアクションシューティングゲームである。

概要

その名の通り、地球を防衛する軍隊となって侵略者と戦うアクションゲームである。
Earth Defence Force”の略語として「EDF」とも呼ばれる。

バズーカライフルを抱えた生身の人間を操って巨大生物の大群に挑みかかるというストレートな内容と、綿密なバランス調整、豊富なやりこみ・ボリューム、SIMPLEシリーズならではのコテコテぶりとツボを押さえた各要素が、口コミで大人気を呼び、しかもその内容で2000円という手頃な価格設定がウケて、『1』~『3』合わせて37万本を売り上げるという大ヒットを記録した。

特にその難易度設定の妙は職人芸の一言で、「EASY」「NORMAL」「HARD」「HARDEST「INFERNO」の5つ +「IMPOSSIBLE」難易度があり、初心者から上級者まで楽しめるゲームである。

『1』『2』『T』はSIMPLE2000シリーズとして発売されているが、『3』以降は独立したシリーズとしてフルライスで発売されている。これは、ハードの上昇に加えて、『2』までは『ギガンティックドライブ』のエンジンを流用することでコストを抑えていたのが、『3』以降は新たなエンジンを使用したため開発費用が発生したことがな理由である。

場所や攻撃などにより処理落ちがよく発生することでも知られ、「の敵は処理落ち」とプレイヤーに言わせるほど。
処理オチをものともせずに数十匹単位で沸いてくる巨大生物の群れと、これまた処理落ちする爆発がそれらを吹き飛ばす様は最様式美である。

ニコニコ動画においては、「おじいちゃんの地球防衛軍3」で注を集め、現在プレイ動画MADが多くUPされている。

作品一覧

据置型
SIMPLE2000シリーズTHE 地球防衛軍』 (PS2)
シリーズ第1作。値段に反したそのボリュームと傑作っぷりが話題を呼び、10万本をえる売り上げを達成する。
『2』にべて売り上げでは劣るものの、内容では勝るとも劣らずといった所で、『2』が今作をえられたかについてはファンの間で意見が分かれる。
 
SIMPLE2000シリーズTHE 地球防衛軍2』 (PS2)
兵士「ペイルウイング」と共に、『1』の3倍近くの数のミッション、大幅に増加した兵器マップ・敵を携えて発売された第2作。丁寧な難易度調整も相変わらずで、シリーズの人気を不動のものとし、20万本以上を売り上げる。
 
SIMPLE2000シリーズTHE 地球防衛軍タクティクス』 (PS2)
2006年にひっそりと発売された第3作。『2』に登場するキャラクターを使用したウォーシミュレーションゲームである。
開発はサンドロットではなく、はっきりいってその作りは雑の一言。ファミ通レビューでは10点中3点を付けるレビュアーもおり、あと2年も遅く発売されていればKOTYノミネートも夢ではなかったであろう作品。
大人シリーズとなった現在にあっても、この存在を知っているファンは少なく、攻略wikiもひっそりと存在するのみ。どのファンの間では、第3作とは↓のことである。
 
地球防衛軍3』 (Xbox 360)
ラットフォームを移し、SIMPLEシリーズからも脱却して作られた3作
内容的には『1』のリメイクだが、エンジングラフィックなどが全て一新され、他の隊員達が共に登場して行動するなど、もはや別物である。
ハードの問題か値段の問題か、売り上げはプラチナコレクション合わせて7万本弱と奮わなかったが、ニコニコ動画では「おじいちゃんシリーズ大人気を博す。
 
EARTH DEFENSE FORCE: INSECT ARMAGEDDON』 (Xbox360PS3Win) 
2011年7月7日発売。スピンオフ作品。北ゲーム会社Vicious Cycle Software開発。サンドロットは監修に回っている。パッケージ画像が露スターシップトゥルーパーズ。
ラヴジャーと呼ばれる敵とEDFの新たな戦いを描いている。サンドロット開発の本編シリーズべると、敵の数が少なめで、それぞれの体が高いのがな特徴。
アメリカまれの「もう一つのEDF」緊急出動!”
 
地球防衛軍4』 (Xbox360PS3)
2013年7月4日発売。ナンバリングタイトル4作。『3』の正統続編であり、『2』の実質的なリメイク作品と言える。
物理エンジンハヴォックを使用、グラフィックの質が『3』からさらに向上し、建物の壊れ方やモーションもリアルに動くよう調整されるなど演出面に気合が入った。
選べる兵科が4つに増え、敵の種類も増加。ミッション数もオフライン85オンラインなら94で5段階難易度も健在という『2』や『3P』の倍以上の特大ボリューム。
Xbox360版とPS3版でオブジェクトの形や処理落ちの具合などが異なり、特にPS3の初期版は処理の重さによるフリーズオンラインの不具合も多かった(アップデート善)。またハヴォック神による不可解な挙動もネタにされることが多い。
なお、本作は公式プレイ動画投稿に制限が設けられている。
 
地球防衛軍4.1』 (PS4Win)
2015年4月2日発売。『4』のリメイクアップグレード版にあたる。
基本的なゲーム内容は『4』と同じだが、武器やミッションの追加・変更などのゲームバランス調整に加え、処理落ち同期ズレなどに対する善がなされており、より完成度の高い作品に仕上がっている。
 
地球防衛軍5』 (PS4)
2017年発売予定。ナンバリングタイトル5作。『1』~『4』とのストーリー面での繋がりはい。
おなじみのアリ蜘蛛に加え、シリーズ初の知的生命体が登場する。
携帯型
地球防衛軍2 PORTABLE』 (PSP)
2010年シリーズ再始動の第1弾として発表され、翌2011年に発売された、『2』のPSP移植版。
移植用にエンジンを再び一新し、ミッション数、敵、兵器にも新たなものが加えられており、そのボリュームはさらに増えている。
アドホック通信によるマルチプレイが可になったため、Xlinkアドホックパーティーによって、非公式にではあるものの、オンラインマルチプレイシリーズ初めて可となった。
 
地球防衛軍3 PORTABLE』 (PS Vita)
2012年9月27日発売。『3』のPS Vita移植版。ミッション兵器・敵キャラクターが新たに追加され、さらにペイルウイングの使用も可になった。
アドホック通信による対面プレイに加え、インラストクチャモードによるオンラインプレイも可
 
地球防衛軍2 PORTABLE V2』 (PS Vita)
2014年11月27日発売予定。『地球防衛軍2』のPS Vita移植版。兵科に『地球防衛軍4』でも登場したエアレイド(4ではエアレイダー)が追加される予定とのこと。
また、アドホックモードでの対面プレイ以外にオンライン協力プレイが可

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *Self-Defense Forceと言う大人の事情のお役所用的英名は日本自衛隊位しか使わない的意味で…。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%9C%B0%E7%90%83%E9%98%B2%E8%A1%9B%E8%BB%8D
ページ番号: 152832 リビジョン番号: 2406362
読み:チキュウボウエイグン
初版作成日: 08/05/25 23:15 ◆ 最終更新日: 16/09/16 15:04
編集内容についての説明/コメント: 作品一覧に「地球防衛軍4.1」「地球防衛軍5」を追加。関連項目に「地球防衛軍5」を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

地球防衛軍について語るスレ

233 : ななしのよっしん :2016/09/19(月) 01:04:21 ID: kVsM68JxvX
こんなに面シチュエーションが見られる上その状況の中で自由に動けるっていう
ビッグタイトルにも並べる圧倒的な面味があるのに
中途半端な遊びにくさが人に薦めづらい要因になってるのは本当にもどかしい
だんだん売れ行きが落ちて新作が作られなくなったらめちゃくちゃ悲しい、
せめてその前に伝説になるような璧な一作を見てみたい。そのポテンシャルは十分秘めてると思うんだ
234 : ななしのよっしん :2016/09/19(月) 09:33:52 ID: wAT/VqA8x4
とは言っても開発元が体あるところじゃないしね
やり過ぎたらやり過ぎたで次にできることが減る
235 : ななしのよっしん :2016/09/20(火) 01:07:28 ID: 9DfBoVlrkj
1・2・3と、陸戦兵のアイツストーム1兄貴作戦作戦・・・の中の数ある局地戦で著しい戦果を挙げるタイプだった
終盤こそ本人の存在自体が作戦と化す展開はあるが、あくまでパンチが届く範囲が彼らの戦場だった
だから「人類は諦めない→あれ?なんかあの一兵卒すごくね?→化け物か(恐ろしい男だ)→」という展開で燃えた
4のストームチームメンバーは彼らそのものがハナから作戦の要になってしまい、「しばくぞ→負けそうだけど実はそうでもないぞ→フォーリナー()」といったように
モブから救世主へという流れを失ってしまった

ゲーム性自体は常に進歩している、4のゲームバランスすごいの一言
あとは要の線演出を伸ばすか、抜本的なロールプレイ的演出(あくまで設定を固めすぎない範囲で)を増やすかしかない
そのナンバリングで初めて遭遇する回転木を前に自キャラ(=プレイヤー)は何を思うか?
EDF5には1→3や2→4にとらわれない試みを覗けることを願う
236 : ななしのよっしん :2016/09/26(月) 06:18:26 ID: HVDRzguFrj
サンドロット自体は大企業じゃないから資製作スタッフの数にもきっつい制限あるしな
任天堂の協を得られたレギレイヴはかなりがっつり作ってたし、地球防衛軍シリーズにもスポンサー付かないかねぇ
237 : ななしのよっしん :2016/10/15(土) 21:27:31 ID: ZvMfAPvqS/
今のところ5の試遊見た限り
ダッシュカメラ選択および速度アップ(現状転がりと変わらない)
・血しぶきのON/OFF
・回復は徒歩のままで武器とアーマーだけは自動回収ON/OFF
これやってくれれば後は何も文句ありませんわ
順当に進化してくれてる感じ
238 : ななしのよっしん :2016/11/10(木) 23:17:14 ID: wAT/VqA8x4
>>235
2も前大戦の英雄が〜って話だったんだが
239 : ななしのよっしん :2017/01/26(木) 10:20:41 ID: 7hboGwKZUY
アートディンクから 産8/16BIT PC向けに出てたモノとはつながりはいのかな?
アレジャンルからしSLGだからアレだけど。
240 : ななしのよっしん :2017/02/02(木) 00:27:29 ID: FO7Y5Ot5WL
5はパッと見ちょっと生々しすぎてな……
ドラゴンの血飛の時点ですでに限界ギリギリ。
好きがアレルギーみたいな悲しみを背負いたくない。
241 : ななしのよっしん :2017/02/12(日) 20:56:20 ID: N15m186m2Q
アイテムの重量を増やしてぶっ飛びにくくする
・アーマーの上昇率を増やす
・回復を過剰摂取した時のライフ上限の底上げ(2倍まで)
アイテムマグネット回収機ON/OFF
オブジェクトは基本見えるだけで透過する、味方のフレンドリーファイヤー(ON/OFF)
・被弾時の移動性の低下
が欲しいとこ

ストーリー、演出、熱い展開は素晴らしいの一言だ
EDF隊員の奮闘で地球を救って奇跡を起こす王道の路線は踏襲して欲しいところ
とにかくプレイの向上を所望する このままだと購入層が縮まる一方だ
4と4.1はニコニコ動画の影で買ってくれる人が一定数増えたが、それでもアイテム集めの倦怠とスピーディ要素に欠けたプレイスタイルと理不尽なまでの運要素に辟易するプレイヤーが続出しているのが現状
このシリーズ世界的にヒットできるよう祈るばかりだ
242 : ななしのよっしん :2017/02/12(日) 22:27:46 ID: N15m186m2Q
>>241
ミスった
・被弾しても移動性が低下しない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015